軽貨物・軽運送ニュースや即報をいち早くお届けして批判するサイト|地方の軽貨物フリーランスドライバー

持続化給付金の詐欺報道・わいせつ逮捕報道から学ぶ15

人の記憶が薄れる。
それは仕方がない話。

軽貨物業界にも過去の流れから見れば、無縁ではありませんw
自分の事業を守るのは自分。大切なキーワードは後世に残すを合言葉にがんばりますw
シリーズ14からの続編。
わいせつ容疑での逮捕もクソ銭欲しさに虚偽詐欺行為で手に入れる容疑も同じ。銭に魂を売るか?性欲に魂を売るか?善悪の判断もルールも無視する思考は軽貨物業界にも大いに参考になる人柱たち。彼らの残り一滴まで学びに繋げる。

持続化給付金詐欺容疑の報道

暴力団員であることを隠し新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして、大阪府警西成署は17日までに、詐欺容疑で、指定暴力団酒梅組組員小野寺和彦容疑者(54)=大阪市西成区=と知人の男女の計3人を逮捕した。いずれも「暴力団員だから申請できないとは知らなかった」などと容疑を否認しているという。同署によると、同給付金の暴力団排除規定に基づく逮捕は全国初という。逮捕容疑は、インターネットで持続化給付金を申請する際、「暴力団員ではない」と虚偽の誓約をし、6月に現金100万円の交付を受けた疑い。

「https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091701165&g=soc」暴力団員隠し持続化給付金 詐欺容疑で男女3人逮捕―大阪府警:時事ドットコム[2020/09/17 19:30配信]

同様の事例が現在も継続中ですね。
持続化給付金制度を悪用し給付金をだまし取った|生活費に困って犯行したと自供|給付金詐欺|甲斐有莉郁・緒方心太郎容疑者|軽貨物系ニート「doty solo」

新型コロナに伴う国の持続化給付金制度を悪用し給付金をだまし取ったとして男女2人が逮捕されました。詐欺の疑いで逮捕されたのは熊本市北区植木町に住む無職、甲斐有莉郁容疑者(29)ら2人です。警察によりますと甲斐容疑者らは去年8月、別の人物と共謀し新型コロナの持続化給付金制度を悪用。インターネットを使って事業収入など内容が虚偽の申請を行い計200万円をだまし取った疑いです。調べに対し2人は容疑を認めていて、甲斐容疑者は「生活費に困ってやった」と供述しているということです。

「https://www.fnn.jp/articles/-/200455」持続化給付金詐欺で男女2人逮捕【熊本】[2021/06/23 21:00配信]

未だに存在するんですね。「生活費に困ってやった」みんな困っています(笑)私も言ってみたい。「生活費に困ってやった」それで通るなら言いたいですね。通そうとした二人は逮捕されました。もう1名は「緒方心太郎」容疑者。親御さんがどんな気持ちで命名したんでしょうか?周りを悲しませないでほしいですね。29歳の男女も未来がある若人です。きっちり禊を済まして第二の人生を歩んでください。私はブログから応援しております。

新型コロナの影響を受けた事業者を支援する、国の給付金をだまし取った疑いで、25歳の男が逮捕されました。詐欺の疑いで逮捕されたのは、東京都北区の無職、上野剛史容疑者(25)です。警察によりますと、上野容疑者は2020年6月ごろ、知人の男性(当時21)に持続化給付金の不正受給を持ち掛け、中小企業庁に、うその申請をさせ、給付金100万円をだましとった疑いが持たれています。警察は、上野容疑者の認否を明らかにしていませんが、上野容疑者が、他の人にも、不正受給の話を持ち掛けていた可能性もあるとみて捜査を進めています。

「https://news.yahoo.co.jp/articles/ecd772d5d365862d24bc37739748cbe31684837c」持続化給付金詐欺 東京の男を逮捕 (福島)(KFB福島放送) – Yahoo!ニュース[2021/06/23 12:22配信]

途中でチンコロした共犯者などが当局へ自首します。その大切な情報が話を持ちかけた者を追い詰めるのです。でも自首した者も一度は勘違いでも不正受給を行った。決断した判断した過去は過ちであること。それは消えませんよね。

