なぜ運送会社が労働紛争裁判例に目を通すのか?

新聞やネットで報道されている労働事件は、ごく一部で有ると言うこと。
大企業や中小企業ならまだ「企業内法務」って考えがあり、法務部員と言う専任も在籍している場合もあります。
それなら一夜漬けでも顧問弁護士と協議して対応策は充分に出来ます。
しかしながら、運送会社のように「お山の大将」と「御用聞き配車マン」の二人のケースが多いです。
名ばかり管理職も横行しております。ピンハネは大得意でも顧問弁護士へ何でもかんでも丸投げ。前段が大事なのにすぐに「税理士」「弁護士」と士業の犬の様な有り様の会社さんが多い中小零細少人数運送会社です。
「労働」と言う視点から自社を眺めた場合に境界線がどの部分にありますか?
「受注」とか「配車」とかの観点ならどこが会社の境界線だろうか?
「自社」と「協会」そして「業界」などでも構いません。境界線が違いますよね?

テーマによって境界線。
「発する人」「受ける人」の境目が変わりますね。
だから人を委託だろうが雇用だろうが、一緒に仕事する人をキッチリ管理する為に管理者や事業主は複眼で物事に向き合う必要があるのではないでしょうか?

気持ちは、移り変わるもの。それが当たり前

家族が増えれば変わります。
独身だろうが既婚だろうが、環境や物の捉え方が変われば変わります。
熱い気持ちも最初まで。慣れれば、ありがたさもなくなり義務より権利を主張する論調に傾倒するのが労働者(笑)
事業主も企業労務三法に沿って、可能な限りガードレールを設置する。
また理論武装する事も大事です。
相手は、誰になるのか?貴方の会社の法務レベル次第で変わります。
「仲間」「家族」だとか従業員や委託ドライバーたちに連呼する前に企業として事業主の委託仲間として元請けとしても彼らを守る為に組織として理論武装することが大事ではないですか?「大事だ」「大事だ」って口に出すだけでは守れない。

「従業員が宝だ!」「家族だ」「仲間だ」と連呼するだけでは薄情だろ?

「守る」ってことはどういうことだろう。
「喧嘩」をするorされる どちらでもいいが、「させぬ」為に「知る」こと。知った事を日々周知することで守れる事もあるだろう。全ては、貴方が知らないから相手が「行動する」選択肢を選ぶのだと考えます。
その上で喧嘩をする「行使」する相手なら、士業と共に誠実に話を重ねる道を選んだらいい。
でなければ、それだけの経験を以後に生かす事も出来ない。士業に丸投げではなぜ貴方が士業へ報酬を支払うのでしょうか?
無駄なお金ではないですか?

「業務委託」と「労働者」の垣根は無くなったと認識する

細かな法規解釈は、割愛しますね。
その部分は個別事案での非常に重要な部分。
「勝負の遊び目」って感じでしょうか?(笑)

業務委託だから丸投げ出来る とか
労働者だから使用者責任がある とか

そんな運送業界だけの常識って奴は打ち砕かれますし、
実際に裁判事例に置いても打ち砕かれています。

「業務委託」が成り立つのは、取引相手が自立しているか?
心身ともに自立しているか?
組織としても感情論抜きにして自立しているか?

と言う事が大きい。誰と取引するのか?である。
仕事を右から左の水屋(利用運送)業者さんにとっては知らない話だろうが
ワタシなら利用運送を間に噛まして、労働裁判とか責任賠償などのトラブルを誘発させたいと思えば起こせると言う情況が今の運送屋さんです(笑)

要は、脇が甘い と言うこと。

手数料収入しか目が無いと言うこと(笑)

口論や考え方の違いがある人と一緒に仕事できますか?

違うのが当たり前。
口論や喧嘩が当たり前。

だって真剣に考えているから。
喧嘩しない相手と組めますか?(笑)
保育園や放課後学童ではありません。
仲良しクラブでもありません。
お金持ちのサロンでもありません。
2代目セミナーばっかりのボンボンIT会社でもありません(笑)

気の合う仲間と気の合う話をする裕福な会社組織ではありません。
失敗する訳に行かない奴と組むのですから。

心身ともに自立している人と一緒に仕事するのです。
自立していれば、今が貧困でも必ず挽回出来ます。
既婚だろうが独身だろうが加齢だろうが、自分自身が可能性があると判断するなら大丈夫です。
先に銭のピンハネ額を計算するから、ろくでもない職業「労働者」を採用してしまうのです(笑)
彼らは、「労働者」って服を着て団体で企業の弱い部分に入り込み公的機関に泣きついて一部救済策を目指して当たり屋的に来るのです。
って思う考えもありますよ(笑)

「労務的当たり屋」から身を守るには、視界を広く持つ事

トラック協会のセミナーやゴルフコンペに行く貴方の知らない場所で、企業内労働組合が自発的に組織される(笑)
労働組合が出来る事は、非常に喜ばしいことです。それを意図するところかではないか?→ここが大事。
想定内か想定外にするのか?そこに事業主の把握と未把握の違いです。

中央労働委員会命令・裁判例データベース

↑何が日々起きているのか?他社で何が起きているのか?ご覧ください。そんな笑い話な内容でありませんよ。どんな運送会社でも当たり前に行っている事が、相手によって表面化するかしないかの違いです。この事例を全て士業に丸投げですか?何も対策を講じないのですか?それで社長や事業主は、賢くなりますか?(笑)

事業主側と労働者側の解釈の違いを正確に知る

中央労働委員会:集団労使紛争の調整事例と解説

修理代金の給与からの天引きと退職後に加入した合同労組との団交応諾義務

一番の争点になりますね。事業主の心情的に辛いことですが、労働者としての権利として認められています。強い人間は、「弱い衣」を手に入れると「道具」としてすぐに利用します。「一部救済による金銭がほしいから」とかは言ってはいけません(笑)そういう事態を招いた脇の甘い社長や事業主の自己責任でもありますから。

大手運送会社でも軽貨物業者でも平気で横行している事案です。
この部分だけを突いてでも労働事件として金をせしめる専任弁護士でも居るぐらいです。
そんな彼らと争って勝てますか?
ピンハネしている時間も奪われて、労務裁判に引きづり込まれます。
そして弱いと相手は知っています。

これからも非常に厳しい戦いの分野です。
共に勉強して乗り切りましょう。


中央労働委員会の調整事件概要を把握することからリスク管理が始める

自由人ランキング