軽貨物・軽運送ニュースや即報をいち早くお届けして批判するサイト|地方の軽貨物フリーランスドライバー

持続化給付金の詐欺報道・わいせつ逮捕報道から学ぶ13

人の記憶が薄れる。
それは仕方がない話。

軽貨物業界にも過去の流れから見れば、無縁ではありませんw
自分の事業を守るのは自分。大切なキーワードは後世に残すを合言葉にがんばりますw
シリーズ12からの続編。
わいせつ容疑での逮捕もクソ銭欲しさに虚偽詐欺行為で手に入れる容疑も同じ。銭に魂を売るか?性欲に魂を売るか?善悪の判断もルールも無視する思考は軽貨物業界にも大いに参考になる人柱たち。彼らの残り一滴まで学びに繋げる。

持続化給付金詐欺容疑の報道

去年8月、国の持続化給付金100万円をだましとったとして、愛知の男2人が逮捕されました。詐欺の疑いで逮捕されたのは、愛知県あま市の電気工事業、寺前恭裕容疑者(36)と名古屋市名東区の作業員、伊神太貴容疑者(25)です。警察によりますと、2人は去年8月、愛知県内の男子大学生(20代)を申請者とし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で事業の収入が減少したとうその申請をして、国の持続化給付金100万円をだまし取った疑いがもたれています。警察は、2人の認否を明らかにしていません。伊神容疑者が、去年11月警察に出頭したことで事件が発覚しました。警察は、2人がほかにも知人や友人を勧誘し給付金を不正に受給していたとみて調べています。

「https://news.yahoo.co.jp/articles/d8c66457077a3adb59fcc4d245ae99a6466fad0d」国の持続化給付金を不正受給か 愛知の男2人を逮捕(メ〜テレ(名古屋テレビ)) – Yahoo!ニュース[2021/06/15 20:07配信]

去年の夏の繁忙期の水揚げに納得いかなくてクソ銭100万円の詐欺行為に手を染めた電気工事業の事業者。

新型コロナの影響を受けた事業者に国から支給される「持続化給付金」をだまし取ったとして、19歳の少年が逮捕されました。詐欺の疑いで逮捕されたのは岩手県盛岡市の警備員の少年です。岩手県警によりますと少年は去年8月、県南部の20代知人男性にうその申請をさせ国の給付金100万円をだまし取った疑いが持たれています。県警は少年と知人男性について同様の詐欺事件で逮捕された谷口大希被告らとの関連を捜査しています。

「https://news.yahoo.co.jp/articles/cc12998b836c5743ef3bf60b6c85690dfea4b54e」持続化給付金詐欺の疑いで19歳少年を逮捕【岩手】(IAT岩手朝日テレビ) – Yahoo!ニュース[2021/06/10 17:07配信]

2020/11/30に記事化している「谷口大希」被告との関連性で続報が掲載されたんですね。細かな仕事ですが、当局は必死に良い仕事をされております。持続化給付金の詐欺行為を行い、被疑者扱いの可能性が出ている者も頑張って逃げ切れると思う気持ちも自由。年度末に向けて更に予算増額獲得に向けて結果を残すべく実績を積み上げている当局。両者ともそれぞれの信じる道で頑張ってくれ。たった100万円で心が動く容疑者たちを無駄にしてはイケない。人柱になって頂いた者もそうでなく逃げている者も頑張れ。

