不在時置き配サービスを利用するって選択肢もあるんだよ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

届かない。
届かない。
と叫んでいるだけの乞食たちが聞こえてきます(笑)

ゆうパックや佐川急便の配達する受取人たちが不毛なツイートをやっております(笑)

日本郵便が「置くだけ配達」本格スタートへ

日本郵便が来春から、配達商品を「宅配先の玄関前に置くだけで配達を完了するサービス」を本格的に始めると読売新聞が報じている。
受け取り側の在宅・不在を確認せず、配達員が玄関のドアノブに商品が入った袋をかけたり、宅配ボックスに入れるなどすると配達が完了。
通販会社や百貨店などを対象にしたサービスで、受け取り側が企業から商品の発送連絡を受けた後、この方式による配達か従来通り在宅中に配達をしてもらう方法かを選択するという。
引用元日本郵便の「置き配」スタート報道に慎重な声 「置き配保険」も誕生 – ライブドアニュース

来春3月からみたいですね。
マイナーな宅配便の「委託ドライバーの雑な配達」ってクレームコースのキチガイ行為だと思われていましたが、ようやく日の目を見る時代になります(笑)置き配やセンター受け取り・営業所受取前提での格安宅配便が本流となる流れですね(笑)
自宅宛配送自体が有料オプション化になり、まして不在再配達を繰り返す度に課金される(笑)収益化への布石だと妄想しております(笑)
こうなれば、運送系銘柄が軒並み増収やね(笑)現物ホルダーとして嬉しい限りです(笑)

「再配達の手間が省けるのはいいけど、窃盗とかちょっと心配」「モノによる」「ゲリラ豪雨への対策は?」「留守の証明になって、空き巣被害が増えそう」「トラブル多発の予感」など慎重な意見も。荷物が盗まれることを心配する声が多く見られた。
引用元日本郵便の「置き配」スタート報道に慎重な声 「置き配保険」も誕生 – ライブドアニュース

もちろんあるでしょうね(笑)だったら受取人が「保険を掛けるなり」営業所受取に変更するなり、日時変更するなり、有料オプションとして課金するなり、受取人側の選択肢が広がる。運送会社は収益が上がる。両方に取ってプラスになりますね(笑)
ただ、銭を払いたくない!でもサービスは質を求める乞食的痛客にとっては、いばらの道ですね(笑)
我々にはそんな事は関係ございません(笑)

追跡表示されている事を分かった上で配達する

自分のペースを崩してはならない。
「持ち出し中」と表示させている間に不在を繰り返す客やクレーム予備客を待たせておいて、本当に在宅や身体の不自由な客など在宅=現金化出来る客を優先する。合わせて最短ルートで走るスキルが重なった上でデカイ宅配委託報酬を手に入れるのです。運転だけのスキルで高額を手に入れている訳ではありません。
客の立場なんて考えていると、宅配委託ドライバーでは廃業しますよ(笑)
あいつらは、何にも考えていませんからね(笑)

宅配便の受領方法にも色々な方法があるのですよ?


色んな工夫があるって取れますね。ラストワンマイルのこの短いポイントに色んなハイエナたちが餌を求めています。

配達→納品

たったこの→一つにも商売の匂いがしてIT関連の将来の利用運送たちがタムロっています(笑)


補償対象にならない場合の点もあまり他社と真新しさも変化もありませんね(笑)
地方ならすぐに運用できそうな代物(笑)
MOKUBAの事務所宛は全て余っている車両のどれかに入れておくこと。
っと福山・西濃・ヤマト・佐川・日本郵便・JPトール・名鉄・トナミの支店経由の到着担当に連絡しているので、必ず落ちます(笑)
人が居ても居なくても落としていきます。

 ・大事な書類は、信書便で到着しますから書留。必ず局員が来ます。
 ・急ぐ高額商品は、宅配や路線ではなくチャーター便で到着します。

受け取り側も用途と金額に応じて荷物の送り方を相手に言わなければなりません。
しかし運賃の銭金に目がくらんでいる個人などは考えていないでしょうね(笑)
言いたいことは言いたいが、銭の負担は1円でも大ッキライ。
でも自分の事は神さんだと思っているナルシストとでも言ってやりましょう(笑)

PHYZさんではなく地方の場合は?

