[153日目]今日のへそくりと明日の物流diary:2020/10/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
COVID-19コロナショックで損失200万円を3年間で取り返すトレード日記・投資日記|カンパニー松永|フリーランス軽貨物ドライバー

[153日目]今日のへそくりと明日の物流diary:2020/10/23

前回の取引日記はこちら

終値ポジション

保有銘柄
銘柄コード 保有数量 平均単価(円) 評価損益(円)
1552 280 8579 ▲310520
3402 200 498 +180
5411 100 762 +4600
6178 200 736 +1120
8306 200 428 ▲440
評価損益合計
日付 損益額(円) 損益率(%)
2020/10/21 ▲244535 ▲8.93
2020/10/22 ▲268200 ▲9.05
2020/10/23 ▲305060 ▲10.85
損益確定2020/01/01-2020/10/22
売買数(件) 損益額(円)
SBI ▲1134450
GMO +16860

ヘソクリ取引日記|2020年10月13日現在|フリーランス軽貨物dr★非★志チャンネル林くん|有料note販売するほど自信家でない
※GMO-CFDは100万円スタート後の損益額表示
※売却済み銘柄の配当金及びNISAは含まず
※自称投資家の吹かしトレード画面に負けない(笑)

累積損益[評価損益含む]2020/01/01開始
日付 損益額(円) 前日比(円)
2020/10/21 ▲1362125 +9145
2020/10/22 ▲1402650 ▲40525
2020/10/23 ▲1422650 ▲20000
累積損益[年間]
損益(高) 2020/07/31 ▲933846円
損益(安) 2020/03/18 ▲2821535円
今日の小商い
銘柄コード 売買株数 取引 売買額(円)
1552 20 149510
1570 10 212849
2031 10 87701

ブログ毎日書いて時間を費やす生業ではございません(笑)
妄想って娯楽です。
今は、軽貨物業界で言えば繁忙期。
年末に向けて第一波ぐらいですね。
路線で出荷しても追い付かなくて、スポットを出しております(笑)
残念ですが、出荷責任を負っておりますから延着しない商材を選択して、どうしても延着不可貨物については幌指定で手配し続けております。まあ、私だけではなく周りも忙しそうで何よりです。
安全運転はもちろんですが、事故があれば責任の所在を明確にして仕事をやっていきたいですね。
責任が負える業者さんとお付き合いすること。
問題が発生しないことが一番。
しかし取扱数が増えるとロスは一定数上がってきます。
粛々と清々とやるだけです。

売上を一番落とす要因は、売上に関与しない作業に手を取られること。
交通・貨物事故問わず、起きないことだけに目が向くのは暇な時。
繁忙期は、起きた時に対処する余力を一定数持ち続けることを意識して運営しております。

