軽貨物・軽運送ニュースや即報をいち早くお届けして批判するサイト|地方の軽貨物フリーランスドライバー

器物破損罪・給付金の詐欺報道・わいせつ逮捕報道から学ぶ34|MKBニュース

人の記憶が薄れる。
それは仕方がない話。

軽貨物業界にも過去の流れから見れば、無縁ではありませんw
シリーズ33からの続編。
わいせつ容疑での逮捕もクソ銭欲しさに補助金不正・助成金不正行為に手を染めた者も同じ。銭に魂を売るか?性欲に魂を売るか?善悪の判断もルールも無視する思考は軽貨物業界にも大いに参考になる人柱たち。彼らの残り一滴まで学びに繋げる。何としても不正受給やわいせつ行為の大罪を犯す人間を単に叩くのではなく、彼らを人柱として学びの教材にすることが肝要であります。彼らの立場に私はなっていたかもしれない。寝て起きると彼らの立場になるかもしれない。ボタンの掛け違いで、誰しも同じ事になるかもしれない。

持続化給付金詐欺容疑の報道

新型コロナの影響を受けた企業への給付金、300万円を不正に受けとったとして男が逮捕されました。逮捕されたのは、岐阜県土岐市の自称・建築作業員、小塚健斗容疑者(23)です。警察によりますと、小塚容疑者は今年2月、新型コロナの影響で売り上げが減少した中小企業などを国が支援する、家賃支援給付金300万円を不正受給した、詐欺の疑いが持たれています。小塚容疑者は中小企業庁がインターネット上に設けた申請ページに、個人事業主を装って嘘の内容を入力し、自分名義の口座に振り込ませていました。警察は小塚容疑者の認否を明らかにしていません。家賃支援給付詐欺の摘発は、岐阜県で初めてで、警察は組織的な犯行の可能性もあるとみて全容を解明する方針です。

「https://news.yahoo.co.jp/articles/1e6685ca9ecc0826792784f395d119663d5d5b17」個人事業主を装い…家賃給付金300万円を不正受給 23歳の男を逮捕(CBCテレビ) – Yahoo!ニュース[2021/10/13 17:39配信]

続報に期待したいですね。途切れないですね。日本人は、清らかな方ばかりと思っていました。。。

2年間にわたって父親の死を隠し続け新型コロナの給付金を不正に受け取っていたとして警察は49歳の息子を再逮捕しました。警察によりますと吉元吉人容疑者(49)は2020年5月に死亡した父親の名義を使って国から全国民に1人10万円が支払われた特別定額給付金を不正に申請して父親と自身の2人分にあたる20万円をだまし取った疑いがもたれています。吉元容疑者の父親は2019年8月には死亡していて約2年間、糸満市の自宅に放置したとして死体遺棄の容疑で逮捕されていました。警察の調べに対し吉元容疑者は「覚えていない」と容疑を否認しています。吉元容疑者は死亡した父親の年金も不正に受給していた可能性があることから警察が余罪を調べています。

「https://www.qab.co.jp/news/20211011142854.html」父親の死を隠して国の給付金を不正受給疑い 49歳息子を逮捕 – QAB NEWS Headline琉球朝日放送[2021/10/11配信]

49歳の男の子が親の死と自ら親の名義で申請した行為について

覚えていない

で通ると思っているのが答えである。全てを物語っている。
銭が無いことは、理性をも失わせること。明日が我が身ですね。

新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして、愛知県警は21日、衆院議員事務所元スタッフで会社役員加藤裕容疑者(34)=名古屋市中村区=ら4人を詐欺容疑で逮捕し、発表した。セミナーで「私ども自民党としましては、みなさんが持っていない情報を持っている」などと話し、不正受給を持ちかけていたという。ほかに逮捕されたのは、三重県鈴鹿市の行政書士檀野真澄(71)、名古屋市中区の会社役員永井大貴(27)、高松市のアルバイト森本塁(21)の3容疑者。捜査2課によると、4人は共謀して昨年7月、森本容疑者の名義で国の持続化給付金100万円をだまし取った疑いがある。認否は明らかにしていない。自民党の熊田裕通議員(56)=衆院愛知1区=の事務所などによると、加藤容疑者は2019年10月ごろから約1年間、雇用関係のないボランティアスタッフとして事務所に出入り。熊田氏の名前入りの名刺を持ち、新規党員獲得や街頭演説の手伝いをした。昨秋ごろ、事務所側の聞き取りに不正受給への関与を否定したが、事務所の許可なくセミナーで給付金の説明をしたと認めたため、名刺を回収し出入りを禁じたという。