持続化給付金に限らず助成金に対して詐欺が多発

残念な話だが、当局が見抜けないと思っている事業者がこれほど多いのか?
「密告」って人の口を完全に塞ぐことは出来ない。

新型コロナウイルス対策で県が実施した観光キャンペーン「とくしま応援割」の助成金を不正受給したとして、徳島県警は13日、いずれも徳島市内に住む宿泊施設経営石田悦久(34)、母親でパート従業員の石田尚美(64)、会社役員神崎昌紀(36)の各容疑者を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。3人とも容疑を認めているという。とくしま応援割は、感染拡大で打撃を受けた観光業支援のため、県が6~8月に県観光協会に業務委託して実施した。県民を対象に県内のホテルや旅館の利用に伴う宿泊費を割り引くため、滞在した施設から交付される宿泊証明書などを利用者が事務局に提出すれば、1人1泊当たり最大5千円の助成金を県が支給した。徳島中央署などによると、石田悦久容疑者が鳴門市里浦町で経営する「鳴門ゲストハウスはじまり」に石田尚美容疑者ら12人が6月17日から5泊、神崎容疑者ら12人が同22日から5泊泊まったとする、うその宿泊証明書を発行。事務局宛てに送付して助成金を申請し、計60万円をだまし取った疑いがある。石田尚美、神崎両容疑者名義の口座にいずれも7月20日に各30万円が振り込まれていた。調べによると、石田悦久容疑者と神崎容疑者は知り合いで、ほかの宿泊者の氏名には石田悦久容疑者の親族らの名前が使われていたという。県側から8月下旬、「同じ申請者による数回の宿泊に伴う申請が確認され、不正請求の疑いがある」との届け出があり、県警が捜査していた。県警は、同様の手口による不正受給の有無を調べている。

「https://www.asahi.com/articles/ASNBG3GMQNBFPTLC02G.html」母ら12人が5連泊?コロナ助成60万円を不正受給容疑:朝日新聞デジタル[2020/10/14 11:08配信]

64歳の母親までクソ銭ほしさに犯罪に手を染めている。
公式URLもペライチに残っている。

会社名 Naruto GuestHouse はじまり[鳴門ゲストハウス]
所在地 徳島県鳴門市里浦町里浦字坂田2-4
連絡先 070-4437-7621[07044377621]
連絡先 narutohajimari@yahoo.co.jp

助成金を不正受給した事業者「鳴門ゲストハウスはじまり」代表者「石田悦久」と母親「石田尚美」|徳島県鳴門市里浦町里浦字坂田2-4で営業
真面目に民宿を運営されている事業者が多い中で、ロクでも無い事を考えるぐらいの思考なら仕方がないんでしょうね。残念ですね。せっかくこう有名なら宿泊させて頂きたいですね。

県の宿泊費助成制度「とくしま応援割」を悪用し助成金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元ゲストハウス経営者、石田悦久被告(34)=徳島市南田宮4、母で無職の石田尚美被告(64)=同市八万町=と知人の会社役員、神崎昌紀被告(36)=同市大和町1=の初公判が18日、徳島地裁(藤原美弥子裁判官)であった

「https://mainichi.jp/articles/20201219/ddl/k36/040/431000c」毎日新聞

毎日新聞だと被疑者の具体的な所在地までアバウトですが報じられております。
いずれにしても残念な話です。刑期を終え新たな人生でご活躍されること願ってやみません。25万円の助成金欲しさに詐欺をやる。ubereatsでも夢中でやれば作れる銭ではなかっただろうか?残念でならない。

別件でも同性同名者が逮捕されている

神奈川県横浜市のコロナ給付金詐欺容疑で前回記事化した時は「会社役員」の「泉勝彦」。今回は「会社員」の「泉勝彦」同姓同名の同氏が2つの容疑で逮捕されている。2021/04/13報道されたメディア記事では「商標法違反容疑」で逮捕され、2021/06/10持続化給付金詐欺容疑で逮捕。

新潟西署、新潟署、生活保安課及び東京税関新潟税関支署は13日、今年3月に新潟市内で偽バッグを買い取らせた商標法違反容疑で逮捕した男女2名を、県外における余罪で再逮捕した。再逮捕されたのは、神奈川県横浜市の会社員、泉勝彦容疑者(52歳)と新潟市中央区の会社員、桑原真弓容疑者(53歳)の2名。容疑者らは今年3月2日に新潟市内の3か所の古物営業所に偽バッグ計4点を買い取らせ、商標法違反の疑いで逮捕されていたが、その後の捜査により令和元年11月2日にも静岡県内に所在する古物営業所に対し、エルメス・アンテンショナル社が登録を受けている商標に類似する商標を付したハンドバッグ1個を買い取らせており、同社の商標権を侵害していたことが判明した。

「https://www.niikei.jp/65912/」偽バッグを買い取らせた男女2名を商標法違反容疑で逮捕 | 新潟県内のニュース|にいがた経済新聞[2021/04/13配信]