みなさんも起きるものは起きる。
通常業務を維持する体制を守りましょう♪

今更リスクの議論は、暇な時にお願いします。
今は稼ぐ時期ですよ。

手帳のススメ

20歳から既成品の手帳からスタートして自作手帳に辿りつく|フリーランス軽貨物ドライバーが有料note販売するスキルを持っていると自認した時点で終わり
20歳で企業で働く時から社費で支給された手帳から転職するとその企業の社費で支給された手帳を使い続けました。独立開業してから一定期間で社費で支給された企業のロゴが除かれた既製品を使うも使いづらくなり、1日単位から1週間単位へと横断的に複数案件を掛け持ちすると「「超」整理手帳」野口悠紀雄 氏考案の手帳を購買するようになる。でも1日単位でも多岐に渡り、更に横断的になればなるほどボリュームの少なさと手書きで定形的に書く回数が多くなることに気付いて、自作で作るようになる。去年の同日に何をやっていたか?が確認が出来、去年と今年と行動の違いが分かることも発見するし、去年と今年と何日台風が通過する日数にズレが生じたか?生じたことにより自社の数字がどう違うのか?など手帳の作り方1つでわざわざDATAをグラフ化する必要もない。自分の行動パターンを自分で知ることができる。知ろうとわざわざ行動に落とし込む必要もない。手帳に細工をするだけで勝手に去年の書いたモノやことなど比較ができる。そういう点で手帳は非常に大切。使い勝手が悪くなれば、エクセルで微妙に調節すればいい。作り変えも自由。B5ルーズリーフタイプの既製品を使って、供給も定形化すればコストも安価で済む。ルーズリーフだけは厚めのB5を使えば丈夫さも曲げても破けにくい。更に過去のルーズリーフは保存用として別のファイルにストックしています。記憶は曖昧であり、自分の過去も美化するでしょう。しかし手帳に書いている個人と社会・家族の内容は色褪せることなく当時の自分がすぐに蘇ってくる。偽ることがない当時の20代の自分が41歳でも克明に1日単位で生き返る。これを知れば、皆様も手帳が単にスケジュール管理だけで終わらせるのは勿体ないですよ。自分の地味で派手さもない日々の大切なオリジナルな年表。一度お試しあれ。安価に出来ますよ。時間が時間経過が自分のストックの価値を高めてくれる。そしてその恩恵は他人じゃない。自分に正直に帰ってくる。

マッチング形式を本家がやる

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)と当社は、物流業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する新会社「MeeTruck株式会社」(ミートラック、本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:横井 直樹、以下「MeeTruck」)を、2020年4月2日に共同で設立しました。MeeTruckは、トラック輸送を担う物流事業者向け配車支援サービスの提供を本日から開始します。物流業界は、ドライバー不足やECの急拡大に伴う荷量の急増など、さまざまな課題を抱えています。ソフトバンクと日本通運は、テクノロジーを活用してこれらの課題を解決することを目指し、MeeTruckを設立しました。ソフトバンクは、「Beyond Carrier」戦略の下、通信事業を基盤に最先端テクノロジーを活用した新規事業の創出および産業のデジタル化を推進しており、その一環としてDXによる物流業界の変革に注力しています。物流のサプライチェーン全体の最適化を目指し、これまでにラストワンマイル配送やIoT宅配ボックスに関する実証実験を行っており、今回新たにトラック輸送領域の取り組みを行います。日本通運は、グローバル市場で存在感を持つロジスティクスカンパニーに成長することを目指し、世界の市場へ挑戦しています。そしてこの成長のためには、お客さまや社会にとって新たな価値につながる変革(イノベーション)を提供し続けることが必要であると考えています。これまでも倉庫業務における自動走行フォークリフトや自律協働型ピッキングロボットなどの技術を積極的に導入し、物流に新たな価値を届けてきましたが、今回、社外のステークホルダーも多いトラック輸送の現場にDXをもたらすべく、新たな取り組みを始めます。MeeTruckは、ソフトバンクと日本通運の共創により革新的なサービスを提供することで、物流業界の変革を目指します。MeeTruckが第1弾として提供するサービスは、トラック輸送を担う物流事業者向けのクラウド型配車支援サービスです。物流事業者は従来、トラックの割り当て作業やスケジュール管理を紙やホワイトボードへの手書きで行うことが多く、配車業務の効率化が課題となっていました。また、システムを導入する場合も、導入・管理コストや運用の負担が大きく、デジタル化が進みにくい状況がありました。今回MeeTruckが提供する配車支援サービスは、受注した運送業務の案件登録やトラックの割り当て、勤務計画表の作成などを、場所や時間にとらわれずウェブアプリケーション上で誰でも簡単に行うことができ、デジタルデータとして一元管理することが可能です。ソフトバンクが企業のDXを支援する中で得た知見と、日本通運が長年培ったロジスティクスに関する豊富な知見を生かして、運用しやすく操作性に優れたサービスを低価格で提供し、業務効率化を支援します。今後は、サービス利用者の要望を基に柔軟かつ継続的にサービス開発・改善を行い、受発注や実績管理などの機能を拡充する予定です。また、第2弾のサービスとして、トラック輸送を担う物流事業者および荷主企業向けに、両者をつなぐマッチングサービスの提供を2021年度中に予定しています。このサービスにより、貨物を探す物流事業者と、トラックを探す荷主企業が、それぞれの条件に合う貨物やトラックを簡単に見つけることができます。将来的には、第1弾の配車支援サービスの提供により得た知見やデータを基に、AI(人工知能)などの先端テクノロジーを活用して、サービス利用者のニーズや傾向に応じた、より高品質なマッチングの実現を目指します。