不正するしないは当人の考え一つ

抜けがあってもやるやらないは当人。当人の言い訳として「抜け道」を語る。

新型コロナウイルス対策で岐阜県高山市が給付する支援事業補助金をだまし取ったとして、県警捜査2課と高山署は26日、詐欺の疑いで、同市下岡本町の電気工事会社代表の容疑者(63)を逮捕した。 逮捕容疑は、市内の事業者と共謀して昨年8月31日から9月28日の間に、自身の会社が施工したコロナ対策のための空気清浄機付きエアコン設置工事1件の経費を実際よりも多く記載した虚偽の申請書類を作成し、補助金50万円をだまし取った疑い。署によると、容疑者が虚偽内容を記載した書類を用い、市内の事業者が補助金を申請。50万円は同事業者の口座に振り込まれたという。署は捜査に支障があるとして、容疑者の認否や共謀した事業者について明らかにしていない。市によると、補助金は市民が多く訪れる店舗や施設、観光関連事業者を対象としており、コロナ対策にかかった経費の半額を、50万円を上限に補助する。容疑者が代表を務める会社が関連した同補助金の別の申請で、書類に不審な点が発覚。今回の申請についても調べたところ不正受給が疑われたため、今年3月23日に高山署に被害届を提出していた。

「https://www.gifu-np.co.jp/news/20210527/20210527-73447.html」コロナ対策のエアコン工事で虚偽申請、補助金詐取 容疑の会社代表を逮捕 | 岐阜新聞Web[2021/05/27 09:22配信]

たったいくばかりかの額に手を染める。63歳の事業者の出した答えがこれだ。

新型コロナ対策費としてウソの見積書を提出し、岐阜県高山市の補助金50万円をだまし取った疑いで男が逮捕されました。逮捕された高山市下岡本町の電気工事施工業・中村昭一容疑者(63)は、去年8月から9月にかけて市内の事業者と共謀し、感染防止対策として購入した空気清浄機付きエアコンについて、実際の代金より高く申請し、高山市の補助金50万円をだまし取った詐欺の疑いがもたれています。警察は認否を明らかにしておらず、複数の余罪があるとみて調べています。

「http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/hicbc/region/hicbc-0005129F」新型コロナ感染防止対策で補助金詐欺…電気工事施工の男逮捕 岐阜・高山市[2021/05/27 09:45配信]

公知情報をまとめて見ました。

会社名 合同会社アイッシュ
所在地 岐阜県高山市下岡本町1857-6
代表者 中村昭一
連絡先 0577-37-0850[0577370850]
法人番号 4200003003471
許可番号 岐阜県知事許可第850470号

新型コロナ感染防止対策で補助金詐|合同会社アイッシュ中村昭一逮捕|岐阜県高山市下岡本町1857-6|建設業許可番号を国土交通省検索
しっかりと国土交通省の建設業検索でもヒットされております。
県の入札対象の業者さんなんですね。63歳ですから判断基準も鈍っていたのでしょうか?残念でならないですね。

早くしろの意見もある

不法残留していたベトナム人がフードデリバリー大手ウーバーイーツの配達員として働くのを手助けしたとして、警視庁は22日、運営していたウーバージャパン(東京都港区)の幹部2人と、法人としての同社を出入国管理法違反(不法就労助長など)の疑いで書類送検し発表した。運営会社が不法就労に関連した容疑で書類送検されるのは初めてという。書類送検されたのは、かつてウーバーイーツを運営していたウーバージャパンと代表社員だった女(47)、コンプライアンス担当だった元社員の女(36)。組織犯罪対策1課によると、元代表社員らは昨年6~8月、在留資格の有無を確認せず、ベトナム国籍の男(30)と女(24)をウーバーイーツの配達員として違法に就労するのを助長した疑いがある。元代表社員は「報告を受けておらず、知らなかった」と容疑を否認、元社員は「外国人の登録に問題があることはわかっていた」と認めているという。同課によると、都内ではウーバーイーツ配達員の外国人が不法就労容疑で逮捕・書類送検される例が多数ある。警視庁はこうした事態を重くみて、対策を講じるよう運営会社に指導を繰り返してきたという。ウーバーイーツでは、配達員による交通法規やマナーの違反のほか、交通事故も後を絶たない。都内では警察への苦情が相次いでいるという。

「https://news.yahoo.co.jp/articles/85216a7faa7a61cd11f1857113629006e4115b31」ウーバージャパン幹部らを書類送検 不法就労助長の疑い(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース[2021/06/22 13:00配信]

