★【独立】軽運送で儲かるドライバーになる思考とは? 일본의 진상 고객

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いくら軽運送で稼ぐ事が出来たら満足なのか?

見てもらっても分からないでしょうが(笑)
前職の年収+150万ぐらいで景色が少し違って見れるのではないでしょうか?
前職の年収で生活水準が決まります。
それプラス月々に約5万ぐらい自由に使える世帯月収が増えれば少し環境が変わりますよね。

儲かると言うか満足出来るか?って境地

どのぐらいを得れば、「儲かる」って境地になるのか?
それは人それぞれ。
でもこれから軽運送をやろうって考える奴なんて
思慮が浅いところからスタートだから仕方がないさ。
浅いって自覚してからのスタートなら騙されることないって(笑)
IT企業やニッチな商売じゃないから賢く立ちふるまう必要がないってのもありがたい。
カッコつけなくて良い商売なんてそれだけで感謝やわ(笑)
一般的に中小企業になるってテーマではない事。
個人事業主の範疇であると言うこと。
10人のうち1人ぐらいが到達する領域を述べたところで意味がない。
この点を意識して書いております。

独立前or開業後に迅速に生活水準を自ら落とす事が大事

いくら売上が上がっても、
生活水準が高くなり、結果的にお金が貯まらない。
さらに生活が苦しくなる。って結果に陥りかねないのです。
まずは前職年収+130万=売上目標であっても
計画通り進まないもの。
前職年収での売上目標であっても利益が残る体質にする事が肝要。
目標は、厳しめに設定する。
生活水準は固定費(月払い)を中心に月払い低下するように試みる。

・携帯月額使用料
・自宅ネット料金
・家賃
・駐車場
・生命保険
・自動車保険

実家ぐらしもしくはシェアハウスなども選択肢に入れてもいいのでは?
MVNOも視野に入れて、必ずカケホーの必要性もお考えくださいね。

開業から3年間は全力でやるべきだ

ヨチヨチ歩きの時は、骨が出来あがるまでに
自分の時間を安売りしてやり切る必要がある。
間違っても開業すぐに「自分の時間」を作ろうなんて思うな。
労働集約型に近いビジネスモデルでもあり
非常に時代遅れな分野であります。
ですから後発である以上有る程度のラインまで登る為には
自分の時間の安売りしか手段がありません。
人脈と運送OBの縁故からアプローチしないと言う前提です。
一般的な開業者は、馴染みの無い異業種からの転入と考えております。
偶然の出来事は、あくまでも偶然と想定します。
必然なんて考えないようにしてください。
出会い頭と同じ。考えないようにしてください。

今回は、こちらのしゃべり場を(笑)


情報弱者でもいいじゃないか?情報溺死するよりマシだ!

ダメ人間日記ランキング

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク



コメントを残す