「https://www.asahi.com/articles/ASP3P6HXWP3MOIPE012.html」衆院議員元スタッフら4人逮捕 コロナ給付金を詐取容疑:朝日新聞デジタル[2021/03/21 19:50配信]

2021年3月と4月のデータが飛んで紛失していた記事が残っていました。

新型コロナウイルスの影響で収入が減った事業者に支給される給付金100万円を、元妻と共謀してだまし取ったとして、34歳の男が詐欺の疑いで逮捕されました。 逮捕されたのは、山梨県の自称トラック運転手、嶋田祐介容疑者(34歳)です。 警察の調べによりますと、嶋田容疑者は、去年7月、宮崎県内に住む元妻と共謀。新型コロナ対策の持続化給付金の申請を、元妻を個人事業者としたうその内容で行い、中小企業庁から持続化給付金100万円をだまし取った疑いです。警察は、嶋田容疑者の認否を明らかにしていません。警察は、共謀した元妻について任意で捜査を進めていて、他に共犯者がいないかや余罪がないかなどを捜査しています。

「https://news.yahoo.co.jp/articles/d4ef8b0f11e69a4ff7fd98ea70fbf0a7f6f44d22」元妻と共謀 新型コロナ持続化給付金をだまし取った山梨県の男を逮捕・宮崎県(MRT宮崎放送) – Yahoo!ニュース[2021/10/15 12:05配信]

我々運ちゃんが知恵を絞っても足がつきそうな程度のレベル。残念です。バレないと思ったんでしょうか?でも「自称トラック運転手」ですから定かでありませんね。

経営するウイグル料理店で実際は酒類を提供していないのに提供していたと虚偽申告し、新型コロナウイルス対策の感染防止協力金をだまし取ったとして、警視庁公安部などは詐欺容疑で埼玉県朝霞市の会社役員、長野蜂栗(ぱてぃぐり)容疑者(38)を逮捕した。認否を明らかにしていない。逮捕容疑は昨年9月、東京都新宿区高田馬場のウイグル料理店「ウルムチ」で、実際には酒類を提供していないにも関わらず、提供していると都に虚偽の申告をし、協力金20万円をだまし取ったとしている。同店のホームページには「完全ハラルのお店となっておりますので、お酒は提供しておりません」と記載されている。公安部によると、料理店の中国人従業員に関連した入管難民法違反事件の捜査の過程で今回の詐欺事件が発覚した。

「https://news.yahoo.co.jp/articles/9bafb61ca0ed569047c17cd31c92d4d65c929f50」ウイグル料理店経営者逮捕 コロナ協力金を詐取容疑(産経新聞) – Yahoo!ニュース[2021/10/15 12:53配信]

元立ちとして「公安部」である点からも本件は入り口に過ぎず、別の事が知りたいのかも知れませんね。やっぱり小説の読みすぎでしょうか?(笑)
珍しい漢字の羅列ですからネット情報からもある程度絞り込みが可能ですが、同姓同名は多数存在するものです。同一人物だと思い込まないこと。非常に大切な点に警鐘を鳴らしますよ。
会社役員ってことですから、代表取締役でも代表権が無く平取でも「取締役」であり、対外的に分かりづらい役員名ですから「会社役員」と報道することがありますね。

会社名 株式会社UYUL
所在地 東京都新宿区高田馬場3-36-9[登記:埼玉県朝霞市岡3-25-47][旧:埼玉県朝霞市栄町2-8-42 奥野荘105]
代表者 長野蜂栗[長野パティグリ]
電話番号 03-6331-3602・048-211-6889[0363313602・0482116889]
法人番号 3030001104505
公式URL 削除済「ウイグル料理 ハラル ウルムチ」[http://urumqi-tokyo.com]

