フリーランス軽貨物ドライバー日常の低収入を嘆く前に毒つくblog

学ぶ相手を間違っている人

私も含め軽貨物系ユーチューバーから軽貨物運送の事を学ぶ初心者たち

10人開業しても7人廃業するのはなぜ??

答えはシンプル

月ベースで1円でも黒字化すること。
手に入れる売上から生活費や軽貨物運送業務遂行に必要な銭を差し引く。
それで月に銭が残る。自転車操業出来るってことが答え。
そんな事を動画で真面目に語っても登録者数と再生数とアフェリ報酬が上がりません(笑)
シンプルな事柄に「衣」を付けていくの。
「やりがい」
「成長」
「不労所得」
「挑戦」
「スタート」
「やるなら今でしょ」
etc(笑)

どこかで見慣れたキーワード。
10人の中で自分が特別な存在になれると思わせたら勝ち。
そもそも自分が特別な存在であり、特別な情報が手に入る存在なのか?
私は思わない。
特別な存在で無いから、軽貨物運送の世界に流れ着いたと思っている(笑)
未だに自己評価が高い人が多いのに驚く。

アクセス数にこだわって

被リンクやアクセス数なんか考えてブログは書きません(笑)
アホみたいな尺度で記事を書いている(笑)
だからアホみたいなルールをブロガーなどと言っている奴にアクセス数がどうの勝手に語っておりなさい(笑)って思いますね。
いつまでそんなルールでブログを書いているんだ(笑)
広告収入にとらわれて、薄っぺらいどうでも良い軽貨物記事を量産してくれ(笑)
そんな奴は腐るほど居る。
そして今後も腐るほど出てくる。
その腐る記事と腐っている者同士が競争してくれ(笑)
軽貨物ドライバーの仕事も同じ。
枝葉のもらい仕事の批評やって、生産性も無く頑張ってくれ(笑)

彼らを不幸とは思わない


16年前の自分を見ているみたいだ。自分のやりたいトレードは自分に種銭が出来た時に出来た。日々の銭を労働で生み出した先に出来た。スタートラインに立ってない。自分はスタートラインに未だ立ててないと言い聞かせる日々だった。


同じ事をやった身としては、今でも当時の自分をクズと思う(笑)そして未だにクズだと思う(笑)そんな身から未だに卒業出来ていない精神でもある。当時と何も変わっていない。当時のままの生活水準で、当時のままの人格(笑)敵も多いけれど、他人からの目や批判の渦中で日々生活しています(笑)軽貨物運送で労働対価で借金を返済し、種銭を蓄積しやりたい手法でやりたいトレードと事業で収入を形成している。。でも未だに当時のままだ。終わっていない。明日失うかもしれない軽貨物運送の世界。何を勘違いして初心者開業者たちを指南する立ち位置には立ちたくない。


そんなことを思えるのも最初だけ。あとは慣れで借りるだけ借りるんだ(笑)

SNSで吐き出す力がある


廃業者とは、静かに誰にも知られず退場する。
SNSで吐き出せるだけマシなんだろう。
初心者たちが学ぶべきは、メンタル維持と資金ショートの渦中にどういう状況になるのか?こんな精神状態でまともに思考が出来るとは思えない。軽貨物系ユーチューバーから学ぶべき事はない。


このツイートを今見ても変に思わない(笑)
種銭のためなら借金返済なら彼女からも銭を巻き上げ、デリヘルでもピンサロ黒服でもやっていた25歳の自分がそこに今も見えますから。
全て将来の結果で、良い思い出にも悪い思い出にもなる。彼の節目は今なのか?もっと落ちるところまで落ちた後なのか?私は当時銭を毎月彼女の給与の9割を巻き上げた日々の責任として、今は配偶者として銭を巻き揚げ返されている日々に思う(笑)必ずゼロサム(笑)獲ったら取り返される(笑)

内訳は違うだけで軽貨物も同じ


1社依存は駄目だと言われても自分だけは大丈夫だと思う。
2019年10月頃にSNSでブログで言っても賛同されない。
それが当たり前。
賛同されるなら自分が軽貨物運送で生き残ることはない。
そして今頃に同じツイートをSNSで見かける。
5ヶ月ぐらいの開きがある。
この5ヶ月って期間が非常に重要である。
目安って言葉が合っているかどうかわかりませんが、内容よりも大衆世論がいつ誰を目標にしているのか?これが重要であり、自分の作った案件が流通する時に役に立つ。どうすれば、見た目で割高感が出るのか?どんな所を見ているのか?(笑)
商品を販売する感覚で、軽貨物運送をやっています(笑)


彼がどのような今後の人生を歩むのか?興味はない。なぜ今の状況に陥ったのか?そのヒントがツイートに必ずある。その点を抑えて回避することが生き残りの重要な要素。


軽運送の同業者ツイートから学ぶ事は余りない(笑)生き続ける為に軽貨物を選択している。生き残るために何をするべきか?生き残れずわからない瀬戸際の人のツイートに本質があったりする。


冷静に考えろ!と言ってはいけない。冷静さを欠く状況に陥ったことは全て自分の財布。逆に言えば、自分の財布のバランスを保てば、私でも継続性が生まれる。貴方に出来ない訳がない。軽貨物系ユーチューバーの見過ぎで、攻略公式だけを暗記する(笑)公式暗記しても日々の資金繰りで失敗に向かう人を数多く目にしている。未だに歴史は繰り返す。

改善案を提案する立場にない者が提案する

アプリ経由で案件を受託する者に改善案を求めていない。入札しなければいい話。受託する者のお客さんはアプリ側。アプリのお客さんはアプリへ案件を依頼する荷主。荷主のお客さんは受取先。この全体のフローを理解していない人が多い。
理解すれば、無意味な事に怒る労力は不要。改善要求が叶わないことに怒りを抱かない。これも全て不毛。それが我慢ならなければ、自分で仕事を案件を作る。ルールを作る側になればいい。でも資金力が無い時間が無いから作れない。作る側が良い悪いの話ではなく、自分の立ち位置の認知が甘いと考えなければならない。
この軽貨物運送で怒りを覚えることは皆無。
自分が特別な存在などと勘違いしなければいいだけの話。
ただひたすらに銭を持って帰る。
家族に要求される金額を月末までに作る。
残った銭を博打に使おうが女を買おうが誰にも文句を言われない。
他人が満たされた生活スタイルを貴方に要求しようが気にしない。
他人と自分とでは、バックグラウンドが違うのに
なぜ同じに出来るのだろうか?
軽貨物運送病に侵された孤独のフリーランス「カンパニー松永」

 

 

 

手本にするパターンでその後が決まる

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ
にほんブログ村