競業避止義務ってなに?

競業避止義務(きょうぎょうひしぎむ)とは、一定の者が、自己または第三者のために、その地位を私的に利用して、営業者の営業と競争的な性質の取引をしてはならない義務である。 法学上の用語であり、商法及び会社法と、労働法の双方で使用される。 本項目では、双方について解説する。
引用元競業避止義務 – Wikipedia

辞められるのは辛い。
でも同業他社や元請けに再就職or再委託されるのも辛い。
そんな感じで訴訟に発展するケースが近年多発しているし、思わぬ形で雇うと突然告訴される事もありますね。

人材を通じた技術流出に関する調査研究報告書

人材を通じた技術流出に関する調査研究委員会の報告書
競業避止義務契約の有効性について
小難しいですが。。。

競業避止義務の有効性と判断されたポイントとしては

  • 守るべき企業利益が明確であるか
  • 職業選択の自由を妨げていないか
  • 地域の限定はあるか
  • 代償処置が講じられているか
  • 避止義務期間が1年以内の場合は肯定的に捉えられる

名ばかり役職はどうなるのか?偽装請負は?

形式的な職責ではなく、実際にどのような業務に従事していたのか?
そのポイントを重視されます。
肝心なのは、A社の下請けでB社が従事しててA社の業務に従事している過程で得た人脈・手法・実績等はB社の努力と能力で得られたものでありこれらのノウハウが流出したのしても競業避止の有効性には問われないと言う解釈がほとんどであります。
また軽運送業界でありますから、業態自体の売上も製造業に比べて小額で有り何にとっても過大扱いと捉えられるケースが多いように感じます。
そもそも競業避止義務の有効性を問う事自体大げさな扱いを受けるケースも出てくるかもしれませんが、気持ちは理解できますが難しい視点でもありますね。

軽運送業界での1日貸切定期や特定荷主ルート配の従事者については

軽運送業界では、ある取引先へ業務委託として単身投入するケースがほとんどであります。
委託ドライバーが契約終了後に取引先へ再取引をするケースも多いですが、元請けの取引先保護と言う観点から競業避止義務も理解できるのですが、ここで委託ドライバーの契約状況ではなく実際の業務体系を重視されると言うことです。
偽装請負ではないですが、そういう部分を攻めてくると言うことです。

下請けとの委託契約終了であっても、全てに制限を設ける事は出来ない

辞められたからと言って、漠然とした長期間に渡る縛りを設けることはダメだと言うこと。
明確な事例が必要。
委託契約中に元請け会社と再委託契約交渉を行って、元請けに報告を怠ったとか明確な事の積み重ねが必要であると思います。

今まで当たり前に考えられていた商慣習に溺れていてはいけない

どんどん新しい脱サラ組が業界へ参入して参ります。過去の価値観等で推し量れなくなります。
前後の文脈関係なく契約主義そして証拠主義である事を忘れず、単発取引でも脇を固めて参りましょう。
知らない相手と仕事する場合は、明確に答えを求めながら取引を進めていく時代なんだなぁと感じます。

情報弱者でもいいじゃないか?情報溺死するよりマシだ!

ダメ人間日記ランキング