同一労働同一賃金の世界での軽貨物運送

「同一労働同一賃金」2020年4月施行

職責領域の改変が不可欠ですね。

業界的に歓迎

特に責任無きピンハネ業者たちには朗報。
なぜならトラックを用いた案件orトラックで移動して身だけ案件かだけの違い。
単価があり、割合をピンハネするスタイルに違いは無い。だから案件の絶対数が増える事は歓迎だろう。一般貨物の会社の労務形態に厳しい目と人材派遣含めた労務問題表面化が更に追い風になる。業務委託と言う使い勝手の良い形態に目が行き、最近は人材派遣系に流通させるよりアプリや水屋系に流通経路が変わりつつある。その現状を踏まえて、案件受託に対する委託会社とドライバーの関係を再考査するには良い機会だ。有名動画の後追い喋りユーチューバーことえいじ師匠殿が語っている「同一労働同一賃金」は素晴らしい。結論的に上場企業の経営陣か経営陣にぶら下がるお庭番「経営企画」系の部署もしくはジャッジをする人間と政治家にしか青写真は分からない。しかし人材派遣業界で甘い汁を吸えるスキームを政治家が手放す事はしない読める(笑)
だから人材派遣を叩けと言う赤系組織には賛同出来ない。彼らはマッチポンプでもあるから貧乏人に桃源郷を魅せるのと同じで何の解決にもならない。えいじ殿も楽天エクスプレスの宅配人員募集業の商売に頭がイッているのではないだろうか?私が委託元なら宅配委託ドライバー1名につき1万払っても3日ぐらいでペイ出来る。安い人員確保のルートですね。それを時代時代に供給ルートのキャラを変えるだけです。動画配信者の人気が廃れば、別の配信者に変えるだけの話。善悪の問題でもない(笑)ここで怒る気持ちが湧くのなら、軽貨物業界自体に向かない。委託ドライバー紹介業ってのは、昔からある。紹介業なんだから紹介後のドライバーがどうなろうがケツなんか拭かない。どうしてケツを拭く必要があるのだろうか?拭いてたら1万の手数料では足りない(笑)目的があって紹介する。本丸の目的に誘導する為に配信する。正社員が悪だと。人材派遣は止めとけ、軽貨物で独立開業だ!なら楽天エクスプレスが手っ取り早い(笑)知らないけれどね。

だから喋り手のゴールを妄想する。

ゴールへの道筋を引く

道筋以外の話題の重要性を見る

足る答えが返って来ないなら話し手が興味ないかわからない

書籍の読書でもブログからでも動画でもSNSでも必ず本丸がある。

一次ソース元

同一労働同一賃金 | 働き方改革特設サイト | 厚生労働省
助成金のご案内 | 働き方改革特設サイト | 厚生労働省
こういう類いは、大企業のプレスよりも派遣大手の解釈が重要になってきますね。
同一労働同一賃金|派遣・人材派遣はテンプスタッフ
企業は、正社員の領域を引き上げる。過去正社員だった領域を派遣に寄せる。正社員自体に階層を設ける。非労働者には従来の正社員待遇。労働者には派遣レベルの待遇に寄せて行く。トータルで人件費削減の構造改革を断行することで有る意味企業には捉え方で追い風でしょうね。企業が海外との競争力向上に向けて生産性を上げている最中に国策が連動しない訳はない。必ず派遣に寄せてくる悲観的なイメージでいた方が良いでしょうね(笑)いずれにしても労働者思考の人間にとっては、辛い話でしょう。しかし大企業も労働者も労働者の正義を貫く団体「労働組合」などの三者にメリットが存在します(笑)10人居れば、8人は不満を抱くもの。不満を抱く人間を喰い物に。。。いやいや味方に応援する労働組合も嬉しい同一労働同一賃金。尻すぼみだった労働事件も活発化していくでしょう。いつの時代も不景気と労働組合。

粗探しは反権力側がベスト

粗探しは粗探しばかりしている組織のソースを閲覧するのがベスト。
何事も言えることですね。正義正論を論じている人ではなく、その人間が拠り所にしている元を辿る。

同じ職場の中で「パートだから」「契約社員だから」「派遣だから」という理由により、不利益な取扱いを受けることがあります。その内容は、給料や一時金(ボーナス)をはじめ、休暇や福利厚生、有給休暇や出産・育児休業などの制度、教育制度や退職金制度などさまざまです。 そうした中、2018年6月に働き方改革関連法が成立し、2020年4月1日より、雇用形態間の不合理な待遇差を禁止する「同一労働同一賃金」の法整備がスタートすることとなりました(中小企業は2021年4月1日施行)。 連合は、春季生活闘争などを通じ、雇用形態などの違いにかかわらず誰もが安心して働くことができる職場環境の実現の取り組みを進めてきました。今回の法改正を機に、これまでの取り組みを一層強化していきます。