水屋の本家元祖がテック企業とタイアップして「次世代水屋」を開始する(笑)
中途半端な水屋ではない、本家水屋が業界価格設定のパイも持っている(笑)大阪→東京の一般貨物の価格を聞くと涙が出ますね。彼らは帰り荷も持っている。片道は片道。帰りは帰り。相場は日通(笑)トランコムも軽貨物系のマッチングも可愛い世界。構造改革の過程で、支店ごとの下請け業者と支店との独自契約の差が収益取り漏れってわかったんでしょうね(笑)これを綺麗に全国統一委託費などと設定すると更に委託費低減化が出来ると私は日通側が考えていると妄想する。企業が直接下請けに強烈な委託費低減を行えば、企業vs企業での係争になる。間に共同で出資した管理組織でもあれば、具合がええ(笑)プレスリリースにそんな内容を書いても夢も希望もない。大手がわざわざ投資をするってことは、余りあるリターンがなければやらない。まして口で社会貢献などと言う企業が本当に社会貢献をする為に投資するほどの好景気ではない。なぜやるのか?全て今の委託費より更に低減化する。この為に業歴云々を打破して、一律低減ではないだろうか?恐ろしいですね。更に業界再編が進みますよ。日通の悪い癖で、自前主義がどうか再燃しないことを願うばかりですね。

海外の労使交渉の行方

運転手を独立事業主として分類し、社会保障費などの負担を免れるのは州法違反だとして、ベセラ州司法長官らがウーバーとリフトを相手取った訴訟を5月に起こしていた。司法の判断はライドシェア業界にとどまらず、州内に約100万人いるとされるネットを介して単発の仕事を受発注する「ギグワーカー」の多くに影響すると見込まれている。控訴裁は22日付の判決文で州政府側の主張を大筋で認め、ウーバーとリフトに運転手を独立事業主から従業員に切り替えるよう義務づけた一審の命令を支持した。控訴裁は両社に30日以内に命令に従うよう求めている。判決を受けてベセラ州司法長官は22日付で「ウーバーとリフトがルールを守る時が来た」との声明を出した。ただ、今回の判決が直ちにウーバーとリフトに事業構造の見直しを迫ることにはならなさそうだ。両社は11月3日の大統領選投票日に同州で実施される住民投票で、ギグワーカーを保護する州法「AB5」を修正する「プロポジション22」と呼ぶ住民立法案の成立を目指している。同法案が承認されればライドシェア運転手らはAB5の規制の対象外となり、法廷闘争は振り出しに戻る可能性がある。ウーバーは声明で「もし有権者がプロポジション22に賛成しなければ、ライドシェア運転手は独立事業主として働き続けることができなくなる」と述べ、州内でサービスを停止する可能性も示唆した。州内では同法案に反対するライドシェア運転手による抗議活動が活発になっているが、同社は「運転手の72%はプロポジション22を支持している」という。リフトの広報担当者は「今回の判決により、これまで以上に有権者が運転手とともにプロポジション22に賛成票を投じることが急務になった」との声明を出した。両社は同法案を成立させるための活動に計1億ドル(約105億円)を費やしたと報じられており、州内での事業存続に向けて文字通り住民投票に社運を懸ける展開となっている。