何でも同じですが、逮捕してしまうと目が絶ってしまう事が一番懸念することであり、我々が知らない世界で取締を行っている部局は、「悪事の張本人」の「逮捕」は第一ですが、「教唆」「共犯」そして「将来」の「兆候」を知ることが重要だと思う。軽貨物運送でもある特定の「業者が悪い」となっても取引先やグループ会社そして代表者だけでなく役員。役員の前所属の法人など見なければならない所を隠される前に知っておく必要があります。そして知っている事を知られることを極度に嫌います(笑)この記事の対処部署が「組織犯罪対策部組織犯罪対策1課」が対応している。
警視庁組織規則第47条の3|組織犯罪対策第一課の分掌事務|不正滞在対策室
警視庁組織規則第47条の3に記載されている「不正滞在対策室」が設置されている部署が対応するんですね。今流行りの外資の実態把握もあるんでしょうね。色んな部署があるんだなあ。さすが桜田組ですよね。ウーバー配達員の不法就労は各地で摘発されている点も多くあり、情報関心が非常に高い事案なんでしょうね。頑張って頂きたいですね。

新型コロナウイルス感染を避ける消費行動やテレワークの増加にともない、中食業界は2020年に約8兆円の市場へと成長した。今後、マーケットはどのように変化していくのか。Uber Eats 日本代表 武藤 友木子氏と、開業1年で160店舗を展開した「東京からあげ専門店 あげたて」のGlobridge代表取締役社長 大塚 誠氏が、フードデリバリーの現状や展望について議論を行った。中食やデリバリーの売上は大きく伸びた。2019年から約1兆円市場規模が伸び、2020年は8兆円に届く勢いだ。デリバリー単体で見ても市場規模は4,183億円(2019年)から6,264億円(2020年)へと伸び、前年比+50%の成長率となっている。今後はデリバリーとイートインのハイブリッド型が模索されるかもしれない」と語った。まだ世に浸透しきっていない業態だけに、しばらく変化は続いていくのだろう。

「https://www.sbbit.jp/article/cont1/61897」Uber Eats 日本代表らが語るフードデリバリー市場、今から伸びる店舗は? |ビジネス+IT[2021/06/15配信]

コロナ渦の恩恵の部分もあるかもしれないが、次のトレンドであることは容易に想像が付く。生活の在り方も変わった。是非、同社同氏の活躍に期待したいですね。不法就労等の問題もありますが、より良いギグワーカーたちの銭の稼ぐ場を守っていただきたいですよね。彼らのお陰で委託費低減化が加速した側面もあります。本当に感謝している委託会社も多いのではないだろうか?日雇い仕事の幅が広がった事は確かですよね。

お上にも温情がある

おはようございます。
初めに、私から1点申し上げます。最近、持続化給付金の不正が多数明らかになっており、給付金を詐取したとして逮捕された者は30名を超えました。誠に遺憾であります。不正受給に対しては、引き続き警察と緊密に連携しながら厳正に対処をしてまいりたいと思います。他方、給付金を誤って受給したとして返還を希望する方が出てきています。このため、お手元にあるチラシを活用して、全国の消費生活相談窓口などを通じて給付金の返還を呼び掛けることとしました。給付金事務局のコールセンターで返還を受け付けていますので、一刻も早く御相談をいただきたいと思います。不正受給が確認された人からは、2割の加算金付きで返還してもらいますが、中小企業庁が調査を開始する前に自主的に返還を申し出た方は、実際に返還いただければ加算金を課さない考え方であります。具体的な返還方法は、返還を申請された方に対し、今月の中下旬以降に郵送で御連絡をいたします。持続化給付金事務局を装った詐欺には、くれぐれもお気を付けいただきたいと思います。詳細は、事務方から後ほど説明をさせていただきたいと思っております。私からは以上です。

「https://www.meti.go.jp/speeches/kaiken/2020/20201006001.html」梶山経済産業大臣の閣議後記者会見の概要 (METI/経済産業省)

「誤って」「事実誤認」などによる意図的ではない事業者で申請された方についてお上は不問にするとおっしゃっております(笑)なんて素晴らしいんでしょうか?勘違いで申請された方は、どしどし返還手続きしてくださいね。心のさもしい情けない心底までは誰も見えません。事業益を上げること資金繰りをする事業主の1丁目1番地を忘れ、目先の毒まんじゅうに心が動いた自分を見つめて見られては如何でしょうか?私は、なんて寛大な処置を行う行政に感謝ですね。私はそもそも該当者ではなく、申請するレベルにも達していない(笑)2020年11月にプロパーで融資実行して資金を集めにストックしていた部類です。私の周りの事業者も同じような手の打ち方だったように思う。今回の件で、少し延命しても根本が解決出来ないなら資金はいずれ干上がる。そしてちょっと遅れて退場となるだけです。真水がお上から支給された事業者は、時間が少し手に入った。その時間を根本の解決に使うのか?単なる臨時収入に捉えて、飲み食いに使うのか?それは事業主の考え方1つですよね。

