軽貨物・軽運送ニュースや即報をいち早くお届けして批判するサイト|地方の軽貨物フリーランスドライバー

器物破損罪・給付金の詐欺報道・わいせつ逮捕報道から学ぶ23

人の記憶が薄れる。
それは仕方がない話。

軽貨物業界にも過去の流れから見れば、無縁ではありませんw
シリーズ22からの続編。
わいせつ容疑での逮捕もクソ銭欲しさに補助金不正・助成金不正行為に手を染めた者も同じ。銭に魂を売るか?性欲に魂を売るか?善悪の判断もルールも無視する思考は軽貨物業界にも大いに参考になる人柱たち。彼らの残り一滴まで学びに繋げる。何としても不正受給やわいせつ行為の大罪を犯す人間を単に叩くのではなく、彼らを人柱として学びの教材にすることが肝要であります。彼らの立場に私はなっていたかもしれない。寝て起きると彼らの立場になるかもしれない。ボタンの掛け違いで、誰しも同じ事になるかもしれない。

持続化給付金詐欺容疑の報道

新型コロナウイルスの影響で収入が減少した世帯向けの緊急小口資金など合わせて100万円をだまし取ったとして、山梨県警は12日、暴力団組員の男を逮捕した。詐欺の疑いで逮捕されたのは、甲府市青沼の指定暴力団稲川会佐野組佐野興業組員=原田浩容疑者(44)だ。県警によると、原田容疑者は去年5月から12月までの間に暴力団組員であることを隠し、県社会福祉協議会から緊急小口資金と総合支援資金合わせて100万円をだまし取った疑いだ。原田容疑者は容疑を否認しているという。県社会福祉協議会は不正対策として、緊急小口資金などの申請者について県警に照会している。

「https://news.yahoo.co.jp/articles/bf2632b9696b88f44d2f243a6643472640098f7b」コロナ資金100万円詐取の疑い 暴力団組員を逮捕 山梨県警(YBS山梨放送) – Yahoo!ニュース[2021/08/12 19:37配信]

その世界の方も銭集めるのに苦慮されているんでしょうね。共に頑張りましょう♪

【苫小牧】新型コロナウイルス対策で国が支給する持続化給付金をだまし取ったとして、苫小牧署は12日、詐欺の疑いで、住所不定、会社役員斎藤潤樹容疑者(30)=別の詐欺事件で起訴済み=を再逮捕し、札幌市東区北43東16、会社員小島佑介容疑者(29)を逮捕した。斎藤容疑者の逮捕は4度目。逮捕容疑は昨年6月下旬、共謀して小島容疑者が個人事業主を装い、国に収入が減ったと虚偽申請し、給付金100万円をだまし取った疑い。

「https://www.hokkaido-np.co.jp/article/577676/」給付金詐欺疑いで2人逮捕 苫小牧署:北海道新聞 どうしん電子版[2021/08/12 19:45配信]

前回の報道から約1カ月。初回の報道から約2カ月。ようやく4名の中で残りの1名の累次報道に感謝です。

新型コロナの影響で売り上げが落ち込んだ事業者に支給される国の「持続化給付金」をだまし取ったとして、札幌市の暴力団員の男ら2人が詐欺の疑いで逮捕されました。警察は、だまし取った金が暴力団の資金源になっていた可能性もあるとして捜査しています。逮捕されたのは、▼札幌市白石区に住む六代目山口組系の暴力団「茶谷政一家」の組員、新谷嘉章容疑者(56)と▼札幌市北区の販売業、桜井聖久容疑者(48)です。警察によりますと、2人は、去年7月、桜井容疑者が営む通信販売業などの売り上げが、新型コロナの影響でおととしの半分以下に落ち込んだといううその申請書を作成して国に提出し、持続化給付金100万円をだまし取った詐欺の疑いが持たれています。警察は、捜査に支障が出るとして2人の認否を明らかにしていません。警察は、だまし取った金が暴力団の資金源になっている可能性もあるとみて捜査しています。

「https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210817/7000037483.html」持続化給付金だまし取った疑い 札幌の暴力団員ら2人逮捕|NHK 北海道のニュース[2021/08/17 17:52配信]

2021/06/04以来の記事化になります。次々出てきますね。違う分野でも大成するような方でしょうね。能力が有るって人はある意味でこういう容疑者のような方なんでしょうね。刑期を終え、過料払って軽貨物運送業界でお待ちしております。

