MOKUBA-LIFE|フリーランス軽貨物ドライバー生活|ブロガー・youtuberにスポット当てる|軽貨物系ジャーナリスト「doty solo」

60歳から軽貨物運送業で開業すること※

実際、みなさんも周りで居ませんか?

年齢を具体的に聞かなくても開業している方々を。
年齢で線を引いているのは我々だ。条件がクリア出来れば、開業は出来る。

若者よりも人生の先輩方が向いている世界

なぜ向いているのか?

単調であること
バリエーションがある
既存資産の転換が出来る
年配の方の方が安心される
安定志向
周りの影響を受けづらい

まず、ワタシはニートと設定しています(笑)
この記事を書いて称賛する人は居ないでしょうが、念の為DM経由で称賛や同調意見が届いてもリクルートしませんからね(笑)
私はこのblogから開業者を求めない。自社のスタッフとしてリクルートしない。何か教材やオンラインサロンにも勧誘しない(笑)ましてuberEATSの紹介コードを貼り付けて、キャッシュバックの共有などもしない(笑)そんなクソ銭ほしさにしません(笑)自分の飯は事業収入で確保しますからね。クソ銭ほしい方は、尊敬する有名動画配信者様(フキエモンさんorSG宮殿さん)の扉でノックしてください。
月単位30万程度の案件をダラダラやるつもりはありません。それであれば、2時間で1万の利益が出る案件を20便こなすことに全力を上げるタイプですからね(笑)時間で考えるか?ブロックで考えるか?日で考えるか?それぞれの価値観でやってください。

書くメリットはワタシに無い事前提で記事化しますねw
自分の会社で関わりある同業者のパターン。そしてワタシ自身が介護従事者のタイムスケジュールそして昨今の求人サイトの掲載内容から思うことを書きます。

経験者でなければ理解されない

貴方がどれほどに大変なのか?委託会社も同業者も理解してもらいたい気持ちは分かるが、実感として経験しなければ理解されない。理解してもらいたいと強く相手に伝える必要は無い。相手に過度な期待感を持つ気持ちは捨てた方が良いです。なぜならバイトでも会社員でも契約社員でもない独立開業したフリーランスであり、自営業者同士の契約ですからね。
介護について理解がある委託会社や案件情報を探す確率に賭けるよりも自分自身が働ける環境・時間配分について余白を自ら構築する方が近道である点は、割り切られたほうが良いと思う。
その上で、

若年層より年配方が向いている仕事

幼稚園児に諭すブログではありませんので、個々に条件が違うから一概に当てはまらない。
この話だけでなく、ブログや動画を閲覧して感動・非難することは受け手側の勝手ですが、見た知り得た情報を自分の環境に加工する思考が欠落している方が多いようにお見受けします。その加工が出来る出来ないが、本来社会人としてのキャリア・経験値が表面化することだと私は考えております。

こういうことも丁寧に文章化しなければ、DMにて変な文句を送られてきてしまいます(笑)
悲しい時代ですが、これもトレンド(笑)甘んじて受け入れましょうw

介護従事者に向けた求人はあるのか?

状況判断が大切になってきます。ここに記事を書くから正解なのではなく、ワタシが法人運営ではなく1人ドライバーで初動に対してどう判断するのか?どのようなネット情報に興味があるのか?どの部分をポイントとして把握するのか?貴方が持っている判断基準と同じなら閲覧しなくてもいいです。少し違う部分があるなら、貴方の判断ポイントを増やす意味でも斜めでも閲覧してみてください。引き出しは数多くあっても邪魔になりません。引くか引かないか?判断に対する実行責任はワタシではなく、貴方にあります。いつまでも貴方の人生なので、貴方が責任者ですからね(笑)ここまで書かなくてはイケない時代も辛いですね(笑)

介護しながら軽貨物運送

って漠然とネット検索してみました。
「介護しながら軽貨物運送」ってネット検索してみて介護従事者に特化した求人や委託会社の存在を調べてみる|下衆的ジャーナリスト「Doty solo」Small-cargo_report[JP]
なかなか渋い内容ですね。
言葉のニュアンスで検索結果も違ってくるでしょうが、経験者と未経験者とで認識の違いが大きく出ることが分かりました。

