フリーランス軽貨物ドライバーと言う呼び名を気にする必要はない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新しい世界の到来と見えますか?

はたまた形は違うだけで同じ手段で開業者から銭をむしり取るか?
どう見えますか?

所詮blogは不労所得になるか?


銭になりますか?(笑)
こんなもの15分で4000円ぐらい銭に出来ますよ?(笑)
何を必死こいて有名ブロガーの真似ごとしているのか?
最初から言いますが、フリーランス軽貨物ドライバーと言う衣を着るのはいい。
それは勝手だからね。
しかし、日々の実働で得た薄皮の積み重ねが日々の生活の維持でき下請けや仲間を養える事が出来る。100歩譲って、フリーランス同士だから仲間の財布まで気にしなくて良いのがフリーランスのメリットと言う考えもあることは承知。
それがフリーランスのメリットでもあることも理解出来る。
この今ある夢のような環境が崩壊した時に自分の周りのフリーランス仲間とやらが蜘蛛の子散らすように廃業退場する。
その繰り返しの先に残っている老舗がある。
残念ながら時代を経て色んなサービスが提供され、皆開業時は開業当初はフリーランス仲間の寄せ集めグループで仕事をこなした事がある。

しがらみの仲間ほど脆弱である

好きな仕事で好きな仲間と一緒に仕事をシェアしながら日々を送る。
聞こえは良い。
私も昔そんな仲間たちと一緒に仕事をこなしていた時期がある。
でもそれでは仲間とずっと仕事が出来ないことも知っている。
だからこそ仕事を永続的に出来なくとも続ける仕事がほしいから今の形に至った経緯がある。誰しも最初はキレイな考えの中で始めました。
人口100万クラスの都市での内輪でやるのならOK。
人の供給と仕事が糞でもあるからね。
私が言っているのは、地方。
日本の大部分は地方。
北海道の稚内で、中国エリアの米子ではなく鳥取市で。
九州は博多ではなく宇佐市で勝負出来るか?って話です。
この地方田舎でも有名動画のフリーランス軽貨物ドライバーの話題がチラホラ聞こえてきます(笑)

だから嫌いな奴には、
「一度やってみたら?私は能力ないから彼のように出来ない」
と伝えます(笑)

誰しも聞こえのよい言葉、優しい言葉、高揚する言葉がほしい。
自分の盛り上がった気持ちの支えになる言葉を欲しがる。
失敗すれば、だから・・・と言うでしょう。
それが本当の優しさでしょうか?
そんなことも察しれない人間が多く開業する時代です。

老舗はどう考えているのですか?

AmazonFLEXをキッカケに確かに軽貨物業界の委託報酬体系の外面は明らかに変わりました。
老舗は報酬体系の違いに大差無いことを理解して報酬体系の変更は様子見でしょうね。いずれ手を変え品を変え提示するが絶対額は変えない(笑)
残念ながら上限はあります。
入ってくる額は限られていますので、青天井で出す訳はありませんね。
AmazonFLEXで初心者を鍛えてもらえて、引き抜き出来るぐらいの考えで居る場合もありますね(笑)
財布さえ握ってもらえれば、その1時間2000円の枠の中で更に1個○○円に置き換え提示すれば銭で動きます。
フリーランス軽貨物ドライバーは結局の所銭で動くぐらいにしか考えておりません(笑)

デリバリープロバイダの委託ドライバーの将来

AmazonFLEXとデリバリープロバイダ間で委託ドライバーの相互循環が結果的に行われるような気持ちがします(笑)
1時間2000円の枠の中で1時間15件いや20件と配完数を求める管理を強める中で、脱落するドライバーをデリバリープロバイダが引き取る。
デリバリープロバイダでリースとピンハネ委託ドライバーの疲労とメンタル崩壊した委託ドライバーを再度リースと1時間2000円枠で気持ちを逸らして引き取る。

これを繰り返しながら初心者フリーランス軽貨物ドライバーの財布を握りベテラン戦士へと作り上げるのです。
AmazonFLEXが勝手に素人を業界へ引き入れて来れて訓練を施してくれる。
ありがたいと考えなければなりません。
敵対する必要はありません。
敵対するやつは、末端の陳腐なドライバーぐらいです。
組織を持っている者は組織がどう見られるか?フリーランス軽貨物ドライバーで始まり組織化した歴史とプロセスがありますから理解出来ます。
一時的に人員流出があっととしても必ず1年後にドライバーは環境の報酬改変を経て飽きますから(笑)
銭になる方を選べばいい(笑)
ライフワークバランス維持の為にこの仕事をやっているなどと勘違いしないように。

アマゾンフレックスの委託人員引き締めの強弱

繁忙期と閑散期を交互に人員をフレキシブルに調整できる事が管理側のメリット。
閑散期には、フリーランス軽貨物ドライバーは委託会社へと流れる。
繁忙期になれば、委託会社よりアマゾンフレックスに比重が移るだけの話。
人員の取りあいと考えるのは早計だと思う。
ましてアンカーキャストなんてのは地方田舎の1ブロックに過ぎない。
キャリアが積む過程でさじ加減なんかも習得できる。
大したリスクでも何でもない。
要は、1人のフリーランス軽貨物ドライバーの財布次第って事が理解出来るでしょう(笑)
軽貨物系ユーチューバーもネタの枯渇もある(笑)だから小さい話題を軽貨物に影響あるようにネタ作りしている事も十分にありますね。そして「自由」と言うキーワードがそもそも成り立たないロジックに気付かず、自由に縛られたくない代わりに金銭に縛られる。それを上手く運用することが委託会社の存在意義でもありますね。
昨今の委託会社の空前のリクルート(委託ドライバー募集)の釣り放題(笑)
活発ながら、末端に降りてくる委託料金は目減りを続けていることも然り(笑)
なぜならフリーランス軽貨物ドライバーには相場観がない。基準は3割減のアプリ単価(笑)
これに非常に助かっている委託会社でした(笑)

 

 

 

 

ラストワンマイル問題とは、既に運送会社だけの問題で無い

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

アーカイブ

コメント

Comments are closed.