デリバリープロバイダ崩壊と末端配達員の廃業に因果関係無

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

デリプロの問題でない

受取人の変化が無い事が問題。
でも問題になって良い。
そして委託ドライバーが廃業する理由に元請けの責任はない。
お前の資金繰りの話。

アマゾン「当日配達ドライバー」の過酷な実態

 

 

 

 

DPとは「デリバリープロバイダ」略称

アマゾンはDPに対し、1時間平均9個の配達完了を求めている。配達拠点ごとに毎日報告させ、平均を下回り続けると、エリアごとDPを差し替えるケースもある。DPの報酬体系を通しての圧力も強い。前出の社長によれば、DPは新規の協力会社に、最初の3カ月間は配達個数にかかわらず車両1台当たり1日2万数千円を支払う。その後は配達完了の荷物1個につき200円程度を支払う体系に変わる。効率が悪いドライバーは稼げなくなり、自然と淘汰されていく構図だ。
引用元アマゾン「当日配達ドライバー」の過酷な実態 | 週刊東洋経済(ビジネス) | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

求人誌の募集概要からも垣間見れる。

「即日」+「能力値が低い」+「楽して」+「稼ぐ」ことが難しいのは当たり前の話。

地方だろうが都市部だろうが同じ。
開業直後の宅配委託配達スキル値が存在するのであれば、マンパワー重視の世界で「頭」「思考」だけで稼げる訳がない。
それは報酬を得る職責次第であり、マンパワーの効率的運用による結果=報酬を得る仕組みの職域ならば学歴や思考は関係ない。
それは当たり前の話。
マンパワーが必要な世界なのに「労働環境」「待遇改善」などとキーワードが出来るような委託ドライバーの時点でロジックが崩壊している。ならマンパワーが必要のない世界で、高所より大ナタを振るうが良い。場所が違うんだよ(笑)
デリバリープロバイダの社長がそんなことを求められていない。
ましてデリプロの下請けの社長なんかも求められていない。
それぞれの職域に応じた役割が存在する中で報酬を得ているのです。
DPやDP下請けは「管理」することが求められています。
末端ドライバーは、「配完」することを求められています。
労働問題にすり替えようとしているのは?記事がほしい記者とモノ書き(笑)
そしてドライバー側であれば、赤色系の労務人権団体・己の正義を主張して金をDP及び上部組織より引っ張る士業達。
それぞれ自分たちが出来る商売を徹底しているのです。
何も知らないドライバーたちとDP下請けのピンハネ事業者たちは金ヅルにされるのです(笑)
Amazonに群がるそれぞれの立場で必死になって商売を極める突き詰めようとする異業種の集まりなのです。
委託ドライバーが自ら「労働者」になることは「生きること」を守る為に必要なこと。
だが正義と言う看板を持って商売する存在も世の中には居ると言うことぐらいは認識した方がいいよね?って話。
末端ドライバーだろうが「独立開業」した1社=事業主なんです。
労働者になり下がるのは勝手だけれど、労働三法なんてアホみたい言葉に逃げないように願うばかりです。
だったらトラックなんて買わず、リースなんてせず委託出来高なんて選択せず給与制や時給制でバイトで働いた方がいいよ。
目先の額だけに目を奪われて、形は自営。心は労働者なんか迷惑な話だぜ!委託ドライバーでグロス出来高で高収入を得ようとする人間の邪魔だけ。

宅配委託ドライバーが本当にブラックなのか?

ネットをザワザワ賑わっている
デリバリープロバイダ崩壊なんちゃら。
8時から28時まで働くブラックとかなんちゃら(笑)

契約は「業務委託」だから労働時間等はありませんね。
報酬は全て出来高だから不在票投函するほど辛い事はありませんよね。

在宅なのに不在票を投函するほどアホな出来高委託ドライバーなんていません(笑)

・在宅していたのに不在票が投函されていた
・19時-21時指定していたのに19時10分に配達された
etc
軽貨物ドライバー自身の問題。
稼ぎたいと始めた。

稼げない→自分の実力を過大評価
自分の希望する稼ぐ額を決めていないと言うか把握してない。
だからどれだけ収入を月額得る必要があるのか?具体的な数字が分からない。
分からないのだから稼ぎようがない(笑)

稼ぐ額が月額把握出来ないのに日額が分からない。
1日どれだけ仕事をする必要があるのか?希望ではない。希望で飯は食べれない。
1日どれだけ現在働いて収入を得ているのか?
1日いくら足りないのか?

