[141日目]今日のへそくりと明日の物流diary:2020/10/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
COVID-19コロナショックで損失200万円を3年間で取り返すトレード日記・投資日記|カンパニー松永|フリーランス軽貨物ドライバー

[141日目]今日のへそくりと明日の物流diary:2020/10/07

前回の取引日記はこちら

終値ポジション

保有銘柄
銘柄コード 保有数量 平均単価(円) 評価損益(円)
1357 2000 993 ▲592000
1552 200 8872 ▲82400
1570 2 20510 +1344
評価損益合計
日付 損益額(円) 損益率(%)
2020/10/05 ▲645496 ▲17.77
2020/10/06 ▲673056 ▲17.71
2020/10/07 ▲673056 ▲17.71
損益確定2020/01/01-2020/10/06
売買数(件) 損益額(円)
SBI ▲523264
GMO +16860

ヘソクリ取引日記|2020年9月4日現在|非志チャンネル林君|ニート軽貨物ドライバー
※GMO-CFDは100万円スタート後の損益額表示
※売却済み銘柄の配当金及びNISAは含まず
※自称投資家の吹かしトレード画面に負けない(笑)

累積損益[評価損益含む]2020/01/01開始
日付 損益額(円) 前日比(円)
2020/10/05 ▲1151900 ▲155840
2020/10/06 ▲1179460 ▲27560
2020/10/07 ▲1179460 0
累積損益[年間]
損益(高) 2020/07/31 ▲933846円
損益(安) 2020/03/18 ▲2821535円
今日の小商い
銘柄コード 売買株数 取引 売買額(円)
1552 20 180220

台風が接近中ですからいろんな事を前倒しにしないといけませんね。
2020年10月7日台風14号進路図|アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センターJTWC
バタバタしますよね。本来なら金曜日発の路線出荷をチャーター便を出さないように早めに前倒しで出荷します。そうしないと数千円で1個運賃が済む話が、チャーター便としてアプリや赤帽さんへ依頼することになり、数万円に運賃が変わってしまいます。かと言って際際だと路線便も混雑するので、完全に指定日を遅延する可能性も高まります。早めに出荷すれば、たとえ遅延してもチャーター便としてまだ間に合います。自然災害が予想される時は、早めの出荷で取引先も我々も余計な負担がコストを費やさずに済みますからね。九州そして四国や近畿から陸路でチャーター便を依頼するより空路で低価格で一気に4・5時間ぐらいで引取から納品までできる手段がまだ間に合います。
早めの出荷で、本来は1パレット納品を分割して出荷すれば運賃が安く済みます。台風が接近の場合は、2パレであれば、1パレは陸路。残りは空路で二方面から確実に手配します。天候的に問題がなければ、空路が確実に相手に届くのが早い。羽田から都内との間だけの距離でスポット便の費用は抑えれますからね。

