フリーランスがフリーランスを飯の種にする素晴らしい流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いつの時代も同じ
豊田商事事件じゃないですが(笑)

件名のような言葉を目にしますね。
当初は軽貨物が儲けれると思ったが条件がシビアになったので、フリーランスとしてやります(笑)声がバシバシ聞こえてきます。
それは勝手だよ^^
フリーランスなんだから。
誰が一生軽貨物だけで飯を食うって言ったんだ!
俺はただ楽して60%のちからで飯が食えたら良いんだ。

軽貨物ドライバーを堅持する意味はない

何か一つの仕事の従事したのだから一生やる必要がないのが今の時代。
コロコロ何か乗り換えるのも時間をシェアすることも本人の勝手だと言う事はいい加減分かれ(笑)
逆恨みをしてはいけない。
自由なんだから。
自由が許されるんだよ?
貴方もコロコロ変えればいい。
彼らは「カッコ良く楽に銭を稼ぎたい」という境地を自ら探して彷徨うフリーランスたち。非常に素晴らしいじゃないか?私はそんな回りくどい事はしたくないし、カッコよい必要もない。他人から夢や希望や提示されなくても自分で自分の道は茨でも勝手にあるきます。
なぜ他人が勝手に始めたやり方を真似しなければいけないのか?
それがフリーランスとやら?何でしょうか?(笑)
それでもフリーランスが集まれば仕事が受注出来る?荷主の立場からするとピックゴーやハコベルより安く運べるなら流してもええ(笑)
それ以外の受注金額以外の目的でフリーランスへアプリ通さずに流す意味はない。
すぐ軽貨物だけするつもりはない!って訳のわからない責任転換しますからね(笑)

仕事を仲間でシェアする

アプリがあろうがなかろうがみんなが考える通り道(笑)
私も考えたなぁ〜(笑)
実現しようと思ったら運送会社にどっぷり浸かりました(笑)
やっぱりフリーランスは、運送屋かアプリ(利用運送)屋かに上前をハネられないと仕事が受注出来ない。
だから変に脳を使うのは辞めて、目の前のある他人が作った仕事を脳も使わず馬車馬か副業か知りませんが、仕事を黙々とこなせばみんなハッピーですよ。
基本は、ネガティブvsポジティブ
どっちゃでもいいんです(笑)
その悩みは誰もが通った道だから、きっとフリーランスたちが良い答えを見つけれるんだろう。きっとポジティブ思考の仲間たちが集まって素晴らしい答えを導き出すだろう〜
小難しいことをこねくり回す意味も無いからね。
こういう彼らに案件を回す荷主が居るとすれば、運送業界自身だろう(笑)
たらい回しにされた利用運送or値段叩きに合わない実運送。色んな荷主と名の付く運送屋が良いルートとして用いる事は確か。
安いルートが出来たとほくそ笑む。間違いなく。
運送会社系統外のルートがそこに案件を投げるのか?との問はノーだな。
将来は別として現状は非常にリスキーだから、リスクをリスクと思わない系統はむしろ正規ルートから外れてほしい。フリーランスへ流れてほしいとも願っている。
ここは業界的にありがたい。
大きい声では言いたくないけれどね。ホッとしている(笑)

軽貨物専業とフリーランス軽貨物

何が違うのか?稼働する仕事によって変わるんですよ?

AmazonFlex
 →軽貨物専業もフリーランス軽貨物も同じ土俵。安く叩くのが目的だから同じ。

ハコベル・ピック
 →茶番配車(笑)稼働実績みたいなもの。アンド電話(笑)

大手委託・デリプロ
 →即稼働・経験値

一般メーカー
 →トラブルが発生した場合の対処・法令・代替対応

どれを選択するのも自分。
そして上記のような考えで分ける必要も区分けする意味もまったくない。
現在飯が食えない(月額収入と支出の差し引きでマイナス)奴が区分けをする意味がないし、マイナス(食えない)状況をそのまま放置する。放心状態で放置する意味はない。

