ヤマトHD、通期営業利益予想を220億円下方修正

株価が暴落しているだけ(笑)

不況が未だ実体として表れていない前段に過ぎない。

メディアに踊る人々

ヤマトホールディングスが30日に発表した2020年3月期第3四半期(19年4-12月)決算は、宅急便単価の値上げにより売上高は1兆2577億2400万円と前年並みを維持したが、自社集配網の構築に向けた人件費の増加が利益を圧迫し、営業利益が前年同期比32.6%減の500億7700万円と低迷した。これに海外関連会社ののれん減損などによる投資損失23億6700万円が加わり、経常利益は36.4%減の468億3000万円で着地した。デリバリー事業の取扱数量は、宅急便が13億9000万個と前年同期から0.7%減少、クロネコDM便も17.7%減の7億6100万冊だった。単価の上昇により、部門売上は1兆165億4700万円(1%増)と微増だったが、人件費の増加が響き、部門利益は348億600万円(41.4%減)と大幅減益となった。これを受けて同社は、通期の売上予想を400億円引き下げ1兆6300億円(前期比0.3%増)に、営業利益予想を220億円引き下げて400億円(31.4%減)とした。

2020/01/30の記事。アナルリストレポートでも昨年の11月ぐらいから警鐘は鳴らされていたこと。そして年初の下落トレンドをヤマトも理解している(笑)要は全て折込済みであること。しかし、この事実の切り抜きを行い動画が作成される。そんなものを見て、

やれヤマトが赤字だ。
やれヤマト終わりだ(笑)

そして委託ドライバーを雑に扱うからだ

なぜ株価と委託ドライバーの待遇と関係するのか?(笑)
委託ドライバーに取って割の良い案件とは?
企業側にとって、生産性が低い仕事であるってこと(笑)
早晩、継続性が維持できない事は景況感で容易に想像が出来るでしょう。

生産性が低い仕事だから

ヤマト運輸や宅配委託ドライバーに纏わる動画ネタにしている軽貨物系人気ユーチューバーたち
・ヤマト運輸
・佐川急便
・委託ドライバー
etc
検索すれば、人気ユーチューバーの動画が閲覧出来ます。
私は内部の人間ではございませんので、メディアより企業側のプレスリリース以外よくわかりませんが、彼らの目から見れば分かるみたいです。
これが再生数や登録者数増のサムネなんですね。勉強になります。

大暴落は必ず数多くの個人投資家が誕生する

軽貨物ドライバーと同じく、叫べばすぐに投資家と自称する人間が誕生する。
軽貨物ドライバーと同じく、継続性が重視されずに目先の額に目が行く派手さが好まれる。
大暴落の報道を目にすれば、割安銘柄を物色する方が多くなります。
前回のリーマン時より動画配信が主流となっている点。
トレードも軽貨物同様に大人気キーワードになろうかと思います。
猛進さんもトレードされているようです。猛進さんの推奨されましたヤマト銘柄はあれからいくら下落したのでしょうか?長期ホールドみたいですから何れ上がるでしょう(笑)
どんどん「軽貨物ドライバー&トレード」みたいな動画楽しみにしております♪
ヤマトと佐川と委託ドライバーの入り口の話なら
猛進さん
えいじ師匠
この2名でお腹いっぱいでしょう。コメント欄のポジディブコメントも併せて世論となります。彼らの逆張り行けば、大概は大丈夫だし目くらましぐらいになる。

物流会社はもはやファイナンス

現場の雰囲気で物流会社は語れない。必ずファイナンスと流通の両輪が物流会社となっている。
債券もCommodityもリーマン時と違い下がっていない。これをポジティブと捉えるか?ネガティブと捉えるか?どうなるのか?誰も分からない。だったら良いことは皆ハッピーになる。私は、まだリーマンと同じ事が発生していないと捉える。であるならば、現物以外の長期的な判断でない「買い」は短期的な負け含み損を必ず抱えると思っている。Commodityの下落と不動産リートの下落と混乱による銀行融資の焦げ付きや融資実行の減少などファイナンス系の大混乱が起きなければ、チャンスは来ないと思っている。

コロナや株価暴落以外の足元

本当に怖いことは、足元で何が起こっているか?
コロナや株価大暴落は何れ終息&安定する。既に両者とも互いに経済的な指標で折込済みであるということ。株価に至っては、デリバディブやAI含めた仕組み上の話の色も濃いと考えます。要は、軽貨物業者にとって取るに足らない。なぜなら投資家ではないので、事業は現物取引そのもの。取引相手が大企業なら影響あるが、アプリや二次請け含めた多重構造や内需業種なら悲観的になる必要はない。内需食品冷蔵や冷凍案件は、しっかり動いている。ドライの輸出入に伴う底案件が大打撃を受けているのではないだろうか?