もっともっと事業主に裁量を持たせることが大切でしょうね。もっともっと自然に格差が広がる自由を生むことが大切ですよね。変にドライバー側のフォロー的な要素を設けるから、逆手に「労働者性」を高める事に繋がると思う。市場原理をもろに影響受ける形で吹きっ晒しに依頼主の原理を受ける形にすればいい。過保護がドライバーの為になると信じていても、結局は自分の財布で右でも左でも動く事業主を事業主として扱うことが重要。必ず変わる。委託ドライバーの主軸は、「銭」であると訴える時代は終焉する。吹きっ晒しの恥も外聞も関係ない「銭」の勝負。そして未だに委託会社は「銭」を衣に包んで「美辞麗句」で隠そうとするやり方は15年前から変わっていない。だがそこに「労務問題」が絡むとむき出しにせざる負えない。それが後手後手に見えて無様だ。無様な姿を外的要因から晒すのだから無様だ。初めからシンプルに無様さを出せばいいのに未だに格好をつける(笑)このタイムラグがある間に「委託会社たち」の秘部が少しずつ晒されていくでしょう。好景気は隠せても不景気は秘部が見える。そんな良い時代の到来を感じさせる日々ですね。

親方を掘る

「横井直樹」氏異動歴
異動付 会社名 役職
2020/04/02 MeeTruck株式会社 代表取締役社長 兼 CEO
2015/07/01から SBパートナーズ 代表取締役
2018/01/01 ソフトバンク 法人事業統括デジタルトランスフォーメーション本部第三ビジネスエンジニアリング統括部長
2017/10/01 ソフトバンク デジタルトランスフォーメーション本部ビジネスエンジニアリング統括部長
2017/07/01 ソフトバンク 法人事業統括法人事業開発本部事業開発第3統括部長
2017/04/01 ソフトバンク 法人事業統括法人事業戦略本部サービス開発統括部長
2016/04/01 ソフトバンク ICTイノベーション本部ICTI戦略室長

企業とのタイアップ的な畑を本職の方が大取に就任されたみたいですね。

偉人の名言シリーズ


私も同感ですね。
ある時は、

「ドライバーの総意だ!」

などと徒党を組む時もあれば、

「個人攻撃だ」

と言ってみたり(笑)
ある時は、

「私が先生だ!」

って軽貨物の講釈を垂れてみたり(笑)
非常に軽貨物系ユーチューバーってカメレオンみたいな変わり身の早さで初心者たちに飽きもしないエンタメを提供している演者さんだと尊敬しております。
皆、「チャンネル大きくしたい」って願望ってあるんだろうか?(笑)
どうせ金太郎飴でしょ?言っていること同じでしょうから。
やっている仕事のパターン同じじゃないでしょうか?

これも個人攻撃などと言われると委縮してしまいますね(笑)
本当に最近は、私への個人攻撃が多くて「委縮」してしまいます(笑)
この方がおっしゃっていること1つでも恐怖を感じる時がありますね。
要は、受け手の器量次第です(笑)

ケツの舐め合いしているオッサンをネット界隈で見る方が恐怖ですよ(笑)
いずれにしても影響力ある人をネット検索して、高評価ばっかりのハズがありませんね。
陰陽両面あって初めて信じるスタートラインに立つって話ですよ。

世界で一番宣伝している私を褒めてもらいたいですね。
私も元気よくケツを舐めておりますから(笑)

再確認すること

優先 項目
1 実体と株価は違う
2 派手な銘柄は途中で追わない
3 私はヘソクリ。スキル無いことを自覚する
4 日記に書けない買い方はしない
5 その他大勢のポジション取りを軸に考える
6 非接触型配達への動きを見る
7 解散総選挙を意識する
8 自分で有益だと論じた時点で終わり
9 米中プロレスは選挙が当面の着地
10 設定したシナリオで失敗しても大丈夫な資金管理
11 委託ドライバーの格差拡大して労働問題を銭化する動きが加速する
12 組織と考えず、1人の動き方を考える
13 倒産と減資を注視する
14 労働組合活動から不満を知る
15 妄想はその通りにならないから妄想である

どの日経平均のどういう動きで企業がどのようなプレスを出すか?後で見返すと勉強になるから残す。
1570-16863
1552-8971

SNSでもご購読できます。

アーカイブ