軽貨物で開業してからの目標は、やっぱり元請けになることでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

やっぱり目標ですか?

セミナーで聞いたんですか?
やっぱり最終目標ですか?勝手だけど

利用運送=水屋って何?

商社より責任を取らない総合商社(笑)

利用運送事業(貨物利用運送事業)とは、船舶、航空機、鉄道、トラックなどで運送する事業者(実運送事業者=キャリア)を利用して、貨物の運送を行う事業のことです。こうした事業者のことをフォワーダーと呼び、荷主に対しては運送契約を結び、運送の責任を負います。貨物利用運送事業法では、第一種と第二種に分類され、第一種は利用運送だけ(ポート・ツー・ポート)を行う事業、第二種はトラック集配も合わせて行い(ドア・ツー・ドア)、荷主に対し一貫サービスを提供します。
引用元利用運送事業貨物利用運送事業-ロジスティクス用語集-日本通運

大手の日通さんのソースですね。堅苦しいですね(笑)
JR貨物1つ取っても、大手各社は必ず利用運送免許を持っています。船舶・航空・鉄道を直接維持管理している訳ではありません。しかしケースに応じて適時「利用」します。海外の運輸系であれば、全て自前で持っている場合もありますが国内では第一種で利用して、場合によっては第二種で荷主に包括的な提案が出来るって具合です(笑)
軽貨物で言えば、軽貨物車しか持っていないけれども荷主よりt数の仕事を持ちこまれた時に一般貨物会社や他社軽貨物業者を利用して荷主の要望に応える。差額を手数料としてもらう。この手数料収入的な商売としても見られていますね。でも責任を負うって記載しても実際は、利用運送メインの事業者が「責任を負う」資本力も判断もしないのが現実(笑)ピンインではなくピンハネ専門(笑)
本来の利用運送は、フォワーダーって呼ばれ、イメージとしてはUPSとかフェデックスの感じが強いですね。

JR貨物じゃないですが、こういう社団法人のHPも面白いですよ。
オフレールステーションなんか見ているとやっぱり日本通運は凄いねぇ~って感じますw国内ばかりでなく海外へドンドン出て行けって思います(笑)

軽貨物運送業で独立したら、やっぱり利用運送がゴール?

インフラは、流行りでは維持できない。
どんな書籍を読了しても
ほぼ同じ。
元請けになり、下請けを抱えて
委託手数料のみでご飯を食べる。
不動産で言うところの客付け不動産って奴です。
自社所有物件は持たず、
管理業務も行わず
客付けのみ。
そんな事を目指している方が多いですね。
非常にリスキーでしょう~
でもやっぱり楽して貨幣を集めたいみたいです。
見てください(笑)その利用運送もアプリに搭載されているアルゴリズムで仕事が無くなります。だって中身がないんですから。
依頼主側の気持ちも考えてください(笑)訳のわからない商慣習で決定された価格なんて興味無い(笑)人間関係で縛られた取引に何の魅力もない。安けりゃいい。そしてゴルフ商談で維持出来るぐらいの商談に興味なし。

どんな先輩軽運送事業者を手本にするかで将来は決まる?

そう手本で決まる(笑)
私は25歳ぐらいで脱サラしてこの業界へ入りました。
「時間をコントロールしたい!」て思ったけれど、どの書籍もお金ばっかり(笑)
時間=貨幣なのにね(笑)貨幣の価値は変動するけれど、時間の価値は青天井に高い。
お金なんて生活出来れば十分。それよりも時間はみんな等しく24時間。
これを自由にコントロールできる方が裕福なのに。
スタートラインの準備以外で銭について考える事はありません。日銭と時間だけ。これ以外に何がありますか?(笑)
頭は良くないです。
MOKUBAは器用ではありませんので、あれもこれも同時に出来ません。
軽貨物を商売からビジネスへ変える仕事に興味がある人が居る。そんな人は、上昇志向の社長を目標にすればいい。ドンドン上がればいい。それはひとそれぞれの着地点が違うだけです。自分に沿うメンターを勝手に設定すればいい。

