Amazon Flexをどう見ていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazon Flexアマゾンフレックスね

大手宅配委託の直受けだろうが二次請けだろうがやる仕事は同じ。
稼ぐ銭があっても手元に残る銭が勝負なのに未だに売上だけを尺度に考える素人から脱出しろよ

アマゾンフレックスの将来性

などと考える時間がお前にあるのだろうか?
高所から眺める資金繰りの時間がお前にあるのだろうか?
残りの銭の勘定をして、残されている時間がいくらあるのだろうか?
自分の月の売上の何割占めるか?
それによってお前が見える「アマゾンフレックス」の景色は違う。
私が見る景色は、数年先。
でも検索キーワード的に言えば、明日明後日のテクニックの話。
あーでもないこーでもないと一喜一憂すればいい。
必ずアマゾン含めた新しい第三極が既存路線各社の個人宛を再受託して荷量の厚みを増し、フリーランス軽貨物ドライバーを日別でコスト管理を図り、ヤマトと佐川と日本郵政を匠にコンペで目減りを行う。流動的な外注費をコントロールして業界に残る事は間違いない。しかしお前の日々の暮らしの損益に時間軸は追いつかない。待てないだろう(笑)

地方田舎のドライバーはAmazon Flexを使え

報道の状況を見ながら、二次請けなら元請けの社長がアホばっかりだからAmazon Flexの報道や施策などは参考にならない(笑)
夢を見るな!と言っていい(笑)目の前の仕事に邁進したらいい。
それよりか本丸は「1時間2000円の時給」に目が言っているアホばっかりだから、1時間2000円-コスト=利益の追求に邁進した方がいい。車両整備を外注を内製化。償却サイクルを1週間でも1カ月でも長引かせる。
色々田舎のドライバーならドライバーなりに時間の余白を作る事が24時間の中で時間コストを薄める手法は沢山ある。
大都市部のフリーランス軽貨物ドライバーたちの一喜一憂のさまに心を揺らされるな(笑)
ただ揺れているだけだからね。
1次受け管理会社の社長さんなら元請け(大手)の支店長でも役員にでも価格変更のテーブルについてもらえるぐらいの力ぐらいあるだろう?(笑)それを何もせずに言われただけの仕事をするだけの管理会社ならもうピンハネする大義名分なんかないよ?大手が直接ドライバーを管理する動きがAmazon Flexなんだから(笑)
1時間2000円って自営業で5年以上のドライバーなら普通に30分以内で稼ぐ銭。
これが周りに知られていない。
だから1時間2000円で心が動くぐらいのレベルの素人ドライバーを囲い込もうとしている動きをAmazon Flexなのですよ(笑)
今日明日始めたぐらいのドライバーがやるのはいい。
ちなみにMOKUBAは、やっている部門チームの中で宅配便がある。
大手委託チームもあるけれど、自分たちで上場企業の僻地エリアでの宅配を自前でやっている。
荷物の大きさで価格を決定して、不在なら配達の回数だけ運賃を請求する。大きな荷物で車のそばで納品が許されない場合は玄関先まで運ぶ荷扱い料を請求する。大手委託で宅配ドライバーとして感じた不満を網羅した契約料金体系で宅配をやっている訳です。10分700円の3件行けば2100円。普通は30分も費やさない。再配達あれば回数だけ請求。
そして受付する日時まで受注時にコントロールしています。ダラダラ週7日も荷物をバラけさせない。川上から川下まで荷物の流れを管理するようにやります。そこまでしなければストレスをドライバーが感じるし、Amazon Flexが僻地に来てもドライバーとして大手委託と同じスタイルなら窮屈でやれないね(笑)
それでも大手宅配会社経由より企業は必要な費用で済むから安い。
都市部では相手にされない契約でも田舎地方であれば受けざる負えない契約を締結する。
それをやるやらないが会社の力であり、出来あがった仕事を右から左で手数料を貰える会社が生き残れないと言う事を暗示している。
初心者が私のやり方をやるべきではない。
それは、キャリアの積み重ねであり、この軽貨物運送を本業や副業と決めつける人は決めつければいい。
週3回の軽貨物の仕事を本業or副業と論じるつもりもない。
要は、数ある仕事の中で、なぜ軽貨物を選択し社員ではなくバイトではなく自営業と言う個人事業を選択するに至ったか?
ネットや動画から影響を受け、動機づけをして、今に至ったか?
何が目的で選択したか?
この部分が腹に落ちる落ちないで、今後の継続性を問われている事は確かである。

