★会員制○○とか会員制発送代行とかFBA納品そして会員制チャーター便とか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

値上げの新しいやり方は
餌で囲い込んで、逃げるも入るも出入り口に決済機を設ける(笑)
その意味とは?

既存インフラと消費者の中抜けを目指すのか?


1個Amazon倉庫まで430円で発送できます。ただ月額料金は必要です。


Amazon代行サービス|バイヤーズクラブキャン BCC|株式会社アメイズロジ

って会社のようなスタイルがもう一つの流れ。

Cappy-Amazon総合ツール-|株式会社アメイズロジ


FBA納品するなら業界最安値CC便

これねCC便。
個人宅から一般宅配便で集荷させておいて、倉庫で集約して外注チャーター便で差益を確保する。成熟期を迎えつつある分野と判断出来ますね。

Amazon FBA利用者専用「エコムー便」 ~160サイズ1,180円からの低価格でフルフィルメントセンターへ納品可能~

エコムー便は、CC便とはチト違う。
ひと工夫が無い分、現時点で安さも感じれない。
来年の日本郵便ゆうパック料金体系変更への対応策が明記されていない。

値上げは昨年10月末に改定済み。そして実配送担当は、「佐川急便」だ。ますます料金改定を繰り返すことが出来る。こう考えるとオンデマンド型物流APIと言うのは死なない(笑)永遠に値上げでピンハネが出来る。ただ軽貨物運送と違うことは、運送責任以外は責任を取るスキームが整っていること。ただ責任を取るか取らないかは別の話。

次世代は、「会員制」何でも会員制なんだ

FBA納品の手法を個人へ転用する時代
会員制とは、一時期流行ましたね^^順番にグルグル回るものです。
会員制とまではいかないけれど、利用客の囲い込みが激しくなる。
以前と違うことは、銭を安くして客を寄せる手法ではなくサービスの切り口を変えて真新しさで呼び込む。出すも入れるも銭を取る。クラウドを用いた倉庫業だね。実倉庫と利用倉庫そしてクラウド倉庫などデータと商品を共に囲い込む。
見込み客の囲い込みではなく、利用している既存客の囲い込み。現在自社のサービスを利用している利用客を有料の縛りで囲い込み。
月額料金を半額にして、年会費で差額を回収する。
現状の価格帯で囲い込みを実現。
中途解約は、年回収分の7割ぐらいを一気に回収出来れば、加入者促進だけの労力で錬金術が構築できる。

過保護に守ると守るモノを失う世の中

厳しいからと言って、官邸前や国会前でデモをして糞銭がほしい訳ではない。そんな輩と一緒にしないでほしい(笑)
日本ほど雇用に過敏に反応する。
逆に言えば、甘えがある社会はない。
これでは、厳しさがある経営者が生まれない。
働く方も雇う方も甘すぎる。

何度も言いますが、タクシー業界と運送業界の垣根が無くなっている。
そしてよそ見をしているタクシー業界の経営者ほど脇が甘いように見える(笑)
全国タクシーLINE TAXIuberスマホdeタッくん

正規そして非正規って言葉に拘る労働者がとどめをさす

派遣がダメとか日雇い派遣はやめろとか言っている奴が一番割が悪い時代。
そんなことは、分かっている。
そしてその言動は、労働問題をカモにしている市民団体や士業の餌食になりますね(笑)
彼らも素晴らしい正義を振りかざしたお金儲け集団です。
誰から搾取されるのだろうか?経営者?それとも正義を用いた時間の搾取をする士業。
いろんな悪党に身を任せるのですか?
そんな訳のわからない正義に魂を売ることなく、必要な自分の時間を必要なだけ用いる。
これが出来るのか?出来ないのかで商売の行く末が決まります。

これがTOKOCUにより定額プランで自由な時間で宅配される。そんな時代が到来している。

情報弱者で構わない。弱者には弱者のお金の使い方と戦い方がある。

自由人ランキング



SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク



アーカイブ

コメント

Comments are closed.