なかなかアグレッシブな52歳ですね。

定期的に詐欺行為が発生する

それは「雇用調整助成金」。。士業と事業者のセット(笑)

新型コロナウイルスの影響で業績が悪化し、従業員を休業させた場合に国が支給する雇用調整助成金をだまし取ろうとしたとして、岡山市の社会保険労務士の男ら2人が詐欺未遂の疑いで6月9日、逮捕されました。逮捕されたのは、岡山市北区富原の社会保険労務士、磯島武容疑者(46)と、北区撫川の会社役員、たかはし健太容疑者(38)です。警察によりますと、2人は共謀し、2021年2月26日から3月25日までの間、たかはし容疑者が代表取締役を務める石材加工会社が、新型コロナの影響で従業員を休業させたり休業手当を支払ったりしていないにもかかわらず、虚偽の休業手当、約38万4000円を含む約83万2000円の雇用調整助成金を申請してだまし取ろうとした疑いです。2人が郵送した申請書などを確認した岡山労働局の職員が不正申請に気付き、警察に相談していました。警察の取り調べに対し、磯島容疑者は「申請したことに間違いないが、従業員の勤務実態までは知らない」と容疑を否認していて、たかはし容疑者は容疑を認めているということです。警察が余罪などを調べています。

「https://news.yahoo.co.jp/articles/aa90f56735d177d1ba2e9fc4105c31bebb17e7fc」雇用調整助成金をだまし取ろうとした社労士など2人逮捕 労働局職員が不正申請に気付く【岡山・岡山市】(OHK岡山放送) – Yahoo!ニュース[2021/06/09 18:09配信]

お役所のファインプレーですね。良い仕事をなされております。来期予算獲得の大切な仕事です。どんどん詐欺行為を見つけてまいりましょう!
岡山県で同氏名で検索すると1社の社労士さん事務所が表示されます。
社会保険労務士|磯島武|09075025354|守成クラブおかやま後楽会場HPから会員さん引用|軽貨物系ジャーナリスト「doty solo」
この同姓同名の先生では無いでしょう。
税理士さん同様にええ仕事をされるってことと別の意味と紙一重に感じますよね。
きっと依頼主の要望に「全身全霊で対応したい!」って気持ちが他の士業さんより強かったんだろうと私は信じたいですね。
会員紹介|岡山県社会保険労務士会|磯島事務所|磯島武|086-254-5601「0862545601」
私なら依頼主の100%の要望に応える事は出来ないと諦めている程度のモチベで仕事やっておりますw
依頼主さんも岡山県北区の石材屋さんで且つ「高橋健太」氏の名称で代表取締役に就任中の法人は1社となっておりました。
「雇用調整助成金」詐欺未遂容疑逮捕|有限会社武田石材|高橋健太|岡山県岡山市北区​矢坂本町26-24|086-252-3421「0862523421」
2021年報道時の年齢は38歳。前途がございます。きっと第三者に唆されたのかもしれません。会社をよくしたい。もっと工夫で職場環境の改善に取り組んでやられた矢先かもしれません。今後の捜査の進展を見守りたいです。悪い事を起こすような感じでは無いのではないか?そう思えてなりません。
過去の同様の詐欺容疑での逮捕でも互いの意思疎通が図れていなかった。互いの勘違いが存在していたのでは無いだろうか?起きてしまった事は致し方がない。。。でも前途ある身です。良質な製品を世に出して頂きたいと思う。必要とされている法人さんでしょうから。
いろんな都道府県に鎮座する厚生労働省の出城「労働局」素晴らしい悪事を企てた法人が過去5年間掲載されております。
「雇用調整助成金」詐欺未遂容疑逮捕|不正受給した法人リストが過去5年間掲載されております
掲載されている法人。代表者から紐付けされた別会社。グループ会社。いろんな法人が関係します。そのデータをストックせずに何を学ぶんでしょうか??行政は素晴らしい仕事を行ってくれてます。自分たちで与信データの基礎となる素材がこれほど存在するのになぜに軽貨物運送の継続性の為に「有料教材」を他人から買う必要があるんでしょうか?全く意味が分かりませんね。