遊び方を知らない35歳

ことし3月、女子児童を誘拐しホテルでわいせつな行為をした強制性交の疑いで、16日、35歳の会社役員の男が逮捕されました。逮捕されたのは、東京都新宿区の会社役員、杉山健一郎容疑者・35歳です。警察によりますと杉山容疑者はことし3月下旬、女子児童を中越地方のホテルに連れ込んで誘拐し、13歳未満と知りながらわいせつな行為をした強制性交の疑いが持たれています。杉山容疑者と女子児童は、SNSを通じて知り合い、数日にわたってやり取りをしていたということです。被害者の関係者から届け出があり警察が捜査していました。調べに対し杉山容疑者は「間違いない」と容疑を認めています。警察が詳しい動機などを調べています。

「https://news.yahoo.co.jp/articles/e45fe3e338fdd05aa08d9ffbc1e235c19a804e6c」女子児童をわいせつ目的で誘拐し強制性交した疑い 35歳の会社役員を逮捕 SNSで知り合う (TeNYテレビ新潟) – Yahoo!ニュース[2021/06/16 16:37配信]

35歳と杓子条規で年齢があるが、精神年齢が限りなく幼児に近いんではないだろうか?35歳の男に13歳の女子児童に用事は無いでしょう。成人女性を相手する器量も引き出しも無い35歳。13歳なら意に沿えるとでも思えたんだろうか?ワタシには一生分からないし、わかりたくもない。フードデリバリーのギグワーカーたちがSNSで女性に対する卑猥な言動が盛んに行われているが、これも上記の報道と何ら変わりが無いんでは無いだろうか?残念な限りです。損得勘定も善悪も甘いから未成年であり、35歳が考える話では無いが、残念ながらこの35歳は精神的未熟児だったんだな。未来の同行為に対する犯罪が無くならないのも精神未熟児が多数存在していることに言葉が出ません。同様な性犯罪を犯している精神未熟児の「竹之内麻温」も同様にキラキラネームが表している事は大いに存在しますね。

県内の障害者支援施設の所長を務める64歳の男が、施設を利用する10代の女性の胸を触ったとして準強制わいせつの疑いで逮捕されました。逮捕されたのは、障害者支援施設の所長で芦北町に住む上村敏継容疑者(64)です。警察によりますと上村容疑者は5月25日、県南地域の駐車場に停めた車の中で施設を利用する10代の女性の胸を触った疑いです。女性からの被害届を受けて警察が捜査を進め17日、上村容疑者を逮捕しました。調べに対し上村容疑者は胸を触ったことは認めているものの「嫌がっていると思わなかった」と供述しているということです。警察が詳しいいきさつなどを調べています。

「https://news.yahoo.co.jp/articles/3b9fdfdb366a708bc6277ad2cce75b3945b1237e」障害者支援施設の所長 準強制わいせつ疑いで逮捕【熊本】(TKUテレビ熊本) – Yahoo!ニュース[2021/06/18 13:49配信]

容疑者が発する言い訳って意味が理解できませんよね。嫌がっていなかったら64歳の施設長が利用者10代の女性の胸を触る必要があるんでしょうか?10代って報じられるから未成年でしょう。利用者であろうがなかろうが64歳のオッサンが立場を越え、自由恋愛の関係に至る訳が無い。一体、どれだけ自分のスキルが高いって勘違いするんでしょうか?私はEDです。その時点で世の男性諸君より劣っています。精神的にも肉体的にも(笑)こんなブログを書いているぐらいの精神年齢ですからね。そして労働意欲に乏しいニートであること棚に上げて本ブログを書いております。
よく似た施設長の漢字の羅列とヒットします。読み手側で判断ください。またブログ内検索で同所在地の検索及び数字の羅列と家族らしき別の漢字の羅列が多数検索されております。

熊本県水俣市芦北町大字芦北字松崎2504-1

取り込め詐欺は同じことを改めてする

場所と名前と組織を変えるだけ。手法は同じ。

民泊向けに商品を卸すとうそをつき、家電製品や食材計約2400万円分を業者からだまし取ったとして、警視庁捜査2課は17日までに詐欺容疑で職業不詳塚本勉容疑者(76)=東京都江東区=ら男4人を逮捕した。捜査関係者によると、4人は「民泊事業者に納入する」などと取引先に説明し、納品後に代金を支払わず商品をだまし取る「取り込み詐欺」を繰り返したとみられる。捜査2課は塚本容疑者が主導し、東京や茨城、兵庫、福岡など十数都県の約30社から総額約1億円分の商品を詐取し、売却したとみている。

