★高収入軽運送ドライバーになる!独立する為の準備とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

独立開業する心構えとは?


教養や見識なんて関係ない。

要は、当たり前の事を当たり前にすることしか道がないよね。
誰も助けてくれない。まして政治や景況感の責任でもない。
不況でも数字を上げている同業者はたくさんいます。

具体的な独立開業後の売上目標は?

●支払い日の確認
今月働いた委託料金が60日後に振込されます。
まるまる2カ月分の支払額はストックする。

●年収+140万ぐらいは売上目標にする
年収260万の人なら年商400万を目標にする(月25日 年300日 1日1.4万)

●1日の売上目標を設定したら、1つの仕事で達成するのか?隙間の時間にプラス仕事を増やせれるか?
3000円の仕事を4つと2000円の仕事を1つでも14000円
1つの仕事で14000円もあり、5つの仕事で14000円もOK
要は、貨幣に区別はできないということ。
頭の切り替えが必要であること。

白色申告?青色申告はどうすればいい?

最初から考えなくていい。

・1/1~12/31の間の売上が分かる書類
・運送業に使う経費
ガソリン代・高速代・トラックローン・保険代・下請け代・打合せに使った飲食代・携帯代etc

開業初年度から普通は白色です。
翌年の2月・3月ぐらいに開催される地元の青色申告会へ参加してみてください。
税理士さんや見習い税理士さんたちや委託職員さんが丁寧に教えてくださります。
税理士と顧問契約なんて結ばないでください。
個人事業主の会計なんて自分で出来ます。
軽貨物個人事業主の会計なんて勘定科目も少ないし、税理士のカモにされるだけです。
顧問契約なんて月3万ぐらい平気でします。
年間36万の利益を飛ばしますので、それぐらいは自分でやってください。

最も考えなければならない事とは?

何にお金を費やすかを考えて頂きたい。
いくら稼ぐのか?明確な目標が必要。
許認可を自分でする時間があるのなら、行政書士に外注せずに自分ですればいい。
最初で最後の手続きに時間を費やすのなら、経理の仕分け(勘定科目の割振り)を勉強する方が後々お金に返ってくる。
許認可は外注でお勧めします(笑)
運送業に問わず。
車の事が詳しくなくても「商売」は出来ます。
整備を自分でするから良いのではなく、車屋にお願いしている間にさらに働けば良いだけのこと。
あれもこれも自分でする人ほど途中で疲れて行き詰る。

いくら儲けれますか?と言う質問とは

逆に素人の初心者の貴方が、いくら稼ぐ事が出来ますか?1日で?
委託元の報酬に左右されますか?(笑)
軽運送の仕事とは別にアルバイトしてでも目標の売上を稼ぐ工夫をされますか?
と言う問いを返しますが、まともな回答はありません(笑)
でもワタシも開業当時はやっておりました(笑)
人にいちいち言いませんが、目標数字が明確でしたのでクリアします。
他力じゃないです。生活費稼ぐのは。

この部分がちょっとピンとこない人は、
生活費すら労働で確保する事が出来ない人。
そして自分の思い通りに行かなければ、直近の元請けや勤務先の責任に平気でする奴。

そして何よりも法人個人問わず事業主が一番採用してはならない奴である。
この部分をアバウトにすれば、下記の災難が待っております(笑)
労働問題を商売にする奴に近寄るな
勝手に成功を夢見る開業者たちを分かり切って騙す事業者
マンネリ化なんて言葉を使う委託ドライバーは使うな


退場する奴はやっぱり退場するぜよ。


独立開業がゴールじゃない。開業3年後からが本当のスタートライン

自由人ランキング



SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク



コメントを残す