保育園児らの列に車 7人軽傷、60代男逮捕―警視庁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
軽運送・軽貨物・赤帽のニュースをピックアップするblog

高齢者委託ドライバー率が高くなる

対岸の火事ではない

なぜ今なのか?

新年(令和2年)2020年一発目の記事はこちらをチョイス(笑)
過去ツイッターで炎上した事なんか知るかえ!私は私の視点で勝手に妄想する。

11日午前10時20分ごろ、東京都八王子市宇津木町の路上で、「散歩中の保育士と子どもたちの列に車が突っ込んだ」と110番があった。警視庁などによると、いずれも2歳の保育園児4人を含む7人がけがをしたが、意識はあり軽傷という。同庁などによると、八王子バイパスの側道で、横断歩道を渡っていた園児ら10人以上の列に軽トラックが突っ込んだ。同庁は運転していた60代の男を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕。「(車内で物を落とし)気を取られて下を見ていた」と容疑を認めており、同庁は赤信号を見落とした可能性があるとみて調べている。男もけがをし、釈放され入院した。
 現場近くで勤務している男性によると、事故発生時、「ドーン」という大きな音が鳴り響いた。外を見ると成人の女性1人が倒れており、近くには園児を乗せていたとみられるかごが2台あった。泣いている園児もいたという。
 現場はJR八王子駅から北に約4キロの住宅街で、近くには保育園などがある。

報道されるされない問わず、どこの委託会社でも有りうる事案。60代と言えば高齢者なのか?その議論は別として業界的にも主力稼働の年齢層である。そして高齢者とわずよそ見をすれば、誰にでも起こしかねない事故なのだ。
事件発生時に投稿しても論点は組織的な予防策や再発防止策などにいかない。
加害者と被害者そして被害者の幼児や保育士さんなど事件そのものの考査だけに終わる。
また報道機関のwebニュースソースが存在する中でいくら組織論を論じても誰もそっちに思考が行かない。
報道機関のwebニュースが多数リンク切れが起きている今だからこそ語れる妄想出来る時ではないだろうか?
幼児や保育士さんや加害者どうのこうのの議論はツイートでもまとめサイトでも何でもブログでも腐るほど語ったではないか?
物流系・運送系のニュースサイトでも本件は語られない。記事投稿もしない。
なぜなら当事者及び使用者責任の範囲者である法人が大事な取材先そして広告主にもなりえるから記事化しづらいのは大体想像がつく。だったらワタシが勝手に分解して、加害者・被害者・使用者責任者の立ち位置で語るのは止める。分解して、次に自社の委託ドライバーが同様の事件を起こした場合。起こした時に何が重要になるのか?考査出来れば、自己満足だ(笑)

委託管理元の考査

八王子 事故 宇津木|保育園児4人含む6人はねられる|軽貨物委託ドライバーが引き起こした交通事故|車両照合図
社用車ではなく委託ドライバーが所有or貸与された委託元のロゴが入った軽貨物車両だと思われる。
しかしながら、使用者責任について過去の色んな死亡事故や軽微問わず議論されてきました。
株式会社ワールドビジョン金子謙太郎|東京都昭島市朝日町3-6-25-103
登記上どうこうのはまだ考査していない。
とりあえず情報ソースに出ている内容だけ把握してみる。