Amazon Flexは委託ドライバーの考えぐらい分かっている

Amazon Flexの現場責任者が分かっているとは思わない。管理することがミッションだからね。
1個80円以下で考えている。1時間800円そしてガソリンや駐禁リスクもドライバーに負わせる。だって関係ないからね。
1時間2000円と800円の差が1600円。
だから今は人集めのお祭り騒ぎ。
だから騒ぐなら騒ぐでいい。
ただ自分の月収の8割がAmazon Flexの方は余程腰を浮かせながら配達してください。
やるのがいけないと一言も言っていない。
やる以上は、生き残って欲しいと思う。
同じ業界で飯を食うドライバーだからね。
私なら、委託ドライバーを管理したことがある人間なら「聞くフリ」「聞く仕組み」を作ることで不満を見えない不満をそらす事が出来る。
1時間2000円の枠に押し込める事に成功すれば、1時間に15個配ってくれる委託ドライバーをまずはアンダーラインを設定する。1個133円ね。そこを足切りしていると言う事を当選落選の線引きして暗に知らせる(笑)
1時間15個というのは目安ね。大手委託で受注していた人間なら場合によっては1時間20個の人も逆に1時間6個の人も居るだろう。1時間6個の人間は総出来高制ならば日額保証がなければ飯が食えない。淘汰されます。これが目に見えて初心者には怖い。だからAmazonFlexは隠しただけだと言う見方ですよ。
相手も商売です。不採算なコースに生産性の低いドライバーを配置することに意味はありません。どんどん稼働するドライバーが多くなりますからね。
今はいい時代です。素直なドライバーが多くツイッターでも動画でも「目に見える事」だけで判断する正確な情報を手に入れようと躍起になっております(笑)
正確な事が無い。見通せない先を考えることが一番楽しいことなのにね。

要は、目で見えないだけで容赦ない稼働率の高いそして生産性のあるドライバーを高待遇で囲い込みたい。
そして財布を握って逃さない。
管理する立場にある者が、人員を維持して収益を上げるミッションを課せられた後の行動とは、自分に置きかえれば理解できるのではないだろうか?

佐川やヤマトそしてゆうパックで長期間長時間宅配委託に従事している委託ドライバーを同じ時間稼働してもらえたら時給制で払うよ。って話。
だから高収入を既に大手委託で得ている人間ならば、Flexをやってもいいと思う。時間単価的にAmazonにもメリットがあるからね。

アマゾンフレックスって何?

それはググってください(笑)
たくさん稼げる方法。
稼働の仕方やテクニックが多数ネットに存在しますし、流行りの再生回数抜群のフリーランス動画がいっぱいあります。
その事をblogで書いても私のポリシーでもありませんしね(笑)
要は、軽貨物でも2時間4000円そして1時間2000円稼げるよ?ピンハネは目で見えてハネられるのではなく、配完効率とともに目で見えなくなり1時間2000円払ってやるから10個が基準と勝手に決められ、15個以上なら常用入札しますよ(笑)
20個以上配れるなら、1時間2000円とは別に1個15円歩金をおつけしますよ?的な大手宅配委託の真似ごとの委託スタイルに向けてしたたかな動きを垣間見れます(笑)
この時点で、amazonが実際にやるやらないの問題ではない。
仕事をもらう相手の問題ではなく、収益を上げられる水準でない自分の問題だと理解出来るでしょうか?

目で見えて、ハネられるか?
目で見えづらく、時給で囲い込んで財布を握られながら効率化を暗に言われるか?