シンヤさんの話を聞きながら、私がひたすら疑問に思うこと。それは、ネットビジネスやバイク便といった仕事を個人事業主(フリーランス)として続け、はたして安定した収入を得ることは可能なのか、ということだ。
起業サークルが言うまでもなく、アフィリエイトビジネスなどで成功する人はほんの一握りだ。また、ウーバーイーツ配達員やバイク便運転者をめぐっては、事故に遭ったときに労災保険が適用されないといったトラブルが、すでに各地で表面化している。労災保険が適用されない理由は、彼らが労働者ではなく、個人事業主だからだ。

この話題から「軽貨物」「フリーランス」「個人事業主」から「労働問題」「貧困」などの労働者性向的な話に持っていく。「名ばかり事業主」と言う文言が最たるものだ(笑)
まずはネットビジネスやりたい気持ちを封印して、貯金を切り崩すことがない損益分岐を把握することが先じゃない??記事にしてネタにするのは勝手だけれど東洋経済さんの常套手段だね(笑)よく似た類似記事が多いですよね。ここの系統は(笑)uberEATSが悪いのではなく、フリーランスが悪い訳ではなくこの31歳のポジショニングが悪いだけ(笑)身も蓋もないけれど(笑)
この話を積み重ねて、フリーランスたちの労働組合活動へと誘うのでしょう(笑)

転売系利用運送が素人の組織化を求める理由

仲間だけゾロゾロ居ても、責任能力がない人間が100人居ても相手は納得しない。会社員時代を経験していれば残念ながら理解出来るはず。
だからフリーランス軽貨物へ直接仕事を依頼する目的は、どれだけ綺麗事をいってもアプリより既存ルートより「安く叩く」この1点だけが目的。どれだけ綺麗事をゴタク並べても金額以外に価値はなし。責任は??「一生軽貨物やるとは言っていない」って言葉がツイートを賑わっています。銭の効率化に目が行っています(笑)そんな責任を負うことも出来ないグループに大事な大事な仕事の再委託をする軽貨物運送会社も居ますが、怖くて出来ませんは。それならアプリかましてハネた仕事をやってもらうほうが安心だね。
ポジティブってのは、事が上昇傾向にある場合になりたつ。
しかしほぼ事業はアップダウンの線を残念ながら軽貨物は描く。
その中でネガティブにもポジティブにもなる事が大事だって誰もが理解出来る。
きっとネガティブがあってのプラス思考だし、逆があるから最終的に事業として採算が取れる。この感覚は立ち上げた者にしか理解されない。
だれもポジティブになりたいよ?(笑)それだけで話が前に進むならするさ(笑)
でもそうじゃないから面白いんだよ?見ている分にはネタになるからさ(笑)
1枚2枚人を介したら情報なんて手に入る(笑)
介する人間全て「ポジティブ」的な発言を指示出せばいいだけの話(笑)
amazonFLEX含めた1時間2000円と前後の走行距離と拘束時間を目安に安く買い叩ける案件をそちらへ流したら良いだけ。良く知ったる安相場。

だから軽貨物専業が良いって話じゃない

今の時代の流れなんだからフリーランスで良いんじゃない?
人口も多い大都市なら有名blogや動画を見てイメージを膨らませて!!
きっとそれなりに飯が食えるよ?(笑)
これからamazonFLEX始めようって情報収集する方は、ユーチューブで有名な動画やツイートを参考にするのが一番近道。
それは絶対近道だよ。
軽貨物専業ってのは自分の土俵が素人フリーランスドライバーってのに奪われると思っている。
だから頑なにガードを固くしているように素人からすれば見える。
でも素人も何れ中堅そしてベテランになる。
但し、軽貨物に費やす絶対時間次第だけれども有名blogでも動画でもあるように最後は、