「https://www.jomo-news.co.jp/news/domestic/society/303295」民泊用と偽り家電詐取の疑い 男4人逮捕、被害1億円か|社会|上毛新聞ニュース[2021/06/17 11:05配信]

民泊ってフレーズ良いですねwいっちょ上がりの76歳のグループの犯行です。76年間一体何を学んで来たのでしょうか?バックグラウンドが非常に知りたいですね。それとも公的安定施設にあと10年ぐらいタダ飯食えて冷暖房完備のムショで安定した生活を確保したかったのか?76歳が企てたというよりも手先だったんでしょうね(笑)

「開業予定の民泊に商品を卸す」とうそをつき業者から商品をだまし取ったとして、警視庁は16日、男4人を詐欺容疑で逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。業者を狙った「取り込み詐欺」と呼ばれる手口で、男らは商品を転売していたという。警視庁は男らが福岡や兵庫、東京など十数都県の約30社から少なくとも計約1億円相当の商品を詐取したとみている。逮捕されたのは、いずれも職業不詳の塚本勉(76)=東京都江東区=、浜元治正(82)=横浜市=、植田拓也(31)=千葉県習志野市=の3容疑者と、無職の工藤博容疑者(57)=東京都中野区。4人の逮捕容疑は2019年9月下旬~11月下旬、東京都の設備機器の卸会社や海産物の販売会社、茨城県の鶏卵会社にうその法人取引を持ちかけ、大量の脱臭機や冷凍食品、卵など(計約2400万円相当)を詐取したというもの。4人は「チャンネル・ヴイ」という実体のない卸会社を名乗っていたとされる。「電化製品」「海産物」などグループ内で担当を分けて業者に電話をかけ、「新しく開業する民泊施設で商品を取り扱いたい」などと説明。都内に用意した偽の事務所で商談するなどして信じ込ませ、指定の倉庫に商品を納入させていたという。

「https://www.asahi.com/articles/ASP6J6J95P6JUTIL03Z.html」食品、脱臭機…偽事務所で商談、「民泊に卸す」と詐取か:朝日新聞デジタル[2021/06/17 05:00配信]

こういう類が一定数存在しますから、個人事業に対してインボイスって大事ですし、掛売りに対する縛りが設定されている企業が多いですよね。大分、販売業者の与信力も関係しますからね。今回は、信じ込ませる為に「偽の事務所」まで用意した流れを見ると末端手先かもしれませんね(笑)
取り込め詐欺を行った容疑者たちが名乗っていた会社名「チャンネル・ヴイ」同名の法人が全国で1社だけ法人公表サイトで検索しヒットしました。
ちなみにこの法人は何をやっているんでしょうか?同名で上記の記事と同じ法人ではないんでしょうが?ちょっと興味持ちますね。法人番号公表サイトで1社だけヒットしました。

新型コロナウイルスの影響で従業員を休業させたとうその申請を行い、国の雇用調整助成金1700万円余りをだまし取ったとして、姫路市の会社役員ら3人が詐欺の疑いで逮捕されました。警察によりますと1人は否認し、もう1人は黙秘しているということです。逮捕されたのは、姫路市の会社役員、谷田久志容疑者(34)ら3人です。警察によりますと、3人は新型コロナウイルスの感染拡大で谷田容疑者が経営する会社の従業員8人を休業させたとうその書類を作成してハローワーク姫路に申請し、去年10月と11月に国の雇用調整助成金およそ1770万円をだまし取った詐欺の疑いが持たれています。調べに対して、谷田容疑者は容疑を認めていますが、ほかの1人は否認し、もう1人は黙秘しているということです。3人は知人で、このうち2人は去年11月、強盗傷害の疑いで逮捕され、その後の捜査で国の持続化給付金300万円をだまし取ったとして、ことし5月に逮捕されていました。警察によりますと、新型コロナをめぐる「雇用調整助成金」の不正受給が確認されたのは、県内で初めてだということです。

「https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20210623/2020013995.html」新型コロナ 雇用調整助成金を詐取の疑い 3人逮捕|NHK 兵庫県のニュース[2021/06/23 20:37配信]