この違いしかありません。
そうして結局は人に使われるのはゴメンだわと声が聞こえて、退場する(笑)
アマゾンフレックスもヤマト運輸も佐川急便も日本郵便も歩む道は違えど、委託スタッフかフリーランスか呼称は変わるが1個180円か1時間2000円で10個配完を求められるか?の違い。
だからもう

「自分だけはハネられずに商売がしたい」

なんて思うこと自体不毛なんだと気づけ。
自分でどこ経由からか出来上がった仕事をする以上は、誰かにハネられます。
どれだけ違うと言われても、アプリ経由の報酬単価と2次受けの金額とあまり大差はない(笑)それは多重構造の問題ではない(笑)アプリ側は値頃を理解している。指値でアプリで衣を付けて見せ方を変えているだけ(笑)
受ける受けないだけの選択肢しかありません。
それが嫌だと言うなら自分で仕事を取る。取れないのならハネられてもアプリ経由で仕事をする。2つに1つ。受ける時から完了するまで全てコントロールすることは出来ません。
自分たちで仕事を作っているわけではありませんからね。
自分がアマゾンフレックス側のコスト管理者ならコストを下げる事と自前配送を維持することについてミッションをクリアすることが求められているのであれば、今の動きをどう感じますか?

人集め+ドライバーの財布を占める

この2点で、以後動きやすくなります。
文句が言えない状況に落とす。
これがうまく行かなければ、アマゾンフレックス側で下請け管理会社を入れる。
管理会社側の下に新規ドライバーを受け入れる。
もうデリバリープロバイダが悪いとかアマゾンフレックスが良いとかの問題で見てはいけない。良い条件を引き出せるのか?決まった条件でやるか?だけの問題。
末端素人ドライバー側だけの問題だと気づかないかなぁ〜(笑)

こんなblogを読んだぐらいでモチベが落ちるなら止めておけw
Amazonの管理などはヌルイ。はっきり言ってヌルイ。
まだ何も始まっていないのにツイートの1次募集らしき従事者のツイート見ていても分かる。
何も始まっていないのに決めつけているw
ドライバー従事者側の気持ちをツイートしているに過ぎない。
そして私は、宅配委託ドライバーを管理する側で妄想しているに過ぎない。

今ならデリバリープロバイダ側から良い条件を引き出せる

私ならアマゾンフレックスには飛びつかない。
もう少し素人ドライバーが集まって、財布を握られてからが良い(笑)
でも地方の田舎の僻地エリアだからデリバリープロバイダもアマゾンフレックスの配達拠点やデポが設置されることはない。
まして、片道400kmと高速代を費やしてやる意味はまったくない。
なら宅配ドライバーとしての職種を商いの一部として考えるなら

1.大手委託として取引するか?
2.自分で宅配便を仕立てるか?
3.中堅路線の委託として取引するか?

3点だけの選択肢になります。
宅配ドライバーとして商いをしたい人はね。
私なら中堅路線会社の下請け会社に登録する。
二次請けとして、言われるままに僻地エリアの一番遠いエリアの配達を請負、2ヶ月を目処に言われた条件で受ける。
入金から仕事の流れを把握してから撤退をチラつかせて、条件改定を引き出す常套手段で動くほうが地方の立地に適しているやり方だと思いますよ。
相手の会社に入り込み、どこが弱いのか?どこが回ってないのか?
それを交渉時に突く。地方の僻地で生きるドライバーの道です。

大都市部や100万人以上の都市でフリーランス軽貨物ドライバーで開業することと訳が違います。
動機づけにフリーランスの動画を参考にするのはgoodだが、実施は別の話である。