「一生軽貨物するつもりはない。私はフリーランスだから」

と言う決め台詞があります。
そうなんです。
自由なんです。
それなりのスキルでそれなり出来ます。
軽貨物って仕事は、基本ジーバーでもトーシローでも出来るコンビニ仕事と同様に非常にハードルが低い仕事なんです。
副業でも絶対時間が少なくてもそれなりに出来る仕事です。
だから安く使える!
依頼主側からすれば、それなりスキルでも商売が出来る人が増える事が安く仕事を受けてくれる土壌になります。
私はもっともっとフリーランス軽貨物ドライバーが増えてほしい。
切に願っています。
軽貨物専業会社よりもフリーランス軽貨物ドライバーが増えてほしい。
横のつながりや絆って奴を重視する仲間意識の高い案件をシェアするフリーランスが増えてほしい。
結果的組織化された専業が生き残れる。
インターネットが開始された黎明期と同じblogがツイートと動画に変わっているだけで何一つ新しい事が起きていない。

次に起きることはフリーランスのグループ化


必ずAmazonFLEXでもubereatsでも起きる。
この対策はAmazonFLEXも取っている。
同じ事はしないと思っている(笑)バカじゃないからね。
今しきりにフィードバックって言葉がツイートに出ているが、デリプロでも大手委託でも配達員(委託)からの声を拾うスキームは整っている(笑)
それで満足してもらえるなら揃える。
ただ声がしっかりと反映されるかどうか?だと思うよ。
報酬に関係ない部分は迅速に対応するだろう。なぜなら安く運んでくれるならそれ以外の部分に応える必要があるからね。
そこまでAmazonFlexを信用できないのか?って信者からお叱りを賜りそうですがね(笑)フリーランスってのは、想定されるあらゆるリスクと向き合うんだから希望的観測をツイートしても仕方がないの。なぜならその些細な事で素人は鵜呑みにするからね。そういう目で見られているってことも理解出来ない点が誠実ではないと感じるんだよ。
それとAmazonFlexが開始される数年前の下準備の段階で彼らの本音を感じたベースがあるからね(笑)
簡単に信用も出来ない。これは判断材料の一つぐらいに感じてもらえたらいい。
信者の意見もこのblogも半々ぐらいよ(笑)


「uberEATS配達員Discordグループ」こんな感じの配達員同士のグループ化がどんどんAmazonFLEXにも誕生するよ^^フリーランス軽貨物ドライバー同士のね。あっ!軽貨物専業のLINEグループよりも銭の匂いがあまりしない段階の奴ね(笑)でもどんどん時間経過と共に銭の匂いがプンプンするから、最初から綺麗事を行った人集めをすると途中で行き詰まるよ。はじめからピンハネしたい!って言う方が良いよ(笑)たぶん言わないだろうけど。


「UberEATSパートナーズ・グループ」ってのもあるんですね。軽貨物専業グループの場合は、よりプンプン匂いがする一般社団法人化しているパターンがあります。いずれなるのか?配達員の所得ベースの考え方があるので、法人の集まりではないので気軽にサクッとタイプのグループ的な感じが落ち着く形でしょうね。


個人情報は1個人で管理はさすがに情弱者相手だと思われてしまいますよ。
昨今、安易に登録するならステスマなどで(笑)
次にここにフリーランスが多数存在します。
インターネットの黎明期に起きた事が次軽貨物業界に発生します。
組織化された軽貨物専業たちが手持ちの案件を直にドライバーに流すのではなく、アプリや1枚媒体を挟んで専業と言う色を消した上で案件を流していく。利用運送業者へ流していたのがアプリ(利用運送)に変わるだけで末端は何も変わらない(笑)
電話がメールに変わり、LINEと動画や自社アプリに変わるだけ。
フリーランスたちの中で少し有名な奴かちょっと頭が良い奴がフリーランスのコミュニティを作る。
Ubereatsと同じく配達員を集めて交流したり案件をシェアしたりするコミュニティ(グループ化)が進む。
結局は、案件を受けれない場合のフォローに使ったり共同的に案件を受託したりする過去で言う軽貨物協会(笑)的なエセ利用運送の誕生を意味します。静かに見てみてください。
フリーランスたちが集まり、新たなコミュを作り、交流を通じて案件をシェアしたり情報をシェアしたり、初心者へのフォローアップをしたり(笑)共同購買や車両貸与やレンタルや貸付などフリーランスや初心者フリーランスの上前をハネる行為に走ると思います(笑)
蓋をあけると軽貨物専業たちがやってきたフリーランスたちが非難していた手法へと原点回帰(笑)
PCフリーランスたちがやってきたフリーランスの上前をハネる。
自己矛盾の世界へと誘うのです(笑)
まあー5年後もすれば再度元の形に戻る。
最後は潰し合いをやってください(笑)
我々案件を製造している者は、どこが安いのか?
アプリ経由だろうが直だろうが安いルートで流す。

