軽貨物・軽運送事業はお前の工夫次第で儲かる仕事だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

厳密に言えば、「儲かる」事がどの程度か人それぞれ(笑)

犯罪を犯すどこかの軽貨物法人会社ではなく
真っ当にやっても儲けをコントロールしやすい点で
儲け易いって話(笑)

リーマン卒の開業組に勘違いする奴がいる

教えてほしい(笑)
簡単に儲ける仕事があるのなら皆する(笑)
そして長期的にあるならそれは仕事依頼主がバカなだけの話(笑)
それが未来永劫あると思うから勘違いするし、次の仕事を見つけれずに空白時間を生んで、資金ショートの廃業パターンになる(笑)
もう少し頭使えよ。と言いたいところだが、余りにも5年未満で自滅する奴が多い。
これは「軽貨物運送業」を自分の第二の人生に選択したと言う次元ではない。
しかし知恵袋で悪態を付く奴が多過ぎるのだ(笑)これはお笑いではない(笑)
沢山の書き込みを見ていてうっすらと感じないだろうか?
「自滅」的選択をした挙句の結果を。
ほぼ「景況感」「元請け」「業界間」「想定外」どれも自滅的内容。。
まったく外的要因がない。全て自分の選択と甘い甘い見通しと「自分都合の解釈」から勝手に都合の良い選択をした結果の自滅。
会社員時代なら他の優秀な同僚や上司が知らない所でカバーしてくれたんだぜ?ワタシもお前も。

軽トラが事務所だ

どっかの隠居前のオッサンが書いた書籍にもあったタイトルっぽい(笑)
自分を把握する事から始まるのは確か。
現状の固定費をまずは把握する。
自宅兼事務所はauひかり。。。。
月に8000円強
外ではwifiルーター無制限 5000円強
そして携帯3台持ち。。。14000円強
NTT3500円(事業用回線)
月27000円。。
さすがに家賃2万以下でも苦しかった
でも事務所を構えなくても商売が出来るのも確か。
また妻帯者でも家族の車は配偶者の車。そして仕事の軽トラ。MAXでも2台で支障なし。
逆にたった10年間の為にファミリーカーを購入するバカタレは軽貨物運送業に居ないだろう?(笑)
それは「軽貨物運送業」を選択した事と無関係であり、身入りに対して買う物が大きすぎるだけの話。
「社長」と少し言われたぐらいで、何を気が大きくなっているんだ?と言いたい(笑)
フリーターにちょっと毛が生えたぐらいのレベル。
逆にフリーターぐらいの気持ちで居れるなら上手く行く。

まずはタウンページ掲載やめる

商売するのに固定回線とかタウンページが無くても広告活動は出来る。
皆さんお察しの通り、時代が時代です。14年前とは別世界。
SEO対策も手前勝手に出来る。精度は別としてね。


FAXのインクも要らない
A4コピー用紙も要らない
自宅兼事務所に在所する必要性が無くなる
FAX送信する習慣がなくなる→(メール・LINE・SMS)などで代用出来る。
回線使用料が無くなる
住所に縛られる事がない
電話回線無くてもいいんだ。
auひかりなんて止めよう。
光回線を解約する。

事務所に電話がない運送会社があるのか?

バカにされるだろう(笑)
でも後発で且つスタートラインがマイナスなら普通の出来る人と同じルートを進んで成り立つのか?
「成功」するとかしないとかではない
ご飯が食える。有能な開業者と3年以内で勝負をつけるためにも同じ事で力で勝負する訳にはいかない。
一度無くしてしまえば、余ったお金も投資へのタネ銭だ。
借金あるなら、返済にあてよう。
ノマドを目指せば、場所に縛られず稼げる。
遊牧民だ。
田舎暮らしだ。
ここで言いたいのは、安く運送屋をすると言うことが目的ではないこと。
高い収入が誰でも簡単に手に入れれない。
しかし人よりも利益を残す事は工夫をすれば誰でも可能。

最終的に人よりも少ない割の合わない収入だとしても、結果的に生活費が低いから他人より多く利益が残せる!
と言いたい。自分を他人の決められた枠内で勝負する限り、生活費を落とす事が自発的に出来ない。
ここで大事なのは、「自発的に落とす」こと。お金が無くなりそうだから、子供が生まれるからではない。
自分のリスクは、自発的に落とす事が仮に出来たとしたら商売は続くだろう。