よく「時給UP」「効率化」とかベースアップする事を目的にするblogがある。
肝心の1日あたりで損益がマイナスの奴が効率化やベースアップを求めてはいけないことぐらい理解できるだろ?
まずは1日あたりの損益をプラスにする事が前提。
いくらプラスなのか?
そのプラスに対して労働時間はいくらなのか?

労働時間の割にプラス額が低いのなら、まずは「時給単価」をアップすることで現状の労働時間を動かさずに収入アップが図れる1つの手法であるということ。目的ではない。

目的は、「生活が送れる」と言う事。

軽貨物運送は1つの収入減。
足りないのなら、他人に指図される前に自分で動く。
amazonFLEXのように出来高をあたかも時給のように魅せて委託ドライバーに夢を持たす手法も大人気です。
動けないのには理由がある。

・いくら稼ぐ必要があるのか?具体的な数字を把握していない。
・「稼ぎたい」の枕詞に「楽して」と付け加えていることを忘れている(笑)

スキルがある奴や器用な奴がそもそも軽貨物運送を選択しない。
たった一握りの成功者たちを夢見てモチベをアップさせるのは勝手。一握りにはなれない。
なることが目的ではない、「生活が維持できる」一番重要。
生活が出来れば、継続性を勝手に求めます。
継続性が達すれば、事業拡大or別事業など「やりたいこと」「やらなければならない」などの思考になる。
「使命」なんて言葉も頭によぎる奴もいるだろう(笑)

そんな事はどうでもいいが、
「楽して」稼ぐ方法はMOKUBAは分からない。
他のblogやシャチョさんに聞いてみて下さいよ(笑)
ブラックかブラックでないのか?
そういう議論は労務テロの労働者や情弱労働者を商売にしている士業の大先生に聞いてみてください(笑)
昨今有名なamazonFLEXを上手く活用しているフリーランス軽貨物ドライバーさんの動画などを閲覧してみるのも手でしょうかね?(笑)
大都市圏の一つの考え方程度に思うのはOK
しかし最近は宗教みたいな思い入れの強い脱サラ開業組が多く心配致しますね(笑)

ツイッター書き込みから本当の姿は見えない

色んな内容がタイムラインへ書き込みされています。
指定した時間に在宅出来ないのならコンビニ受取もしくは在宅出来る時間帯で指定くださいね。
イタチごっこをする時間の無駄なら別の受取方を考える方が効率的です。
不在時置き配サービスを利用するって選択肢もあるんだよ?
ご覧くださいね^^

Amazon“デリバリープロバイダ”問題、ヤマト撤退で現場は破綻寸前 「遅延が出て当たり前」「8時に出勤して終業は28時」
通販頼んでやってんだから配達しろよ!Amazonへ文句言ってやるぞ!→エンドユーザーの悲痛な叫びが、ツイートを賑わっています。

最先端を行く宅配サービスとは?

サラリーマン時代は、量販店に勤務しておりましたが
一番先進的なスタイルはヨドバシ.comだと思っています。
利用者が配送オプションを「有料」にて選択出来る事が大事です。
まさかサービスの質レベルが上がるほどコストがかかる事を周知することも企業としての責務です。
消費者は、何も知りません。
無料なら何でも良い。そして乞食の如く無料なのに「質」を求めようとします。
配達時の配達会社を指定することはできますか?
配達会社の選択について
この配達会社の選択が非常に他社よりも先を走っています。
「お客様チャーター便」⇒受取人の希望時間にピンポイントに納品します。
いずれ宅配便も時間指定を甘く行い、受取人より価格以上に要求される場合はチャーター対応するような時代がきます。
現在でも法人様の多数はこのチャーター便にて処理を行っている企業様が多いのも事実です。

本当に宅配便を上手く使うと言う事はどういう意味なのか?

延着・遅延が発生した時点で「負け」なのです。
危機管理上、延着・遅延が発生する確率があれば先に自己負担でチャーター手配を行っているのが通常です。
遅延・延着が発生して大丈夫なモノだけ宅配便を利用する。
これは法人間での取引では当たり前な事です。


安いんだから仕方が無い


銭出せばヤマト来てくれるぜ


おまえらがそれで安心を手に入れるんだろ?