こういう本も出回っています。
一般社団法人軽四貨物総研って一般社団法人を検索してもヒットしません。
どなたか軽四貨物総研って法人の所在地を教えていただけますか?
最近新刊で発売されておりますが(笑)
流石に私が知らないだけでしょう。学研さんが音頭取ってる出版物でしょうがね(笑)

銭だけを動かす利用運送たちの未来

製造系の別会社を作ってアプリ経由でただ案件を流してください(笑)
どうせ利用運送しても善良なドライバーたちのフォローもしないでしょうから。
別会社経由でアプリに案件を横流しすれば、本来の目的を達するでしょう(笑)
フォローアップも含め善良なドライバーたちの環境改善を必死にする利用運送業者さんが存在するのであれば、アプリ(利用運送)と差別化は充分に出来る!これは感覚的に感じるでしょう。
お察しが着くと思う。
差別化が非常にしやすい時代になった。
アプリも蓋を開ければ、銭主体の利用運送。
専業の老舗でもきっちりドライバーのフォローアップそして何よりも責任の所在を明確にしてドライバーを守れば十分に戦える。
案件の千里眼がありますからね(笑)

フリーランスのグループを狙う専業グループたち

私も色んな専業グループに登録しておりますが、銭の匂いがプンプンします(笑)
しかし案件を横流しして10%をハネること前提にした案件LINEグループですから正直です(笑)綺麗事ありきではありません。割り切っているだけ正直でマシです。
なぜ利用しないのか?受託しないのか?それは案件が割安とか割高ではありません。そんな問題ではないですね(笑)
手数料をハネられることもあまり問題ではないです。なぜなら案件を獲得した訳ではない。獲得した者が得る報酬だから別に問題ではない。ただ銭をハネて置きながら、案件の依頼内容と現場でイレギュラー的に発生したトラブルも全て丸投げだから全て受託者が負債も負う恐れがある。信用に足らない者から案件を受託したくないってだけの話(笑)責任の所在を明確にし、負う所は負う。こちら責ならこちらが負う。そういう仕切りをきっちりしている人からは割安だろうが受託する。
結果的にトラブルが発生したとしても訳のわからないものまで負う事がありません。トータルで安全策を取っているだけである。
しかし案件1つ銭がハネれるだけの感覚でいる業者が多い事多いこと(笑)
アプリ(利用運送)や一昔前の水屋(利用運送専業)の現場知らず電話1本手数料2000円みたいな業者からは仕事を取るのが嫌で、自前で仕事を構築してきた経緯がありますからね(笑)皆様もお気をつけあれ。
そういう嗅覚ってものが専業年数って部分に大きく反映されるぐらいで、仕事の執行能力ってのは大差なし。全て慣れですね(笑)

