[29日目]今日のへそくりと明日の物流diary:2020/04/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
COVID-19コロナショックで損失200万円を3年間で取り返すトレード日記・投資日記|カンパニー松永|フリーランス軽貨物ドライバー

[29日目]今日のへそくりと明日の物流diary:2020/04/21

前回の取引日記はこちら

終値ポジション

・保有銘柄
[2035]10 1174円 +2260円
[2041]20 5835円 ▲21600円
[1357]950 1369円 ▲237500円
[1570]220 16863円 ▲552860円
・合計
04/17 ▲675830円 ▲13.15%
04/20 ▲717070円 ▲13.95%
04/21 ▲809700円 ▲15.76%
・損切済[決済済]
04/17 ▲838816円[前日比0円]
04/20 ▲838816円[前日比0円]
04/21 ▲838816円[前日比0円]
※自己設定レンジ外でなければ動かない
※売却済み銘柄の配当金及びNISAは含まず。
・累積損益[含み損含む]
04/17 ▲1514646円[前日比+119060円]
04/20 ▲1555886円[前日比▲41240円]
04/21 ▲1648516円[前日比▲92630円]
含み益高値:[27日目]2020/04/17 ▲675830円
含み損安値:[3日目]2020/03/16 ▲1509800円

取引実行履歴

2日連続で下落。。WTI原油先物がとんでもない価格に。。。
多数が二番底を意識した売買をしている昨今、[1369]ダブルインバースが生かされる相場が訪れることが無い点を諦める(笑)そんなもんです。
WTI原油先物急落へ。原油先物5月切りの急落は他の方が多数発信されております。そして将来、証券会社からもアナルリストからも多数レポートが出るから安心ですよ(笑)それよりも下記の記事が興味を惹きました。

Oil’s demand shock is crowding out storage facilities across the globe.The OPEC+ production cuts have proven to be no solution to the existing glut.Demand for floating storage will benefit oil tanker stocks.The coronavirus pandemic ignited an oil demand shock, and producer nations are quickly running out of places to store their excess crude. With conventional storage facilities nearing full capacity, oil traders are turning to the next-best alternative – floating storage.Demand for supertankers, which can store up to two million barrels of oil, has surged by 500% over the past two months in some regions. Unsurprisingly, charter rates have more than doubled since March and now range as high as $350,000 per day.

・次の問題は、貯蔵施設に向けられている
・タンカー関連の海運業に追い風
・貯蔵施設を建設するより余剰タンカーで貯蔵する形が注目されている

私は、資金過多がどこに流入するか?これが本丸だと思う。株式やコモディティってパターンではなくWTI原油先物下落から派生する海運業の低迷がむしろ船舶ファンドに流入する事もあるのではないだろうか?
不定期船バルクの世界|株式会社エクセノヤマミズ 山水海運株式会社 増田尚昭
面白いレポートです。軽貨物の明日の1万円には繋がりませんが、物流系って名乗る人なら一読あれ(笑)

GWもしっかり休むこと


ChinaさんもLabourdayで5/1-5/5まで税関含めた政府機関がお休みです。
リードタイムが5日間余分に要します。中継を重ねる場合は、上記の期間だけ到着地で停止しますからね。日本みたいなことはしません(笑)グローバルで医療専門の輸送を行っている法人のツイートですから、諦めも付くでしょう(笑)

uber次のフェーズへ

Uber Technologies Inc. withdrew its financial guidance for 2020 and said it will write down about $2 billion in investments after the coronavirus pandemic upended the ride-hailing business.The San Francisco-based company said the writedown of its minority investments will range from $1.9 billion to $2.2 billion. Uber holds shares in various ride-hailing and food delivery businesses worldwide. The company valued holdings in China’s Didi Chuxing and Southeast Asia’s Grab at a combined $10.3 billion at the end of last year. It didn’t identify which investments were driving the charge.Uber assuaged many shareholders last month in a call with analysts drawing attention to its cash cushion of at least $4 billion.Rides have fallen by as much as 70% in some of the hardest-hit cities, Uber has said. But the company could offset some of that shortfall with food delivery, which is experiencing a surge in demand as people stay at home.