子育てと介護を1つとして考えている
定年後のセカンドライフ的な時間軸
年金受給しながらの副業

汚物処理1つでも全く「子育て」と「介護」と違う。また従事者の体力的負担の違いもある。背負っている時間の密度更に経済的な状況と「残されている時間」どれも全く同じではない。要介護者の体力も従事者の体力も全く違う。

サ高住と有料老人ホーム含めた金銭的負担による介護
週3介護・隔週デイサービス&自宅介護
フルバージョン自宅介護

介護って言っても直接と間接的により時間スケジュールも全く違う。すべてオールマイティに対応出来る案件情報など無い。そもそも軽貨物運送と「介護しながら」って概念は、漠然とした当人の判断では必ずミスマッチングする。計画破綻するってことが、実施しなくても想定出来る程の限られた条件であることは判断できます。単純に答えろ?と問われると「やめておけ」に返答がなるでしょう。

グレーの部分をどう考えるのか?

誰もが判断するやりたい条件
誰もが判断するやらない条件

この2つの境界線なら動画でもブログでも有料教材でも堂々と文章に動画に作成して発信出来ます。賛否がありませんから。そんな事をドヤ顔で論じられても意味がありません。有りもしない仮説を繰り返し、気違い並に妄想を繰り返すファンタジーこそ専門家って名乗る人が居るなら、専門家たる所以では無いでしょうか?上の条件外のグレーの部分。賛否の嵐の中に留まる条件こそ大切なんでは無いだろうか?貴方が悩んでいる自分の境遇って誰もが判断出来る条件なのでしょうか?なら貴方は悩まないと思う。こんなブログを探して見に来るほどに悩んでは無いでしょう。誰にも当てはまらない。自分だけの環境だからこそ判断に迷うものだとワタシは思う。

貴方が合わせるか?
貴方の条件に案件が当てはまるか?

軽貨物に限らず、「仕事に割り当てられる時間」とは?2つに1つ。自分の条件に合う相手を探すか?相手の条件に自分を合わせるか?2つに1つ。現在進行系の長期的な事を同時進行的に軽貨物運送に従事する人は同じ環境的思考が求められます。
その前提条件をしっかりと自分で考えた上で、合わせるか?合う仕事を探すか?この視点で景色は全く違う。ネットサーフィンする時間の密度も全く違うと思う。

60歳前半でも可能性としては開業もあり

60歳で開業後に仕事をこなす体力に自信があるのなら年金支給そして時間の組み立ての見通し出来るならやるのも良い。

高い設定の見通しが無い分だけハードルが低い
目標金額が低いのが、自分のペースを崩さず仕事がこなせる
考え抜いても成果が変わらない事案について良い意味で割り切れる人が多い
年の功ではないが、人生経験値でカバー出来る事が大いにある

メンタル的に無駄が無いと言ったほうが良いかもしれない。
ラストワンマイルでもスポットでも気持ちのコントロールが重要になる。初心者は、売上1円でも敏感ですが、業歴が長くなれば「安全」と「明日も気持ちよく仕事が出来る」など目線がちょっと前に進んでいる。意識もしていないし、ごく自然体。この自然体を自分のメリットだと考え、貴方は活かす必要があると思う。60歳でも短気だと自己認識としてある方でも、自分の基準で20代や30代と比較しても自己認識で丸くなったと思わないでしょうか?

同業者や委託ドライバーさんを観察しているとそう感じる事があるし、5年前と比較しても受け答えにトゲトゲしさなどが段々無くなっていく様子が実感としてある。体力的な自信など感じている方なら、特殊事項除き55-66歳もあまり変化が無いと捉えるでしょう。自分が体力的に自信があっても、環境で判断すると年相応の負担が両肩にのしかかる。それが60代の人も居れば、50代の人も居る。だから他人事ではない。その事は、割り切った上で記事を書き続ける。

