軽貨物・軽運送ニュースや即報をいち早くお届けして批判するサイト|地方の軽貨物フリーランスドライバー

荷主が運送会社の貨物保険を悪用する

景況感が穏やかなら気にしない

これからは、イベントがあるが終われば焼け野原が待っている。
リスクは平事に考える事であって、有事には迅速に平事の計画を実施するのみ。

「荷物保険」を悪用する荷主、巻き込まれる運送事業者

依然として収益的に厳しい状況にある運送業界だが、荷主の経営環境も同様に厳しい。本業でまともに収益が上がらない荷主の中には、保険の制度を悪用して利益に結びつけようとするところもあるようだ。関係者によると、運送事業者が荷物に損害を与えた場合に適用される荷物保険を悪用するケースが近年、出てきているという。荷物保険は少額であれば使っても保険料が上がりにくい性質を持っており、この盲点を利用した形だ。荷主の間では荷物保険を悪用することを「破損を作る」と呼んでいるが、立場的に弱い運送事業者が巻き込まれようとしている。関西のある運送会社では、建築資材の運搬を行っている。今年1月の大雨時、ベニヤ板、石膏ボードを平ボディー車で運んでいたが、荷主の出荷担当者が突然、運転者に対してシートをめくるよう指示してきた。運転者がちゅうちょしていると、担当者は「いいからめくれ!」と命令。荷物は数秒間、土砂降りの雨にさらされ、大量の雨水を含んでしまった。翌月、運送会社には荷物の破損代として荷主から100万円の請求書が届いた。運送会社は加入している荷物保険の手続きを行い、その後、保険会社から荷主に丸々、請求金額が支払われたという。荷主は水濡れしたベニヤ板、石膏ボードの廃棄処分を行うことを保険会社に報告していたが、実際は乾かして転売され、運送会社へは保険金から協力費が支払われたようだ。荷物保険の正式名称は「運送業者貨物賠償保険」。運送業務中に受託した貨物に生じた損害に対する賠償責任を幅広く補償し、前年度の売り上げによって掛け金が決まる。保険代理店によると、荷物保険は自動車任意保険のように保険金を使うと等級が上がり、翌年から保険料が上がることがないと説明する。「荷物保険も使えば保険料は上がる。しかし、保険金が高額であれば専門の鑑定士(アジャスター)が入って調査し、翌年からの保険料に影響するが、実際は、100万円以下の少額であれば詳しい調査は行われず、保険金も請求通りに下りるケースが少なくない。保険料が上がらないケースも多い」。自動車保険の等級情報が保険会社間で管理されるのとは異なり、荷物保険は保険会社間で情報管理されておらず、また、保険会社同士で競って顧客を獲得する保険商品であることと関係しているようだ。荷物保険を悪用している荷主は、わざわざ複数の運送会社を使って、異なる保険会社から保険金の支払いを受けるようにしているようだが、関係者は「少しでも利益を出すため、赤字を補填するために破損を作っていく荷主が出てきている。取引上、立場的に弱い運送会社が利用されているが、このような行為は明らかに犯罪で、運送会社も犯罪に加担していることになる」と注意を促している。

「https://weekly-net.co.jp/news/15704/」「荷物保険」を悪用する荷主、巻き込まれる運送事業者|物流ニュース|物流ウィークリー|物流・運送・ロジスティクス業界の総合専門紙[2013/05/16配信]

2013/05/16の物流メディアの記事。6年経過しても色褪せない。
こういう再生数や流行に無関係な事案を素人ながらの目で深堀できないが、掘ってみたい。どうでもいいアマフレやウーバーがどうか?稼げるか?みたいな素人が手を出す事案には興味ない。代わりのサービスができれば色褪せる。
ここまで、運送業者の立場は弱いのか?と問われれば、弱い業者も居れば、転換出来ている業者も居る。ただ対応の格差は限りなく開いているのが現状だろう。共謀しているケースも存在するであろう。荷主から50%までも30%ぐらいのリベートが流れている場合もある。それが現金ではなく、案件として役務サービスとしての提供ならば、足もつかないwあくまでも表に出ないだけの話でしょうね。
似たような事を未だに車屋と軽貨物業者がやっている場合もございますねw
こういう内容は、限りなく表に出ない。なぜならお互いに共謀している。そしてなによりも仲違いすれば、目的を達せれない。満たされているから出ないですねwだから資金繰りに余裕がない。でも現金は空から降ってほしい。こういう精神状態でなければ、中々詐欺行為と正論を論じても納得は出来ないでしょうねw
道を踏み外しても、見つからなければ気にしない。
こういう世界で、我々は息をしているのでしょうねw

blogで損保情報だけを晒す奴

端的に言うとググればいいw
そして損保各社のサービスのPDFを開けて、一読すればいい。
更に他社損保との比較表を知りたければ、項目を設定してエクセルに比較性能表を自作すればいい。それが重要なことなのか?
軽貨物委託会社の比較を他人が広告報酬ほしさに比較表を作る。
そして掲載したblogを見る。
自分でやって判断すればいい。
めんどくさがっているだけの話。
そんな類の事を色んなキーワードで発生している。
動画だって同じ。
で?

お前はどう考えるの?

