運送の変わり映えのしない日常をどうやり過ごすかが本当は大事なんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この世界はメンタルって言ってるだろ?(笑)

孤独から逃げるな!
相談できる仲間が居るって言う奴いるが、そんなもんは逃げ口上だ(笑)
おぎゃ~と産声を上げて、加齢して下の世話されながら目を瞑る。
これも最初と最後は結局は1人で行く。
死地へたった一人で行く。
身一つでね(笑)お前たちが悦になっていた地位や名誉そして銭も全て置き去りにして(笑)
だから今を楽しく上手く生きようとMOKUBAは思っている。

便利屋と運送屋との垣根は既にないのです。その理由は?

便利屋で開業&コンビニでフランチャイズ加盟するも軽運送で開業&FC加盟も似たような分野ばっかりだよ。
どれも同じ。
同じだけれど、FC加盟が善悪じゃない。
FC加盟金とロイヤリティ払っても上手く行くではなく上手く行こうとすることは出来る奴は出来る。
年収100万の売上かどうか?成功は何なんだ?
成功の尺度は、人それぞれ。
飼い殺しでも満たされれば成功。
儲かる尊敬する軽貨物運送業の社長たちシリーズ
成功の尺度も人それぞれだけれど、こうして書籍を出版する社長さんたちも存在します。それを信じる信じないは人それぞれ。
善悪は別として、必要とするのなら取り入れる。
私は、目的とは違うから眺めるだけで楽しんでいます(笑)
むしろある意味尊敬している存在でもあるね。
オンデマンドAPIにスルッと入り込めますね。
そして業界時代がクラウドソーシングに向いています。
個人がクラウドで外注出来る。それが法人も同じくクラウドで。

最終的には、変わり映えのない日常に我慢できるか?

そんな日常の殺伐とした中で
どうメンタルを保てるのか?
目的を持ち続けた365日を送れるのか?
本当の勝負は、開業後。
その気持ちが無いようなら
独立しても周りと自分を不幸にするだけだよ。
他人に目が行くのも全て自分の内なる問題。
自分が飽きたからの話(笑)

高卒程度の学歴でも何も迷わない

だからこの軽貨物運送の商売を脱サラしてしろ!って言うどこかのリクルーター的なblogではございません(笑)
そんな事は人に言われなくてもやりたい奴がやればいい。
やりたくないのに、銭が儲かるってだけで飛び付くから乖離が出た時に脆い。
まだ「生きる為」とか「借金返済」と言う動機の方がまだ踏ん張りがつくんじゃないかな(笑)
だから大学進学せずに独立しろ!って言うホリエモンみたいなことも言わない。
何度も言うが、選択肢はあっても選択するのは人の勝手だから文句を言うなよ?ってこと。
まして委託ドライバーが薄給だからって「労働者とやらの権利を委託ドライバーの立場から声高に訴える輩」みたいに成り下がる事だけはしないでほしい(笑)
その先に勝ち負けだけの白黒だけのつまらない世の中が待っている(笑)
学歴の看板も大企業の看板も人より器用だと言う看板も全て勝敗の基準でも無い。
ただ依頼主のオーダーと価格が見合うなら仕事があります。
文句を世間に言っても何も変わらない。報酬にも変わり映えのないこの軽貨物運送業を面白がる奴だけがきっと上手く行く。
目先の銭金の尺度で参入する奴が居る限り、我々と言うかベテラン連中は安泰だろう(笑)

このblogは定期的に更新している

記事の数が増えるのではない。
一度過去に書いた勝手な了見のblog記事を再考して、更に記事を加えている。
そういう意味で更新続けている。
一度書いたものの、意味合いが変わる。何よりMOKUBAの認識の違いなどが生じている場合は追記していく。
そうしてどんどん1記事当たりの文字数が増えている。
ただリンクを貼り付けるだけでなく、引用タグを用いてリンク先が削除されても情報ソース元そして日付やスクショなどで保存を行い、リンク先が削除更新がなされなくても保存用として残そうとしています。
だから1度見ても、3年後に見ても記事が変わっていたり、文字数が増えていたり、挿絵が増えていたりと常に更新する。ブラッシュアップするって事に重きを置いています。
物事は、初見があり書き始めます。思い込みもあるだろう。しかし時間の経過とともに考え方も変わる。記事の見方も変わる。立場も少し変わり、年齢も加齢する。色んな環境の変化も織り込みながら、再度過去の記事を見かえすと違う考えが湧いてくる。こういう気持ちを自分自身大事にしてblogを書いている。全て誰の為なのか?全て自分自身の為である(笑)

人様を儲けさせる事も出来ない。
人様に喜びを与える立場でもない。
人様を幸せにする事も出来ない。

そういうMOKUBAが生きていけるのも、全て自助あってのこと。
自助なくして自立なし。その先に支え合う精神も成り立たないと思っている(笑)

