いつもの宅急便より早い宅急便ってなあに?


↑ 新しいクロネコヤマト 早朝時間指定 宅急便サービス ↑
S-PAT9時便 | ヤマト運輸
S-PAT9時便|お届け可能エリアPDF
航空便や混載チャーター便を利用して、夕方引き受けた荷物を翌朝9時指定でダイレクト納品が可能な宅急便サービスです。
航空貨物扱いでもありますので、引受可能な貨物制限がありますのでご注意ください。

宅急便?チャーター便?軽運送?何が違うの?

単純に

←早く(高額)      遅い(安価)→
チャーター便>当日宅急便>翌日朝指定宅急便>翌日時間指定宅急便>宅急便>デリバリープロバイダ

要は、スピード感がある配送便は高い。距離制だから100kmぐらいなら15000円ぐらいは必要。でもキッチリ届く。そして時間を売りにしているから延着時の損害賠償の対象にも十分に成りえる。

何が問題なのか?運送サービスの将来について

翌朝9時指定で確実性ならチャーター便。
でもチャーター便ほどお金を掛けたくない奴がほとんど。
まして個人ならこれ。
まだまだ法人ならリスク管理が出来ているから
宅配便なんて急ぐ荷物ほど使わない。

消費者は、良質なサービスを提供してほしいけれど銭は払いたくない

人間が乞食なほど数百円の宅配便を使って、無茶苦茶な要求をする。
そして思い通りにならないとチェーンソー何か振り回して、営業所に向かう奴も居る始末だ。
運送会社は誰から運賃を貰うか?

運送会社の本当の客は誰なのか?

本音と建前があってね。
それが分かっている奴は、電話をする場所が判る。
判らない奴ほどギャーギャー言って、「名前晒すぞ」的な書き込みをして、明日もまた変わり映えしない生活を送る。

今日も二極化が進むから、酒が楽しく飲めるし、気持ちよく博打と女が買える。

本当に問われているのは、宅配便を利用する個人客

日本郵便の「ゆうパック」とヤマト運輸の「クロネコヤマト宅急便」二強に無理難題を言う消費者たちへソッポ向かれたら、西濃・福山とかデリバリープロバイダで貴方の希望に沿う配送品質が要求出来ますか?問われているのは、運送事業者ではなく通販中毒の乞食個人消費者たちなんだよ?
過去10年間。出荷数量もあまりない消費者たちにカモられた宅配各社。
1個250円で宅配便or宅急便を発送していた消費者も居たほどに疲弊していた宅配各社。

1個あたり250円で1億個ぐらい出荷するAmazonぐらいならまだ許せレる(笑)
800円の2倍で1600円(60サイズ)ぐらいの価格帯になるだろうね。
だから宅配便のスケールメリットでの発送差益を求めるハイエナのクラウドオンデマンドサイトなどは利用運送化と化すだろうね(笑)
中国大陸の輸送じゃないんだから。
小さい小さいローカルサイズだから割高になるのも当たり前。
そしてそこに住んでいる心の狭い日本人は、銭を払わない代わりに要求することが神経質。
そんな奴らを相手にする以上は、価格は割高になるのも当たり前なのさ(笑)


最後に刈り取られる二強たちに。変わるのは利用者。

自由人ランキング