・Uberはライドヘイリング・サービス[ride-hailing business]投資額20億ドル減損処理を行った。
・中国のDidi Chuxingと東南アジアのGrabへの投資評価額103億ドルと公開している。
・減損処理に至った理由は、コロナウィルスの感染に関する影響と掲載。
・アナリストの取材でUberは40億ドルの現金の余力を示して投資家を安心させた。
・被害が甚大な都市で乗車率70%減少している場合があるが、フードデリバリー事業で補っている形で運営している。
COVID-19の影響で、ライドヘイリング・サービスやライドシェアサービスが下火になって一気にドライバーレス事業が加速するのではないでしょうか?ある程度、公道の幅の上限はあろうかと思われますが。当局の法改正などの参入障壁があろうかと思うが、景況感が悪化する事と二次感染抑止の動きを止めることは出来ないと考えます。タクシー事業が変わることは、時を経て配送業にも転用可能であることを考えると既に運送業とタクシー業の垣根は無いことを意味しておりますね。人か貨物かの違いだけですね。今後とも運送業であるだろうとの認識で情報を掴もうと思います。

未来を散歩する

人民日報の英語版に面白い記事があった。

On the morning of April 12, at Fresh Hema, a Chinese grocery chain in Beijing, customers waiting to enter the mall successively have their face scanned with a thermometer, while their body temperature is simultaneously displayed on an electronic screen.This is one of the typical examples in China where people have their body temperatures taken by all kinds of temperature-measuring robots at railway stations, airports, shopping malls and other places where people get together.In this scenario, the body temperatures are taken by a thermal imaging system. As long as a person passes through the camera area, body temperature can be accurately measured even while wearing a face mask. This kind of non-contact service not only provides a solution for the epidemic prevention and control when there is a large amount of population, but also can effectively prevent all kinds of hidden dangers existing in manual detection. In addition to temperature measurement, this kind of robot can also implement dynamic management of a crowd through face recognition and other technologies.The popularity of non-contact services is not only reflected in the frontline of epidemic prevention and control since the COVID-19 outbreak, but also in scenarios such as intelligent distribution, remote office work, Internet health care and online education have all ushered in a good opportunity for explosive growth.Non-contact services are expected to be widely used in the field of distribution. According to the State Post Bureau, it will actively promote models such as smart express boxes to minimize personnel contact and maximize the safety and health of front-line employees and consumers.The catering industry, frustrated by the epidemic outbreak, has also recovered to some extent thanks to more intelligent and safer food delivery services. The use of intelligent dining cabinets and other ways to pick up and deliver food has become the new standard service.A few days ago, Meituan, a Chinese group buying website, has launched more than 1,000 smart food cabinets in such Chinese cities as Wuhan, Beijing and Shanghai in batches. The dining cabinets are equipped with ultraviolet disinfection and heat preservation functions, which not only ensure hygiene and safety, but also improve the operation efficiency of the whole food delivery platform.The demand for remote office work has also promoted the relevant industries. The scale of China’s online office market has maintained steady growth in recent years, according to the data released by Yicai, a Chinese financial news media and Ding Talk, an online collaboration platform. Due to the epidemic this year, the market size is expected to exceed 50 billion yuan (about 7 billion U.S. dollars).According to the analysis of experts, at present, the development of China’s non-contact service industry is at the global advanced level. Chinese products in the fields of mobile payment, e-government, telecommuting, e-commerce, intelligent logistics, shared transportation, online education and telemedicine are of high popularity and maturity in business models.