素晴らしいですねぇ~♪勉強になります。同一労働同一賃金の結果、ますます1人当たりの生産性をコミットする必要性が出てきます。コミット出来ない層は、階層を連動させることも企業によってはあるでしょうね。

神津 「同一労働同一賃金」については、いきなりアドバルーンが上がったという感じです。実は検討が始まったばかりで、まだ中身は見えていないんです。これまでには、正社員の賃金は高すぎるから、非正規に合わせるべきだという乱暴な議論もありました。さすがに最近は聞こえてきませんが、正社員の処遇を引き下げるために「同一労働同一賃金」が持ち出されたのではないかという心配もあるのは事実です。そして、そもそも私としては、それ以前に、昨年の国会で派遣法改悪を強行しておきながら、何をいまさら言うのかというのが、率直な気持ちです。

連合会長との対談内容です。2016年5月12日の連合の記事。あれから4年を迎えます。大企業も中小企業も国内での競争より海外での競争力を上げなければなりません。この構造改革まっただ中な昨今。構造改革に合致した意味での同一労働同一賃金が実現されることを願ってやみません(笑)自己修練を繰り返す人とそうでない人に対して職責で待遇が変わっていた部分の実力・生産性ベースで格差を設けてもらいたいですね。着ぐるみだけで待遇が変わる時代ではない。結果を残さない者に正社員待遇が必要な時代は終わりを迎えていますね。間違えなく「業務委託」「業務請負」この2点の契約体系がメインの時代になることを想定すれば、労働者性向の高い労務事件のオンパレードが始まる。士業も労働組合も瀕死から息を吹き返す一石三鳥の時代到来ですね(笑)

一時的に独立開業者が増える

正社員より派遣より気楽な軽貨物で独立?(笑)
派遣案件よりも軽貨物へ流動する荷役案件が多発するw
なぜなら業務委託で綺麗に上部組織へ責任を遮断??
いずれにしても労働組合系が黙っていませんし、軽貨物業界でも格差は広がっている現状に不満を抱く者も少なくありません。
その不満が必ず不景気などあれば、爆発しますね(笑)この労力を案件受注につなげれば、デモなど起こしません(笑)ツイートで労務正義正論を論じる労力も不要。不毛なんだ自営なんだから。生産性を高めて、自分の売上に反映することをせず、取引先の委託契約なのに労働者の立場だと言い張る。そして挙句は裁判。そんな流れも日常的にある時代の到来も容易に予想出来ますね。
格差とは、努力した者としない者の差。綺麗事を言えばキリが有りません。努力した者側にも立たなければ、この商売をやっている意味は無い。他社より先ん出て努力をする意味がない。努力した者としない者の差がない共産圏の方針ならば、自営などしない。弱者の立場に立つ。それはすごく素晴らしい美辞麗句。いつまでも美辞麗句を並べる奴は一定層存在するのは確か。彼らの立ち位置を望むなら自営業ではなく派遣でもすればいい。軽トラを買わず、アルバイトをすればいい。格差があるのだからこの商売を続けている。

閉塞感を解消してくれそうなYouTuber


この言葉の裏付けは、初心者たちの光。
「現役の物流経営者で創業者」のキーワード。ほぼ軽貨物と呼ぼうが物流と呼ぼうがどちらでもいい。
私も応援している「物流の虎」チャンネルが格差を是正してくれる。
そんな気がしてならないw
軽貨物業界を真剣に考え本気で発信していると自負しているYouTuber
物流の虎 野田慎太郎 大社長
「現役の物流経営者で創業者でありYouTubeを本格的に真剣に取り組んで発信してるのって日本で僕だけです」
この言葉は非常に重いです。
見やすい分かり易い言葉が我々の心を打つのです。
地方都市で何をやれば、貴方のようになるのか?って問いに明快にお答えしてくれそうな意気込みの文言です。
今後の動画の深さや見識をご披露頂ける期待感がバンバンありますね。
「虎」と自分で言えるぐらいの自信。
自分の事を投資家側で出演と堂々と言える軽貨物系ユーチューバーの登場「物流の虎」
中々再現性に対して自信を持っている経営者が居る中で、自分の事を「投資家側」と言い切れる言動が幅広い層に受け入れられていると妄想しております。
ちなみにワタシには再現性がございません(笑)自分の腐った人生を振り返っても再現性があるなどと自信を持った言動が出来ない事はお知らせ致します(笑)
この自信が裏付けでも何でもありません。この商売は、言動の継続性。継続性を眺めて参りたいと思います。
これから開業したい方や閉塞感がある方は、この物流の虎と言われる方を見られると元気が出ると思いますよ。
株式会社AEトランスポート – 野田 慎太郎|ニッポンの底力「社長チップス」
株式会社AEトランスポート - 野田 慎太郎|ニッポンの底力「社長チップス」
おすすめ本として

