素晴らしい宅配受取客の神対応ぶりをご覧ください14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
受取客,宅配便,宅急便,ゆうパック,届かない,クレーム,痛客,糞客,不着,福山通運,名鉄運輸,アマゾン,楽天エクスプレス,再配達,クレーム

Amazonが届かない!
楽天エクスプレスが来ない!
時間指定が守れない!

とツイートするだけの痛い客たち(笑)彼らを温かく考査するシリーズ。
ここからの続き

なぜ受取客をネタにするのか?

大手委託元からも受取客からも理不尽な要求に対応する日々。
私も委託ドライバーの案件を受託した日々がある。
それがあるが上で今があると思っているし、借金返済出来た事も全てラストワンマイル案件の1個110円の委託報酬の出来高がスタート。銭を生むスキームはキャリアと共に精度が上がる。しかし委託ドライバーの上下の環境は変わらない。
期待しない。明日明後日に改善出来る相手なのか?改善がすぐに望めない。改善を求められない環境下で出来る事は何なのか?委託ドライバー業務の疲弊する日々の中で、心の中でディスる方法でメンタルを「明日も委託案件を受託する力を」手に入れる為にメンタル維持の為に敵を作った日々がスタートです。
実社会の現場でディスる事はありません。
それはおわかりでしょう。実社会の業務の中では、「低姿勢」これは受託仕事であるなしに関わらず基本的な自営業の心得でもあります。

・委託元に下請けが何を改善する立場にあるのか?
・受取客は、自分の客ではない(委託元の顧客である)
・即効性有る行為でなければ、反映されない

外的要因の諦めは、ネガティブではない。
外的要因に期待しないことは現実的な判断だと私は考える。

宅配便は使えないと嘆く人たち


待たないです。一銭にもならないので帰ります。
不在票投函してサクッと帰ります。


立場が明確になると豹変する受け取り客。よくあるパターン。低姿勢で謝罪する。記憶に留めるw


・・・・・今のアナログ配達の限界ですね。
しかしいずれオプション化すれば、キャッシュレスの兼ね合いで同じことが起きないように勝手になりますよ。


ゆっくり就寝すればいいよ♪不在票投函すっから。


化粧箱じゃないんですから化粧箱を外損から防ぐ為にダンボールで梱包されているから更にダンボールを外損から防ぐためのダンボールを別料金で購入店に依頼されて見てはいかがですか?無償でそこまでやる理由は誰も貴方以外に費やすメリットはありませんw


アロー便って大型品が多いんで、ご自分で取りに行かれてみてはどうですか?レンタカー借りて。貴方の買った店が大型品を配送する業者の中でメリットを感じているのが日通さんなんでしょう。ルールの中で限られた配送料金で運営しているんでしょうから。SNSでつぶやいても状況は変わらないと思われw


時間指定厳守前提のチャーター便を貴方が数万円で依頼した時に「延着」発生した場合は、「時間厳守」が最大のメリットとしている物流サービスなのだからクレームは大いに入れるべきです。しかし宅配便って運送約款でも記載しておりますが、運賃の範囲内で損害については負担します。時間帯指定はあくまでも「希望時間」ですから必ず守る必要がある事はありません。交通事情や当日の配送スケジュールによっては延着も前提とした「相乗り的配送便」ですからねwそんな運賃でしょ?「相乗り」前提のサービスに全体の事情を考慮しないクレームって相手にしません。負担されている運賃の範囲内で対応しますって話。法人でも個人でも「絶対に遅れてはいけない商品」って存在します。だからそんな方は「宅配便」を使って配送依頼はされません。貴方が大切なモノを配送するのに「数百円での相乗り便」を用いた貴方の選択が間違っていたのでしょう。ご愁傷様ですw


有料化すれば、客層も変わります。
しばらくお待ち頂くと変わって来ますよw


これは絶対に駄目ですね。配達員の完全敗北です。受取人さんの希望する時間帯で配達しなければなりません。手土産持参ですw再配達の電話が多い時におきます。再配達の電話が集中するときは、メモでもA4コピー用紙でもええから電話入電分を簡易的に控えて行くことです。


配達時間指定の幅が狭いサービスもできるんではないでしょうか?運賃負担が増えても利用したいって客が多ければ採用するでしょう。きっと貴方みたいに運賃は安く、サービスは無償って乞食客が多いんではないでしょうか?もうしばらくお待ちくださいませw


君が知らないだけで配送業者は知っている。adidas側が求めている運賃に合致する配送業者がラストワンマイル協同組合だけだったって話。貴方が知らなくても荷主が求める運賃で合致する配送業者が選択される。1日1回の配達に感謝しなさいよw


こういうブログっていつも感じるが、受取人側に工夫がないのに配送業者の電話番号知っても変わらないですよw無償のサービスを強要する受取人と受け取れないゲームをやっている配達員側に何ら影響はナッシングw委託会社から文句を言われても「平謝り」受取人から罵声を浴びても「平謝り」すべて両方の弁録取ってて、嫌なら委託会社を抱いて労基でも駆け込む悪知恵持っているドライバーばかりですw

数百円の客の為に無理はしない


きっと私も平謝りするw心の中で「また同じことやろう」って思いながらw次のギリギリのラインを見つけてwルールの中で楽しみを見つけようぜ!