10分ぐらいで終わるオイル交換

6000キロぐらいなら1日250kmで約25日間で達する稼働率です。
オイル交換もサクッとやらないといけません。20Lの5W-20オイルで約7500円。2.5Lで約9回ほど交換が出来ます。自力でオイル交換して1回コスト840円。
たった20分拘束で840円の為に自分でやる必要があるのか?
そんな20分を費やすぐらいなら、アプリで仕事をやる方が儲けになることは誰の目でもわかること。
私は稼ぐ必要がある人は、無駄な横道に逸れる必要はないと思う。
田舎で且つ時間に余裕があり、予備車両があるリスクヘッジが出来る者が好きでやればいいだけの話。
DMでよくメッセージ頂きますが、軽貨物ドライバーほど車屋に外注された方が断然いいですね。
オートバックスでも他社でも1500円ぐらいでプロがオイル交換をやってくれます。その間に次の仕事の準備が出来る。ゆっくり出来る。その余白に大切な時間を費やす方が賢いことは強く申し上げておきますね(笑)
6000キロ毎に交換しているキャリィトラック|フリーランス軽貨物ドライバー★非★志チャンネル林くん有料noteなど販売しないしプロを銭にしない
見慣れても油断は禁物ですよ(笑)
6000キロ毎に交換しているキャリィトラック|フリーランス軽貨物ドライバー★非★志チャンネル林くん有料noteなど販売しない
毎度安い道具を大切に使っております(笑)
専用ブランドなんか買うスキルと交換するコストはありません(笑)
キャリィトラックオイル交換|廃オイルを確認すると鉄粉が出ています|オイル交換に意味ありますね|非志チャンネル林くん1
見づらいですね。
キャリィトラックオイル交換|廃オイルを確認すると鉄粉が出ています|オイル交換に意味ありますね|非志チャンネル林くん2
6000キロ毎でも小さな鉄粉が廃オイルに含まれております。しっかりとオイルは自らの仕事を行っております。私は良いオイル悪いオイルの細かい事はわかりません。ただ言える事は、「安いオイルでも短サイクルで交換すること」です。オイル自らの能力の差はありますが、オイルは潤滑油ですから金属と金属の摩擦で発生する鉄粉を短サイクルでエンジンから排除する点でしょうか。廃オイルを見るとしっかり仕事をやってくれたと言う有りがたさを感じますね(笑)
10万キロに向けて、新車納車して約11カ月強になります。過走行車の部類に入っている点を考えて、これからはオイルラインに水が入っていないか?各種部品はさびていないか??(笑)他の過走行車と同様に「新車のお客さん扱い」から脱して、いつも通りチェックして行きたいですね(笑)

タクシー飲食宅配に動く地場タクシー会社

NISIKIタクシー(広島市西区)とカープタクシーグループ(南区)は、広島市内で料理の出前サービス「ウーバーイーツ」の配達を始めた。新型コロナウイルスの感染拡大でタクシーの乗客が減っているため、運転手の収入源を増やす狙い。9月末まで続ける。タクシー運転手は、専用のアプリで注文情報を確認できる。運行状況や場所から配達を引き受けると判断したら飲食店まで料理を取りに行き、指定の場所に届ける。報酬は走行距離や時間帯などで変わる。乗客の減少を受け、国土交通省は9月末までタクシーに飲食物の有償運送を特例で認めている。ウーバーイーツは16都府県で展開しており、タクシー配達は名古屋市に続き広島市が2都市目。両社には、出前事業を手掛けるウーバージャパン(東京)が提案した。カープタクシーグループは「運転手にも宅配需要が伸びている飲食店にもプラスになる」と期待する。(新本恭子)

タクシー飲食宅配をコロナ渦でタクシー会社とつながりを持って、コロナ渦収束後のアフターコロナでのUberコア事業のライドシェア事業の再注力に向けた下準備ではないだろうか?白タクだの規制の壁が厚いと言われてきた日本市場ですが、UberEATS通じて地場タクシー会社とのハイブリット的な契約体系を模索しているようにも感じれますね。地方地場のタクシー会社が、単に収入減を補填する意味合いとして提携しているような簡単な話ではないと思う。Uberも次の展開を視野に入れた両取りの意味でもあると考える。規制の打破は、現政権の合言葉だ。国策として白タク事業などと揶揄されることがないように当局も規制撤廃の理由を1つ1つ埋めているようにも感じれる。タクシー飲食宅配などと新たなセグメントが出来て、収入柱が増えるとライドシェア事業の容認を拒否る理由はなくなると思う。そのときにUberも元気になり、瀕死だったCREWも改めて容認されるのではないだろうか?そんな期待感もある。しかし、UberとCREWとでは比較出来ない。白タク規制が撤廃される時にCREWの魅力も逆に半減するかもしれませんね。いずれにしてもコロナ渦が起きる前は、Uberと地場タクシー会社などは敵対関係だったが、今はコロナ渦で共同戦線をともにしている現実を受け入れるとあながち妄想ではないかもしれませんね。

非常識な行動をする配達員

宅配便「ゆうパック」を積んだ配送車が配達員とともに行方不明になった事件で、業務上横領と偽計業務妨害の罪に問われた元配達員の庄野一輝被告(27)=住所不定=の判決公判が10日、京都地裁で開かれ、戸崎涼子裁判官は懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。戸崎裁判官は判決理由で「釣り銭の使い込みが大事になっていると考えてしばらく職場に帰らないことを決意し、配送車で車中生活を送るなどしていた」と指摘、「苦情対応など郵便局の業務が妨害された程度は大きい」と述べた。判決によると、今年5月、左京郵便局(京都市左京区)から釣り銭として預かっていた現金計5万円を着服。7日間にわたり、荷物を載せた配送車ごと行方不明になり、配送業務を放棄するなど業務を妨害した。