銭出さないのにクレクレ言うのも乞食対応さすが


タバコぐらい吸うだろ?(笑)


だからコンビニ受取か置き配してもらえな


上がりたくないんだよ?(笑)


作れよ?BOX


そのうち正確に守れる時期が来るよ。


バトルするぐらい時間に余裕があるんだな。時間単価安過ぎやな

クレームの電話を入れても、応対者が心で笑いますよ

積雪や台風接近が予想されるエリアへ時間指定の商品を発送する場合に延着の説明可能性を想定できない人が危機管理のクレームを言ってはいけません。そんなことも想定できない奴が何を文句を言っているのか?って思われてますよ(笑)
今の時代、「宅配便」「宅急便」を延着しない神話とか高サービスレベルだとか思っている人が居ること自体ナンセンス(笑)
1%でも延着リスクが想定されるのであれば、限りなく0%になる配送便を選択することが大事。
金額的に出来ないのであれば、諦める。
数百円の宅急便で、数万円の貸切チャーター便のような質を求める乞食客が居るとしたら、心で笑われるだけ(笑)
みなさん、いい加減で気付いてください(笑)

デリプロ記事を読むときに必ず斜めで見る

こういうなんちゃら崩壊とかマンパワーが要求される世界についての記事を読むときに委託契約と労働問題を混同して記事にしている。
そもそも委託契約なんて一般の市民にはなじみが無い。そして訳が分からない(笑)赤色系団体からすれば都合が悪い(笑)
だから心情的に訴えて、多少無理させているから過剰に書いても問題無い(笑)って感覚でオンラインで記事にする。
運送系の報道が出ると労務問題と絡めて悲壮感を煽る。運送会社の給与制のドライバーとは違う。彼らは指揮命令系統の中で存在する会社員だ。軽貨物運送会社の下請け委託ドライバーは、仕事を選択出来る立場にある「委託契約」なんだ。
元請けから圧力を受けるからほぼ「選択権」が無いと言う末端ドライバーがよくいるが、彼らは人権団体や士業にとっては情弱だから銭になる(笑)圧力を受ける受けないは末端のドライバーの「忖度」(笑)に過ぎない。義務教育の学生でもあるまいし、1人の大人なんだから。嫌なら辞めればいい。忖度を金ヅルの突破口にされていることに気付かない軽貨物ドライバーの多いこと多い事。この構図を見るにつき、まだまだ人不足なんてありえないと感じる。記事を読む立場(職責)や(職域)に応じた見方が存在する。
この記事は、DP事業主やDP上部組織の会社員が読むと丁度いい。DP下請け社長やDP下請けそして孫請け事業主が読んでもピンとこない。まして末端ドライバーが既読した所で、自分の労働環境が改善される訳でもなく。日常の変化の無い閉そく感を解消できる訳でもなく。上部組織の悪口を言って、文句を言って終わりにするだけ。何も生産性を生まないし、求められている事の効率化も図れない(笑)
自分がどの職域にいるのか?果たして今考えている文句を言って収入に繋がるのか?

はたまた、自分は月末に銭が利益として残るのか?
月末収支がそもそもプラスなのか?
こういう記事が出た時に末端ドライバーが考えるのは「待遇改善」ではなく「配達効率化」に対しての「工夫」であり、工夫の先に「配完数」のUPによる「報酬額向上」を行い、更に「工夫」を繰り返し実施し、「配達効率化」を更に行う結果「報酬額向上」に繋げるループを日々行い続ける事が大事です。それでも報酬額アップを求める過程で、DP及びDP下請け社長に「待遇改善」を求める。
この「待遇改善」には、過去のループ実施で得た配完数実績や配達効率化を行う過程で生じた元請けへの信用があって初めて交渉が出来る。それでも改善が図れない時には他のDPに移籍することもある。いずれにしても今しなければならない事を放棄して、「環境改善」なんて夢物語に逃げたい気持ちを抑える事も大事だよ。

「お前以外の開業者なんて腐るほど居る」
「外国人労働者も採用枠」

なんて潜在的に存在するライバルが居るんだよ。
黒ナンバー持っているってのは何にもスキルでも何でもない。
ただのスタートラインなんだよ。

デリバリープロバイダ崩壊って騒いでいること自体ナンセンスさ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

アーカイブ

コメント

Comments are closed.