我々でなければ対応出来ないと思っているのは、結局我々だけなのでは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

我々しか出来ない事とは?
いったい何なのか?

軽貨物貸切チャーター便とは?

引取時間と納品時間の差の時間の事を「リードタイム」と言います。
リードタイムが短いサービスに赤帽さんや軽貨物さんの「貸切チャーター便」と言う大変業界では花形な職種があります。

人員の輸送については、チャーター便と呼ばず、「貸切扱い」とされることがほとんど。
貨物輸送においては、通常は混載しているトラックやコンテナを一荷主が占有して利用する形態をとる場合に呼ばれる。
引用元: チャーター便 – Wikipedia

●宅配便(路線便)で発送済みの貨物が指定通りに納品されなかった場合
→トラブル発生による発送主or受取主依頼による挽回便

●宅配便(路線便)での引き受け不可(受付不可)対象の貨物の場合
●発送と納品のリードタイムが短い場合
●重量物の為、納品先でのワンマン納品が不可の場合
●宅配便(路線便)での最短配達指定時間の希望に沿わない
etc
など色んな用途と需要がございます。
軽貨物運送業に依頼がある用途としては、価格云々よりもリードタイムが短い事と路線便引受不可の併せた需要が多いと考えます。
トラブルの挽回便としての用途は、今後仕分けシステムのソフトとハードの話だから限りなくすそのは小さくなります。

軽貨物の花形「貸切チャーター便」が無くなる訳ではない

勘違いしてはいけない。
引取時間と納品時間の差の時間の事を「リードタイム」と言います。
リードタイムが短いと思い込んでいても、物流コンサルタントたちが物流改善を行い、現場レベルで発送スケジュールの調整次第で限りなくパイが小さくなる事も否めません。これは大企業に限ったことではありません。
製造業を中心に製造過程での仕掛け品対流による保管コストが至上命題であり、物流コストを非常に意識していることは確かです。
何も考えず、疑問も抱かず流れでチャーター便を乱発するような企業に未来はありません。そして国際競争力が求められている昨今大事な削減対象でもあるチャーター便。

チャーター便ほどではないが、翌朝早く届けてほしい

大部分は、リードタイムさえ許されるならコストが安い宅配便を用いて出荷したい。
この大きなスソノも現在は軽貨物運送が担っています。
この部分が無くなると言っているのです。
そうして、宅配便(路線便)のリードタイムが短くなる。彼らは短くすることが出荷数量を増やして売上に繋がると思っているから。
地方への波及がスソノを小さくするのです。
まったく無くならない。でも今よりも年々絶対数が減ると言うこと。
減った上に実車(売上走行距離)が短くなること。
減ってもらわなければ、商売が続かないと言うこと。
軽貨物が元気で稼いでいるのが、「異常事態」であると言うことを物流コンサル達は意識し始めているのです(笑)
チャーター便1件のコストで、路線便を用いて800km先のお届け8件発送出来るコスパの違いとはなんなのか?

一時代を気付いた「花形」を守りたいのは理解できる。ただ次の時代はそれではない。

宅配便(路線便)も意外と使える事を知り始めた荷主たち

大手路線会社のホームページを見てみると意識し始めているのが良く分かる(笑)
ちょっとやる気はない西濃運輸(笑)スーパー9と10
個人さんも相手にしてくれるのですよ。



福山通運も忘れてはならない。路線大手が早朝サービスを提供していると言うことは法人間の需要があると言うこと。今後路線特積み大手がパレット物含めてスソノへ手を伸ばす事があると言う点を知っておかなくてはならないですね。

ヤマトもSPAT9時便があることも忘れずにね(笑)

危機は思いのほか早い。
これは商売に必要だぜ。
花形と誇り。
良い言葉だ。
日本人しか需要が無い商売だよね(笑)
だって海外では当たり前よ。延着なんて(笑)

まずは段ボール1個が数千円で800kg先へ軽貨物で届けるか?路線便で届けるか?

自由人ランキング



SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク