[6日目]今日のへそくりと明日の物流diary:2020/03/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
COVID-19コロナショックで損失200万円を3年間で取り返すトレード日記・投資日記|カンパニー松永|フリーランス軽貨物ドライバー

へそくりをコツコツ増やす

新型コロ助さんにいじめられております。まだ更に暴落が来るぞ。
昨日のおさらい

終値ポジション

・流動証券コード
[2038]10→120 311.0円 ▲1560円
[2040]5→10 12662.0円 ▲20020円
[1459]10→0 0円
[1357]0→50 1713円 ▲1950円 
[1570]200→201 17872円 ▲1459662円
・合計
3/17 ▲1353950円 ▲37.07%
3/18 ▲1426660円 ▲38.63%
3/19 ▲1483192円 ▲38.59%
・損切済[決済済]
3/17 ▲682576円[前日比+7833円]
3/18 ▲785009円[前日比▲102433円]
3/19 ▲777709円[前日比+7300円]
退場しない事だけ考えています(笑)
2020年3月18日時点|軽貨物運送16年間で貯めたヘソクリトレード成績|原油安に負けずに生き残りだけを考えるフリーランス軽貨物ドライバー
・累積損益[含み損含む]
3/17 ▲2036526円[前日比+163683円]
3/18 ▲2821535円[前日比▲785009円]
3/19 ▲2260901円[前日比+560634円]

取引実行履歴

・2020/3/18 0:00

OPECプラスを決裂させたのはロシアだが、「価格戦争」の引き金を引いたのはサウジだ。サウジは協調減産と自主的な減産を合わせて日量970万バレルまで生産を減らしていたが、これをやめ、4月には原油供給量を日量1230万バレルに増やす方針を表明した。さらに原油生産能力を日量1300万バレルに拡大する考えも打ち出した。この大増産計画に加え、サウジが極端な値引きを発表した影響も大きい。

2020年3月19日午前3時|WTI原油先物チャート
26ドル切った。。一体どうなるんだろうか?(笑)不安だけが残る。。
・2020年3月19日 1:53

トランプ米大統領は18日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、国防生産法を発動すると表明した。この法律により、米政府は緊急時において産業界に生産を直接指示する権限が拡大する。トランプ氏はホワイトハウスで記者会見し、「国防生産法を発動する」と述べた。この権限をどのように行使するのかは述べなかった。

私みたいな乞食ヘソクリ運用野郎は、言葉の響きだけでビビリます(笑)2020/03/20(金曜日)米国株のSQ日そして日本市場は休場。。(泣)何が起きるのだろうか?
2020年3月18日終値東証TOPIX日足チャート
TOPIXがプラ転。これは意識しておきたい。
[2040]NYダウブルETN|2020年3月19日14時15分|日足チャート
ETNやからええでしょ(笑)ダウの先がワタクシみたいな素人にはわかりません。でも悲観局面で買った。底が8回抜けた疑心暗鬼に違いないけれど、淡々と買う。別にすぐに銭化出来ないでしょうが。
2020年3月19日ヘソクリ売買履歴|カンパニー松永
3/20米国株メジャーSQ日にビビって買い物できませんでした。本日は小商いはございません。
原油先物&軽貨物もどきのカンパニー松永でお願い致します(笑)

再確認すること

・日経レバ(1570)触らない
・下落対応銘柄を厚くする
・ヘソクリは所詮ヘソクリ(笑)
・1回の口数を増やせば、額が増えることは忘れる
・やらない乗り遅れても良い
・日記に書けない買い方はしない

わすれちゃいけんよ

2020/03/20 米国株メジャーSQ日
2020/03/15 FRB緊急利下げ1% 政策金利0%〜0.25%
楽天ETF-日経ダブルインバース指数連動型
日経平均ベア2倍上場投信
NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油 ダブル・ブル ETN

ブログとの方針

[2384]SBSHD
[6178]日本郵政
[9027]ロジネットJ
[9057]遠州トラック
[9062]日通
[9063]オカケン
[9064]ヤマトHD
[9069]センコーHD
[9070]トナミHD
[9075]福山通運
[9076]セイノーHD
[9143]SGHD
物流[輸送]銘柄を保有した状態で記事化することはございません。従って、1570保有している状態で政治について記事化することもございません。保有している状態で記事化すれば、その立ち位置と希望的観測を記事化してしまう恐れがあります。その点だけは注意したいと考えております。

どちらにしても変動が激しい相場展開が続いていますので、大きな損失にならないよう必要以上にリスク管理を徹底してください。この記事は編集者の個人的な見解であり、内容を保証するものではありません。また、売買を推奨するものでもございません。ご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

アーカイブ