・参考にする相手が、1人親方のフリーランス軽貨物ドライバーの立ち位置で語っている。
・委託会社の管理者として全体を論じている。
・第三者が聞き話を論じている。
・「軽貨物」ってキーワードだけでネット記事を読みあげているだけ。
・取り次ぎ手数料を得る為に広告塔と化している。

etc
自営業としてスタートしたのだから、自分の進む情報収集はどの立ち位置なのか?
これを見極める事も自営業やフリーランスの第一歩。
そして適時マイナーチェンジを図り、情報収集する立ち位置を微妙に変えて行く。
ずっと崇拝する必要は無い。なぜなら貴方自身のキャリアは日々向上していく。環境が変わっていく。
しかし情報収集する相手を一向に変えない。いつまでも思考は同じ場所をループする。
だから内部に起きるモヤモヤ感や思考が変化しない。
それは自分自身に問題が有ると言うより、参考にする情報媒体や動画内容が初心者時代と変わっていない事を意味する。

貴方が商売に対する情報収集に相手の人格など必要ない。
人柄や優しさや取っつき易い人間などに逃げるな。
自分に必要なモノをタダで確実に収集していく。

熟練宅配ドライバーの参入に適しているのか?

熟練と言うより1社依存体質から脱却するワンクッションとしては最適。
軽貨物ドライバーってのは取引先に対して面従腹背が基本。
うんうんと賛同する目先の出来事を見ながら、遠くの景色を意識する。
案件の供給先のポートフォリオを適時変えていくスタイルが基本なんだ。
でもフリーランス軽貨物ドライバーたちの一喜一憂を商売にする。一喜一憂が無ければ、不安感が生まれない。不安感が無ければ、個々に抱く概念の打破に繋がらない。打破を促さなければ、教材(有料商材・サロン)などの購買層のすそのが広がらない。購買継続性が維持出来ない。要は商売にならないからねw
当分の間の腰掛け的な気持ちなら抜群だと思う。

・消費税の取扱
・配完報酬体系の変更
・配達エリア
・稼働台数の増加

上記の点に意識しながら、日々の多忙な配達を乗り切るならOK
冷静に見れるドライバーなら良い職場だと感じますよ。
配れる力はある。
しかし相手はデータ収集をしています。
日々の配完を自分でも集計しておく。
そしてアプリ入札後に配置されるエリアそして持ち出し数など事細かに自分でデータ集積する。
その過程で配達エリアの決定について連動しているかどうか確かめる。
入札がハジカれる場合は、配完数を少し5件ほど上げてみる。
など自分の行動(実績)とAmazonFLEX側の管理がどう動くか検証することも必要でしょう。
いずれにしてもベテランドライバーですから時間コントロールと精神的な余裕もあるでしょうから、Amazon側の出方も見てみるのも良いかも(笑)
Amazonと言っても大手宅配会社の支店長よりマシです(笑)
ましてマイナー地方路線特積会社の役員クラスほど馬鹿でありませんからね。データと行動が連動がわかればチョロいもんでしょ?皆さん(笑)

新しい引き抜きの場となるでしょうね

また素人ドライバーを好条件で引っ張る場と捉えてみるのも手かもしれません。
アマゾンが報酬と場をマッチングしてくれながら、現場レベルで良質な人材確保の観点で捉えてみるのも良いですね。
一昔前の大手宅配会社のホームやバースでの雑談場に変わる場になるのではないでしょうか?冷静に見れば、使い勝手の良い場でもあります。
ただ目先の報酬だけで行くのなら将来の伸びしろが無いでしょうね。
まあーフリーランスとはそういう点しか見る目がない点も仕方がないでしょうね。
mokuba的には、わけのわからない名分でピンハネだけで尻拭かない軽貨物会社が消えることだけを念じておりますから。そんな会社の下請けドライバーが不幸でなりませんからね(笑)

未完や誤配してまでAmazonFlexをする意味はないですが、
素人初心者が練習しながら時間給をもらえるか?
このスタンスで入札が出来る間は安全安全だよ(笑)
財布を握って、社畜並に見えない線引きで管理出来るからね。