長野蜂栗「長野パティグリ」容疑者の会社名「株式会社UYUL」が運営する飲食事業以外の留学生サポートから医療希望者サポートなど多岐に渡る商売
同社が某サイトに会社概要として記載していた内容になります。飲食店の申請の件で今回の報道がございましたが、事業内容は飲食に限らず多岐に渡ります。越境ビジネスなども範囲となっております。報道されている警視庁公安部のテリトリーは単なる給付金では無い点からも事業内容の飲食以外での何か続報があるのかもしれませんね。
コロナ給付金詐欺|知人親戚ら15人分を申請し、持続化給付金を1500万円詐取した疑い|寒河江圭佑容疑者|軽貨物ジャーナリスト「袋小路金造」

新型コロナウイルス対策として個人事業主らに給付される持続化給付金をだまし取ったとして、警視庁サイバー犯罪対策課などは、詐欺の疑いで、住所不定、自営業、寒河江(さかえ)圭佑被告(36)=別の詐欺罪で公判中=を逮捕した。「不正ではないと思っていた」などと容疑を否認している。サイバー犯罪対策課によると、寒河江容疑者は昨年6~8月、親族や知人などの20~40代の男女15人を勧誘してその名義を用い、個人事業主を装って虚偽申請を行っていた。詐取した額は計1500万円に上り、うち手数料として計約350万円を各名義人から回収していたという。逮捕容疑は、昨年6月22日、兄の名義を使い、収入が減った個人事業主を装って中小企業庁に持続化給付金を申請し、同30日、兄の口座に現金100万円を振り込ませたとしている。

「https://www.sankei.com/article/20211022-2J6THS446RJ2DH437LS3H4B424/」持続化給付金を詐取 自営業の男逮捕 – 産経ニュース[2021/10/22 13:02配信]

「寒河江圭佑」被告と報じられておりますから、当ブログがシリーズ的に記事化する前に逮捕され、起訴された被告人ですね。組織的な悪事ですね。刑期を終え、科料を払いシャバに戻ったその時に次に選ぶ仕事が何なのか?どの分野に行かれても頭がええ奴は残る。

微罪を犯そうと思う奴は軽貨物に向かない

選挙ポスターに落書きをしたとして男を現行犯逮捕です。警察によりますと、愛知県常滑市に住む無職・宮坂雅裕容疑者(51)は、21日午前9時ごろ、常滑市内の住宅の塀に貼られていた、10月31日に投開票する衆議院選挙の比例代表用の政党ポスター1枚に黒いペンで落書きした、公職選挙法違反の疑いが持たれています。パトロール中の警察官が不審な行動をしていた宮坂容疑者を発見し、その場で逮捕しました。調べに対し宮坂容疑者は容疑を認めていて、今回の衆院選で逮捕者が出たのは全国初ということです。

「https://hicbc.com/news/article/?id=2021102114」政党ポスターに落書きした男を逮捕 衆院選では全国初の逮捕者 愛知・常滑市 | 東海地方のニュース【CBC news】[2021/10/21 19:21配信]

10人が10人やろうとしない確率が高い事に熱を上げる性格は向かないと思う。相手との調整や貸し借りの中で契約が締結され、景況感や情勢を勘案して解除される時もあれば、追加で案件が増えるケースもある。どちらに転んでも「相手の責任」を問う事は無い。需給の増減責任が締結者相手にあると考えた事もないが、商取引に対して善悪を求める土壌が有る方は、司法の世界に行かれた方がよろしいかと思う。商取引や契約の状況変化に善悪を求めること筋違いであるが、なぜか正義の味方ヒーローになりたい軽貨物ドライバーが多すぎる点は危惧する。自らの首を絞めている事に気付かない彼らは哀れだわ。
自分の居る場所を間違えていても気付かない、ポジショニングが誤っている奴の相手をするとトラブルだけが舞い込んでしまうことだけは勘弁してほしいですね。自分の正義は、自分で作ったプラットフォームでお願いします(笑)