兵庫県内では新型コロナ拡大以降で不正受給が初めて県内で確認されたみたいですね。コロナ感染拡大を抑制するにはワクチンですが、この手の不正受給にワクチンはありません(笑)単なる事業者の「欲」であり、資金繰りのド下手くそさに直視せず、犯罪に手を染める一番残念な人柱となってしまいます。

「谷田久志」「姫路市」「社長」

で単純に検索してみる。
タニダ創建株式会社「谷田久志」社長|1770万円の雇用調整助成金不正受給の疑いで逮捕される
類似名称は無くワンポイントでヒットしましたが、一致しないでほしい。何かの間違えであってほしい。
3名の逮捕のうち、谷田社長は容疑を認め、1名は否認、残り1名は黙秘です。3名のうち2名は強盗傷害の疑いで逮捕、持続化給付金詐欺の疑いでも逮捕されているオンパレードです。仲がよろしいようですね。
この続きで下記の公知情報まとめを書くのは大変心苦しいですが、同一人物かどうか分かりませんが同姓同名が代表者の会社があります。誤って同一視されないようにご注意ください。類似会社として注意喚起も含め掲載します。「谷田久志」の同姓同名が代表者である企業が姫路市に存在することは注意喚起の意味で掲載します。世界には同じ名そして風貌の人間が3人は存在します。その内の2名が姫路市内に居るかも知れません。それは誰にもわかりません。注意喚起です。

会社名 タニダ創建株式会社
所在地 兵庫県姫路市豊富町御蔭3353-27
代表者 谷田久志
法人番号 8140001104877

タニダ創建株式会社「谷田久志」社長|1770万円の雇用調整助成金不正受給の疑いで逮捕される|2017年頃のフェイスブック投稿
一時期流行りましたよね?筆文字でポエム的な事を路上で書いている人。ええこと書いています。私の面識ある方で、詐欺容疑で逮捕され起訴された経営者が居るんですが彼もポエム的な筆文字を色紙に書いてもらい事務所の見える場所に掲げていましたよ?そして誰に接しても「人間学」など講釈を垂れていたように思います。彼は詐欺容疑で起訴されましたよ。後5年後でもシャバに出て同じ事を繰り返すのでは無いでしょうか?顔写真と家族の画像も把握しておりますから、業界で変な事すれば一報入りますからね(笑)同じことはさせませんよw
タニダ創建株式会社「谷田久志」社長|1770万円の雇用調整助成金不正受給の疑いで逮捕される|2017年頃のSNSのプロフィールサムネ
同じ方では無いでしょう。「谷田久志」の名称で表現をしている人間は世界で3名以上は居ます。まして姫路市内に3名居ることも考えられます。年齢も同じ年齢の人間が一箇所で居るかもしれません。
名前と住所など有って無いようなもの。人相ほど大切な事はありません。
個人情報など大切ではありません。与信において意味が無い話です。
いずれにしても同姓同名が多数この世に居ます。同一人物では無いことだけお知らせします。「谷田久志」との名称で活動されている人間をテーマに記事化しました。

知らない事がたくさんある

世の中には知らない事がたくさんありますよね?
士業の先生とも生ポの話をよくしますが、これは面白い世界ですね。

盛岡市の生活保護を受けていた夫婦が、市からさらに1000万円余りを不正受給していたとして岩手県警に再逮捕されました。詐欺の疑いで再逮捕されたのは住所不定の無職糸田仁容疑者(53)と妻の奈津子容疑者(47)です。2人は2018年9月から去年7月までの間と今年4月、実際の宿泊費より高い金額の領収書を盛岡市に送り、市からおよそ1070万円をだまし取った疑いが持たれています。県警によりますと2人は盛岡市の生活保護を受けていて夫の仁容疑者の父親を含めた3人で県内外のホテルなどを転々としていたということです。県警は同じ手口で市からおよそ365万円をだまし取ったとして糸田容疑者夫妻を逮捕していて余罪を調べていました。

「https://news.yahoo.co.jp/articles/4339f406751180c6c5a0c2453ed708175d6ae596」生活保護費不正受給さらに1070万円 夫婦を再逮捕【岩手】(IAT岩手朝日テレビ) – Yahoo!ニュース[2021/06/17 10:51配信]

この夫婦の属性が大変知りたくなりますよね?支援団体ってどこなんでしょうか?「弱者救済」?弱者が声を上げ、自らが弱者などと言わないですよ(笑)一度でええから「住所不定」って言ってみたいですよね?
シリーズ16


※人物は全角
※住所の場合は、「4丁目4番5号」なら「4-4-5」半角