ユーチューブ動画配信者の特性

・初心者入口指南
・初心者動機づけ
・初心者テクニック
・管理者心理
・管理者展望
・ドライバー側ドキュメント
・メンタル共有・共感
・リスク管理視点
etc
色んな視点があります。
自分のステージに合った動画や資料を目にしなければ、不毛な不安だけがループします。
今は受け入れられない内容でも時間経過とキャリアと共に受け入れられる内容もあります。

全てに言える事は、会社員じゃない。
自営業なんだから、取捨選択責任は全て自分にある。

嫌なら責任転換出来る会社員やバイトとされる雇用体系の組織に属するがよろしい。
そして動画配信して、再生数と登録者数だけが欲しいなら某有名動画さんみたいな右も左も分からない反抗出来ない初心者を晒す動画を流してみたらいい。中身の無い家族が見えない動画を流せばいい。

中身が無くても良いんだ。
なぜなら再生数と登録者数アップとアフェリでしょ?(笑)飯の種は。

「別に一生軽貨物ドライバーを続けるつもりもありません」

っていつツイートするか?発言するのか?楽しみに待っているのです♪
エンターテナーですからね。
あくせく働いている様子を求められて動画を配信している訳ではありません。
全力で働かなくてもご飯が食べれるという様子を投影することで、魅せる事で成り立つポジションですからね。私から見れば、事業収益のスピードよりもメリットを感じられているから動画配信者なんです。フリーランス軽貨物ドライバーと見てはいけません。広告収入をメインとした動画配信者兼取次業者さんですね。
素晴らしい流行りの商売です。たまたまキーワード的にメリットを感じられて、「軽貨物」とキーワードを選択しているに過ぎませんからね。

Amazonも商売ですから1個あたりのコスト

いくら委託側への報酬体系が時間毎であっても出荷数量に対して、購買者の手元に届くスピードよりもコストを重視します。1個あたりの試算で考えます。
だから現在から最終目的地までの間で、財布の五割までなら占められてもいいから割り切ってやるならアマゾンフレックスは商材のひとつとしていい。goodですよ。しかしblogや動画の類をサラッとして見るとAMAZONギフトに釣られる奴は居ないと思いますが、財布の9割でも良いと言う無理心中的なスタンスが多いこと多いこと。ubereatsの初動時期と同じような文言が並んでいる現状に憂いを感じます。みんな怖くないのだろうか?
それとも「今しか無い」と言う言葉に踊らされているのでしょうか?
MOKUBAでも全国規模で人集めした時期がございましたが、本当に人を囲い込みしようと思えば、にんじんぶら下げて、いくらか人参食わして、期待感だけ半年先に設定して、時間稼ぎばかりしたいと思います。

1. 既存の体系から変える(単価制→時間制)
2. 相手を変える(価格指値が変わる)
3. 絶対数を集める
4. 1個あたりの委託費にスポットあてる
5. 平均3ヶ月ぐらい回す(30日サイト)
6. ドライバーの財布を8割握る
7. 報道機関を使って4段階制をリークする
8. 結局は半年先ぐらいで3段階制を実施する
9. 3段階制での配達員の定着率を見る
10.上記5-8を繰り返して1個あたり100円を切る配送効率を実現しようとする

私なら10段階ぐらい設定する。
アプリに配完入力させるという事は、ドライバー毎の配送効率が実数として把握出来る。配送ルートや配完のデータがリアルタイムにまたマッピングデータとして把握出来る。そのデータの配完率が高い部分に宅配BOXをAmazon側で自前で設置する。こういうことも無言ながらある意味目に見えない暴力ですよ(笑)

A.想定以上の報酬で配達員を集める
B.配達データの集積を3年ぐらい集める
C.配達報酬の10段階制を導入する
D.配送効率が高いドライバー以外のエリアで自前で宅配Boxを設置する
E.繁忙期のみ配完数に応じて歩金を設定する(笑)

コロコロ施策を変えながら、配達ドライバーを撹乱していく。
文句が出るエリアやドライバーには適時排除しながら宅配BOXなど設置して、影で配達員が配達しなくても良いある意味自動化の動きを進めていく。