善悪の判断が出来ない男の末路

電線を掴み4時間以上叫び続ける迷惑男|自称電気工事士「滝塚智」容疑者56歳|大人になっても善悪の判断が出来ない可哀そうな男の末路

名古屋市西区上小田井二の金融機関屋上に侵入したとして、名古屋・西署は六日、建造物侵入の疑いで、東隣のマンションに住む自称電気工事士滝塚智(さとし)容疑者(56)を現行犯逮捕した。滝塚容疑者は約四時間半にわたって屋上に居座り、南隣の別のマンション方向に電線をつたって移動している最中、消防隊員が用意していたマットに落下した。逮捕容疑は、五日午後九時三十五分〜翌六日午前二時五分ごろ、二階建ての愛知信用金庫山田支店の屋上に侵入したとされる。署によると容疑を認めている。同支店は当時閉まっていたといい、署は侵入経路を調べている。居住するマンションは五階建てで、いずれかの階から同支店の屋上に飛び移った可能性もある。署などによると、滝塚容疑者は、警備員らが着用する電飾付きのピンク色のベスト姿で、拡声器を手に大声で「警察出てこい」などと叫び、暴力団や国会議員の名前も口にした。パトカーや消防車が現場に駆けつけ、付近住民も集まり騒然となった。

「https://www.chunichi.co.jp/article/342855」信金屋上に侵入の56歳容疑者逮捕 名古屋・西区、拡声器使い騒ぐ:中日新聞Web[2021/10/06 16:00配信]

最初に自分と関係がある代議士や役人そして小役人でも職業や属性は口にする事があっても特定の限定される事は口にしない(笑)違う迷惑が別方向から存在するからね(笑)別件の事件で安いホテルのフロントで自称不動産会社社長が3万円の宿泊費のコスパについてフロントマンを恫喝する事件と同様に銭が無いのに求める事が大きい属性の方は、きっと幸せを感じる時があるんでしょうか(笑)納税しない者ほど政治について語る奴が多いのと同じように見えますね(笑)小役人の接待ぐらいで雑誌の新聞の記事になるぐらいですから(笑)ノーパンしゃぶしゃぶぐらいで文句言うんだろ?(笑)我々が遊んでいる間もカリカリ人生掛けて勉強やって競争を勝ち抜いて役人になった彼らがノーパンしゃぶしゃぶや接待ぐらいさせてやれよ(笑)

安否確認が第一

株式会社シナジーパートナー|軽貨物ロジスティクス協会加盟企業|松原裕季|未払い云々は定かで無いが安否確認をまず行う|軽貨物ジャーナリスト「dotysolo」
ツイートを一方的に鵜呑みは出来ない。未払い云々は別として、まずは安否確認を行う手続きが大切。家族そして社員籍がある方通じて捜査当局へ相談。並行して「未払い」について雇用契約書が手元にあるでしょうから、名ばかり社員の講釈別として社保カード有する社員の方は労基など所管する役所へ相談ですね。取引相手の委託ドライバーについては、取引先の債権について回収が許される士業さんに相談です。その過程で、包括的に対処してくれる窓口が自然と出来上がるでしょう。snsで部外者が見える場所で思い込んだ発言をしてしまうと逆に士業さんから手紙が届く事もあるんでは無いでしょうか?慎重に相談すべき窓口へ相談ください。士業さんに着手金を払い、時間を味方に納得100%得られる保証はありませんが、取引先のトラブルについては根気強く願いたいですね。社員さんやバイトさんについては、行政も未払い給与について一定数の補填もございます。SNSで素人に感情的な相談をする前に餅は餅屋に相談くださいね。

会社名 [削除済]株式会社シナジーパートナー
所在地 千葉県市川市行徳駅前2-20-9 ラグナパーク102[旧:千葉県市川市行徳駅前2-1-15-501]
代表者 松原裕季
電話番号 047-383-9055・047-704-8555[0473839055・0477048555]
法人番号 8040001107535

当ブログの記事化の流れから考えると「軽貨物ロジスティクス協会」への加盟は初期グループに属していると勝手に思っております。
株式会社シナジーパートナー|軽貨物ロジスティクス協会加盟企業|松原裕季|代表者が行方不明な点が非常に心配です。運営不能なら迅速な廃業を|軽貨物ジャーナリスト「dotysolo」
代表者さんの安否が気になりますね。いろんな事件事故のトラブルに巻き込まれる場合もございます。まずは、近親者からの捜索願いで捜査当局へ届け出を。次に打つ手としては、事業として運営不能なら破産手続き申請しょうか?官報に掲載されるの待ちますね。そして債権者集会の日程もございます。そこで管財人から法人財産の額など教えてくれるんでは無いでしょうか?他県の士業さんの世話になり、他県の裁判所で届け出している運送会社さんも最近多いですよね。官報を毎日チェックしていると登記所在地が変わった後に申請したり、登記そのままで離れた裁判所から官報に掲載されているケースも多々見受けられますね。現在は、行方不明である点が心配ですね捜査当局の進捗が家族へは通知されますので。教えてくれる場合は委託ドライバーも耳にするんでしょう。

