福山通運の日曜日集荷・配達中止へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個人客さようならの第一歩を!
福山通運が先陣を切る。
「配達定休日」
「館内配達料」
色んな新しいオプションが増える。

日本郵便ではダメだ。
福山・西濃のような個人客メインではない特積み大手が動く事が重要。

報道各社はどう報じているのか?

何よりも先に福山通運が9/21にプレスリリースしています。

日曜日の集荷・配達中止について
受けても良いけど、取りに来いって事ですね。素晴らしい。
極端な事をやれば叩かれます。まずは日曜日。次に土曜日。
個人客を静かに締め出します。配達定休日に再配達はしない。
在宅でないのであれば、営業所で受取ください。営業所は1か所しかありません。
保管期間は1週間です(笑)てな具合になるでしょうね(笑)

福山通運は9月21日、運送業界における人手不足や政府が推進する「働き方改革」を受け、日曜日の集荷と配達を中止すると発表した。
10月1日以降は日曜日に集荷と配達を行わない。契約済の顧客に限り、2018年12月末まで日曜日も集荷・配達を行う。
グループで業務の見直しによる効率化などを実施してきたが、今後も安全安心な輸送サービスを提供するために、日曜日のサービス縮小を決めたという。取扱店への荷物の引き取りや、荷物の持ち込みは条件付で継続する。ただ、一部の支店・営業所は日曜日に営業しないため、荷物の持ち込みや引き取りも行わない。
引用元

日曜日が常態化すれば、土曜日・祝日と実施出来る。初動は「働き方改革」で良い。
「契約済の顧客」と言う事が大事。
要は、出荷売上が数億など大口顧客は最優先で守る。
これが大事。出荷売上だけで営業所の売上に繋がる。
出荷数量で優遇を判断する一歩
有る意味郵便局ほど個人客に打撃は無いだろうが、中小のECにとっては痛手だ。
路線会社は路線に専念して利益を上げる事がステークフォルダー的にOKでしょうなぁ(笑)

物流大手の福山通運(広島県福山市)は21日、企業向け荷物の日曜の集荷・配達を取りやめると発表した。新規顧客は10月から、既に取引のある顧客は2019年1月から中止する。深刻なドライバー不足が続く中、労働環境を改善し、人材確保につなげたい考えだ。同社は「日曜の集配中止は物流大手で初めてではないか」と話している。
 同社は主に企業間物流を手掛けている。1981年から小売店やアパレル関係などを対象に日曜の集配を始めた。
引用元福山通運、日曜集配取りやめ=来月から人手不足で―物流大手初|時事通信社2018/09/12

アパレル関連が多いみたいですが、ファッション物流が担えばいい(笑)得意な分野で専業すればいい。要はアパレル側が福山通運の数百円で集荷出来る価格帯で辛抱出来るか?出来ないかの話。金額が合えば担える物流会社も存在する。工夫を利用者側に促している感もある。

企業間物流に特化したい

要は、個人客相手の少量の集荷だけでは儲けが出ない。
したがって中小企業の運送屋みたいな事をドライバーに強要しているから。
この福山通運は、1人のドライバーで広範囲に法人も個人あても配達していた。
個人宛を外注すれば、安く受付せざるおえない。大口なら。
そして外注を高い高いヤマトや佐川や郵便局へ再委託する。これが非常に痛い

地方は再委託が当たり前だから利益が残らない

西濃運輸でも福山通運でも再委託エリアが存在する。
こういう路線会社は法人客の要望にも出荷数量があれば未だに叩き合いをする(笑)
お中元やお歳暮・株主優待など企業の一般的な慶弔事に対する出荷が案外ある。
しかしドライバー不足や遠隔地など1人ドライバーで対応しきれないエリアが非常に多い。
クロネコの営業所を見て頂ければ理解出来る。ヤマトほど荷量が多くない。けれど走る距離はヤマトの営業所2・3つ分以上ある。
都市部はあまり気にならないだろうが、地方は1個600円ぐらいで、郵便局に持ち込んで800円ぐらいで正規の料金を逝かれても再委託をしてでも「サービスレベル」と言うのを守ろうとしていた(笑)
それぐらい世論と言うか個人客に目が向いたいた過去だが、思ったよりも「ラストワンマイル」が地方では儲けにならない。
ヤマト・郵便局だけが出荷数量が上がっている現状をやっと認識したという流れだろう。

大口法人顧客→西濃→郵便局→個人客

大口法人顧客→福山→郵便局→個人客

地方では、郵便局かヤマト。
こんなんで利益が残る訳がない(笑)
1個取れても数百円の運賃。集荷するだけ赤字だろ(笑)
仕訳も積込もあるドライバーの残業時間もある。
やるだけ儲けがないのなら、やめちまえ!ってこと(笑)
西濃運輸も同じ構図。
中小の路線会社も個人客へのラストワンマイルは儲けれないと分かった今。
これからどんどん変わる。

路線会社同士の法人客の取り合い

二方面作戦で無くなった福山通運。
トールとトナミと福山通運と西濃運輸と佐川急便。。
4つ5つが法人客(出荷数量大)の取り合いが始まるだろう(笑)
不在はない。個建でなくタリフで勝負(笑)
大口の法人客(法人から法人)の荷主物流担当者は非常に朗報だろう。
まだまだ難儀している法人は存在する。

そして中小の合併を経て、新しい路線会社が存在する。
これは福山通運だけの話ではないだろう。
追随する。

重量ゆうパックの日本郵便から脱落荷主が福山通運へ流れる!

自由人ランキング



SNSでもご購読できます。

アーカイブ

コメント

Comments are closed.