配達員を用いて、データを集めて
配達員を適時使いながら、トータルで1個あたり100円以下を求めて行くのだろう。

馬車馬のように雁字搦めになる素人フリーランス軽貨物ドライバーが出来ないか心配である。それぐらい全て信じ込んでいるようなドライバーを見ます。

まあー今すぐではありませんでしょうが、したたかなAmazon。
軽貨物運送会社を一次請けに投入する前に有能な従順な財布を握れる軽貨物ドライバーを囲い込みたいと言う気持ちもあるでしょうね(笑)
でも現場の倉庫で一生懸命働く管理者がそういう考えか?と問われれば、違う。
今目の前の管理に一生懸命でしょう。

肝心な事がある

アマゾンフレックスでもデリバリープロバイダでも大手宅配会社のどれの下請け(配達ドライバー)になっても一生懸命上達する為に日々配達している新しい人ドライバーが報われる環境であってほしい。
だからこそ、ドライバー自身も会社員体質からいち早く抜け出し商売感覚を身につけてほしい。
そして長持ちしてほしい。生活を安定してほしい。
何れ、我々の知らない高所から見れば「配分」だけの話である。
案件を所持している方なら理解出来るだろう。

10個の仕事を抱えているとする。
・全部1人に丸投げする
・半分づつ2人に配分する
・10人に1個づつ配分する

10人に1個づつ配分すれば、1人の取り分は減るが管理者としてリスクは軽減出来る。
1人に全部丸投げは管理しやすいが、リスクは限りなく高まる。
仕事を逆に受注する側でも同じと言えます。煩わしい事が増えるけれど、不渡りなどのリスク軽減を図る事ができます。

デリプロ
→エリアを丸ごと業者へ権利を卸売している様な感覚
amazonFLEX
→日々全体のエリアで配達層が薄いエリアをあらかじめ確保しておく
新しいドライバーの登竜門的な感覚

そんな位置付けで筋読みします。
最終的には、AmazonFLEXと名称だけでも統一されるのではないでしょうか?
インターネットでも回線の卸売りが進みプロバイダの名称になったイメージでいます(笑)

Amazonは

「配達する権利を既存業者に卸売する」その手数料をAmazonFLEXの定額制の原資にも充てる。
amazonFLEXで教育した新しい感覚のドライバーたちを自分たちで更に業販出来る軽貨物業者として再独立開業を行うことも視野に入れているのではないだろうか?
それは地方10万人都市前後でもAmazonFLEXが展開出来る体力になる準備をしているのではないだろうか?
勝手な妄想を張り巡らせても見る。
カリスマフリーランス軽貨物ドライバーのこの方から学ぶがよかろう(笑)
私はすごくある部分において尊敬しております。

今後地方都市でアマゾンフレックスが展開する

今回の宮城のアマゾンフレックス展開の報道にあたり、それは、業界従事者以外でも容易に想像がつく。地方の大都市且つ地方都市で軽貨物運送を開業されるスタートされる方ほど冷静に軽貨物系ユーチューバーたちを見ている。
結論言うと、地方都市は安く委託ドライバーが確保出来る。
アマゾンフレックスが人で不足なら既存デリバリープロバイダを展開させるだけの話。だから委託ドライバーが天秤に賭けることは出来ないですねw
東北エリアは、第一貨物そしてロジネットグループの広大な配送網が既に構築出来ている。札幌通運も右に同じく。名古屋そして都内でスキームが出来上がった。後は地方都市でドライバーたちの財布を7割握るまで人参をぶら下げるだけ。
何度も言う。面従腹背的な考えで俯瞰した目と目先の銭の両面でフレックスを見続ける事が大事。ツイートで文句言うのもOK。ガス抜きを適時行い感情をコントロールしたらええ。何よりも稼ぐ。稼ぎ続ける為に脱サラしたんだから。
そして、軽貨物系ユーチューバーさんたちを閲覧する。
彼らが何を商材として、何をしてほしいか?
彼らと自分たちとの間に何があるのか?
そういう点を冷静に眺め続ければ、彼らが羨ましいともなんとも思わなくなる。
なぜなら不安感を煽り、「このままでは駄目だ」との感情を喚起することで軽貨物系商材は販売され続けている歴史があります。
この軽貨物運送業で、効率を手に入れる為に「効率」「知識」を貨幣を費やして手に入れるべきモノは存在しない。なぜなら先駆者有利って言葉が実感する間もなく「継続性」の欠損の方が大きいからねw