047-383-9055・047-704-8555[0473839055・0477048555]

ネット検索を番号で行うとFC加盟している事業が登場する。
047-704-8555「0477048555」ネット検索すると軽貨物運送とは別の「おたからや行徳駅前店」FC加盟している事業が存在する
「千葉県公安委員会 第441430000743号」古物商許可も大切な代表者さんの安否確認に材料になります。期限がありますので、本件に限らず古物商って免許と番号だけで鵜呑みにせずに都道府県の各公安委員会の検索サイトで適時データが存在するのか?委託ドライバーの個人事業主でも大切な仕事ですよ。仕事だけやっとればいいみたいな会社員マインドでは駄目です。取引先の状況の小さな兆候に目を凝らす訓練です。明日が我が身です。私なら逃走などせずに法人現金を使えるだけ使って、静かに飛びますね。自分だったら、どう逃げるのか?考える良い機会です。出国制限が無い時まで待っていたのかも知れませんね。日本は法治国家です。法人の責任も有限ですからね。

3年後に出所する事は忘れない

知的障害などがあり、家族以外と会話ができない症状のある女性を無理やりホテルに連れ込み、胸を触ったなどとして強制わいせつの罪に問われた元会社員に対して、大阪地方裁判所は、「何も言えないという被害者の特性を認識したうえでの卑劣な犯行」と指摘し、執行猶予のついた有罪判決を言い渡しました。大阪・堺市の元会社員の小倉寛太被告(40)は、ことし1月、大阪市内の路上で知的障害などのある19歳の女性に声をかけ無理やりホテルに連れ込み、胸を触ったなどとして強制わいせつの罪に問われました。女性は家の外では家族以外と会話することができない「場面かん黙」という症状がありますが、警察が筆談で聞き取ったり、詳しい聞き取りは検察官に一本化するなどして話しやすい環境を作り、被害を証言して調書を作成できたことが決め手となり、元会社員が逮捕・起訴されました。これまでの裁判で、元会社員は起訴された内容を認め「障害を持っているから警察に言えないのかなと思ったこともあります」などと述べていました。7日の判決で大阪地方裁判所の南うらら 裁判官は「何も言えないという被害者の特性を認識したうえで、欲求を抑えることができなかった卑劣で自己中心的な犯行だ」と指摘しました。そのうえで「反省の態度もある」として、保護観察のついた懲役3年、執行猶予5年を言い渡しました。

「https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20211007/2000052271.html」知的障害ある女性が被害証言 強制わいせつの罪で元会社員有罪|NHK 関西のニュース[2021/10/07 17:33配信]

これほどの大きな犯罪を犯すも懲役3年。執行猶予5年。性犯罪の罰則について後進国だと言われるのも仕方がないですね。被害者側からすれば、「仕方がない」と言われても受けた被害が軽減される訳でない。本来は、犯罪抑止について踏み込んだ話があっても良いんでは無いだろうか?加害者について身体的な加療が必要では無いだろうか?何度同じ犯罪が繰り返されないとイケないのだろうか?性犯罪者は、変わらない。変わることが無いこと前提で物事が進んで頂きたいと強く願う。自分の意志と別に身体が不自由な方もいらっしゃいます。でもリスクは等しく起きます。この手の犯罪を犯そうと思う考えるレベルの人間は、小心者であり人の目を気にする。自分よりも弱者と決めた相手を選定します。悪いことを行ったとされる部位は、ひねるなりやけどにするなり、極端な処置を行う事が無い限り抑止など皆無でしょうね。