代引き商品を配達員から強奪する企て

さいたま市大宮区のマンションで22日夕、荷物を配送中の運送会社員の男性2人が刃物で切りつけられた事件で、埼玉県警は30日、このマンションに住む無職の中井楽人(がくと)容疑者(20)を強盗殺人未遂の疑いで逮捕し、発表した。調べに対して殺意を否認したうえで、「内容については黙秘します」と述べているという。捜査1課によると、逮捕容疑は22日午後5時半ごろ、大宮区吉敷町1丁目のマンションで自分宛ての代引きの荷物を奪うため、運送会社員の男性2人を刃物のようなもので切りつけ、頭などに2週間~2カ月のけがを負わせたというもの。荷物は高級腕時計3本(計約940万円相当)で、中井容疑者は自室付近で男性らを無言で切りつけ、「荷物を持ってこい」と脅したという。中井容疑者は22日夜、東京都港区の宝石店内で包丁を所持していたとして、銃刀法違反容疑で警視庁に現行犯逮捕された。逮捕された際、「埼玉で2人刺した」などと大宮の事件への関与を認める話をしていた。

「https://www.asahi.com/articles/ASP4Z52Z4P4ZUTNB00F.html」代引き荷物奪おうと、配達員切りつけた疑い 男を逮捕:朝日新聞デジタル[2021/04/30 15:25配信]

今後もあり得る話ですね。代引の支払いをしないのに恫喝して「荷を置いていけ」などと言われることもあるでしょう。逆に大型商品などで玄関前渡しを不承した上で、「部屋に運搬しなければ代引きは支払えない」などと言われた過去があります。そんな時は、自己判断せずにすぐに管理会社へ取引先へ速報ですね。そして責任ある者の判断を伺いながら迅速にその場から離脱することです。よくマイナーな路線会社の個人宛を委託していると現場からドライバーが同様の「配達員の無償の善意」を強制的に促す受け取り客が一定数居ます。その場合はドライバーには「離脱すること」「身の危険を感じたら逃げる」ことを伝えます。後は事務的な事後処理をするだけです。「身の危険を感じた」この一点を発送元へ伝え返却すればいい。玄関置きでも複数人で配達先へ向かえばいいんです(笑)身の危険を感じてまで、自己判断してまでやる報酬でも無い。また受取人は、数千円を負った最低限の運賃であり、報酬以外の無償の作業を行う謂れはありません。こういう時こそ委託会社として徹底的に対応することが大切です。違う意味で用心棒代であり、そのために管理者が存在しますからね。こういう時に危機感がピンと来ない委託会社こそオサラバしてくださいね。

バレエの新進気鋭も性癖には屈する

バレエを指導した18歳未満の少女にわいせつな行為をしたとして、警視庁碑文谷署は16日までに、児童福祉法違反の疑いで、バレエダンサー伊藤充容疑者(25)=埼玉県上尾市谷津=を逮捕した。「性行為をしたことに間違いはない」と容疑を認めているという。伊藤容疑者は2015年、若手バレエダンサーの登竜門として知られる「ローザンヌ国際バレエコンクール」で3位に入賞している。 逮捕容疑は19年8月9日、東京都新宿区歌舞伎町のホテルで16歳だった少女とわいせつな行為をした疑い。 碑文谷署によると、2人は18年9月ごろ、マッチングアプリで知り合った。伊藤容疑者が少女にバレエの指導をしたこともあったといい、少女は「バレエの助言をもらっていたので、性行為を断れなかった」と話している。同署は、伊藤容疑者が活動拠点のオーストリアから一時帰国したところを逮捕した。

「https://www.jiji.com/jc/article?k=2021081600926&g=soc」ローザンヌ入賞バレエダンサー逮捕 指導の少女にわいせつ容疑―警視庁:時事ドットコム[2021/08/16 18:31配信]

「指導者」としての立場を自分の性癖を満たす下準備に使ったのは残念ですね。毒まんじゅうで示談されなかったのでしょうか?誰にも言えなかったんでしょうか?科料を払い、定められた諸手続きを終え、世界で活躍頂きたいものです。年齢問わず、立場をどう用いるか?当人の気持ち一つですね。

男子学生がその後次第

今年2月、岐阜県に住む男子高校生が、同じ高校に通う女子生徒の水筒の中身を別の液体にすり替え、誤飲させたとして逮捕されました。その上、水筒を使用できない状態にしたとして、暴行と器物損壊の疑いがもたれています。警察は、入れ替えられた液体の詳細を明らかにしていませんが、毒物や劇物ではないとのことで、女子生徒にケガはありませんでした。今回の事件で、男子生徒が暴行罪と器物損壊罪に問われたことについて、牧野太郎弁護士は「液体の詳細が明らかになってはいないが、通常は口にしないものを飲ませたとして『暴行』の疑いになっているのではないか。また『器物損壊』の疑いについて、女子生徒がその水筒を使用するのを、心理的に困難にするようなことがあったと推測される」と指摘しています。