AmazonFlexで安くドライバーを確保する

安くドライバーを新しい景色で新しい環境で見えないように安く使う事が合法になりましたね(笑)私はそういう所見です。
あの手この手で。
そしてそれを応援しているのも同じ軽貨物ドライバー。
今の時代を表しているのかもしれませんね。

気軽な気持ちで軽貨物ドライバー。
今は違いますね。「フリーランス軽貨物ドライバー」を憧れて稼働されてますね。
呼称はどうでも良いですが、動機は何でもいい。このAmazonFlexでご飯を食べていこう!子供を養っていこう!って思うことに不安はあっても疑問は感じないです。私だって、マイナー西濃カンガルー便で商業貨物の支店一括受注が最初です。支店に到着する個人宛全てをバラまく仕事を受注したのが最初です(笑)
1日16台〜20台を1チームで○○市の全域を365日。元請けですから到着荷物がある限り交代休みをしながら運営しておりました。Amazonflexの拠点管理者みたいな気分でしょうね(笑)Amazonの管理者は倉庫マネジメントは出来ても報酬決定権も価格決定権もありませんからね。マイナーな西濃とAmazonFlexを一緒にするな!とお叱りを頂きますが(笑)数じゃないですね。運用方法は、同じなんですよ?アプリをかますか端末を貸与するか?だけの話(笑)真新しさもなんにもありませんね(笑)それを真新しく垂れ流している動画もどうかと思います。素人を騙すつもりはありませんが、初心者も戸惑う時期が必ず来ます。私は彼らの1年後の言動を見ています。そして初心者たちが1年後どんな文句を言っているのか?(笑)
ハイエクの言葉を借りれば、地獄へ向かう道は舗装されたきれいな道が繋がっている。盛り上がる事はイケない事ではない。楽しく仕事をする。
組織を擬人化した過大評価した時点で既に現実との乖離が始まっている。
せっかく軽貨物業界で仕事をする仲間が退場するのは嫌だ。
他人が退場することに興味はないが、気持ちの自滅だけは避けてほしいなぁ。

最後に、この軽貨物運送業の知識って銭を積んで手に入れる事はありません。
まして他人より早く開業することが目的ではないし、マニュアルを買ってもあかん奴はあかん(笑)
マニュアルやフローを販売する奴は、「まとめ」が得意であって、「創造」する奴ではありませんから。
創造出来ない奴は、ずっと有るモノの中でしか生き続けれません。
そういう奴に限ってサロンなども作ります。
我々は彼を世論の指標にしております。
彼がマトモな動きを行ったとき、私が廃業するでしょう(笑)

何度も言う。
軽貨物のマニュアルを有料で買う。
誰よりも迅速に開業してもメリットは無い。
なぜなら継続性が大事であると骨の髄まで分かる時が来る。
後発でも十分。
他人の失敗した屍を後ろから眺める。
自分がマイナーチェンジを図りながら、ゆっくり継続性を求める。

自分は何の為にアマゾンフレックスを収入の一部にと考えましたか?
自営業なんだから、取引先を分散してリスクヘッジを図ることは当たり前。
アマゾンに管理手法改善を論じる前に貴方の当初の目的は何だったのか?と問いたい。
そういう行為に気を留める人も居る。割り切る人間も居る。
寄り道をする前にその日稼ぐ額を確実に獲りに行く精神を養う方が将来的にプラスだと思う。

 

 

 

 

自分がフリーランス軽貨物ドライバーを管理する立場で眺めてみればいい

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

アーカイブ

コメント

Comments are closed.