委託元含めあるモノで判断

事故を起こしたドライバーが一番悪いこと。
事故原因は、十分に聴取されているだろう。また被害者への保障含め着実に行われているだろう。
また加害者には司法手続きを持って然るべき処理が行われる。事件化されています。
だからこの件を交通事故そして加害者どうのこうので論じる類ではありません。
当事者ではありませんので、憶測で書きますね。
この事件は、ワールドビジョンさん以外でも明日でも今日でも発生するぐらい対岸の火事ではない。
ワールドビジョンさんと呼称で呼ぶのは、組織を分解把握する。なぜなら軽貨物委託会社とはほぼ同様の組織体であるから。
株式会社ワールドビジョントランスポート飯島直道|東京都八王子市宇津木町685-1メゾンMS第一ビル401号(宇津木町685-1-401)|2010101013419
商業登記簿では、代表者の記載ありません。公式HPと法人番号検索で合わせております。
ワールドビジョンさんに限らず、商業登記上の住所とHP記載住所が違う点について何も不審点はありません。なぜなら商売上セキュリティレベル如何により法人側の判断。何も商売上・与信上何も問題がない点は強く申し上げておく。
株式会社ワールドビジョン商業登記法人番号を探せ|カンパニー松永「フリーランス軽貨物ドライバー」
株式会社ワールドビジョントランスポートについては法人番号発見済み。
同名法人が都内に5件。
A:株式会社ワールドビジョン|東京都杉並区和田1丁目4-15-107|1011301017771|2015/10/05以前
B:株式会社ワールドビジョン|東京都羽村市羽加美1丁目17-3|1013101005618|2015/10/05以前
株式会社ワールドビジョン羽村市は、運送会社。
第一種貨物利用運送事業登録申請処分|株式会社ワールドビジョン|1013101005618|東京都羽村市羽加美1丁目17番地3
国土交通省関東運輸局報第1661号(2017/11/24発行)にて第一種貨物利用運送事業登録申請されております。利用運送うんうん。
後3件。。。
C株式会社ワールドビジョン|東京都中央区築地2丁目14-2MIビル3F|2010001046725|2015/10/05以前
D株式会社ワールドビジョン|東京都港区南青山4丁目17-35デンマークハウス1E|2010401039411|2015/10/05以前
E株式会社ワールドボジョン|東京都北区田端新町1丁目20-11-303|9011501017283|2015/10/05以前
A~Eの中で運送会社は、1013101005618の羽村市のワールドビジョンさん。
しかし面白いのは、これだけ前株の同名法人が5つもあってHPが存在していない法人が存在する事も(笑)
運送会社特徴的な1つの許認可がダメなら別同名法人をいくつも立ち上げる手法にも見えてしまう魔術(笑)
正攻法で妄想しても仕方が無い(笑)

5つのワールドビジョンを建物で考査

運送会社で利用運送と軽貨物事業で耐えれる賃貸料金か?事業規模なのか?
家賃ベースほか相場含め概算で勝手に考査する(笑)
A東京都杉並区和田1丁目4-15|プレザント中野富士見町|1K|相場8.5万円
B東京都羽村市羽加美1丁目17-3|戸建|自己所有
C東京都中央区築地2丁目14-2|築地NYビル|事務所|20坪・相場32万円
C東京都中央区築地2丁目14-2|セリコ東銀座ビル|SOHOマンション|10坪・相場12万円
※同住所にタイプが違う施設あり。登記上の住所とビル名が違うが、昨今の不動産取引を見れば大した違い無し。
D東京都港区南青山4丁目17-35|デンマークハウス|事務所|52坪・相場78万円
E東京都北区田端新町1丁目20-11|メゾンブラン田端|2DK|相場14万円
AからEの物件で比較考査した場合は次の通りに。
軽貨物運送業界の事業規模からすれば、C築地NYビルとDデンマークハウスの固定費は売上に耐えきれない物件を賃貸する意味はないから除外。更に2DKの部屋も不要(笑)だからEも除外。残るはAとBである(笑)でも本命はBである。皆さまお察しが付くと思います。しかしこの考査は独りよがりではないだろうか?
だったら既存で賃貸しているor所有しているかもしれない物件の相場から判断してみよう。