実際に従事しているドライバーの特徴

あくまでも自分の周辺や知り合いの同業者ベースでの実感。

体力的に50歳前半と変化ない
年1度の定期検診&人間ドックのルーティン化
「年金+A」の収入の考え方
未婚・既婚問わず
各種行事の対応と年間の定期行事やっている

体力的な部分と日常と非日常の生活スタイルを崩さない方が多く上手に仕事をやっている人が多い。そして何よりも人生経験から得られる経験値で対処出来る事が多い。案件毎の対応は、絶対数の時間でクリア出来ます。そして年金で自立した生活が維持できている状況下に置いて、軽貨物の仕事で得られる収入がプラスアルファである点を重く判断する。だから年齢自体がハードルではなく、年齢による体力的な条件や環境的な条件が開業へのハードルであると思う。
間違わないでほしい、体力的に自信がある人でも外的環境下の条件によっては上手く行かない裏返し。自分の条件がどこに脆弱性を感じているのか?軽貨物を色眼鏡で見る前に、自分の環境は自分で正確に認識すること。

体力的な事
炎天下での配達・20kg以下の貨物の運搬・軽車両の運転etc
環境的な事
要介護者の状況・家族状況・本業の時間管理etc

軽貨物の案件もバリエーションがあります。いずれにしても長時間を要する場合が多い点。もちろん単発や短時間の案件もありますが、月間の売上額的なモノがボリュームが期待できません。この場合でも、「何の為に開業するのか?」当初の目的が大変重要で有ることがわかります。

独立系で開業する必要性はあるのか?

どこの委託会社にも所属せずに1から営業することへの現実的な考えは無いと思います。60歳までのサラリーマンキャリアに特異事項があり、冷凍・冷蔵系の企業に努めてた経験から縁などもあり、ドライ以外(冷蔵チルド・冷凍)専業で開業する方は多いです。しかし冷凍車やチルド車は、ドライ車より割高。その特殊系の話は止めておきますね。何も特異事項がない、特別なスキルが無いリーマン退職後の60歳がドライの軽貨物で独立開業する場合の話にとどめておきます。そんな人間が、1から飛び込み営業は自殺行為と判断すべき。委託会社に所属して、比較的高齢者向けの案件を対応する流れが一番自然な流れであることは十分に認識する必要がある。そしてそういうパターンの開業者が多い点も事実です。
知らない分野で開業する場合は、少数事例に目が行きがちです。しかし現実は少数ではなく多数で判断すること。これは、高齢者問わず若年者でも同じ。
失敗する事よりも、必要な数字(売上額)を月々確保することに力点を置く。
そして自分の生活スタイル(冠婚葬祭・家族の育児補助・相続系の維持管理)行事をこなしていく。それも年金とは別に現金収入を得る。

案件のパターンを考査

私の周りや関係する同業者の親世代の動きと従事している案件の系統を考査する。

・距離制チャーター便(出来高)
不定期であり、納品先不規則である。
突然の連絡により動く案件。月1便から月20便と幅広く、800km超える走行の場合は、3日間工程で組む場合もある。10km程度を4便を1日で対応する場合もある。1日1回1時間以内で3500円の場合もある。全てにおいて不定期不規則案件。しかし自分の行事ごととシナジーが大変相性が良い。デメリットは月収あたりの売上額が大いに変動がある。しかし、目的地まで自分のペースで且つ裁量の範囲内で遂行が出来る。開業した業歴の少ない高齢者が従事できる確率は限りなく低い。なぜなら、軽貨物の開始から終了までの一連の行為が、滞り無く実施出来るスキルと言うか経験値が必要になる。なぜなら800km先でトラブルが発生した場合のフォローが期待出来ない。また自己完結を要求される事が多いから、業界経験値が問われる。

・定期便(1日単位)
朝9時から17時までの企業に入って業務をする。
企業カレンダーに影響するところが大いにある。
1日単位なので、25日計算で単純に月売上25万以上になる。しかしそこから車両やガソリンそして維持に関わる経費を自分で引く。実質18万円前後が平均。しかし60歳超えた年齢でもあるが、年金+18万円の現金収入は大きい。委託会社によっては、後期高齢者相手の案件を準備している場合が多い。あまり若年層の新規開業者がやりたがらない案件が多い。マンネリ化するケースがある。

