[36日目]今日のへそくりと明日の物流diary:2020/05/01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
COVID-19コロナショックで損失200万円を3年間で取り返すトレード日記・投資日記|カンパニー松永|フリーランス軽貨物ドライバー

[36日目]今日のへそくりと明日の物流diary:2020/05/01

前回の取引日記はこちら

終値ポジション

・保有銘柄

銘柄コード 保有数量 平均単価(円) 評価損益(円)
1357 1100 1322 ▲280500
1570 180 16863 ▲355140
2035 100→50 1117 +2500
2041 20 5835 24600

・評価損益合計

日付 損益額(円) 損益率(%)
2020/04/28 ▲715680 13.66
2020/04/30 ▲574840 12.18
2020/05/01 ▲657740 14.11

・損切済[確定済]
2020/01/01-2020/04/30

直近日付 売買数(件) 損益額(円)
2020/04/30 103 ▲875698

2020年05月01日ヘソクリ投資日記実績公開|カンパニー松永
※自己設定レンジ外でなければ動かない
※売却済み銘柄の配当金及びNISAは含まず。
・累積損益[評価損益含む]
2020/01/01開始

日付 損益額(円) 前日比(円)
2020/04/28 ▲1554496 ▲3350
2020/04/30 ▲1413656 +140840
2020/05/01 ▲1533438 ▲119782
損益(高) 2020/04/30 ▲574840円
損益(安) 2020/03/16 ▲1509800円

今日の物流界隈の興味

そろそろゴゾゴゾする時期でしょうかね(笑)
VIXも下がり、本日▲574円下落しました。昨日の上りが帳消し(笑)次はSQ前日です。

銘柄コード 売買株数 取引 売買額(円)
1357
1570
2035
2041

静かに放置するでしょう(笑)5月は毎年下がるって声を耳にしますが、何か想定されている事をやるほどの黎明期でないしアルゴでも無い気がします。したがって、両刀使いは変わりなく。マイペースに興味がある私が興味があるね(笑)記事を物色したいと思う。

目下の興味
・世界規模で動く製造企業の決算状況
・IR資料から中国市場含めたアジアを見る
・本当に日本メディアが報道していることの信憑性
・製造業→物流業→軽貨物の順番を間違えない

この3点からGWですが、マーケットも物流もノンストップで動いております。
私も言わないですが、会社は交替で動いておりますからね(笑)
日本市況は、お休みです。明けはSQ日前日を迎えます。ドキドキしますね(笑)

製造大手は3年から5年先の受注競争

ご存知の通り、時間軸が全く違います。
製造メーカーの動きが物流大手の大枠な方向性と前に進める人事に大きく影響があります。
日本電産決算発表IR資料抜粋|アフターコロナでは遅い。更に先を見据えた材料探しのヒントがある
結局は、彼らの目では「アフターコロナ」では遅すぎるって感覚なんでしょうね。
モーターは産業の米と考えるなら、彼らの動きが次のヒントになることは確かですね。
日本電産決算発表IR資料抜粋|新型コロナウィルスによる影響|定量情報各方面別
コロナ感染拡大前を100とした状態からの稼働度の図ですね。中国の早期回復が分かりますね。
2021年3月期の見通しとしては、人命に係る事案で有る為拙速に事を動かすことはない。最悪でも3年間スパンで見ている。
日本の都市の緊急事態宣言の延長とか解除とか問題としていない。このCOVID-19に対して各企業がどう折り合いを付けるのか?それだけしか興味はないと思う。ある都市の企業の緊急事態宣言云々は既に関係ないと思う。COVID-19終息しようがしなくても倒産する企業があるなら倒産した方が、残存企業の与信力が上がる。COVID-19終息しなくても1カ月前後で緊急事態宣言は解除されるだろう。感染者数は増えても感染拡大前の市場に戻ることはなく、第二波で倒産する会社は倒産する。物事を別々で考える必要があるでしょうね。今も大企業は生産活動を続けている企業が多い。テレワークってそろそろおわかりでしょうが、雇用契約と在宅との間の宙ぶらりんな存在にポストになりつつありますね。
全体として供給拠点を分散していることに変わりは無い。一極集中や日本に集約するつもりはない。各国の当局の動向に合わせて、早期に立ちあげて行く。
アフターコロナ後の自動車メーカーの業界再編が加速する。
アフターコロナ後は、テレワークの弊害が必ず業績に影響する。
競争力がない生産性が低下した状態で更に業績悪化する企業が増える。
サラリーと求められる生産性との乖離を圧縮するような人事制度に変わる。
テレワーク云々は手段であって、最終目的は海外で競争力を高めること。
総じて、余計なモノは持たない。そんな感想ですね。
物流大手も然りで、我々はきっと大手に過度な期待感が根底にあるのかもしれませんね。
最終的には、荒削りなサービスであってもシェア率がボリュームが高い会社が最後は取る。
ぶたさんの文句を言う前に安い価格でも利が出る個人事業の損益分岐を下げる方が早いんでは?(笑)