現在設置している事務所相場から判断

株式会社ワールドビジョン営業所一覧|カンパニー松永「フリーランス軽貨物ドライバー」
本社・集中配車センター|東京都昭島市朝日町3-6-25酒井マンション
株式会社ワールドビジョン車両台数|カンパニー松永「フリーランス軽貨物ドライバー」
160台!!!
これだけあれば、10%ピンハネでも十分に8000万ぐらい銭は軽く作れます(笑)
物件ベースで金銭感覚で考査しても無駄ですね(笑)
城東営業部|東京都江戸川区東葛西5-54-4-313アゼリア
営業所としては十分に機能しますね。私の感覚ですけれども(笑)詰所であっても十分だね。
羽田営業部|東京都大田区大森南5-5-2-101ティーコンフォート10
羽田発着の航空貨物を扱う営業所として申し分ない物件。十分に機能しますね。閲覧されている方の印象は違うかもしれないけれど、軽貨物大手委託会社のコールセンターや営業所として記載されている住所や実際の電話番号設置されている物件ってのは、2Kや1Kもしくは1LDKなんて普通。軽貨物運送の収益性を考えれば、事務所なんか設置する必要なんてないのよ(笑)
株式会社ワールドビジョン車両台数2019年06現在|カンパニー松永「フリーランス軽貨物ドライバー」
340台!!!更に増車している模様(笑)これはAからE全て大丈夫かもしれません(笑)さすがにEは無い(笑)
川崎事業部|神奈川県川崎市幸区小向西町2丁目19-1berge K
十分すぎるぐらいの物件(笑)さすが160台を管理している委託会社だけありますね。
これは10万-20万でもありうるんではないだろうか?逆にAとCは登記としては不向き。なぜなら腰が据わった子会社登記が行われている。腰が据わらない住所に登記をする無駄は行わない法人だと考えれる。

羽村東口・本町西口商店会~羽村にぎわい音楽祭~|第5回個人協賛している株式会社ワールドビジョンさん
第5回の協賛もなされているようで、羽村市とご縁が無い訳ではない点も考慮してBがやっぱり。
それと皆さまお察しの件を踏まえてやっぱりBが本丸(笑)この件は以上!(笑)しかし類似名称が多数存在するキーワードは、やっぱりSEO的にも良いんではないだろうか?(笑)そしてリスクヘッジ的にも埋没し易く立ち回り易いとも考えれます。良い勉強になりました。
それにしても昨今には珍しい営業所記載。
選択されている物件も中々したたかで、コスト意識がしっかりお持ちの事業主さんだと思う。
だから委託ドライバー(雇用関係にない下請け先)ドライバーの不注意による交通事故が発生したからと言って、元請け叩きをするのはハッキリ言って軽率だと思う。司法手続きに従い、命令指示された司法判断を不履行した訳でもない。ツイッターやブログなどで元請け先を糾弾する書き込みが多数存在していることも分かるが、全て軽率な内容だ。
委託ドライバーの加害者が司法手続きの判断に不履行とか失踪して対応出来る者が存在しないなどではない。そういう事が発生したのであれば、使用者責任の観点から元請けの責任をどうのこうの論じる事はいいのですがね。
いずれにしてもそんな事案が出てきていない以上に加害者としての責任を履行していると判断している。

起きる前に出来る事は無いだろうか?

・加害者が社員やバイトの場合
 使用者責任に従い、社用車に配備されている任意保険や事業者としての責務を果たす。この事後の手続きを誤れば、過去に倒産した法人の二の舞になります。
民事責任の考え方|請求先一覧表|交通事故被害者救済センター引用
参考にして十分な情報量です。皆さまも閲覧ください。
・加害者が業務委託した取引先(委託ドライバー含めたフリーランス軽貨物ドライバー)だった場合はどうだろうか?
上記の図で言う「加害者の使用者、又はその代理監督者」とは、何なのか?業務委託だからでは根拠にならない判例が存在します。詳しい事は、法曹関係でググってください。
大きく根拠となる法令は、
・民法第709条

第七百九条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。(財産以外の損害の賠償)

条文で規定しています。使用者責任とは、会社(使用者)や事業監督者の不法行為責任のうちのひとつです。
また大きく使用者責任についても規定しています。
・民法第714条・715条