・大手委託宅配ドライバー(出来高)
最近流行りのアマゾンフレックスではない。ヤマト運輸や佐川急便や日本郵便の配下で個人宛の荷物を引受ている一次下請け会社で再委託ドライバーとして配達する。コースごとに割り振られる。慣れるまで時間を要する必要があるが、比較的近場のセンターや支店で従事することが可能。
1日40個を目標に絶対数の時間を費やし、50個そして60個と自分のペースで荷物量を増やしてみてはいかがですか?この宅配委託は、急がない点が大事。
個数を増やすと言うよりは、宅配委託の案件のスタイルに身体を慣らすと言う意味合いが強いと考えます。私は、委託管理をしていた立場で開業者には高齢者は特にコースの地理的感覚と荷物量に対する圧迫的な感覚と1日のスタイルを身体に慣らす事を最優先に管理していました。後は、慣れれば個数は増やせれますからね。焦らさない。焦らせれば、一時的な収入は増えますが。。必ずメンタル崩壊します。

・大手Y社・U社直契約委託ドライバー
Y社のFC加盟の契約に10万費やし、通期契約する意味は不毛。
それは若年層が失敗しても残りの人生で取り返します。しかし後期高齢者が10万費やしても中々取り戻す時間は無いです(笑)7月・8月の2ヶ月もしくは11月・12月の2ヶ月のお中元やお歳暮の繁忙期のみ声が掛かる宅配委託です。一気に高単価で大量の荷物が配達出来ます。配達スキルが高いドライバーが、一時的に稼ぐ目的で入るのもありです。しかし初心者がやっても慣れる頃には、「また来年」と言われるだけです。期待するような殺し文句で勧誘されますが、通期ではないと諦めて話半分で聞いてくださいね。彼らのリクルートを。他社の既存契約を破棄してまでやる案件ではありません。

開業前に色んな委託会社で説明会を聞いて、開業後の景色をイメージすることです。
大切な事は、委託会社と数ある企業が全国に存在します。

その会社が、自社受注して川上から川下まで全て把握しているのか?
そして決定権がその会社に存在するのか?

トラブルが起きた時に全てわかります(笑)
「●●に聞いて見ます」ってね(笑)
自社受注ならトラブル時の取決めを行っています。
裁量権も自社にあります。裁量権がある場合は、どこからどこまでが自責で、どこからここまでが他責ときっちり契約で線引きしています。それが委託会社の仕事です。

相手の委託会社が、単に同業者の案件を二番煎じしているとか大手委託の丸投げの無関心ピンハネなら全てトラブルが起きた時に一瞬で分かりますからね(笑)

自前で構築している製造している仕事なら、色んな委託契約体系が互いに協議で作り合う事が出来ます。
なぜなら自社で決定権があるから。「直請け」の最大のメリットはですね?単価で語るのはド素人。コースや荷量を上手く時期や人員の厚さと薄さで適時構築変更が出来るってこと。全体で収益を獲る気持ちで受注している点が大いにあるから。

一般的な委託会社と評される企業とそうじゃない企業もある点だけは理解してくださいね。
「介護しながら軽貨物運送」をやってみよう

の感覚で行くなら、委託会社のパターンなど知る必要も無い。

仕事が出来る時間に何時間割り当てられるのか?
1週間何日割り当てるのか?
緊急事態でも委託会社は対応するのか?

会社員でもバイトでもない。1人の自営業者です。
自分の条件に合わない合いそうもない会社ばっかりで文句を言って解決しますか?
自営業者なら「代替案」です。代替案を示さないことに何も事態は好転しません。

相手に求めてばかりでは話が進まない。
まずは自分に決定権が存在する部分からしっかり思考する。

「1週間2日だけ割り当てられる」仕事に当てる日が2日間ある。2日だけ貴方以外の誰かが貴方の担当する介護を行ってくれる体制が整っているか?ってこと。意気込みでも希望的観測でも通用するのが会社員(笑)バイトです。1つ1つ代替案を準備していく事も仕事であり、企業から直契約する元請けも同じ作業を行って案件を受託していきます。すべて同じスキームで仕組みで物事が動いています。

どんな求人募集があるのだろうか?

セカンドライフ
シニア歓迎
50歳代・60歳代大活躍中
70歳代 独立

威勢良い言葉が並んでいます。貴方の状況と本当に合致するんですか?
合致するなら、グジグジ考えず実行します。
なぜ実行出来ないのでしょうか?
これが重要なポイントです。
合致しない。
ネックポイントが存在するのなら、

自己完結する内容か?
相手のある内容か?

