グローバル企業は着実に動いている

世界的に悲観局面でも活動している彼ら

各国の規制に合わせて、基幹拠点を変えている。
まさにアメーバーですね。それが強さでもある。

メディアから妄想

三井物産は27日、新型コロナウイルスの感染拡大と商品市況の下落により、2020年3月期の当期利益で500億円から700億円程度の損失を認識する可能性がある、と発表した。新型コロナウイルスの影響に加え、OPECプラスで減産合意が決裂したことによる原油価格の急落により、米・シェールガス・オイル事業と伊・油田事業などの減損損失が発生する見込みだという。

物流業界と無縁だろ??って言われそうですが、商社ってのは大変ですね(笑)マッチングアプリ系のIT会社や物流ベンチャー系への出資もあるから、さすがに非常時でもあるので、選択と集中の考え方もあります。株主説明ってのもあるから出資額や出資先の再選定などでベンチャー側が影響を受ける場合もある。頭に入れておくことも大事でしょうね。

SGHグローバルジャパンは26日、航空会社の運休・減便が相次ぐなか、輸送スペースの枯渇と運賃の高騰が発生しているとして、品質を維持したサービス継続のため、緊急事態追加金を導入すると発表した。同社は3月31日集荷分から適用を開始し、航空会社の処置が収束するまで継続する。対象となるのは2.5キログラム超の飛脚国際宅配便(SGX便)で、300円から2万4000円の追加金が設定されている。

他社も追随するでしょうね。サーチャージ同様に上積みも致し方なし。限られたルート確保が最優先ですからね。

外から日本でヘルスケアで勝負

DHLサプライチェーンは24日、ヘルスケア事業を手掛けるロシュグループ(スイス)から、血糖自己測定機器などの輸入販売に関連する一部製造業務と物流業務の管理を受託した、と発表した。DHLサプライチェーンは今後、温度管理に対応する「青海ロジスティクスセンター」(東京都江東区)で輸入製品の荷受け、医療機器のラベリング、包装サービス、国内市場に対する出荷判定管理などを行うほか、独自の倉庫運営管理システムを活用して業務改善に取り組み、将来の取扱物量増に対応できる体制を構築する。ロシュDCジャパンのブライアン・コー社長は「血糖自己測定器は、日本の高齢化によってますます需要が高まることが見込まれるため、今後は製品をいかにして届けるかが課題となる。こうした中、体外診断用医薬品や医療機器を扱うために必要な業許可を日本で取得しているDHLジャパンは、理想的なパートナーといえる」とコメント。DHLサプライチェーンのヨンファ(アルフレッド)・ゴー社長は「日本でも医療機器の出荷について厳しい法規制への対応が求められる中、当社は業界トップの品質管理体制を構築している。ライフサイエンスに関するグローバルなネットワークを活用することで、2024年には43億ドル以上の規模へと成長が見込まれる国内の体外診断用医薬品市場の需要に応えていく」とした。

日中間代替輸送活発

エーアイテイー(AIT)は3月31日、上海-東京間をフェリーと鉄道で結ぶ「ハイブリッドプレミアムサービス(シー&レール)」について、これまで週1便だったところを3月28日から週2便に増便した、と発表した。同社は、新型コロナウイルスの影響で中国からの航空貨物スペースが不足し、運賃も高騰していることから、混雑により納期の見込みが立ちづらい東京港揚げの海上輸送を避け、安定的に6日で輸送できるフェリー&鉄道サービスを拡充することで、顧客の要望に応える。すでに日中間の代替輸送手段として同サービスを使用する顧客が増加しているという。同サービスは、AITグループの上海倉庫で荷受け後、上海-大阪・神戸港間を日中国際フェリーのフェリーで、大阪・神戸-東京間はJR貨物の鉄道で混載保税輸送し、東京から最終仕向地まで配送を行うもの。これまでは「蘇州号」の週1便運航に対応していたが、新たに「新鑑真」でもサービス提供を開始した。

AITの「シーレール」輸送に脚光。SFエクスプレスも関空そして那覇の週2便。しかし物量で言えば、航空貨物より船便。
2020/03/26 AIT「フェリー&鉄道ハイブリッドプレミアムデリバリー」週2便へ増便開始!
もちろん「ハイブリッドプレミアムデリバリーサービス」昨年に国交省の物効法認定受けております。今は当たり前の手順ですね。

エーアイテイー(AIT)は4日、上海フェリーと連携して提供する「ハイブリッドプレミアムデリバリーサービス(シー&レール)」が物流総合効率化法(物効法)の総合効率化計画として認定を受けたと発表した。物効法では2社以上が連携して流通業務の総合化や効率化、環境負荷の低減につながる取り組みを総合効率化計画として認定する取り組みを進めており、認定企業になると、認定マークの交付や国からの支援を受けることができる。ハイブリッドプレミアムデリバリーサービスは、ことし5月31日から上海フェリー、JR貨物グループと協力して提供している輸送サービスで、上海東京間を大阪港経由でフェリーと鉄道で結び、最終仕向け地まで一貫輸送する。

大手も自前で同様のサービスを行っているが、現在の景況感と構造改革の過程でドラスティックな統廃合が進むだろう。他社であっても価格競争力があれば、大手も相乗りもやるだろう。原油安が海運業の運賃に影響を与え、日本国内の造船業にも資源商社にも打撃を与える。軽貨物や一般貨物の原油小売価格が安くなっても誰も得はしない(笑)ガソリン小売価格が安くなっても誰も得はしないですね(笑)全体の高所から眺めれば、原油高で我々ガソリン小売価格が値上げって150円で辛くても業界や全体的にはgoodなんですよ(笑)

ガソリン価格が高騰しても原油銘柄でヘッジ

一般貨物や委託ドライバーでも原油銘柄を底値で買えばいい。ガソリン小売価格が値上がりをおこしても、原油銘柄の差益で相殺すればいい(笑)そんなこと言う運送会社の社長って居ますか?(笑)ガソリン小売価格で消費するだけの価格に目が行くのではなく、原油銘柄やETFなどの投資でヘッジすればいい。原油高って言ってもヘッジすれば大した事はない(笑)

軽貨物運送病に侵された孤独のフリーランス「カンパニー松永」

 

 

 

コロナウィルスで感染者数と悲観的なマインドの中で海外勢は次の手を打つ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ
にほんブログ村