まあーファイズ(PHYZ)さんの配送エリアでない地方都市では無縁の話。
更にファイズさんは既にAmazonデリバリープロバイダから撤退済み。
未だにヤマトさんと日本郵便さんで対応頂いているみたいですね。

ニュースを見ても、再配達に関しては特に言及がないですね。
再配達やお届け時間に関して、丸和運輸機関が取りまとめる個人運送業者が、ヤマト運輸のようなきめ細かいサービスができるのかどうかは未知数です。
あとはAmazonのユーザーが、丸和運輸機関の提供する運送サービスにどこまで求めるかなんだよね。
当日便からヤマト運輸が撤退しているので、当日便のサービスを受けたいユーザーは、当日配送してもらえるのであれば、ヤマト運輸よりサービスの質が落ちたとしても、丸和運輸機関の提供する運送サービスに文句は言わなくなると思いますよ。
だってAmazonユーザーが購入しているのは、運送サービスではなくて、Amazonの商品ですからね。商品が当日届けば文句を言う人はそこまで多くないはず。
Amazonが個人運送業者を束ねて、物流のプラットフォームになる日は近いですね。個人運送業者がAmazonからの仕事に依存するようになると、完全ブラックの勤務形態となって、個人運送業者は爆死します。Amazonフレッシュの配送も、個人運送業者が配送することになるかもしれません。

こんな事を書かれています。
Amazonがプラットフォームを構築します。
ただ「ヤマト運輸の委託ドライバーがAmazonに直接契約をする」って周りは思うのでしょうかね。
この業界に身を置く者として、1枚中抜きぐらいが居る方が条件が良い業界でもあります。
数年前に全国各地の中堅に声を掛けてきたAmazon。総スカン気味で今回の件。
Amazonが置き配を開始しても、文句言う奴は言う。システムを準備しても利用しない奴は利用しない。
だから必要な人は必要な動作をするように促す為にも一律有料化がなされるでしょうね。

個人運送業者はそれほど悲観的ではない

仕事が万が一無くなっても食えるんです。
Amazonへ直接契約され、中抜きされていないように見えてAmazon提示報酬価格が既に末端価格の1割増しぐらいの中抜き後価格になっているか?いないかぐらいは年数が多ければ多いで相場感はありますよ(笑)
大事なのは、仕事の丸投げだけで責任もすべて丸投げするピンハネ専業の軽貨物業者(利用運送専業)配車アプリも含めた専業が締め出されるって話。
末端で動く実稼働ドライバーたちはスキルが手元に残る。だからピンハネ屋(利用運送)側を変化させるだけでやる仕事は日々変わらない(笑)

置き配の具体的な注意点

ECが自前配送を実施することによるサービス展開が速くなる。
Rakuten EXPRESS楽天の配送サービスのサイトを見てみると利用条件と破損時・水濡れ時のトラブルについて記載がありました。


最低限の手は尽くします。
後は、それも含めて前提で申込くださいよ。
これは当たり前。
何から何まで保証してもらいたいのなら?銭を払えってことね。

AmazonFLEXで置き配を推進?


EC側でシステマチックに仕組み化してくれたら良いけれど、それがいつか?
明日宅配に従事する者は待てませんね(笑)
AmazonFLEXの特設ステージで訴求推進している。
だからって受人が承諾してくれる保障は無し。
これは推進しているしていないの問題でもありませんから、ドライバー側都合の良い解釈は身を滅ぼしますよ(笑)

・不在置き(置き配)前提での配送便か?

そうでないのであれば、判取り要(送り状にサインor電子サイン)が必要である前提の配送便(宅配便)業務なんですよね?でもサポートは置き配を推進している。
でもサポートは置き配を「指示」ではなく「推進」ですよね?
ここがAmazonFLEX管理側の頭の賢い部分です(笑)
指示ではなく推進。良いように勝手な解釈をしているのは委託ドライバー側です。
もし置き配でクレームや損害賠償請求になった時、管理側は推進したのであって現場判断ですから「指示」ではないですからね。

ここが肝心ですよ(笑)

全てに言えることです。
商売というか大手宅配委託でも同じです。
取引相手が大きければ大きいほど、このドライバー側の「勝手な解釈」に委ねようとします(笑)これが癖が悪い。

指示されたのであれば、指示する側の根拠も必要です。
そして指示した後のリスクも網羅する裏付けが必要になります。
これは指示する側の責任です。
なぜ「推進」でしょうか?
それは指示するに値する裏付けが取れていないからです。
だから限りなく強い口調の推進となります。
なぜなら、裏付けの元は「受取人」だから。
置き配後の紛失リスクも乗り換えられるであろう受取人の口頭指示。
紛失後は問わない口約束(もしろんCC側で通話録音あり)と言う裏付けがあれば、ドライバーでもCC経由でも置き配が出来ます。