一つ言えることは、

「運送業では無く、サービス業だ!」

なんて当たり前の事を声高に叫ぶ会社に善人は居ません(笑)
善行とは相手に気づかれない事を言いますからね。

つまみ食い的な発想が次のステージの入り口は確か

彼の道は、きっと素晴らしい道だと思う。


10000人の登録者が達成すれば更に広告収入が可能になる。
そのためには「軽貨物」が武器になる。
でもただ登録者数伸ばしたいなら、キャンプでも風俗でも子供使って動画作ってみたら(笑)目的の為に1つ1つ手を打つ。
「優しく相談に乗る」プラットフォームを作る。
きっと出来るんだろうと思う。
自分に出来ない事をやる人は、みんな素晴らしい。
MOKUBAへのDMでも良く聞かれますが、あまり知らないのです(笑)
ユーチューブで有名で新しく開業される方の良い動機づけになると思います。
だから何かしようかな?と感じる方はまずは視聴されてみるのも良いかも。
何も無い事が収益化する1つの方法なんだと信じている方でしょう。
私とは違うし、私の道楽である「無い場所に仕事を作る」っていう案件開発とは違う。有るものを右から左に流す。流すものを探すと言うスタンスではない。

名も無き無名の配達員はネットに居ないだけでそばに存在する。
大きいことをせずに銭儲けは出来る事は誰でもわかっている(笑)
大きいことをすることで、大きなうねりを作って銭儲けする人も居ることぐらいわかるし、素晴らしいことだとも思う。

こういう集まりを客観視出来る事で、まだまだ地方田舎の軽貨物業は安泰だと思う(笑)何も無い場所に仕事を作ろうとする者が居ないからね(笑)
こういうコミュ(組合w)やグループが乱立することは良いことだ。
個人的に非常に良い流れだ。
世の中には、キレイな言葉を使って安く叩く自称荷主(運送系利用運送)が存在するが良い案件転売ルートになり得る存在だと思う。業界の浄化の為にもぜひグループ化を行っていただきたい。

あまり興味のないことをしない

あまり興味のない事に首を突っ込まない(笑)
「軽貨物」1つでもひとくくりで考えれない。

発注者・受注者・発注専門・転売専門

取引スタイルだけでもカテゴリーが違う。
mokubaみたいに案件開発もするし運送系以外の荷主から仕事を受注する場合もある。全国の7割の名も無き委託ドライバーや「フリーランス」などと口にすることなく兼業委託ドライバーたちは「受注者」と言う部類にあたる。
運送系の利用運送に多いのが「転売専門」(笑)
トラックも持たず右から左で数%銭を抜く事を商いとしている。
メーカー系運送屋の場合は、「発注専門」の場合は多い。
取引形態だけでも同じ軽貨物でもカテゴリーが違うし、考え方も全く違う。
フリーランスとは、動きの面からも受注者と転売専門が相性が良い。
これを少ない費用と限りなく無責任に近い感じで転売がしたいという考えもあり、多くのフリーランスドライバーや委託ドライバーたちがグループ化に取り組んでいる歴史があります。どのグループでも言いますが、「他にないドライバー側に立ったグループ運営をします」と毎度声が聞こえますが、最終的には有料化と責任の所在が不明瞭になり、案件の転売によるピンハネが始まる(笑)

「案件を仲間と均等にシェアする」

聞こえは良い。15年色んなところで聞いてきました(笑)
責任の所在と案件報酬の考え方は一致しなければ、お前らフリーランスたちが困るのは知ったこっちゃない(笑)依頼する側の気持ちをそこで考えているか?って事が大事なんですよ(笑)でもでも!昨今は、こんなことをいうと「ネガティブ」「ブラック」なんて事をすぐに言われます(笑)
もしくは「悲観的」と言うのでしょうかね?(笑)
それは、そんな事に遭遇するぐらい案件を管理した事がない奴が言うのです。
だから私は何も気にしません。一度思いっきり仕事を受注して、全国へ発注してみてください。案件の数だけトラブルが発生しますから、一度やればいい(笑)
綺麗事で仕事が円滑に進みませんから、烏合の衆では(笑)
こんなことをいうと「ブラック」って今は言われます(笑)
どんだけ潔癖症なんだよ

以前フリーランス軽貨物ドライバーと言っていたけれど最近は「フリーランス」と言う

自由人ランキング

SNSでもご購読できます。

アーカイブ

コメント

Comments are closed.