2011年11月7日、京都府警組対2課などは、厚生労働省の中小企業緊急雇用安定助成金制度を使った約1千万円の不正受給について、詐欺の容疑で京都市左京区岩倉花園町のコンサルタント業「KINGホールディングス」元社長、李昌桂容疑者(49歳)ら5人を逮捕しました。中小企業緊急雇用安定助成金制度は社員を休業させる雇用保険の適用事業主に休業手当相当額の一部などを助成する制度です。李容疑者は平成21年12月から昨年4月までの間、経営する風俗店の従業員延べ約110人について、勤務実体がないにも関わらず計約1400日間休業させるという虚偽の申請書を京都労働局助成金センターに提出し、計約1千万円を不正に受給したとのことです。

「https://www.nudec.jp/information/628.html」三重 鈴鹿 四日市 津市 社会保険労務士(社労士)法人ナデック » 中小企業緊急雇用安定助成金、不正受給 元社長ら5人逮捕―京都府警

2011年の今から10年前の記事であり、引用元は三重県の士業さんの公式URLから引用しました。10年経過しても色褪せない記事です。

会社名 KINGホールディングス株式会社
所在地 京都府京都市中京区河原町2条下ル一之船入町375 SSSビル401
法人番号 6130001044366

移転もせずに存在している法人さん。法人番号公表サイトで同名検索で1社のみ京都府でヒットしました。記事をそのまま信じれば、京都府警の「刑事部組織犯罪対策第二課」が動いた点を見るとお察しがつくように思います。
京都府警察本部組織犯罪対策第二課さんのお仕事の内容の一端が知れる公式URL|1つ1つ学びましょう
私みたいに頭が悪いと何を目的に仕事をなされている部署か分かりません。。。
でも公式URLでしっかりと専門分野が掲載されております。刑事部でも多数専門分野ごとに部署が細分化されております。この部署さんのお仕事は、この関係する法人や個人さんを相手に商売をされているんですね。大変勉強になりました。

架空の会社名を使い、国の中小企業緊急雇用安定助成金3200万円をだまし取ったとして、広島県警は4日、建設会社長の箱崎喜一容疑者(39)と同社取締役の西村洋容疑者(46)を詐欺の疑いで逮捕し、発表しました。ともに容疑を認めているということです。同助成金はリーマン・ショック後の2008年12月に創設された制度で、従業員を解雇せず、一時的に休業・出向させる企業などに支給されます。県警は被害が約2億円に上る疑いがあるとみて調べています。県警によると、両容疑者は2009年9月~2010年8月、16人の従業員がいるとする架空の会社名で広島労働局へ助成金を申請し、休業補償など1年分計約3200万円を詐取した疑いがあります。労働局が2010年7月、助成金を給付した企業の実態を調べ、発覚しました。

「http://www.nishida-support.jp/article/14036965.html」雇用助成金3200万円不正受給容疑で会社社長ら逮捕―広島

いろんな士業の先生方のホームページに助成金詐欺に関する記事が掲載されております。1つ1つ大切な記事です。一生懸命依頼企業の為に骨身を削ってフォローされている士業の先生方も全国各地に存在します。1つ1つの記事を通じて警鐘を鳴らされております。私も同じ穴に成らぬように説明が果たせる各種手続きを実行して参ります。明日が我が身と思い、突然の説明する機会が発生しても淡々と説明出来るように日頃から連絡を密に参りたいですね。

新型コロナウイルスの影響を踏まえた国の雇用対策の助成金200万円余りをだまし取ったとして、札幌市内の整骨院の経営者ら男2人が詐欺の疑いで逮捕されました。逮捕されたのは札幌市中央区に住む整骨院経営の吉田雄祐容疑者(37)と、従業員で札幌市北区の近藤慎吾容疑者(42)の2人です。警察の調べによりますと、吉田容疑者らは去年、うその書類を使って国の「雇用調整助成金」200万円余りをだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれています。2人は新型コロナウイルスの感染拡大によって整骨院の事業を縮小したり、従業員を休業させたりしたように装い、助成金を不正に受給していたということです。警察の調べに対し、吉田容疑者は容疑を認め、近藤容疑者は「自分には関係ない」などと否認しているということです。警察はほかにも同じ手口で国の助成金をだまし取っていたとみて、さらに調べています。

