エスライン、2Q増収も用車・委託費増で37%減益

絶好調なデリプロ決算よりも現実的な決算。

実はこちらの方が好感が持てる。

下期に向けた取り組みが下請け企業に影響

デリプロみたいな好調な一般貨物よりも一般的な決算内容だろう。
前期より今期は大分落ちる。二期前の水準かそれを割り込むことも他社含め大いにある。
エスライングループ9078
2019/11/07 2020年3月期第2四半期決算発表(参考資料)

エスライン以外でも傭車(用車)委託費増大による増収減益に伴い、下期は強烈な調整が入るのは当たり前。今期下期は一段と冷え込むだろう。年末時は実感としてないだろうから、2020年1月の新年初荷スタートから一気に様相が変わると想定しておいたほうが良いだろう。

報道各社の動き

エスラインが7日に発表した2020年3月期中間(4-9月)決算によると、売上高は248億6000万円(前年同期比1.7%増)と増収だったものの、営業利益は5億6100万円(37%減)、最終利益は3億1100万円(45.5%減)と前年同期に比べて大きく減益となった。物流サービス部門は、自動車関連部品・飲料・医薬部外品の保管業務が堅調に推移し増収。ホームサービス(個人宅配・引越し)部門では、消費増税前の駆け込み需要により家電配送・設置業務が大幅に増加したほか、引越しサービスについても法人引越しの受注が増加するなどして、増収となった。一方で、ドライバー不足の対応や休日配送業務に対応するため、用車や外部委託が増加。用車会社・外部委託会社・中継会社からの値上げ要求もあいまって、用車費・外部委託費が増収分を上回る結果となり、物流関連事業は部門売上244億3300万円(1.7%増)、部門利益7億800万円(33.5%減)の増収減益で着地した。

第一四半期Q1で委託会社からの値上げ要求による四半期ベースでの傭車費用増加は今期の課題だ。これはエスラインだけではなく、運送会社各社のテーマだ。
この部分に対しての構造改革を大手中心に動いている。2020年3月期の下期及び2021年3月期1Qに向けての大幅な構造改革費がキーとなるだろう。この構造的な改革を行わずして、来期以降の顧客からの値下げ合戦で収益性を確保することは期待出来ない。SGホールディングスやヤマトホールディングスのように2Q後半からの構造的な部署への人事異動が多発している点からも動きは読める。
下期と来期上期への期待値としては、今期下期でどれだけの構造改革的な材料に向き合えるかが鍵と妄想する。
大手の数字は、グループ会社によりポートフォリオの影響もあるから参考にならない。中堅特積みの地場メインで運送をコアとしている決算情報を見るのが一番参考になる。これは当たり前の話だが。未だに運送会社を論じる時にヤマト運輸やSGホールディングスを題材にするのも時代遅れと思わざる終えない(笑)

館内配送料も大手に追随して導入

西濃運輸・名鉄さんの導入でも有名ですが、エスラインギフさんでも導入しております。
こういう何れ導入しなければいけないネガディブ材料を先に導入する姿勢にも好感が持てます。何れ導入に伴う脱落荷主も他社の導入と共に再受託も大いにあろうかと想定も出来ます。荷主とはみずものです。
2019/07/01館内配送料収受地区一覧
2020年3月期の前期で導入出来ていない大手や中堅は何れ増税後の傭車費増加に伴い運賃改定や館内配送料を導入してきます。その時の脱落荷主も流動的になるでしょう。だから今期上期の減益はさほど大きな材料ではないと見ています。
むしろ下期や2021年上期(1Q・2Q)へ棚上げしている運送会社がネガディブ材料だと感じる。個人向けの再配達有料化に向けて、今回の館内配送料設定と同じスムーズな導入をされるでしょう(笑)さすがにうまいですね。

時間できたら追記します。

 

 

 

 

上場していなくても子会社に至るまで開示情報を掲載している会社が好き

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ
にほんブログ村