丸々原文を引用するな!と思うでしょ?(笑)でも今は大したことではないけれど、3年先や5年先に見返す時に役に立つんですよ(笑)記事は商売だから価値がなければ削除されます。でも現在に何を思い現在の視点から未来を見る記事ってのが未来から眺めた時に違う価値を見出すこと。これが有益だとみなさんもお察しが付くでしょう。毎日手帳を書いている。数字を残している。感情を残している。これはその時は意味はないが、10年ぐらい時を経て眺めると急に宝物に変貌を遂げる。現地現物が生き続けている。美化しないそのままの状態で残せることに意味があります。未来、同様の事案が発生した時に当時の自分も含め、何に悲観して何に未来を希望を感じたか?そんな部分に比重を置いているのでgoogleさんのアドセンスに合わせに言った記事を書くぐらい無駄なことはない(笑)時を経ても色褪せるだけだよ。
2020/04/12朝、Fresh Hemaへ入店の列に次々と顔認証で体温測定ロボットが測定する様子が日常化しているようです。電子画面に体温が表示される。
・フェイスマスクしてもサーモグラフィーシステムにより測定が可能
・顔認証を用いて群衆の動的管理を実現している
群衆の動的管理は、警備警察の観点からも進んでいる。日本が未だヒューミントに頼り立ち遅れている部分である。やはり軍事技術の転用はお手の物の国家が成せる業ですね。
・次のフェーズのキーワード「non-contact service」
非接触ビジネスソリューションですね。日本でも大手物流会社が開発費を投じている分野であり、配達員が配達する時代の終焉を意味します。しかし日本の場合は、COVID-19拡大以前は、ロボットよりも人の動きが安価であること。そして人の行き来に重きを置く文化だった。それをも断ち切る動きであることは確かであります。その一角が突き崩されようとしている部分、それが「フードデリバリーサービス」分野です。UberEATSや出前館などのギグエコノミー分野の委託報酬が現状維持もしくは更に抑制しても良いほどの配達員応募など委託報酬が下落している限りはロボット運用は無いだろう。ただ選択肢の一つとして配達の非接触サービスは導入されるだろう。
・米国の州の一部では非接触サービスを導入して郵便局の規模を更にダウンサイズを図っている
・中国では非接触ビジネスが活発だ。
・中国のオンラインオフィス市場は、約7720億円規模(70億ドル)
※about 7 billion U.S. dollars
この記事の補完的な内容はこのブログが面白い。
Smart cabinets take meals from unmanned vehicles to deliver food, and how far can be delivered without contact delivery
エコノミストが記事化した内容だ。どこまで非接触ビジネスで人々の生活が変わるのか?貨物そして食品まで非接触で実現できるのか?面白そうであり、次の日本の未来を映し出しているのかも知れない。なぜなら中国人ほど「出来たての飯」に拘る人も多いからだ。
非接触ビジネスソリューションとは、文化をも業種間の区割りをも崩してしまう。非接触に必ず流通・ファイナンス・自動車etc可能な限りのリソースが組み込まれる。そこに非接触と付け加える。人が必要としない流れがある。外食と言う概念も崩してしまいそうなCOVID-19。

そんな日本と違い、周りの物流業界を見渡せば日本国内で起きていることが既に時代遅れに感じる。無くなるその日まで、選挙運動や労働問題や組合活動に勤しんでいる様子をどう見えるでしょうか?大手企業が時間稼ぎをしているようでならない(笑)海外から見れば、安くて生産性が無くて企業価値が小さな買収しやすい企業に見えるんでしょうね。そして資金力有るものがテクノロジーを引っさげて、日本人を安価でシステムに囲われた中で働かせる。案外、遠い未来では無い気がします。そんな未来から今へ戻った時に貴方は何をやって生き残るのでしょうか?(笑)私は、新しい事と日本の地の利を活かして田舎で継続したいと思う。そんな未来への期待感と不安感が入り交じる今日この頃。

こんな講釈を垂れても、私のヘソクリの含み損は解消されず(笑)
EDは根治せず、明日の1万円に全く意味をなさないことを恥じる(笑)

再確認すること

・China-Labourday 2020/05/01-2020/05/05税関及び政府機関停止
・既にCOVID-19悪材料は織り込み済み
・COVID-19終息後の動きを外資物流各社は行っている
・国内物流各社だけでは日本の物流全体は掴めない
・実体と株価は違う
・私はヘソクリ。スキル無いことを自覚する
・2020/03/19から30週間後の10月を目標に仕組みを作る
・日記に書けない買い方はしない
・その他大勢のポジション取りを軸に考える
・期待を持たせてはいけない
・探究心がない物流系ユーチューバーを自認した時点で終わり

わすれちゃいけんよ

楽天ETF-日経ダブルインバース指数連動型
日経平均ベア2倍上場投信
どの日経平均のどういう動きで企業がどのようなプレスを出すか?後で見返すと勉強になるから残す。

SNSでもご購読できます。

アーカイブ