名前控えられても平謝りするでしょうw


素晴らしい配達員ですね。徹底されておりますw運送約款の範囲内で正確に安全に配達することを心がけておりますね。ただし、すぐ落ちる宛先や工夫をされている受取人さんについては確実に落ちますから報酬に直結します。こんな受取人さんについては最優先基準で配送ルートを組み立てて行きますねw


よくお分かりの方ですね。帰りたいですよw運送約款の範囲でやるだけですよw無理はしない。


こちらも怖いんですよwこんな方は不在を3回入れて返却処理する方がいい。

無償のサービスを強要する人


必ず担当エリアに存在する客層ですよねwこんな客層は、落ちないそして報酬につながらないが自分の時間指定は強要する。時間指定は希望時間であって運送約款でも運賃の範囲内でできる限り対応する程度の話。お客様は神様って思える層は限られているんだけれど、自分の事を「神様」って自認する人は一定層居る。そんなやつは案外参観日に居たりするw向こうは知らないが、こっちは把握している小さな世界ってわからない人も居るw恐ろしいですよね。


19:00に不在切るって理想的ですねw私は、要注意宛先なら19:01で即キリします。更に危ない無償サービス強要宛先は19:05で切って平謝りセットで永遠と繰り返しますw運送約款の範囲内でルールを互いに守るゲームをやりましょう。逆に必ず落ちるor工夫をしている受取人様宅については配送ルール組み立ての最優先基軸として落ちる場所を前提にルート選定をしますよw必ず落ちますから。

言いたい気持ちは理解できるが


無くならないと思う。
無くなら無いって再配達がではななく、配達員のストレス自体が。
再配達有料化しても大手物流各社が末端委託費に対して再配達料金の上乗せを制度化するって意味ですよ。再配達自体を限りなく減らす事は、大手物流各社もそれを利用している企業も把握していると思う。実験も行っているし、すでに再配達有料化を実施している企業も存在する。でも配達員側で同様の不満が何故無くならないのか?委託費ベースで再配達分の制度化について実験も実施も事例が少ない点でしょうね。再配達有料化は非常に企業側として利益貢献が高い事は知っているでしょう。現に実施している企業は十分に恩恵を享受出来ている。私も実験そして実施して3年目になるが、数字は思っているイメージと違い「荷量を増やさずして利益を上げる」1つの方法だと確信している。なぜやらないんでしょうか?大手は?まだ早いと思っていると妄想します。再配達有料化を実施する為に「世論」を意識している点。まだまだ再配達有料化実施するまでの周りの堀を埋めているんでしょうね。そして佐川ショックみたいなショックをタイミングとして捉えているんだろうと考える。同じようなショックをドサクサに紛れて、有料化を実施するぐらい世論を意識しているんだと思いますよ。委託報酬ベースでの再配達有料化の加算を考える前に「時間制」であったり、「日当制」などの宅配委託の報酬体系に対して色々提示変更が一巡した先に全体の需給バランスを意識して制度化するでしょうから、まだまだ時間がかかるでしょう。
それまで待てないなら、「要注意宛先に荷物が届きそうで届かないゲーム」でも楽しんでやりましょうw逆に工夫している受取人さんや必ず落ちる受取人さんと要注意宛先との配達差を格差を断然設けるってのも面白いゲームですよ。必ず低姿勢で、運送約款や委託約款の範囲内ギリギリで遊ぶのも楽しいですよw
「受取人は神様」=「お客様は神様」=「必ず落ちる受取人」=「工夫してくれて必ず落ちる受取人」ですからね。
「受取人は神様」だと思える宛先を深堀してコミュニケーションを取る事が報酬アップの出来高宅配委託ドライバーの「伸びしろ」ですw時間制と日当制の宅配委託ドライバーは、委託約款の範囲内でハイブリッド配達を心がけてくださいね。メンタルやられてまで「自称神様」を相手にするほど報酬はもらっていませんからw

再配達有料化を自社で行う場合

自社でやっている企業は少ないですが、やっていない訳ではない。貴方が知らないだけで全国の地方都市の小さな運送屋さんでも地場で限られた範囲で静かに収益化されている簡単な話です。別に特別でも何でもない。大手物流会社から委託としてやっている委託仕事は、委託元が決定する話ですからね。勘違いしないように。

<受注段階でやること>
・受付時の時間設定
・在宅以外の不在置きあり
・配送窓口をナビダイヤル
・電話以外の問い合わせ窓口をWEB化する
・荷主へ再配達料金請求
・受取人に着払い以外再配達料金未請求

馬鹿な受取人は不在を繰り返すも再配達料金売上が伸びる。受取人からWEB化された再配達依頼を証拠化する。徹底して荷主側に提示する証拠固めを並行して行う。予め決定した指定は遵守する。予め設定した時間指定を延着した場合にその運賃は請求しない。メリハリを持った請求スタイルで企業との契約を行う点も大切。銭にならないコストが必要な宛先を収益化する事は、コストが必要でない宛先をシンプルにすることでバランスを取る。これだけでも再配達有料化について収益化することも可能。

動画で物流系や軽貨物系のユーチューバーたちが同様のネタを語っている場合は、彼らが他人の話を語っているのか?そもそも自分たちで有料化を実施している側で語っているのか?一目瞭然のネタですw貴方が初心者でもベテランでも他人の話を語る人間と自分で実地の上で語ることの差を彼らの動画から感じてみてくださいねwそれが一番早い話ですw

シリーズ15へ続く
「届かない 宅配」1115

総括 この記事はたった1人の配達員が継続性を持ってメンタル維持する為に客は石と思えば良い
フリーランス軽貨物ドライバー「非志ちゃんねる林くん」が初心者開業者たちを相手にする動画から卒業する
ブログランキング・にほんブログ村へ

SNSでもご購読できます。

アーカイブ