豊かに成る為に進むチェックポイントがある

今、目にする裕福な方たちにはプロセスがあります。
プロセスを通った結果なのです。
そのプロセスは必ずしも自分に当てはまらない。
でも思考は参考にする事が出来る。
誰もイチローになれると思っているのか?
成功者と言うか大企業の経営者をテレビや書籍で崇拝することは簡単だ。自分とダブらせて思考することも比較的簡単だ。
それよりも比較することよりももっと見つめないといけない部分があるように思う。何度も言うが、その金銭を儲けるのは動機として勝手だが(笑)いつまでもそこに拘って元請として商売する先に誰がついてくるのか?みんな加齢する(笑)
下請けを疲れさせてなんになるってこと(笑)
この点をあまり理解されないと言うことは、おまえとMOKUBAとの時間軸というか時間の1分あたりの差が違うと言うこと(笑)

豊かと感じるまでには時間がかかる。
時間と言うか時間が最短である為には、仕事をしなくても資金繰りが大丈夫な期間が1年なのか?1ヶ月なのか?半月なのか?半年なのか?1週間なのか?1日だけしか余力がないのか?ということ。
他人に発信する言葉に
「仕事が無い」
「散歩しています」

この言葉を聞いて、何をイメージしますか?
色んなDMがツイッター経由で届きますが、

・こんな仕事あるけれど文句言わないならする?
・ざまーみろ
・客を大事にしないからだ

いろんな言葉が届きます(笑)
これは非常にありがたい。

中に
・次はどこに散歩されますか?
・毎日どんなことに興味がありますか?
・満たされてますか?

また違った切り口の抽象的な感じのDMも届きます。
これはこれでありがたい。

読み手の充実度合いと精神状態でも受取方が違うってことですね。自分よりも相手が劣ると見るとマウントを取る。これも善悪は別として傾向ですね。特に日本の方に多いと思います。ただMOKUBAには少ないけれど、海外の同業者さんからはちょっと違うDMが来る(笑)

・私も飲んでるよ!
→ と言いながら、カフェの写真が届きます。
・お前より俺が休んでいるよ?お前働き過ぎだ
→ と言いながら張り合ってくる(笑)

・お前が休んでいる間に働くぜ
→ と張り合う。

言葉をそのまま発しない。本題は察してくれってばかりに優しい言葉を投げかける。言う側も核を持ちつつ、相手の核も尊重する。そういう文化圏が存在するんだなぁ~って今更ながら感じますね。
時間をどう使おうが勝手である。
時間が自由に使えると言う事は、有る程度経済的に自立しているか?自立をどう捉えているのか?それにより読み手の認識も違ってきます。そんな読み手の勝手まで考えるほど暇ではござません(笑)
会社組織も個人事業も同じで人それぞれ勝手(笑)

まずは独立する目的とは何か?

生活費捻出なのか?
借金返済の原資なのか?
投資目的の副業なのか?

目的によって違う。
マイナス要因ならマイナスを0にする事に全力を尽くす。
だって受取利息<支払利息なら尚更です。
利息が逆なら、支払サイクルを伸ばして借り続けるのも手法の一つ。
3年間続く軽貨物ドライバーには無意識の理由がある
静かに眺めてみればいい。
余分な事はしない。
余分な荷物は持たない。
まして社会貢献活動なんていっている奴がね(笑)

目的が社会起業家なのか?

商売で世の中の役に立つ?銭儲けに綺麗ごとを求めたいのか?
「買い物難民」を救う為に「開業後難民」を増やすような商売は続かない。

運送会社社長が逮捕
無償の高品質サービスの詐欺だよ?
開業3年目で見えること。諦めること。
周りの人に聞いてみな?
「やっぱり元請けになりたいですか?って(笑)
MOKUBAの返答は、嫌だ(笑)
元請けは手段であって、「ゴール」と思っている奴から仕事なんか貰いたくない(笑)
ならね、サラリーもらえる組織人に戻りますよ(笑)
そういう話は、頭の良い器用な別業者の動画を見てください。
頭の悪いメンタル維持だけで精一杯の負け組軽貨物運送業者のMOKUBAでは解決する気もございません(笑)

労務裁判調整事件概要を把握することからリスク管理が始める

自由人ランキング

利用運送がゴールって小さくねぇ?(笑)


SNSでもご購読できます。

アーカイブ

コメント

コメントを残す