『軽貨物運送で成功した10人の社長たち』
『クロネコヤマト 人の育て方』

きっと熱い経営者さんなんですね。私みたいに冷めた(笑)やる気がない(笑)そんなワタシ。
お前が見れば「ドライバー」「腐った」ように見てくれるでしょう(笑)それで良いんです(笑)
今後彼から熱い熱い言葉が次々発してくれる。そんな期待感しかありません。
今、感動しかございませんね。

カメラを止めてと言いながら編集点はズラす

本当に泣いている様子を見せたくないなら編集でカットすればいい。
ちょっとカメラ止めてもらっていいですか?感極まる物流の虎「野田慎太郎」社長の感動名場面1
視聴者の一員としてもらい泣きしましたね。
ちょっとカメラ止めてもらっていいですか?感極まる物流の虎「野田慎太郎」社長の感動名場面2
視聴者の一員として感動しましたね。一体感がありましたよ♪
視聴者も涙を誘うシーン感極まる物流の虎「野田慎太郎」社長の感動名場面3.png
私なら泣き顔なんかカットします(笑)なぜなら伝えたいと強く思うヤマトのパワハラらしき報道の二番煎じがぼやけるから。ぼやけても泣き顔泣いている様子を伝えたい!と言う編集側の強い意思が読み取れますね。カット出来る立場にあるがカットしなかった事実。こういう立ち回りぐらいは委託会社のリクルートには必要であるし、こういう行為もサラッと出来るぐらいの器量でなければ、100人の人間を管理出来ない(笑)100人ぐらい管理するならちょっと役者ぐらいは出来なくてはいけない。涙の一つもスイッチ1つで流すぐらい私でも出来ますからね(笑)
なぜなら、目的を達する為に寄り道はしない。こういう強い意思を感じました。
感動の名場面ですね。歴史的快挙です(笑)
ちょっとカメラ止めてもらっていいですか?感極まる物流の虎「野田慎太郎」社長のモゴモゴ口元の感動名場面1
肝心の中身ですが、口元のモゴモゴするシーンに気を取られて何を言いたいのか?わかりませんでした。すんません。

社長が現場に出る会社は危ない

幾度となく聞いてきたフレーズが聞こえて参ります。
この方は、IT長者さんや大企業経営者の書籍や動画を見まくっている社長さんに見えてなりません(笑)

・社長が現場に出る
・労働者と同じ目線

この2つのフレーズは、私が26歳頃に言っておりました。
きっと似たような経験があるでしょうね。
遠くを見せたいのです。
このシャチョさんは遠くを見せたいの。

真面目に2つの話を言っている方なら幸せな方でございます。
現場に意志を持って出ている社長さんたちが、彼の動画を見て勘違いを起こす事はありません。
ですが、法人にも社長にもそれぞれ色があります。
色があるから違いがあるのです(笑)
彼がターゲットにしている層は、リクルートの兼ね合いからある一定層なんでしょう。
煽りが上手い上手い感動しかございません。
ネタ不足なのかわかりませんが、その話題に答えはございませんね(笑)

高所大局を見て

ただ高い所で対局をそのまま見たのではダメ。
それを自分のありふれた地味で小さなコミュニティに置き換え、閉塞感たっぷりな日々に置き換え、自分の歩幅で自分が選択して前に進む為の要素に過ぎない。要素は大きければ大きいほど妄想が膨らむ。
ワタシの文面を見て、高所大局と思うお前の読解力を疑ってしまうね(笑)
いつの時代も「やる気有る奴は去れ」って言葉がある。
面白そうな人や物って中心の一番外側あたりに生息していると思っている。
熱い奴ややる気が有る奴は中心だけを見ている。
中心だけを見ていないならば、言動に必ず出てくる。
物流の虎のチャンネルから中心以外の妄想が出てくる事を切に願ってやみませんね。