「https://news.yahoo.co.jp/articles/3352c2aa7f1e90097571a51f2d6456d470404abf」女子生徒の水筒に「別の液体」入れ誤飲させる…男子高校生の逮捕容疑なぜ『暴行・器物損壊』 弁護士の見解は(東海テレビ) – Yahoo!ニュース[2021/04/29 20:57配信]

少年事件ですから、氏名や他の情報は公になりません。別に少年ですから致し方無いです。こういう事は長い経過と共に他人の口に箝口令をひくことはできませんから、少しずつ出てくるでしょう。この学生さんが、社会人になっていく過程で必ず引っかかるタイミングが出てきます。彼は、その時に自分の歪んだ性癖に気付くでしょう。罪名が、器物破損ってことがポイントです。この国の特に司法が歪んでいる事がわかりますよね。もっと大きな犯罪が発生しなければ、この国は変わらないんでしょう。彼らの考えならば、まだまだ失われる血が少ない限り、司法が変わることはないでしょう。期待するだけ無駄ですね。中身など知りたくもない。水筒に鍵をかけ、カバンに鍵をかける。そんな時代がまもなく訪れますね。
学生は学生でも大人に近い学生も性のコントロールが出来なかった。

長野市で女性の体を背後から触るなどのわいせつ行為をした疑いで大学生の男が再逮捕されました。強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、長野市の大学生・宮下隼輝容疑者(22)です。警察によりますと、宮下容疑者は去年10月、長野市内の道路上で10代の女性に対し、背後から体を触るなどのわいせつ行為をした疑いです。警察は宮下容疑者の認否を明らかにしていません。宮下容疑者と被害女性との間に面識はなかったということです。宮下容疑者は今年6月と7月にも別の3人の女性に対する強制わいせつや暴行の疑いで逮捕されていて、警察が余罪について調べていました。警察は、さらに余罪がある可能性も含め捜査を続けています。

「https://www.nbs-tv.co.jp/news/articles/2021081600000008.php」10代女性の体を背後から触る 大学生の男を再逮捕 強制わいせつの疑い | 長野県内のニュース | NBS 長野放送[2021/08/16 19:32配信]

被害者も見ず知らずの男に身体を触られる屈辱をなぜ味合わないといけないのだろうか?22歳でもガキと同じく欲すれば、手を出す。嫌なら泣くパターンに閉口するが、彼も前途有る身。過料を払いもしくは司法の裁きに従い第二の人生を歩んで頂きたい。この容疑者はきっと氏名も所在地も変えるでしょう。手癖とは、なかなか麻薬みたいなものですから治らないかもしれません。更生すること願っております。好きな言葉に「新・一心精進」良い言葉です。言葉とは、人を学びの道へと誘います。氏名とは、同じエリアに同姓同名が3人は存在すると言われております。それぐらい大した公知情報でもありません。改名すれば、別の人に見えることがあります。手癖は一生治らない。同じエリアの同姓同名の方はええ迷惑でしょうが、人間はクイズ番組みたいな正解と不正解が明確に線引き出来ればわかりやすい話ですがね。

この講師は歴史を教えたかったのか?

県立高校で英語を教える73才の男が元教え子の女性の体を触ったとして逮捕されました。準強制わいせつの疑いで逮捕されたのは兵庫の県立高校の非常勤講師蘆田道良容疑者(73)です。警察によりますと、蘆田容疑者は、2月28日の未明に元教え子である19才の女性を自宅に泊め、寝ている間に、服の間から手を入れて胸を触った疑いがもたれています。調べに対し蘆田容疑者は「体を触ったことは事実だが、服の上からだ」と供述しているということです。 蘆田容疑者は被害者の女性が高校に在学していた当時に英語を教えていて、女性が高校を卒業した後も個人的な相談などを受けていたということです。

「https://www.asahi.co.jp/webnews/pages/abc_11371.html」“元教え子”の女性(19)を自宅に泊めわいせつ行為・・・兵庫県立高校の非常勤講師の男(73)を逮捕[2021/07/09 20:51配信]

いくつになっても相談を受ける事は素晴らしい事ですが、73歳のじいさんが19歳の「教え子」の身体を触ったことについて問われた言い訳に品が無い。「身体を触ったことは事実だが、服の上からだ」と言い訳して通る話なのか?分からないぐらい混乱しているじいさんにはなりたくない。

