運送業者が必ずしも自宅へ届ける必要がない時代

センター受取・コンビニ受取手段は色々ある。

自宅単体ではなく、街全体がタワマンごとの塊になる
妄想は広がるが、ヒントになるのがビル内デリバリーと館内物流企業に答えがあるのでは?そしてコア事業にしているヒガシトゥエンティワンさんを研究すれば、答えが出るのではないだろうか?(笑)

ヒガシトゥエンティワンをザックリ考査

親会社はぐぐってくださいw

関西電力株式会社 14.0%
日本生命保険相互会社 8.1%
星光ビル管理株式会社 7.3%
STATE STREET BANK AND TRUST CLIENT 6.0%
株式会社毎日新聞社 5.5%

筆頭株主が関電。次に日本生命保険相互会社。役員出身者も各社より。また三番目の星光ビル管理も管理実績の中に日本生命ビルも含まれており、ビル内デリバリーや館内物流とシナジーにも活発な動きが垣間見れますね。
取引先の主要上位10社

館内物流orビル内デリバリーとして
「六本木ヒルズ」「東京オペラシティビル」「表参道ヒルズ」
「グローバルゲート」「堂島アバンザビル」「グランフロント大阪南館」
・2019/09/04 個人投資家向け会社説明会資料
有名どころのビル内デリバリーを行っているのですね。
グループ会社に興味がある。

・株式会社トランスポート21(親100%)
・株式会社FMサポート21(親100%)
この2社と軽貨物業界に影響を少なからずある。
HPが無いですが、求人から考査するとトランスポート21はCVS向けの配達業務がメイン。FMサポート21さんは館内物流含めたメールルーム21の運営です。
後は、公式から妄想ください。私の役割ではありません(笑)

なぜラストワンマイル問題が収束するか


館内物流のイメージを個人宅の集合体に置き換えれば、転用可能である。だからこの企業含め館内物流やビル内デリバリーをコア事業としている企業は力を入れていると妄想出来るのです。そしてヤマトや佐川や日本郵政含めた路線会社各社と一線を引くのです。同じ運送会社ではない。これは理解出来ると思う。そしてこんな企業群が成熟した時に資本力がある外資や大手宅配会社が買収する(笑)面白いですね。
また同グループ会社でユートランスシステム株式会社のコア事業は精密機器輸送。ATMやPOSなどの機器を設置及び付帯業務全般を行う企業。

自動運転やAiがライバルではない

街造りそのものが劇的に変わる。
比例して物流のあり方が全て変わる。
その上で、自動運転やAiの姿が見える。

一連の流れがある。
それまでの15年ぐらいは、軽貨物運送は狭間で行き続ける商売。
健康寿命が70歳とすれば、45歳前後の人間は確実に仕事を案件を選り好みしなければ飯が食える(笑)45歳以下は、後半の10年は軽貨物運送の職種が限定される覚悟を持つ必要がある。勝手な妄想ですよ(笑)昨日今日の副業的視点の方は無関係。継続性を求めていないからね。安心ください(笑)
あくまでもこのクソと闇と素人や何もしらないベテラン委託会社の人間が言う世界ですが、自分が知らないだけでシナジーはたくさん存在する。
そう実感する前に廃業する人間が多い世界。

いつの時代も目の前で動く運ぶ事実だけ

眺望の良い場所でパソコンとマグカップをスマホで撮影して、奴隷が情弱者を集める人間が居る。そんな様子で人を騙せた時代は終焉しました(笑)
見ているだけで滑稽でしかない。
そして札束とスタバで昼からヒーコー飲んでいる様子をインスタに掲載しても誰も見向きもしない時代到来。
いったい本当の情報とは何でしょうかね?(笑)

・宅配委託ドライバーに従事しない者が宅配委託を語る
・5人でも50人でも100人でも協力会社を運用した事がない人間が管理を語る
・退職したにも関わらず退職前の人間関係を語る
・金銭余裕がないのに軽貨物ドライバーの余裕を語る
・副業と言いながら、メインで収益が上がらない人間が副業を語る
・楽しさが判らないのに楽しさを語る
・廃業するのに時間の大切さを語る

etc

色んな素晴らしいフリーランス軽貨物ドライバーやユーチューバーさんや不労所得者さんが語っています。
いったい何が本当なんでしょうか?(笑)面白くて仕方がない毎日ですね。

軽貨物系ブログと動画が乱立する

まだまだ増えます。
そして個々に発信する場合は、はやりのキーワードで揺れる。
そこに一次ソースの二度塗りだけ。
アンチが怖くて、自分の意見・妄想を言わない。
博打に取ってしまう視聴者。そもそも持論を展開する為にブログがあり動画がある。既存ソースの二次利用なら別にニュースソースを見ればいい。
そんな動画やブログが乱立しても最後は妄想で勝負がつく(笑)

 

 

 

 

個人相手がラストワンマイルで無くなる

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ
にほんブログ村