軽貨物独立開業で人を幸せにすると言う言葉

誰が言っている奴に言うてくれ?(笑)
幸せにする事はできない。
幸せになるのは自分の手でしかない。
他力本願なら一生人に使われ続ける人生であり、自己完結できない人間で終わる。
私はそれが面白くないので独立開業した。
頭が悪い、文章能力が乏しいMOKUBAが(笑)
そんな奴が14年目を迎え、なぜ優秀な開業者がすぐに廃業するのか?
それは、「頭が良いから」ゴールを決めれるから?諦めが良いのかな?(笑)
バカはバカなりにやっているってこと。

俺は運送屋です!って言えるのも後わずか

貨物軽自動車運送業っていう届出制の商売に何の意味も無くなる。

・チャーター便があるじゃないか?
・イレギュラーがあるじゃないか?
・宅配便のラストワンマイルが混乱しているじゃないか?
・パレット物の緊急便なんてないよ?

第一条件として、小口100サイズ未満の宅配便が正常化することが条件ですが。
でも素人でも想像付くでしょ???
この人材不足ってコトバが既に妄想ってこと???
運送業界の人材不足ってのは、妄想。
人材不足が発生する運送会社と発生しない運送会社。
だから待遇を改善して人材不足が発生しない運送会社を作れって書きたいわけじゃない(笑)それは、清廉潔白な軽貨物業者による動画をユーチューブでも閲覧してください(笑)そんな子供だましに興味はございません。
人材不足は時間稼ぎ。
はっきり言います、運送会社の人材不足は運送会社側の時間稼ぎ。
私はそう分析します。
宅配大手の一時的な人材不足は発生しています。
でも労務系の士業、団体、ハロワの求職者たちを見ていると今後3年は高飛車な待遇改善を企業に求める時代がある。でもその後は、今よりももっと厳しい求人状況になるだろう。AIじゃない(笑)今周りを見渡してみろ??スキームは出来ている。人材不足で混乱が生じている企業同士が手を組めば、全て終わる(笑)

不況が必ず企業を変える

これから生産性の無い待遇改善だけを求める労働者を強烈に排除していく。
本音と建前を上手く利用しながら、政権が変わろうが、野党が何を言おうが関係ない。そろそろ労働者が西欧の待遇とを比較して、日本も西洋並みにと連呼すること。こいつらは、生産性がないのに待遇を求める(笑)どんな分野でも生産性が高まることで時間当たりの利益が改善された上で昇給が出来る。今と同じ生産性のままの怠け者労働者に1円も払いたい経営者は居ない(笑)
自分が特別だと勘違いするな(笑)
ローソンやセブンイレブンが配達拠点になるのは、まだ一時的。運送会社へのプレッシャーでもある。値上げが続くようなら全てを白紙にするぐらいの転換も考えているぞ!と言う企業側と運送屋側のせめぎ合いでもある側面。

・新聞屋(地方)は、新聞を配達するままですか?
・高齢者向け宅配サービスの配達車両も使えますよね?
・ピザ屋の原付バイクでも配達出来ますよね?
・タクシーの待遇改善にも利用できますよね?
・プロパンガスの取り扱いのあるガス会社も?
・検針スタッフも戸建て巡回できますよね?
・市役所・支所・農協・郵便局・コンビ二の空きスペースに宅配BOX置けますね?
・JR単線・10%以下の乗車率区間に荷物を載せますよね?
・シルバー人材センター含め60歳以上の人材は溢れてますね?

etc
プライドや自我なんか捨てれば、ラストワンマイルなんて簡単に代替できる。
運送屋である必要はまったくない。

我慢できないんだろ?変化の無い毎日に?

そんな変化が毎日あるハズないだろう?(笑)
来月・今週生活する銭がなけりゃ文句言わず働くだろ?
まだまだ余裕があるんだよ?文句知恵袋に書く奴は(笑)
「成功」ってなんだよ?(笑)
こんな成功ってコトバ聞いたら、笑ってしまう。
飯食いたいから、自分がこれならって考えて選択した軽貨物運送だろ?
飯食えるまでは続けないで、ならなぜ始めたんだ?時間ムダ使いするなよ(笑)
って笑ってしまう。
途中で食えないって感じたら、バイト追加するなり、運送の仕事を増やすなり動けよ!って思う。待遇が悪いって言える条件は、まず飯が食えているってこと。
続けれているってことだよ(笑)
楽だろうが、厳しい環境だろうが、自分が選択したんだろ?
いっぱい他に仕事がある条件の中で、軽貨物を選択したのは自分。
自営を選んで、厳しい環境に身を置いたのも自分。
どっか大手か中堅でも良いから会社員で、運転手やってろよ?
何を勘違いしたんだ?楽して赤帽とか軽貨物しているように「みえた」のは、お前が勝手に解釈したんだろ?楽って自分勝手に判断しただけの話を知恵袋に総意みたいな書き込みしないでほしい(笑)
笑いそうになるから(笑)
捨てるモノは早めに捨てるってことね。


変わり映えのしない生活に自分が我慢できないだけの話

自由人ランキング



SNSでもご購読できます。

アーカイブ

コメント

コメントを残す