不評の日銀ETF買いの処分について

日銀の黒田東彦総裁は21日の衆院財務金融委員会で、株価指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入れに関し、物価上昇率が日銀が目標とする2%に近づいた時には「買い入れの出口も検討していくことになる」と述べた。そのうえで、買い入れたETFを売却する出口戦略について「(ETFを)急に処分することはなく、かなりの時間をかけてマーケットの状況をみながら出口に向かって対応する」と語った。立憲民主党の吉田統彦氏の質問に答えた。黒田総裁はETFや国債の買い入れを含めた現行の金融緩和政策については「2%の物価安定の目標を達成するために必要だ」との認識を改めて示した。

2020/2/21 12:34日経電子版の記事。今後の記録として引用した上で、そんな日が来るとどうなるのでしょうか?(笑)
公的機関の株式保有動向|大和総研2018年8月15日要約引用
2018/08/15大和総研レポートから要約抜粋した分も基本的な考えの一つ。
買って買って買いまくっている株式やETFの市中売却のルール確認も大事なこと。
公的機関の株式市中売却期限|大和総研2018年8月15日要約引用
2026年3月で市中売却を完了する点も2020年3月としても後6年後。
公的機関3法人の株式保有額と市中売却開始・処分完了予定一覧|大和総研2018年8月15日要約引用
「処分するぞ~」って宣言して公的機関が市中処分をやることはない(笑)株価が下がるからね(笑)
だからアベノミクス相場の期間中の高い位置より上値に行った場合には、話題の再燃があるかもしれませんね。
下げ相場で売却して、メディアの餌食になるようなことはしないでしょうから。
海外投資家の評判もよろしくない点もありますね。
公的機関の株式及びETF市中処分懸念材料|大和総研2018年8月15日要約引用
ETF市中処分として2.5兆円を6年間を費やす過程と市場に与える影響を考えると中々踏み切れない点もレポートされております。
処分することと現状何が懸念材料とされているのか?両面知っておく必要がありますね。

別の意味もある

日銀のETF買いは「買い支え」と解されることが多いが、本質的には買い支えではなく、あくまでも緩和の一環だ。銀行の政策保有株減少と合わせて考えれば非常にわかりやすい。銀行の政策保有株を日銀がETFの形で買えば、日銀からETFを売却した銀行にお金が渡り、すなわり、市中にお金が出回る。そのまま「金融緩和」となる。つまり、規制強化の狙いは、銀行からさらに保有株を吐き出させ金融緩和を進めることだろう。ただ、前述したように銀行の保有株もかなり減少し、ETFを作ることも比較的難しい可能性がある。日銀がETFを買いがたくなっているため、買うために保有しているETFを日銀が貸し出すことも行われている。日銀がETFを買うためにETFを貸し出す、というなんとも不思議なことが行われるのは、銀行の保有株売却が金融緩和につながるからだろう。今週は週初から新型肺炎の経済への影響を懸念して大きく売られているが、こうした中でも銀行の保有株の売却は着々と進んでいるかもしれない。日銀が買い付けるETFが枯渇していることで、銀行にさらに保有株の売却を促すことは、本末転倒という気もする一方で、リスク資産を株式ではなく貸し出しで保有するよう銀行に仕向けている、つまり金融緩和をさらに進めることを意味している。

その点で言うなら銀行株も案外バーゲンセールかもしれないし、長期スパンで判断するなら形そのものが変わってしまうんでしょうね。さらに銀行が変わることは、物流大手も変わるってことに繋がる。
GWは、普通に生きていても気が緩むから物流以外の話題で時間つぶしをやろう(笑)
そして銭を積み上げて行くぞ!

北の将軍さんの動静

33日目35日目に関連記事を書いておりますが、既に私的に生死はどうでもええと思っています。
世界の偉いさんが必要か不必要かだけの話やと。
そして地政学リスクが高まって、株価と原油の値段が上昇することが結果的に皆ハッピーに繋がるのではと思う。
素人や二等国家の国民である私ぐらいの望むぐらいの話。

再確認すること

・China-Labourday 2020/05/01-2020/05/05税関及び政府機関停止
・既にCOVID-19悪材料は織り込み済み
・COVID-19終息後の動きを外資物流各社は行っている
・国内物流各社だけでは日本の物流全体は掴めない
・実体と株価は違う
・私はヘソクリ。スキル無いことを自覚する
・2020/03/19から30週間後の10月を目標に仕組みを作る
・日記に書けない買い方はしない
・その他大勢のポジション取りを軸に考える
・期待を持たせてはいけない
・探究心がない物流系ユーチューバーを自認した時点で終わり

わすれちゃいけんよ

楽天ETF-日経ダブルインバース指数連動型
日経平均ベア2倍上場投信
どの日経平均のどういう動きで企業がどのようなプレスを出すか?後で見返すと勉強になるから残す。

SNSでもご購読できます。

アーカイブ