同じ42歳でも行き着く先が違う

女子中学生にわいせつ行為をした疑いで逮捕|岩渕達也容疑者42歳|「図書館では欲情のスイッチが入る。性欲を抑え切れなかった」と容疑を認める

東京・新宿区の図書館で本を読んでいた女子中学生にわいせつな行為をしたとして、無職の42歳の男が逮捕されました。岩渕達也容疑者は9月22日夜、新宿区立中央図書館で本棚のそばの椅子に座り本を読んでいた女子生徒の体を触るなどわいせつな行為をした疑いが持たれています。警視庁によりますと、岩渕容疑者は他の利用者が近付くと女子生徒から離れるなどして、わいせつな行為を複数回繰り返したということです。女子生徒が交番に相談し発覚しました。取り調べに対し、岩渕容疑者は「図書館ではスイッチが入る」などと容疑を認めています。

「https://news.yahoo.co.jp/articles/ea0be2c49e4beb6b4307db82d067f3b6425de343」図書館で女子中学生にわいせつ行為か 42歳の男逮捕(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース[2021/10/18 12:04配信]

被害者の生徒が交番へ相談した行動は素晴らしい。怖かったけれど、よくぞ相談しましたね。容疑者の「やる気スイッチ」になぜ見ず知らずの女子生徒が被害に遭わなければならないのだろうか?この点のフォローが性犯罪の事後処理との乖離に疑問を毎度感じる。性犯罪についてアールオアナッシングでは無いんだろうか?

結末が無い性犯罪者たち

路上で下半身を触り、下着を奪った疑いで逮捕|強制わいせつなどの容疑|山名孝弘容疑者|結末の無い性犯罪者たち

「1人で歩いていた女性にわいせつな行為をして、パンツを無理矢理奪ったことは間違いありません」 逮捕された東京・北区の無職・山名孝弘容疑者(44)は、調べに対して容疑を認めているという。事件が起きたのは6月6日午後9時ごろ。山名容疑者は、東京・豊島区のひとけのない通りを、一人で歩いている10代の女性を見つけた。後ろから歩いて、近づくと、女性に思い切り抱きついて下半身を触るわいせつな行為に及んだという。山名容疑者の悪事は、これにとどまらなかった。女性の前方に回り込むと、スカートをめくりあげて、女性がはいている下着を引っ張って、剥ぎ取ったのだ。犯行はわずか1分間ほど。山名容疑者は終始無言で、奪い取った下着を持って走り去った。

「https://news.yahoo.co.jp/articles/5458ab01391869d335dd618860405ae87fcfb3de」「性的欲求抑えられず」 歩きスマホ女性狙い 路上でわいせつ・下着剥ぎ取り男 犯行わずか1分間(FNNプライムオンライン) – Yahoo!ニュース[2021/10/14 18:01配信]

供述した文言を目にする度に意味がわからない。

履いている下着が欲しかった

自分のかあちゃんに言えばいいのに。。。ソープのCAさんなら有料でオプション化も相談次第ではないだろうか?下着を貰っても邪魔になるだけでは無いだろうか?44歳でも自分の意に沿うべく行動する男の子たち。まるで子供みたな供述。

明日が我が身

17歳女子高生が後ろからはねられ重傷、軽トラックの60歳配送業の運転手を逮捕|下前和雄容疑者|軽貨物ジャーナリスト「dotysolo」
場所が違えど自分だったかも知れない。深夜に動くことが多い人は考えるでしょう。

13日夕方、静岡県三島市で女子高生が軽自動車にはねられ救急搬送されました。警察は運転手の男を過失運転致傷の現行犯で逮捕しています。13日午後6時頃、三島市中田町を歩いていた17歳の女子高生が、後ろからきた軽トラックにはねられる事故がありました。警察によりますと、女子高生は頭を地面に強く打ち出血していたものの、搬送時意識はあり重傷だということです。この事故で警察は軽トラックを運転していた三島市の配送業、下前和雄容疑者(60)を過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。現場はセンターラインのない対面通行の直線道路で、警察は事故の原因や当時の状況を詳しく調べています。

「https://www.sut-tv.com/news/indiv/12598/」女子高生がはねられ重傷 軽トラックの60歳運転手を逮捕 静岡・三島市 | ニュース | テレビ静岡[2021/10/14配信]

被害者の方が無事に快方に向かうこと切に願います。
シリーズ35


※人物は全角
※住所の場合は、「4丁目4番5号」なら「4-4-5」半角