「HappyOnTime」から見る軽貨物業界のすそ野の広さ

アスクルとセブン&アイ・ホールディングスは12日、新業態の生鮮EC「IYフレッシュ」を11月28日から開始すると発表した。併せて、セブン&アイが運営するオムニチャネル「omni7」(オムニ7)とアスクルの一般消費者向けインターネット通販「LOHACO」(ロハコ)間で11月16日から相互送客を行うことも決めた。
引用元: LogisticsToday2017/10/12

実店舗主導による「ネットスーパー」から物流アプリ(オンデマンド型API)主導によるネットスーパー型委託体系が主流になってくると思います。そして1社専属ではなく、複数社重複した時間給型委託報酬のオンデマンドAPIが必ず登場する。

まだまだゴールが先だ!消費者に質上げるなら費用も必要

色んなAPIが登場するが、配送エリアがシビアに設定される。また購買金額の枠外であるならば、適正に料金が回収されるスキームは出来つつある。置き配・宅配BOXのルールも定着しつつある。「再配達が発生しない環境=送料無料」と言う流れが巧妙に出来つつある。
LOHACO – Happy On Timeご利用ガイド

LOHACOから見る次世代の組織体制

Scatch(スキャッチ)を運営しているマジカルムーブが利用運送。そして下部に軽貨物運送事業者が実運送を担当する。利用運送がAmazonか?LOHACOか?セブンか?SBイノベか?(笑)運送しらないIT企業のアプリか?
下部組織も法人か?Uberのような素人の集団か?営業持込個人か?(笑)それをアプリAPIで集めるかの違いです。

軽貨物運送業者でライバル視するほど不毛な事はない

いつまでも同業者を蹴落とすような動きをする業者が多いのも悲しい限り(笑)
お前の見ている目は節穴か????
私はあまり気にしない。でもあまりにモノ鈍感さに犯罪まで犯す輩もいる。
携帯電話を又貸ししたり、使途不明な譲渡をしたり(笑)
運送団体も集まれば、水屋がダメとか利用運送がどうこうのなどまったく的外れな議論ばかりをする(笑)

皆薄々気づいていないだろうか?コンサルって必要なのか?

1人で商売をし続けるメンタルこそ大事である。
誰かに指図受けて行動するも自分の判断である。
コンサルに頭を下げる前に自社でするべき部分があるのではないか?
相談して前に進んでいる実感が得たいだけなのか?
集団と単独なら資金力がないなら単独に勝る戦い方はありませんね(笑)

脱サラして軽運送で生活再建をするんだ!

ダメ人間日記ランキング