裏付け無き勝手な解釈による置き配は、自己防衛にもならない自殺行為ですからね。アマゾンフレックス以外でも一発契約解除レベルです。
そのぐらいの危機管理回避行動を常時取る癖を付けなければ、軽貨物でフリーランス軽貨物ドライバーと名乗っても絵に書いた餅ですからね。

これからの宅配便のあり方

素人の一般人の小遣い稼ぎ組と運送業者で競わせるぐらいの状況でなければ、尻に火がつかないでしょう。
そして個人情報や漏洩問題を乗り越えたその先にAmazonが思い通りになる世の中へ。その時には、消費者も「商品を受け取る」代償ってものが存在しているのも確かです。今のままの質と価格ではない。それは言いきれる話ですね。

福山通運からの個人宛荷物
西濃運輸からの個人宛荷物
トナミ運輸からの個人宛荷物
マイナー大手運送会社からの荷物が全て外注赤字として佐川急便・ヤマト運輸・日本郵便の3強に流れる。
そっちの方が運賃が良いですからね(笑)
AmazonFLEXとAmazonの会社員開業プログラム的な奴と既存運送会社をAmazon専業化するプログラムがあれば従順な日本人を根こそぎ自分の手元における。
そして固定化させた後に連絡無く料金改定を一気にやる。首根っこ掴まれているから言われるままに流れのままに過ごすしか無い。
こっちが怖い世界ではないですか?(笑)

宅配委託ドライバーの本音とは?

Amazonから直接契約するよりヤマトや佐川から仕事をもらう方が単価も良い現実。それをユーザーは誰も知らない。
そして受取人が気に留める事は絶対にない(笑)
変な期待を受取人に(客ではない)しない。
客とは、報酬を支払う直接的な相手であって受取人ではない。

受取人からの色んな発生するトラブルは、大手宅配委託だろうがデリプロドライバーだろうがアマゾンフレックスのドライバーであっても等しく発生する。

要は、リスクは等しく存在する

でも報酬環境が違うだけで、なぜかAmazonFLEX経由のフリーランスドライバーだけが優遇されているような感覚でいる危機管理の無さ(笑)
笑い事ではない。受取人からすれば、どこ経由からでも購入した商品が手持ちに届く。それが早いか?遅いか?よりもリスク回避の手段は同じ。

そういうリスク回避の自己防衛教育が構築出来ているのは大手委託そしてデリプリ。良いように解釈する守銭奴はAmazonFLEXドライバー(笑)
こころあたりそろそろ慣れたのであれば、注意くださいね。
伝票にサインだろうが、地図見なくてもスマホの地図で配達されようが、受取人に未承諾で不在置き(置き配)を勝手に敢行するドライバーはデリプリにも大手委託ドライバーにも存在しない。なぜなら目先の報酬で一発契約解除するバカは存在しない。たった数百円の出来高運賃積み上げの為に危ない橋を渡る事はない。

しかしAmazonFLEXには報酬の積み上げは存在しませんが、管理上「配完率」ってのがあります。銭で管理されるか?結果で管理されるかの話だから同じこと。
だから安易に不在置きができるんでしょうね。

AZ-COM開業者だけが悪い筈はない

この文句につられて開業して、挙句は知恵袋へ相談と言うか共感を得ようとする奴らもいる。こいつらこそ一番の脱落者。そしてベストアンサーする奴も脱落者予備軍でもある(笑)
教養があってもなくても委託ドライバーには関係なし
儲かる仕事だと理解する前に廃業する奴が多いのも軽貨物運送業
デリバリープロバイダ崩壊って騒いでいるのは受け取る奴らだけ(笑)儲け口が少ないならそれなりの
委託運賃が安いなら不在がちな客は後回しクレームになった方がマシ
それなりの金額ならそれなりの対応。
身銭を不在ばかりする工夫ない客に善行する必要無
軽運送/軽貨物で独立開業される若人たちへ送るラジオ
開業間もない新参者たちがAmazonへ流れてくれるでしょう。
その事だけが軽貨物業界の明るい未来を表している。
この新しい参入開業組をどうたぶらかすか?(笑)
配車アプリや同業者フリーランスのグループ化が促進する(笑)

AmazonFLEXが推進しているって事が何の裏付けにもならない

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

アーカイブ

コメント

Comments are closed.