オンデマンド型物流サービスの到来~?

Uber(ウーバー)EATS 東京のフード配達サービス
https://www.ubereats.com/ja-JP/tokyo/
新しい仕事のカタチ(uberパートナー)
https://www.uber.com/a/signup/drive/deliver/?70307t=
スマホからパートナー登録を行うとお仕事が出来ます。
新しいカタチだそうです。
これはご存じの通り個人事業主です。
そう免許あるなし関係なく「自家用」解釈です。
八百屋さんやお魚屋さんや家具屋さんが自分たちの品物を客先へお届けする場合の解釈が「自家用」です。
個人事業主が増えれば、労務テロも労働組合も赤旗も(笑)連合も労働者のデモも少なくなるわけ。。。
悪い事をする奴は、いなくならないか?(笑)

利用運送がオンデマンドに変わるだけなのか?

まあ~細かい話をするつもりはありません。
要は、このアプリが日本国内の法人が開発しリリースした場合は無茶苦茶バッシングされるけれど海外の会社ならOKというこの国の訳のわからないスタンスが面白いですね~
こういう切り口で軽運送及び運送業界の水屋(利用運送)っていう金看板をも骨抜きにしてくれる時が近い将来きっと見えると思います~


↑ 動画が新しくなりました ↑

だから利用運送を叩いてどうなるって話です。
Uberを叩いてどうなる?って話。
UberEATSが大都市限定で地方には来ない?って話ではなく何れ赤字垂れ流してでもアプリが存在すると思います。
だから軽運送屋どうしいがみ合ってもせん無き事。
無用な時間の浪費だと言う事。

委託ドライバーたちの未来はどうなる?

運送屋にピンハネされなくなる代わりにIT屋にピンハネされるだけ。
まったく景色は変わらない(笑)
お前たちは、目の前の腐るような運送業界で身を置き続け、訳のわからない慣習に慣れ茹でカエルのようになってください。
一歩海外へ目を向ければ、こんなに宝物を持った国は無いと思います。

日本国内もuberみたいな集団に免許も資格のような護送船団方式自体を破壊される

自由人ランキング