が知りたいの。
色んな考え方の方向からみたいの。
でも情報ソースをただベタベタ貼り付けているだけ。
なら第一次情報を閲覧して判断するからw
間違っても素人なんだから、自分の判断の手順を掲載すればいいと思っている。
動画だって同じ。
YouTuberの質とか問う時代は終わった。
サラリーマン型YouTuberが乱立する。
キーワードの戦いではなくなったんです。
大資本がYouTuber界隈に参入してきています。
大きな銭が動けば、ぶっとぶ。
何が重要なのか?
埋没したっていい。それは重要ではない。
blogと同じで、大量の情報源から自分はどう思うって事を掲載する事が大事です。
報酬にまったく繋がらないw
事業収入があるのになぜ回りくどいYouTuberに魅力を感じるフリーランス軽貨物ドライバーが存在しているのか?意味がわからないw

自分の思考も全て他力。良い響きw
それでも良いから、その場しのぎの薄い薄い情報にならない動画を2年後再生しても鮮度がないのよ。その場一発勝負動画を見るほど時間は余っていませんw

フリーランス軽貨物ドライバー諸君、あがけよw
ギグエコノミー道を突き詰めてくださいw
苦しくなったら、ホリエモンさんの他動力でも閲覧して影響されてくださいw

一般貨物では常態化と判断する

現在の有る意味運送好景気では余り目立たない。
事業収支がプラスなら、くだらない保険金詐欺に手を染めない。気が向かない社長も荷主もだろう。しかしこれからの3年間は違う。
オリンピック景気の前段のくぼみを迎えるだろう。
増税の影響は、消費どうのこうのではなく運送会社営業利益率2%以下を全て営業赤字に転落させる。
こういう保険金詐欺にパワーバランス的な立場を利用して、運送会社に打診するような距離感の荷主は私の会社には存在しない。なぜなら単年更新。
こういう打診をするような荷主は、荷主単体で営業黒字でも契約更新はしない。
必ず過積載や内部統制不備による労働事故の巻添いになるw
残念ながら、事業収益の改善に動く前に保険金詐欺に動くぐらいの単細胞で間違いない。アプリ経由の案件を依頼する荷主の中にもエセ荷主が居る。他社や数十年経過する老舗利用運送界隈からブラック荷主化された奴がアプリに潜伏している現状もあるが、なにも目が肥えていない委託ドライバーの節穴を騙せる力量は残っているからw当分の間は、フリーランス軽貨物ドライバーたちは泣かされるだろうね。

保険金詐欺を打診する荷主を責める前に

他社に責任を負わすことは簡単。
しかし軽貨物事業者としての思慮としては不十分。
自責を感じて初めて自省出来る。
自分の収支がプラス。営業収支プラスである以上に、事業+個人を合算した(売上ー支出=利益)このMOKUBA式思考を試して、まずはプラスの黒字化であることが大事。心の余裕を持った仕事を行えば、そもそも詐欺行為をパワーバランスの強い立場で打診をするような荷主には突き返すぐらいの判断は出来るだろう。

1人親方的フリーランス軽貨物ドライバー でも

社長だが重要な判断は、士業に確認する
他社で先日事故が発生して、保険金支払い済みだ
事故が多発しているから、保険会社が注視すると言っていた

委託ドライバーと仕事を実行するために一緒に仕事をしている。
銭を稼ぐ為にその場に居る。別に友達100人作りたいから作ることに意味はない。結果的に100人になったのと友達を作るために100人作ったのと私は意味が違うと思う。
悪事に手を染めるドライバーの気持ちなど考えても理解する意味はない。悪事の先に何が待っているのか?小さいことも大きな事も全て司法に預ける道筋を日頃から示すことにある。スキルが無くキャリアを積んでいるドライバーから馬鹿にされ続けた私。別に馬鹿にされたぐらいで収入など減らない。それよりも自分が懸命に受注した仕事をアホなドライバーの不用意な文化そして考え方の稚拙さで失いたくないだけ。他の懸命に仕事をするドライバーたちの働く場と稼ぐ場を失う訳にはいかない。
なぜ目先の銭に頭が眩んで悪事に手を染める稚拙なドライバーの気持ちなど知らなければならないのか?そんな事に気を回すぐらいなら、懸命に黙々と仕事をするドライバーの未来の言葉にならない不安感を取り除くことに心を砕きたいだけ。
色々適当な事を言って、荷主をヒヤヒヤさせた過去もあります。
痛くもない腹を保険会社から探られるのは嫌だ。
本当に必要な時に堂々と対応する為にも、しょうもない荷主の保険金詐欺に加担しないようにwこれはアホでもわかりますね。
貴方が事業主として、取引先の与信する目利きがあるか?ないか?
これを暗に問われていると考える方が、全うではないでしょうか?w
詐欺行為に加担して、糞銭はした金がほしい奴が居るなら他業種へ行きなさいw
そんなアホやろうと同じ業界には居たくないねw
お前、偉そうにやっているけれど過去にやった詐欺行為は私は忘れないよw
誰にも言わないが、そういうことを荷主として繰り返す先に未来はないよw
そういう何十年と蓄積した情報が、企業としての本当の力になる。
変な荷主と変なドライバーに仕事の流れを触らせるほど駄目な事はありません。
その悪党から会社を遠ざけることが、本当の強い組織と言えるのではないでしょうか。

現状に合う記事と動画とは

同じレベルだよ?って事ね。
同じレベルなら、勉強にならない。

与信力(運用・判断)
情報力(蓄積・分析)

情報力と言っても、知るだけでは駄目。誰でも知れる資料から先回りして、分析すること。そして分析した事を基準に実施すること。
私は1人でも法人でも同じテーブルだと思う。
まして、法人だからと言って個人事業の一人親方を偉そうに立ち回るみたいな器の小さな都内の一本足打法の奴になりたくないね。
怒りの沸点が短い事が、力の強さと勘違いしているぐらいの力量だからw
彼から学ぶ事は大いにある。
儲けているから優秀ではなく、
儲けていないから劣等ではなく、
1つの人生を生き抜いているか?
だけやと思う。
ツイッターでも眼前に詐欺行為の一端のツイートが流れておりますねw
正に「言ったもん勝ち」ですね?w