海外輸出入の数字

2020/03/10 月次売上高情報(2020年2月)について|日本通運
コロナショック時の輸出取扱数量|日本通運
米中摩擦から立ち直れずコロナ。前年の6割。
輸入取扱は、前年14%減とどまる。
[輸入]国際航空貨物取扱実績2020年2月|JAFA HOMEPAGE【一般社団法人航空貨物運送協会】
地域ごとにバラツキがありますが、全体として輸入は8割。前年で約20%減。来月公開される数字のショッキングさ(笑)未だ株価に反映されていない。企業の決算に反映されていない。本決算を考えると更に下落が予想される。それでも貴方は動画を見ただけで割安感が生まれるのでしょうか?なら猛進さんの株価予想動画ぐらいのヌルい感じで損をしてください(笑)
JAFA HOMEPAGE【一般社団法人航空貨物運送協会】国際貨物取扱数輸出2020年1月
中国への輸出減から立ち直っていない足元がある。言い換えれば、中国以外で前年8割まで戻っている数字を見ると長期的な株価上昇の材料にはなり得る(笑)長期通しをお考えの方は、この数字だけでも買いのシグナルと取れても良いのではないだろうか?(笑)大暴落真っ只中で買いを続ける事は、メンタル的に出来るでしょうか?(笑)私はこまめに買い続けております(笑)
この数字からも中国向け以外の国際航空貨物は順調であるという点。
ここからでもKWEの輸出入の航空貨物取扱実績に前年並みである好成績の要因が関係しているのではないだろうか?
そして阪急阪神エクスプレスの上がった2月のホカホカ数字も思ってたよりもgoodな傷口で住んでいるのではないだろうか?
2020/03/05 航空貨物取扱実績(2020年2月分 自社)を更新しました
単純に全体の方面別では中国向けの発着が大打撃を受けているだけで他の地域はそれほどでもなかったが、武漢が終息に向かう現状から考えれば、割合が逆転するのではないだろうか?2021年3月期1Qの数字では、むしろ日通が改善してKWEと阪急阪神が悪化するのではないだろうか?そういうリスクは大いにある。各国が公表している数字が正しいことが前提ですがね(笑)

海外状況とは別の内需

内需陸送の宅配便の取扱数は増加している報道が多いがほぼ間違いない。
JAFA HOMEPAGEの内需航空貨物取扱数の実数が2020/02/27発表された。
JAFA HOMEPAGE【一般社団法人航空貨物運送協会】|国内航空貨物取扱数量2020年1月
前年並に数字が出ている。しかしコロナの前だ。残念ながらあまり内需は意味がない。輸出入が今後の軽貨物業界の幅広い案件数の絶対数を知る材料の一つだ。
2020年3月5日に同年2月の小口貨物取扱実績がリリースされた。
2020年3月期ヤマトHD小口貨物取扱実績[宅急便andクロネコDM便]
これだけの景況感でもやっぱり内需は良い。小口貨物の動きは良いですね。既に残り1ヶ月前で前年比レベル。ただしクロネコDM便の累計128%の前年比がミソ。DM便の価格改定も視野にしているでしょう(笑)数が多い需要が多い部分に値上げを設定する。それは最後に取っておく(笑)

何が起こっているか

2020年3月期の決算情報は、企業側が必ず知っている(笑)
これは当たり前ですね。
企業側は、景況感を意識したコスト削減を静かに協力に運び方改革を進めている。
[9076]セイノーHD第三四半期短信3Qレポート抜粋|軽貨物ジャーナリスト「カンパニー松永」
労働コストや外注コストが売上と共に上がる商業貨物系企業は、不景気を雰囲気を利用して抑制する仕組み作りを進める。その為にコストが下がるなら日雇い的な軽貨物ドライバーを確保したい。これは誰でも容易に想像がつく。
そんな目立った動きが紙面にメディアにリリースされた時は、仕上げの段階。
何も紙面に反映されていない時に妄想する事で先回りも出来るもんだ。今日明日やり始めた軽貨物ドライバーには意味がない話。末端の仕組みで右往左往することも大事な仕事ですね。
2月から本格的に動いているコロナ旋風そして渡航制限に伴う輸出入の動きは現時点で出ている情報を見れば、10%前後の振れで軽微と判断する人がほとんどだろう。たった2カ月ほどで10%全体で下方修正することの大きさを感じる。
2020/02/13 セイノーHD[9076]下方修正プレス
通期連結業績予想の修正に関するお知らせ
ヤマトや佐川や日本郵便のデータでは意味がない。ラストワンマイルと景況感と別モノはご理解頂けると思う。特に軽貨物は商業貨物の流通が命だ。商業貨物系の最大手の下方修正は景気減退を意識するには十分な情報だと思うが、1%の売上下方修正より「経常利益」9.6%下方修正。前回の連結予想と意味合いが違います。昨年12/23連結予想は、2019/12/6付「株式給付信託(J-ESOP)の導入に関するお知らせ」伴う特別損失計上であって、今回の下方修正は実体の影響下にある。
既に現在起きていることは、物流会社の4Q本決算では分からない。
2021年3月期の1Q短信で分かる。その時には既に株価はV字回復をしているかもしれませんね(笑)
不況の株高の到来です。
軽貨物運送病に侵された孤独のフリーランス「カンパニー松永」

 

 

 

実体として何も表れていないのに株価で騒ぐ軽貨物業界

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ
にほんブログ村