軽貨物チャーター便の平均依頼距離が短くなる

スポット便の案件数ではなく、距離が短くなる短くなると言い続けてウン十年(笑)

いい加減にしろ!とお叱りを頂きますが、案件数ではなく平均距離が短くなる具体例の最初ではないでしょうか?

報道各社の動き

伊予鉄バス(松山市)は1日、高速バスのトランク空きスペースを活用した貨客混載輸送が、同日付で「総合効率化計画」に認定された、と発表した。認定を受けた事業は、愛媛県特産の柑橘、ジャム、ゼリー、水産加工品などを、同社が運行する「八幡浜・松山~東京線」の高速バスで輸送するもので、高速バスを利用した貨客混載輸送の認定は初めて。当面は平日のみ週2回の運行を予定しており、1回目の輸送は11月末に行う。貨客混載によって運ばれた商品は、バス会社の車庫に到着後、都内の飲食店や直売所などに提供されることが決まっている。

高速バスによる貨客混載が同計画として認められるのは初めて。伊予鉄バスによれば、1回目の輸送は今年11月末を予定している。伊予鉄バスは愛媛県八幡浜市と東京・新宿の「バスタ新宿」の間で平日の週2回運行している高速バスを利用し、同市で生産されている柑橘類やジャム、ゼリー、水産加工品などの特産品を、アップクオリティや愛媛県と共同で直売所などに運ぶことを決めた。運行距離は約919キロメートルで約14時間を要している。認定された計画では、果物などを保冷ボックスに収納し、伊予鉄南予バスが管理している八幡浜営業所の車庫で、伊予鉄バスが運行する高速バスのトランクルームの空いた場所に積載する。国交省はトラックの特積みに代わる輸送手段を確保できる点や、地域振興につながる点などを評価している。計画はトラックからバスに転じることで輸送時のCO2排出量を年間約2・6トン減らせると見込む。総合効率化計画に認定されると、事業者は諸経費の補助や物流拠点整備の税制優遇などのメリットを享受できる。

これだけ見ると過去の貨客混載の報道と同じように見えるでしょう。この物流総合効率化法に認定と言う立ち位置ではなく、官民挙げて効率化を図っていく。僻地インフラをただ維持するのでは自治体の単なる負担に終わる。大都市と地方第三都市を直通で結ぶインフラは他の貨客混載とは意味合いが違うと言うこと。
地方の軽貨物利用運送や軽貨物スポット専業者がすぐに打撃は受けないが、この貨客混載の稼働率が上がるにつれて、距離が件数が落ちてくるのは素人が考えても理解できる。この試みが全国各地の僻地自治体の負担となっているインフラ維持に展開が出来るモデルである。これが大きい。

大きなロードマップの上で歩いている


国土交通省総合政策局物流政策課 宇賀神、西川、松永
2019/11/01高速バスで貨客混載|空きスペース活用で、人も貨物も運びます|国土交通省
物流総合効率化法の概要
月1度月末から月初にて更新されます。
物流総合効率化法|国土交通省
本件は、この一次ソースが本家本元です。この一次ソースを各自が自分なりに自分の環境に置き換えた上で、色々出回っている報道や動画を閲覧するのです。
物流総合効率化法の認定状況(令和元年度/平成31年度)
認定を受けたモデルケースの実例が図柄で表記されています。
また令和1年4月以降での認定状況がわかります。


軽貨物運送に無関係ですか?元請けの更に取引先が日々輸送コストの削減を行政を利用したり同業他社との共同化で低減させる。コストと捉えて日々改善を行っている現状がある。だから上部組織を常に意識した日々を送る必要が大いにあると思う。わけわからないツイートなんか何ら影響がない。むしろ感情や思いつきの発信は早い(笑)しかしそれが大きな視点や俯瞰した視点に立つと途端に鈍化する。その役割の違いぐらいは理解したいものですねw

いつまでも軽貨物を利用するわけにはいかない

小口サイズの荷物が「大至急」だから距離制と言う概念は過去のもの。
いつまでも既存の概念でモノの費用が決められない。価値を持たなくなる。空気のような存在になる日か来る。
宅配便であれば、数千円で数百キロの距離を日数を要して届く。
その距離が短くなる日が早いか?既存の異業種交通系インフラの空きスペースを利用した日々が早いか?地方から僻地から大都市へとモデルケースが展開利用される。それが10年も必要なのか?そうした日々を迎えた時に貴方はこの商売で生き残る方法を常に考えなければならない。でも副業だよ?って立ち位置なら眼の前の案件そして他人が決定した価格で一喜一憂しながらやればいい。誰も困らないからw
そして自分が抱いている想定と報道との乖離を考え、報道が何を言いたいのか?相手は何がしたいのか?そこらあたりから妄想を深める。そして改めて自分の想定した状況と相手の思惑なども妄想する過程で、自分の住んでいる街を俯瞰することが大事だと思う。それぞれの地域性が大きく影響する貨客混載。大手路線各社が利用する側。そして今までグレーと言うか軽貨物業界の旨味だったスポット長距離チャーター便が結果的に激減する流れであることは確かだ。
それにしても報道とは別に同業者からも大手からもパンチが無い返答(笑)
これが現実ですねw
しかし大手はしっかりと行政のマネーを取り入れながら、マンパワーの軽貨物を使い捨てに利用しながら虎視眈々とコスト削減に取り組んでいます。
高騰した軽貨物運送含めた外注委託会社へ投げたコストを必ず回収してくるでしょう。それがスケールメリットであることだ。
勝負は、バスの空きスペースに積載混載出来ないサイズの中型ロットの即日配送が10年だけ軽貨物運送を継続できる業種だろうと今は思っている。

総括 スポット便の案件数が減少するのではなく、距離が短くなる具体例
ブログランキング・にほんブログ村へ