大工さんからの残業代請求に見る軽貨物業界の未来

他人事では無い。
坊さんの残業代請求の記事化から1年。

労働者に変身する自称自営業者に対する問い

明日が我が身の事例

工務店をしている友達が、1日、18000円で30日間だけ知り合いの大工に工事を依頼しました。本来なら、大工に仕事を依頼するときは、30日間でいくら、と言う請け負い契約を結ぶのですが、仕事を請け負うと材料費は大工が立て替えることになります、 知り合いの大工は材料を購入する資金力がないため、作業報酬分だけを日割りで支払うことになりました。そして工事の中間と終了後の2回に分けて、大工から請求書が届き、それに対して請求書とおりに友達は工事代金を支払いました。ところが、それから一ヶ月過ぎてから、その大工から残業手当が、未払いだとし請求の訴えを起こされたのです。 しかし、大工からの請求書では、「夜勤」の欄は空欄になっていて、夜勤した日の金額の記載はありません。 日当と言えども、工期のある建築の仕事は、突貫工事をしてでも工期に間に合わせなければならないので、工務店に常備勤務する労働者でない限り、残業手当など発生しないのが建築業界の常識です。 それなのに、その大工は、いきなり残業手当の未払い金請求の訴訟を提起してきたのです。 さらに、こちらから異議申し立をすると、大工からメールが来て、「店舗の内装工事のときは、別途残業手当を請求しますよ。と言ったでしょ」などと、言いがかりを付けてきました。もちろんそんな話しはしていません。もし仮に、友達と大工の間で雇用契約を締結していたとしても、店舗の改装だから残業手当を請求する、などと言うおかしな話しはないし、労働基準法上の労働者が仕事内容に応じて、残業手当を請求するしないを決めるなど、そんなおかしな話しはありません。 大工は生活に困っていて、金銭を請求しやすい私の友達に、不当な請求をして来ています。 このような大工を逆に訴えることはできないでしょうか? 法律に詳しい方・・・教えてください。

「1日18000円で30日間だけ知り合いの大工に工事を依頼した」
「知り合いの大工は材料を購入する資金力がないため、作業報酬分だけを日割りで支払うことになりました」

重要なのは2点。
係争事案に発展するしない別として、本トラブルに巻き込まれた時点で「負け」となっている。勝敗の云々は別として士業の専門家に任せればいいが、この文面を分割して考えると労働者でも法人間取引でもどっちでも捉えれる。

「日当18000円の30日間」
「作業報酬分として支払う」

企業間取引で契約書無しで着手はありえない。なぜなら口約束ほど怖いものはないですからね(笑)

レバレッジがある点

「知り合い」
「資金力がない」
「雇用契約」
「残業手当」
「口約束」

貴方以外の第三者が口約束で請負か労働かわかるのでしょうか?また建築業界の商慣習って第三者が加味してくれるのでしょうか?工務店側は、「工事代金」として払う。知り合いの大工側は「日当作業報酬」として受け取る。それを事前に取り決めた書面は両者に存在するのでしょうか?無いのにどう第三者に示す証明することが出来るのでしょうか?

軽貨物の案件受託に対して

知り合いの個人事業主が案件を外注するにあたって知り合いの委託ドライバーへ1日18000円の30日間で定期便を業務委託した。しかし知り合いの委託ドライバーは、現金保有が乏しく30日間継続する為に必要なガソリン代が捻出できません。ガソリン代については委託元個人事業主が負担することとし、また当初持ち込みで考えていたみたいですが、知り合いの委託ドライバーの所有する軽バンが不具合の為運行に支障をきたす恐れあるため、委託元の所有トラックにて無償貸与で身だけで運行することになりました。知り合いなので、口約束で1日18000円でやり切りで業務委託としてお願いしました。こんな感じは、よく聞きますよ(笑)更にネット求人を見ても危うい募集要項が多い点からもよくある話。

これが委託元の入出庫責任がある案件ではなく、第三者の委託会社へ投げる案件であれば、いかがでしょうか?業務委託であれば、本来指揮監督は出来ない点もありますよね?(笑)ここが軽貨物運送業のグレーです(笑)委託ドライバーは、身だけで且つ吐き出しもありません。立替も存在しませんし、日当制。更に所有物は持ち込んでおらず、委託元の貸与品。ガソリン代は委託元負担。契約書は無く、バイト同様の口約束。雇用契約って言っても押し切れる土壌は十分にある。指揮は丸投げ外注先の企業から直接指揮命令を受けるから請け負いと言い切れますか??(笑)ここが軽貨物運送の商慣習だ!と業界を知らない人間に声高に伝えても通用する時代と思っている委託会社が多い(笑)

士業の腕とは最後

委託会社のシャチョさんが、士業の腕などと言っているようでは先は真っ暗(笑)
委託会社の仕事のとり方と運営の仕方に疑義があり、抜けがあるから押し切られる(笑)貴方のネットに掲載する案件は、委託ドライバーが「労働者」に早変わりできる要素はあるのか?って視点で考えていれば、あのような文言にはならない。
やる準備と相手が労働者に早変わりしても良い準備が大事で、最後の最後は士業に丸投げで係争すればいい。士業が係争している間でも事業収益を上げればいい。

職人と委託ドライバーと何か違いがありますか?
私ならこの「知り合いの大工さん」この方は、慣れてますね(笑)
工務店の力量を見て、確実に狙い撃ちでしょうね(笑)
契約書があっても仕組みがヌルかったら、契約書は紙くずです(笑)
不況になるってことは、売上が低下することが怖いのではなく、
今まで売上が上がっていた層が、飯が食えなくなって
労働者になる方が銭化できるって考える委託ドライバーが増えるってこと。
労働で稼ぐより悪党を退治する方が銭になるから団体が存在するんじゃないですか?あれって銭にならないのに「正義を貫く集団」ってどこにいるのですか?

儲かっている企業から銭を取る。
儲かっているのが悪なんですから。
儲かる為に工夫があって、絶対的な時間の費やしたこと何か気にしませんよ。
平等っていう不平等が正義なんですから(笑)

堂々と、市場原理の世界に一緒に立たないと負けますよ(笑)

総括 今は物足りないかもしれないけれど毒っ気って大事だよ?
ブログランキング・にほんブログ村へ