人間力があるんだなぁ

野田慎太郎社長は、「今の時代だからこそアナログな部分は必要不可欠」とし、「自分の思いをきちんと伝えたいので、お礼状は手書きで出している。私の信条は相手に義理を尽くすこと。目配り・気配り・心配りを大事にしている」と熱い思いを語る。現在は専門学校での講師、セミナー講演も行うなど、幅広い活躍を見せている。「若い力で業界全体を盛り上げたい。会社の売り上げ目標というよりも、一つひとつに義理を尽くす。その結果が売り上げとしてついてくるのだと思う」。常にアンテナを張り巡らせる30歳の経営者は、熱き思いで業界を突き進む。

読んでいる腐ったドライバーでも清らかな気持ちになりますね(笑)
内面浄化に最適ではないだろうか?w
義理にも相手を不幸にする時もあれば、不義理が相手を幸せにする場合もある。杓子定規に行かないからこそ面白く不手際な人間関係の様子も面白く感じれる。きれいな形にならないからこそ、見えない部分こそ誰も見ていない環境だからこそ力が入る人間も存在する。中心から離れれば異端児と言われ、変人変態扱いを受ける昨今。他人の目を銭にする。銭にしない。それも自由だなぁ〜って実感しています。特に軽貨物運送とは、汚い部分ときれいな部分が入り交じるから面白いと思う。清らかな部分は見せない事に美学を感じる私には到底理解できませんwしかし彼は100人を集めなくてはなりません。投資家ですから夢を売る商売でもある。

当たり前の事を当たり前に述べる


良い言葉だ。幾度となく聞いてきた言葉。
彼のような大企業の経営者さんが言えばいいと思っている。
私は、大企業の経営者ではありません。
色んな理由で嫁さんを風呂に沈める人や紐になっている男性を目にする事は異業種と比べて多い業界だと思う。それは正しい。貴方の言っていることは正しいです(笑)
「男気」などと口にするのは大企業の経営者さんで良い。
私は、正しい事と正しくない事の狭間を行ったり来たりやっている仕事が軽貨物運送だと思う。
綺麗に清く線引き出来ない狭間が軽貨物運送だと思う。
その部分を大切にしたいと思うクズですよ(笑)
そんな所のフォローは大企業が勝手にやるでしょう。
それ以外のグレーな部分に想いを馳せる(笑)
綺麗事だけ言っていて、弱者救済などと口にする方がクズでしょうね。


素晴らしいの一言です。
数ある委託会社が全国に存在し、求人募集を行う会社と行わない会社。
案件が集中してるから募集が絶えない。
案件が枯渇しているから募集を行わない。
現状満足w
色んな考え方が存在しているのも確か。
本当の優しさとは?
美徳と言われる言葉を不特定多数の前で論じる前に誰も見ていない所で適切に迅速に対応するからこそ無名の委託会社が存在していて、離職率脱落率が少ない委託ドライバーを抱えている会社が全国に数多存在することを知っていれば、こんな言葉が出てこないもの。もしくは、全てを達観した上で新たな層の取り込みを目的にしているに違いない。なぜなら100人集めるとのミッションが彼には存在致します。その崇高な目標の為に何でもする!この切れ味抜群の寄せこそ物流の虎が限られた社長さんである証拠ではないだろうか?wどこかのツイートで誰か癇癪持ちが言っていた。「論より証拠」そんなことはどうでも良い話(笑)

弱い立場の人間を救う様子を不特定多数に魅せる

色んな考え方がある。
社長でも色がある。
相手にダイレクトに伝えれば完結することを不特定多数の眼前に示す。
示す理由は他にあるのではないか?(笑)
そこまで下衆ではない。
私みたいな人間が一番業界で腐った者だからね(笑)

優しさとは、人を憂い続ける人ではないだろうか?
憂う事でカバー出来るのではないだろうか?
そして憂う事を他人に魅せる必要は無い。
憂う相手も気付かない方が良い。
借りと思われるのも本意ではないからね。

なぜそう言えるのか?
私がリクルートも社名も実業とのシナジーを求めていないニートだから言えること(笑)
彼は、自分が言った言葉を15年後でも見返して満足行く行動なら大いに結構(笑)
彼の実力ならIPOでも目標なんじゃないかな?(笑)来年末ぐらいには電子書籍出版でも行って頂きたい。