景色は全く違う。
このポイントを自分なりに見通しが立たずに見切り発車と黙認するから、開業後にミスマッチングに気付き、想定外での廃業に向かう3年未満の開業者が多い。自分に合致する案件を探すことよりも重要なことなのに先送りする。黙認する。自分の第二の人生の重要な選択ポイントを黙認する人間が、なぜ自分の思い描いた計画通り事が運ぶのでしょうか?
初心者が、開業した人間と情報交換することに何ら疑問は無い。大いに交流を図れば良い。でも気分だけが高揚して、肝心な自分の重要なテーマをすっ飛ばす方は多いのでは無いですか?20代・30代などの若年層の開業者は、すっ飛ばして失敗してもリカバリー出来る時間が十分に残されている。心身ともに自信と体力がある。自分が高揚感を得られる対象者を見つけたい気持ちは理解出来るが、情報元を間違えると必然的にメンタル的なミスマッチは自分で自分に起こさせているものだ。業界分析の前に自己分析が欠落しているんですよ。
自己分析することから目を背け、「60歳軽貨物運送開業」ってネット検索するような奴は早晩廃業するでしょう
検索している最中は、開業している気になれるからね(笑)
ミーティングや打ち合わせを行うだけで、仕事をしている気になっている奴と同じですよ(笑)
会社員なら給与打ってくれるが、自営業者なら無駄の致命傷でしょうね(笑)

流行りは乱高下する

「軽貨物」とgooleトレンドで5年間で関心をチャートで見る
5年間で見たときに「軽貨物」に対する関心を「youtuber検索」と設定して見てみると顕著。
この程度の気分的な流行りに自分の第二の人生を重ね合わせる不毛さを思う。外の要因や動機づけを探すことは止めよう。あくまでも動機づけの1丁目1番地は、「自分」だよ。極端に言えば、依存する人は開業は控えたほうが良い。自分で決断した事でも景気の責任にしたり、政府の責任にしたり、業界の責任にするんでしょ?(笑)ならメンタル持ちませんよw

2017年の日本におけるECビジネスの市場規模は26兆円と言われています。一説によると、これが2023年には72兆円市場に拡大すると予測されているとのこと・・・。

「https://nekoemon-blog.com/starting-business-light-truck/」フリーランスの新しい形!軽貨物ドライバーで独立開業しよう! | 猫的生活のススメ

ネット検索すると上記の文言で始まるブログや委託会社の求人ページ。そして記事が目にします。見慣れた奴でしょ?(笑)72兆円規模になるから貴方が開業する確率が高いのでしょうか?その記事を目にした時に自分の未来と変に重ねる必要は無い。

自分の気持ちに下駄を履かせるな

冷静にブログや動画を見る癖を付けてくださいね。
誰も貴方の失敗に責任を持ってくれるインフルエンサーもブロガーもyoutuberも居ません。
こんな文言の書き出しで高揚感を得ているようでは、早晩何をしても「想定外」が発生しますよ(笑)

年齢がネックとなる事は3つ

目標としている売上額の設定
体力が必要な案件
介護などでの時間的拘束

自分が委託元もしくは雇い主として考えた時に常識はずれの条件の場合は、冷静に再考ください。

この3つぐらいですね。
これが一番辛い点でもある。
全て両立させることは不可能である。

介護などで稼働出来る時間制限≠売上額アップ

なぜならマンパワーで売上額を積み上がる商売であること。
既存軽貨物ドライバーの高単価・高効率した結果の景色と自分とをダブらせる思考は命取りで有る。
手持ちの軽1BOXを黒ナンバー化すれば、OKなどと簡単な話ではない(笑)
軽く言う人が居るのでしたら、言う相手が介護対象者を抱えたままに稼働している軽貨物ドライバーであるのか?
実地に伴う言動を行っている人なのか?
それぐらいは、自分で思慮しておいた方がよい。