「https://takayuki1iwata.hatenablog.jp/entry/2021/03/11/093139+&cd=10&hl=ja&ct=clnk&gl=jp」雇用調整助成金詐取か 2人逮捕 – 整骨院・接骨院用レセコン営業マンの日々

持続化給付金同様に雇用調整助成金も理由は「コロナ」として同様に報道されております。本ブログが掲載された後に元ブログは記事を削除されておりますが、同じように悩んでいる方々の大切な記事となります。掲載くださって感謝です。
助成金申請条件を満たしているならば、どんどん申請すればいい。もらえるモノは堂々と申請すればいいと思う。

日経電子版より 神戸地検特別刑事部は28日、国の助成金をだまし取ったとして経営コンサルタント会社社長、石川亮容疑者(39)=大阪府高槻市=ら3人を詐欺などの疑いで逮捕した。地検によると、非正規労働者を正規雇用に転換するなど処遇改善を目的とした「キャリアアップ助成金」の制度を悪用する手口で被害総額は約1億5千万円。地検は認否を明らかにしていない。石川容疑者の逮捕容疑は2014~18年、顧客企業12社の正規従業員134人について、非正規から転換したと虚偽の申請書を労働局に提出し、助成金計約7400万円をだまし取った疑い。他の2人は同様の手口で計約7600万円をだまし取った疑い。 地検は石川容疑者らが顧客企業に詐取を持ちかけ、助成金を受け取った企業から報酬を得ていたとみており、共謀関係について捜査している。

「https://sr-kawase.com/74198/2019/03/05/%E5%8A%A9%E6%88%90%E9%87%91%E8%A9%90%E5%8F%96%E7%96%91%E3%81%843%E4%BA%BA%E9%80%AE%E6%8D%95%E3%80%801%E5%84%845%E5%8D%83%E4%B8%87%E5%86%86%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E3%80%81%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%9C%B0/」助成金詐取疑い3人逮捕 1億5千万円被害、神戸地検 | 河瀬社会保険労務士事務所 | あま市・名古屋市で障害年金相談ならお任せください。

こういう記事は元ソースが大切でしょうが、私は士業さんがコア事業である部分に対して暗に警鐘を鳴らされている点を大切に考えたい。元ソースよりも士業さんのページを引用する事に意味があります。

新型コロナウイルス感染拡大を受け、国が雇用保険未加入の従業員の休業手当などを助成する「緊急雇用安定助成金」をだまし取ろうとしたとして、岡山県警は21日、大阪府岸和田市の会社員、安炳均(あんへいきん)容疑者(38)=韓国籍=と岡山市南区の自称教材販売業、明石祐其(ゆうき)容疑者(29)を詐欺未遂容疑で逮捕した。県警によると、同助成金に関する逮捕は全国で初という。逮捕容疑は、2人は明石容疑者の知人が代表を務める保険代理業の事業所を飲食店と偽り、新型コロナの影響で売り上げが減少した事実がなく、雇用保険未加入の従業員がいないにもかかわらず、6月に虚偽の申請書類を笠岡公共職業安定所(岡山県笠岡市)を介して厚生労働省岡山労働局に送付し、助成金をだまし取ろうとしたとしている。県警によると、知人が助成金支給前の7月13日に県警笠岡署に自首し、助成金は支払われなかった。安容疑者は容疑を否認し、明石容疑者は「虚偽の申請は間違いないが、だまし取る気持ちはなかった」と一部否認しているという。

「https://mainichi.jp/articles/20201021/k00/00m/040/246000c」コロナ助成金詐欺未遂容疑で2人逮捕 「緊急雇用安定助成金」では全国初 岡山[2020/10/21 19:56配信]

この手の詐欺は無くなる事はありませんね。しかしこの人柱の「図太さ」これは学ばないといけません。図太さの用い方にモラルがございませんが、使い方が正しい道であれば大いに結構な話ではないだろうか?きっと彼らは何にも思っていない。次も次の抜け道を探し、生き抜いていくでしょう。
シリーズ14


※人物は全角
※住所の場合は、「4丁目4番5号」なら「4-4-5」半角