物流系アプリに荷役案件が増える

業務委託の案件が増えるでしょう。
依頼件数が増えてくる。やるかやらないか?それは別問題だが、軽貨物運送に降りる案件の絶対数が増える。この部分と労務問題とリンクしています。
10人が全員案件に対して100%満足感は得られない。しかし格差が進むにつれ、業務委託でありながら労働者性の高さを武器に労務問題化する動きも潜在的にある。この部分をアプリ側がどう解釈しているか?(笑)していないでしょうね。だからアプリが悪いと言う議論にはならない。業務委託のマッチングの場を提供しているのであって責任の所在まで関与するほどの利ザヤを利用運送は手に入れてない。そもそも手離れがわるい案件をピンハネするほどバカではない。こういう案件は地方や水屋(利用運送)の出番である。人間関係でどうにでもなるような水屋はまだまだ居る。労働問題化したい層の矛先がギグエコノミーに絞っている流行りは変わらない。不景気になれば、労働問題化するのが定番。だから繁忙期の内に労働問題化した後の景色も見据えて、案件の割振りの選択肢を受託者ドライバー側に預ける仕組み変更が非常に重要。この部分をおろそかにしている水屋や委託会社は叩かれる。ネットで誹謗中傷なんかかわいい(笑)そんなのは実社会に影響なし。
今も現場で日銭を稼ぐ個人事業主ドライバーも軽貨物を物流などと呼称に拘る委託会社の事業主も労務問題のテーマの前では同じステージ。これを違うと言う奴が居るのなら、どれだけナルシストなんだ(笑)大きなテーマを自分の財布に合わせて小さく加工して思考する。これをしなければ、派手で力強さを演じる演者に心を翻弄されるだけの日々から脱却は出来ないと思うよ。日々の暮らしは派手さもなく地味な日々のマイナーチェンジの繰り返しだからね。そのマンネリ化した事を肯定的に捉えて、自分の歩幅でやることに楽しみを見出す方が銭を浪費せず、訳の分からない取次業者から財布の中身を奪われることから遠ざかるように考えている。
リクルートするやつからすれば、私は腐ったドライバー。それがどうした?だけの話(笑)
私は、軽貨物系インフルエンサーと野田社長を師と仰いでおります。
尊敬の対象ですね。まさに信者でもあります。

本丸を見誤ってはいけない

・同一労働・同一賃金
・インボイス

必ずセットで考える。
既存業界を潰してまで事を成そうとはしない(笑)
人材派遣=人の動きで利ざやを稼ぐなどと従来の見方を卒業する。
本丸は「労務問題の対象者の拡大」大企業は外に目が向いている。残念ながら生産性の無きサラリーマンの終焉を言っているに過ぎない。リーマンでもピンからキリある。経営企画系から一般職員まで。その生産性が低い層が全て「労務テロ予備」と上部は考えているのなら景色は変わってくる。その全てがリーマンから離れて、独立開業すれば労務テロのリスクは少し他責に移行出来る(笑)且つインボイスを用いて税制に置いても確実に税収アップが望める。契約社会が更に確立出来る。生産性が高まれば、高待遇。生産性が低ければ、職責の垣根が無くなる。要は、「生産性を高めよ」って事が結論。リーマン辞めて、独立開業しても生産性が高くない業者を用いるほど企業体力は無いですよ(笑)何度も言う。リーマンだろうが軽貨物業者だろうが取引相手の生産性を高める提案をしなければ、いつまでもスポット便をチャーター便を○○の距離制だの言う営業に限界がある。そもそもスポット便を出さない出荷提案が出来る宅配便でも代用できるのではないか?と身を切る提案が出来る業者が残る。感傷的に動画を作れば、同じ立ち位置の層は賛同する。でもそれは感傷的ではなく、単に依頼企業の求めるコストとお前が不一致だったと言う話を感傷的な動画で中和しているに過ぎない。こんな事は景況感が一段と厳しくなれば、必ず起きる。毎度起きてきた話。その都度、感傷的になるほど暇ではない。
言われた案件を言われた通りにやる。

それは非常に美しい言葉。
四半期ごとに企業の方針は変わる。
人間関係の歴史で維持出来るほど景況感は甘くない。

総括 同一労働同一賃金が始まった後の軽貨物運送の景色
ブログランキング・にほんブログ村へ