女性の未来を遮っても6年の刑期

同僚の女性に性的暴行を加えた男に対し熊本地裁は11日、懲役6年の実刑判決を言い渡した。判決を受けたのは熊本市東区戸島の塩井景被告(37)。塩井被告は去年5月、勤務先の介護施設で同僚の女性に無理やり性的暴行した強制性交等の罪に問われたが「同意があった」などと無罪を主張していた。判決で熊本地裁は「同意を得ずに犯行に及んだことは明らか」と起訴事実を認め、求刑通り懲役6年の実刑判決を言い渡した。

「https://news.yahoo.co.jp/articles/b71c9070003571c5851f001942934498dc60400d」同僚女性に性的暴行 男に懲役6年実刑判決 熊本地裁(KKT熊本県民テレビ) – Yahoo!ニュース[2021/08/11 21:32配信]

37歳になっても「みずかけ論」に至らずに証明しようがない行為をはたらく可愛そうな被告。こんなヤツでも6年後に出所します。被害女性は、何がうれしくて同意の無い男に未来を遮られる必要があるんでしょうか?名前を変え、所在地を変えた、顔も変えた被告が出所すると軽貨物運送業界に是非とも参入頂きたいですね。

無くならない詐欺

仲間と共謀して架空請求の電話をかけ、岐阜市の高齢女性から現金1550万円をだまし取った疑いで男が逮捕されました。逮捕されたのは大阪市平野区の無職、紙岡大地容疑者(25)です。警察の調べによりますと紙岡容疑者は、去年10月から、仲間と共謀して岐阜市に住む81歳の無職の女性に架空請求の電話をかけ、11月と12月に現金あわせて1550万円を受け取りだまし取った詐欺の疑いが持たれています。警察によりますと被害者にかかってきた電話は、「あなたがお客様番号を他人に教えたことで問題になっている」「問題を解決するためには保証金を払ってもらわないといけない」「後でお金は返ってくる」などというウソの内容だったということです。警察は紙岡容疑者の認否について明らかにしていません。

「https://hicbc.com/news/article/?id=2021081101」「問題解決のため保証金を払って!」 架空請求で1550万円だまし取って逮捕 | 東海地方のニュース【CBC news】[2021/08/11 17:15配信]

きっと家族と分断している部分も多いんでしょう。定期的に出入りできる環境ならば、少しは違ったかもしれませんね。

生きていくのが辛くなったのか?馬鹿なのか?

微罪から重犯罪まで報道を目にすると生きることに希望など皆無。今日の快楽に走る馬鹿たちが世の中に多数気ぐるみを着て存在する。だからワタシは飯が食えるんだ。そう実感しますね。

岡山城(岡山市北区)の月見櫓(やぐら)(国指定重要文化財)や天守閣などで多数の傷が見つかった事件で、岡山県警は2日、愛知県清須市西市場6丁目の無職加藤丈晴(たけはる)容疑者(47)を文化財保護法違反や建造物損壊、器物損壊の容疑で逮捕し、発表した。「全く知りません」と容疑を否認しているという。城を管理する市によると、傷は1月18日、計30カ所で確認された。逮捕容疑は1月13日から18日までの間、岡山城の月見櫓や天守閣など数十カ所に線状の傷をつけたというもの。県警によると、このうち天守閣の傷には「加藤」と彫られたものもあった。高知城(高知市)や松山城(松山市)、福山城(広島県)のほか、桃太郎のモデルとされる吉備津彦命(きびつひこのみこと)をまつる吉備津神社(岡山市北区)の国宝の拝殿などでも似た形状の傷が見つかり、県警は関連を調べる。加藤容疑者は1月23日、岡山市内の駐車場で車を硬貨で傷つけたとして、器物損壊容疑で現行犯逮捕されていた。

「https://www.asahi.com/articles/ASP224335P22PPZB008.html」岡山城を傷つけた容疑で男逮捕 天守閣に自分の名前も:朝日新聞デジタル[2021/02/02 12:41配信]

結局、落書きしても「加藤」と傷をつけている点は「頭が悪い」ヤツなんですね。日々が楽しく無いんでしょう。日々の日常が楽しければ、ネットきぐるみは別として実社会で意思表示はしないです(笑)1度しか無い人生、今が良いか悪いか他人に判断される必要はありませんが、自分で判断つけた結論が器物破損罪を引き起こす結果を招いた。頭が大分悪いですね(笑)こういう人が一定数存在するから、ワタシみたいな頭が悪い者がスキルも無くても飯が食える社会なんですよね。その点は感謝しますね。今のご時世、見つからずに器物破損が出来ると思っている奴は居ないが、容疑者は日常がつまらなかったんでしょう。動機など考えても明日の1円の足しになりませんがね(笑)

シリーズ24


※人物は全角
※住所の場合は、「4丁目4番5号」なら「4-4-5」半角