介護などで時間的拘束があり、9-17のアルバイトや会社員が維持出来ないから離職したケースが多い点を忘れている。
動画やブログの良い部分を自己楽観的解釈から始まり、良い部分のみ自分に置き換える方が多い業界でもある。
そして人員補充の1点だけで安易にリクルートしている委託会社も多く存在することも確かです。
自分の限られた制限されている環境は、貴方しか理解出来ていないと割り切る事が大事です。
委託会社のリクルート担当者に理解してもらおうと期待を持つ事自体ナンセンスな話(笑)
そんなリーマン精神の甘い甘い精神では、後で騙された!と叫ぶのがオチですね。
60歳に向けて、見通しは厳しくしなければ、周りは誰も厳しい見通しは出来ないですからね。

開業動機がyoutubeなら

コメント欄でも有料無料問わず、質問を行ってみる。

当人が回答する
当人のグループ内で誰かが回答する

これは発信者の自由ですからね(笑)叩かないであげてください。
色んな事をキーワード的に発信する事が大切ではありません。

問われた時の回答がすべてです

知ってる知らないのクイズ番組ではありません。
問われた事や不明点などに対して、実地・実践で対処した経験値から3パターンぐらい回答出来るか?経験者なら朝飯前です。
知らない事を知っている人から又聞きを発信している者の化けの皮が剥がれる事が当人が一番怖いのですからね。
お気に入りの発信者に

徹底的に質問する

「質問される」って怖いでしょ?(笑)
経験していないことについて「知らない」って言えるかどうか?値踏みするのも良いでしょう。
「アンチ」って認定されるかもしれません(笑)
そこも含めて、自分の目で「誠実」「経験」「対応」について観察してみることも開業前の仕事ですよ。

有料教材をどう思いますか?

車の整備でも車屋さんにお願いするから工賃と部品が発生します。
自分ですれば、部品だけで済む。
でも失敗すれば、全損扱い。
リスクをどう張るか?これだけです。
考え方の違いです(笑)

有料教材を貴方が買った額だけ本当にすぐに回収出来る額ですか?
利益ベースでですよ?そんなやっすい金額で本当に貴方の動機に繋がるのでしょうか?
販売者たちは、貴方が残り少ない自己完結型生活が10年間続くと思って書いている教材なんでしょうか?(笑)
貴方の立地を知らず、まして貴方のこれから始めるスタートを経験しているハズもなく(笑)
見ず知らずの販売者は、貴方が上手く行こうが貯金を切り崩す生活に陥っても全て「自己責任」と論じるパターンです(笑)
誰も他人の貴方のケツを拭いてくれる人は居ません。
貴方が過去に真面目に積み上げてきたキャリアも通用しません。
真っ白なスタートです。

たかが3000円ぐらいの教材買うなら、近所の宅配ドライバーに缶コーヒー20本買って、20人のドライバーと立ち話する方が現実的ではないでしょうか?(笑)たかが3000円や1500円を安易に考える人が、軽貨物の商売の単価に必ず開業後一喜一憂しますよ。
そんなメンタルが維持出来るのでしょうか?動画で口で安易に「リスク」とか「闇」とか簡単に論じる人が居るとするならば、そのリスクと闇を具体的に語れる先生、質問を受け入れる事が出来る先生を実社会で探す方が意味あるのではないでしょうか?
見ず知らずの巷に溢れる自分の身近な現実的なドライバーへ立ち話で情報を自分で抜き取る事ができないのに委託会社とか取引相手と商売が出来るのでしょうか?色んなユーチューバーたちは、なぜ簡単に論じるのでしょうか?貴方なりの見解を持った上で、先生になりたい。先生になろうとしている演者に相対してくださいね(笑)どんどん先生になる人間に質問をするんです。他人から銭をとれるぐらいの見識を持っている演者さんなら、良い返答が期待できると思いますよ(笑)


私は全くご縁がございませんが、巷では有名な方のようです。定年退職予定者さんで「軽貨物」に対して興味がある方はご相談されてみてください。その前に必ず動画を全て閲覧してくださいね。更に彼が販売している有料教材も良いんではないでしょうか?タダではなく、有料として販売されている自信作です。どうぞご参考に。

時間の無駄かどうかは開業者が判断する事。
開業後の動き方一つ。

全て「自己責任」ですからね。

貴方の人生は、貴方が責任者です。