なぜ軽貨物運送業者と焼きそばなのか?


ドラッグストアで買った「むし麺」「ちくわ」「もやし」「ソース」ぶっかけただけ。。。
それだけでいい。

商売で上手くいかないのに飯にこだわる必要があるのか?

売上や商売がうまく行かないのに立ち振る舞いが派手な商売の動きは必ず行き詰まります。
そしてその行動は、従業員に迷惑な話です(笑)だって物事の本質を見ようとせず、見た目で判断するのが労働者って奴です(笑)
そして逆恨みに似た行動で、自分の行動を総括せずに労基や労働組合をかまして金をセビリ取る。
新しい「正義な商売」の完成です。

人道的なカツアゲを行う労働者を見抜く目を養う

正義の味方が居るのか?労働基準局が味方なのか??これは裁判所に近い存在であり、きっちり事前に準備を整えとければ、話を聞いてくれます。ただ正義の味方と自負する弁護士=詐欺師?士業であるから「詐欺士」かもしれませんね(笑)労働組合ユニオンの活動に関わる団体に正論を訴えても資本家側の論理だ!と言う一言で一喝されますね(笑)彼らがあの手この手で企業に入り込もうとします。その魔の手から大事な会社を守る事が第一であることに早く気付くべきだと思います。焼きそばでも食って気を紛らわせるしかない(笑)

巧妙な目で我々を見ている奴がいる

敵は、会社や組織をデューデリジェンスいわゆるDue Diligenceって奴を常にやっています。
個人事業主だろうが法人だろうが脇が甘そうな社長の言動をフェイスブックやツイッターから見ているのです(笑)
893などの反社会的勢力への対応は強硬なのに、肝心要の労働問題をテーマにする正義と言われる団体への対策が全くされていない国内企業の脇の甘さを非常に危惧します。まして個人事業主については、ほぼ全裸な感じで閉口します。でも喧嘩は一人前に行おうとするからタチが悪いですね。

乞食みたいな真似をするのを憐れむ目から

憐みの目で見られる事への抵抗感。
それがあまり感じられなくなったら無敵でしょうね(笑)
幸福への尺度が変わったと言うこと。これは10年後20年後の社会においての生命線かもしれませんね。幸せへの尺度が変わっている21世紀。逃げだとか競争からの離脱だとか好きに言わせておけばいい。彼らは、冷たい場所に居た事がないのだろう。辛い目に遭った事がないのだろう。だからどうなんだ?って話。好きにそれぞれが生きればいい。お手手つないで徒党を組む話ではない。
もっともっと個人が自立する。強くなってほしいって思う。自立した上での徒党なら大丈夫。心の隅にでも依存があればすぐにでも崩壊するのがこの軽貨物業界だ。平気で犯罪に手を染める社長が居るのも確か(笑)そしてすぐに拡大志向を取ってLINEでピンハネグループを構築する悪知恵じゃなく子ズルイ奴も居る(笑)ワタシに取っては愛嬌があってかわいいって感じるだけなんだけれど(笑)

情報弱者で構わない。弱者には弱者のお金の使い方と戦い方がある。

自由人ランキング