本拠に縛られないノマド運送会社を構築する目的

最大の目的は、安定するまで固定費を一気に削減する。損益分岐点を一気に下げることであります。少ない売上で利益を確保すること。
小さくチマチマすることも大事ですが、こういうのは短期集中に限ります。一気に環境を変えて、売上が上がってもしっかりと利益を残す事に徹する事が大事。
「妻帯者では単身者より身軽ではございません」(笑)って言うのは常套句。
理由にもなりません。
ですから電話回線含む通信費。もちろんネット回線の月額料金や携帯電話の月額料金を最優先で削減を図ること。
夫婦で世帯年収と子供の養育費を含めた話し合いが必要です。これは絶対必要です(笑)
労使交渉みたいなもんですね(笑)
1つのエンジンよりも共働きで2つのエンジンで世帯を上手く回す。
出来た利益は、必ず配偶者へ還元ください(笑)
子供よりもまずは配偶者です(笑)
これを怠ると大変な事になります(笑)
嫁さんをその気にさせればもうOK
これは大事です。一番味方になってもらえます。
一緒に運送会社をさせず別の仕事をしてもらう。
それぐらい不安定な業界が軽運送業界です。
安心せず畑はアメーバのように隣接した畑につくるのです。
「次は、何にメスを入れよう」って夫婦で考える会話が出来ればOK
お前は、何の目的の為に働いているのか?
そしてなぜ軽貨物運送業を手段として選択したのか?
手段として選択した軽貨物運送業で何がクリアしたのか?
このゲームをする為に費やすコストとは何なのか?
考えた事ありますか?
面倒ですか?(笑)他人の意見がほしいですか?
他人は、お前のケツは拭いてくれないぜ。
失敗しても笑いもせず関わってもくれないぜ?
このblogが気になる場合は、だいぶんメンタルがやられそうな段階だと考えます。

軽貨物運送業が辛くなったら距離を置け

やられそうとか将来に見えない不安が感じそうな場合は、有無も言わさず日銭確保の仕事以外は無理をするな。
妻帯者なら日銭以外の「将来の売上」から距離を置き、立て直せメンタルを。
そして「遣り甲斐」「他人の目」「尊敬される人間像」「経営者」的な思想から距離を置く。
配偶者含めた家族との仕事以外の時間を意図的に作る。
家の家事全般や家の用事を予定に意識的に時間を割く。
メンタルが落ち着くまで、時間稼ぎをするんだ。
日銭を稼ぐことは、資金ショートを防ぐ。
これは「薬」だ。

薬を服用しながらも、日々の生活を守る。
しかし見えない不安感や脱落感などがメンタルを殺すキッカケになるから遠ざける。
軽貨物運送業=メンタル

メンタル的に維持出来れば、自滅はしない。
あの人のように上手く行かないと思うな!とは言わない。
まずは、「あいつとは違う」と思える事が大事。
そういうメンタル状態に持って行く事が大事。
全て原因は、自分にある。
だから外的要因から見る気にするのではなく、自分を見て自分に問いかけ、自分から出た気持ちに対して確実に問答する。
今、言っている意味が分からなくても良い。
1人は不安。不安だが商売を維持できない事実が眼前に見えた時の脱落感は言葉に出来ない。
少し余裕がある段階で、意図的に自分を奈落に落とす。落とした上で、自分で自分を上げて行く。
こういうスタイルであれば、きっと外的意見や様から自分を比較することは無くなると実感している。
1人でも多く、この孤独感から脱却して廃業から身を守ってと願うばかりである。
このblogがそういう方のフォローになればと思っている。
また発奮することにも利用してほしい。
怒りに任せて自分を発奮や立ち直り・反面教師にしてでもMOKUBAをバカにしてでもメンタル維持してほしい。
そう思っている。
このblogが常に定期的に過去記事を更新している。
沢山の記事の中で、この記事だけが表示回数が低い。
だから目に触れられていないと思う。
他の記事の方がたくさん見られている。
それは、キーワードを多数散りばめているからだ。
でも本当にこのblogを書きたかった理由は、成功体験などと自己陶酔する記事ではない。
行き場の無い気持ちやメンタルの維持が難しい状況に陥った時に同じ場所で進む仲間が居る。
ただそれだけを示したいだけです。
この記事が書きたかっただけなのです。
だから真に受けない。
言っている事は話半分。
期待するな!と言い続けました。
それは、「期待=自己都合解釈」
必ず想定外が発生したら、奈落の底に自分をメンタル的に落とす状況になります。
この記事が必要な方に必要な部分だけ届くと良いな!

儲ける基準って貴方は何?

売上?
利益?
MOKUBAは、「利益」
だから同業者は「利益」で話をしない。
必ず「売上」ありきのケースが多い。
言えないのだろう(笑)
一桁%では。
増税分の2%吸収する運送会社がもし存在するなら、今回の増税で一気に利益が飛ぶ。
だったら何の為の法人なのか?
従業員の為?
だったら綺麗ごと言わずに利益を上げる事に集中しろよ?
社長同士の接待ゴルフやらなければ引きとめられない商売って何なんだ(笑)
横のつながり?(笑)
MOKUBAは、そういう旧体制的な感じの空間が嫌で脱サラした様なもの。
自営までやってて同じ事はしたくない。
それならコンビニバイトや色んな身一つで完結するバイトを掛け持ちしますよ。
自分で作り上げてきた設備を壊すのも商売の楽しみ。
乾雑巾を絞るように物事を深く突き詰める人間でありたいですね^^


このblogは、元記事を定期的に書き加えている。作り変え続けるblog

自由人ランキング



SNSでもご購読できます。

アーカイブ

コメント

コメントを残す