第七百十四条 前二条の規定により責任無能力者がその責任を負わない場合において、その責任無能力者を監督する法定の義務を負う者は、その責任無能力者が第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、監督義務者がその義務を怠らなかったとき、又はその義務を怠らなくても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。
2 監督義務者に代わって責任無能力者を監督する者も、前項の責任を負う。
(使用者等の責任)
第七百十五条 ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、使用者が被用者の選任及びその事業の監督について相当の注意をしたとき、又は相当の注意をしても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。
2 使用者に代わって事業を監督する者も、前項の責任を負う。
3 前二項の規定は、使用者又は監督者から被用者に対する求償権の行使を妨げない。
(注文者の責任)

規定された「使用者責任」の根拠2点が軽貨物委託会社の法人or個人問わず重要になってきます。

・報償責任の法理
・危険責任の法理

ワタシが言う軽貨物の案件の割振りそして利用運送時における責任の所在の考え方は、「利益の存するところには損失も帰するべきである」との考え方と一致していなければならない。なぜなら全てにおいて責任の所在を求められる時は全てネガティブ状態だから。報酬のフローと同じく責任賠償のフローも逆流してくる。

委託ドライバーとの取決め

「利益の存するところには損失も帰するべきである」
報償責任の法理の考え方を弁する仕組みを委託会社とドライバー間で行わなければ、必ずトラブルが発生した時に周りを不幸にする。

・割り振った案件は、ドライバーに過度な負担を及ぼしていないか?
電話で割り振る時にドライバーにヒアリングした所で「大丈夫だよ」と言う。
その会話を録音してみた所で何も責任の所在を回避出来る担保でもない。
その様子を文字に起こした時に第3者が判断出来るに値する状態か客観視出来ていない委託会社が多い。
ドライバー側も目先の日銭しか目が行かない事は当たり前。それを管理するのが委託会社の責務であり、ピンハネを堂々と出来る部分ではないだろうか?

・不眠不休で仕事を行う
軽貨物運送の花形である長距離スポット便。ドライバーが自分で受託して自分で死ぬのは勝手。
死んだ後の景色をどうすることも出来ないし、慮ってもあの世だ。
残された者がどういう目に直面するのか?案件を投げた元請け。そして家族。被害者を事故に巻き込み死なせて、自分も一緒に加害者として死ぬ。その後に被害者家族がどのように見舞われた責任をどのように対応するのか?「利益の存するところには損失も帰するべきである」の考え方の通り手順を追ってくるのではないだろうか?そこに加害者へ仕事を割り振った使用者の立場にたつ文言はない。それでも使用者責任をどう受けて、第三者に示すのか?電話口約束をどう説明するのだろうか?
派手に走る自分は満足だろう。しかし個人事業主とは、全て自分で責任を負う。この負う事を自分で出来なかった時の事を誰が考えるのか?案件を割り振ってピンハネする使用者責任ではないか?
銭をハネて手数料を受領しているのに責任は無い事をどうやって被害者家族に立証しますか??
それを考えれば、巷に蔓延る案件のピンハネや手数料フロー収入orストック収入などと軽口を叩ける無知さは無くなりますよ(笑)だから案件の責任あるピンハネと言っているのです(笑)

軽貨物業界の商慣習の抜けはたくさんあります。
なぜなら現在まで商慣習で抑えれた事も多数ありました。
しかし今は違います。
インボイスから始まる会計の大転換から法規の解釈の変更も大きく起因しています。
でも軽貨物業界の委託会社(法人・個人フリーランス)問わず変わらない。
変わっていない。
これをリスクと捉えれば、安易にコミュで案件割振り先やツイッターで割り振る奴は居ないだろう。
こういう奴を見ると、トラブルに見舞われた事がない身体の新しい奴だと思わざるおえないね(笑)

 

 

 

危機感のないフリーランスドライバーを羨ましがるほど不用心ではありません(笑)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

アーカイブ