「釣り銭の使い込み」とか「代引の使い込み」よくあるパターンw最近は現金出納に関する業務を限られた職責にしか従事させない方向に進んでいるが、やっぱり現場レベルで業務のフローからグレーにならざる負えない現場も存在する。。。。
発覚することは、誰の目で見ても分かることだが、それがわからないのが27歳。。。
たった5万円。。しかしこんな奴は余罪がある場合が大いにあるのが現場ですよね。貴方の下請けの協力会社の委託ドライバーなら協力会社が立て替えてくれますよね。下請けの協力会社の内部の事に首は突っ込まない。しかし使い込みなら管理上で協力会社から入金があります。それが下請けの管理している職責であり、契約上履行事項に値します。状況によっては企業間取引の取引はすべて正常完結して初めて入金対象ですよね。労働者ではありませんからね。では、その当の協力会社の面から見ても委託ドライバーの使い込みに対してどう対処しますか?刑事事件化して、使い込んだ5万円の回収は本人に出来ますか?そもそも支払い能力がありますか?取引先の預かり金になります。代引きは取引先の伝票通じて取引先の顧客に対する売買代金です。要は、預り金の着服ですから下請けとして補填します。委託ドライバーからどう回収しますか?相手は被疑者であり、貴方に対するモラルなど恩など知りませんよw企業間取引でも実態取引でも完全に「企業間取引」と証明できますか??痛くもない腹を探られ、全て味噌糞にひっくり返すのが委託ドライバーの末路ですよw
そうなっても堂々と支払い予定のサイクル60日もしくは30日のキャッシュを滞留させているのではないですか?支払いサイクルが長いだの短いだのって要は、信用度合いでさじ加減1つ。信用ならない人間と10年間当たり前にやっている委託ドライバーと条件が同じ訳ない。でも同じに見せることが出来ます。それは委託報酬の率を変えます。全員一律にするほど馬鹿ではありませんからね。pickgoやハコベルの利率はええ額取っていますが、リスクが高いですからね。仕方がないですね。

偉人の名言シリーズ


最近こういうの少なくなりましたが、良いですね〜♪
大手の右から左ではなく、独自ブランドを確立されているみたいですね。九州はこれから面白い立地ですよね。他と何が違うのか?外と中から勉強させていただきます。長いマラソンですからね。ワクワクしますね。民間相手だといろいろ乱高下があって大変でしょうね。人の運用も1ヶ月や1年ではありませんから、5年でも10年でも大企業になるんでしょうね。勝手に思っていますが、IPO前のヒップスタイルさんとかトランプさんの外の中の両面の管理体制と委託側に対する報酬体系と何が違うのか?時間を費やして勉強させていただきます。良い勉強できる大企業が存在することは必ず地域の宝です。地域の宝をぜひみんなで応援致しましょう♪
数年前までは乱立していた発信スタイルが改めて目にすることができることに高揚感しかありませんね。素晴らしいですね。

再確認すること

優先 項目
1 実体と株価は違う
2 派手な銘柄は途中で追わない
3 私はヘソクリ。スキル無いことを自覚する
4 日記に書けない買い方はしない
5 その他大勢のポジション取りを軸に考える
6 非接触型配達への動きを見る
7 解散総選挙を意識する
8 自分で有益だと論じた時点で終わり
9 米中プロレスは選挙が当面の着地
10 設定したシナリオで失敗しても大丈夫な資金管理
11 [1552]VIX先物の減価を乗り越えても減価分を1回のチャンスで取る
12 [1570]日経レバETFを小さく積み重ねる
13 倒産と減資を注視する
14 労働組合活動から不満を知る
15 妄想はその通りにならないから妄想である

どの日経平均のどういう動きで企業がどのようなプレスを出すか?後で見返すと勉強になるから残す。
1570-16863
1552-8971

SNSでもご購読できます。

アーカイブ