Uber

ローソン、店舗に物流機能持たせ宅配展開、物流網統合

コンビニ経営の改編にラストワンマイルを用いる

15年度から一部の店舗に集配機能を持たせ、担当者が高齢者宅を訪問してタブレット端末を利用して買い物を支援する「御用聞き」と宅配に乗り出す計画を表明した。
現在も一部の店舗が主体となり、店舗にある商品をベースに御用聞き・宅配する試みが行われているが、15年度からはローソン本部の取り組みとして店舗に物流拠点機能を持たせることで、対象商品をECからの注文に拡大。
この取り組みに合わせてローソンフレッシュ、大地を守る会、らでぃっしゅぼーやといった青果・食品宅配を展開しているグループ会社の物流網を15年中をメドに統合。店舗からの宅配・御用聞きサービスを拡大する基盤として活用する。
引用元: ローソン、店舗に物流機能持たせ宅配展開、物流網統合

2015年の記事であるが、信憑性が増してきた。
センター受取宅急便の応用バージョン。センターがコンビニであり、コンビニは最終型ではないからスーパーとホームセンターの複合巨大施設&住居スペースがある高層マンションがワンセットの施設がきっと次世代の姿だと思う。戸建配送と言う言葉が死語になる。この妄想の巨大複合商業&住居施設と施設間を結ぶ基幹輸送を自動運転が担う時代がすぐそばまできている。

現時点で展開が難しい店舗側でのラストワンマイル

2018年時点でも都市部は兎も角地方での店舗発着運用が展開出来づらい環境下と感じます。
店舗自体も手狭で且つ人員確保の不安定さもあります。
コンビニ経営においても何とか底上げを図りたい気持ちは変わっていないと思います。
イートインそしてスーパー化。店内調理等を打ち出したものの店舗側FC運営において人件費がかさむと言う負のスパイラルに陥っている現状でもあります。ただ景色は間違っておらず何れそういう形が当たり前であると思う。uberとコンビニが組む。その地方へのきめ細やかな新物流網に乗っかる会社が潜在的に存在すると言うことを我々は充分認識する時に来ているのではないでしょうか。

ローソンではない本質はSGH佐川急便だと思う

ローソンとSGHの共同出資会社「SGローソン」は資本金は1億円でローソンが51%、SGHが49%を出資して6月に設立する。まず東京都世田谷区を中心としたローソン約20店で店舗から半径500㍍程度の小商圏を対象にサービスを展開する。
引用元: 〝ラストワンマイル〟争奪戦勃発! 鎖国派セブンvs開国派ローソン、軍配は?

SGHの目の付け所が冴えに冴えていると言いましょうか?(笑)

グループ企業一覧を見ても理解できるように将来と現在とのバランスが取られた買収策を経営陣は講じている中々株主大好きな姿勢ですね(笑)

不在時に宅配された荷物の店頭での受け取りや専任担当者が個人宅への荷物の配送、さらにローソン店頭で販売する弁当などの商品を一緒に届けるご用聞きサービスなどを展開、いわば店舗をハブ拠点として活用する形。ローソンでは2016年度に、同サービスを展開する店舗を全国の500店、17年度に1000店に拡大する。
 ローソンはSGH以外でもネット通販大手アマゾン・ドット・コムの日本法人とも提携し、アマゾンで購入した商品を店頭で迅速に受け取れるようにするなど、自社のネット商品などにこだわらない展開を進めている。今回のSGHと提携で、さらに小商圏からの顧客の来店頻度を高めようという戦略だ。
引用元: 〝ラストワンマイル〟争奪戦勃発! 鎖国派セブンvs開国派ローソン、軍配は?

ツーオペorワンオペ運営なんて夢のまた夢(笑)
そもそも開業者が減少傾向にある起爆剤になればいいのにね。
これが再配達有料化する再宅配料金徴収スキームの1つになればいいのに。
個人客から再配達を通じて、繰り返し運賃再徴収スキームの構築の一翼を担うに違いない。この再徴収を繰り返す新たな収益スキーム争奪戦とでも言うな。

佐川急便とヤマト運輸それぞれ配送網のターゲットが違う

B to Bをターゲットに構築された→佐川急便
C to Cをターゲットに構築された→ヤマト運輸
大まかにざっくりと言うと当初のターゲットから派生する時代に突入したけれども「名残」があるということ。
そして何より利用者たちが全て同じだと勝手に思い込んでいると言うこと。
「客の勘違いか?」と利用客からはクレーム言われそうですが(笑)
利用客の姿
色んな考え方が存在するも再配達を無くすことは新しい収益構造の芽を摘むことになる。私はそう考えます。

宅配便を用いて個人客相手に煩わしさを感じるよりもB to Bで高収益を得る方が効率が良いのがわかりますね。
日本通運と佐川急便との戦いが始める。個人客を相手にするより騙し騙しいなす方がいいですね。
ローソンフレッシュピックのように客に届けるのではなく「来さす」下地を準備することが大事ですね。
そうすればアホみたいな運送屋も駆逐される(笑)

もっともっと電機メーカー同様に自前配送自体の商売ロジックが崩壊していくだろう。そしてその下にひも付きでいる下請けも右往左往することがないように親方を監視していく必要がある時代ですね(笑)
軽貨物運送にまったくもって無縁の情報である。

悪い情報ほど迅速に


見習わなくてはなりませんね。

佐川急便だけじゃないセイノーHDも追随する

SGローソンの報道が目立つけれど実はセブンイレブンとタッグを組んだセイノーHD(西濃運輸)MOKUBAが金融的に好きなSGHとセイノーHD(笑)

セイノーホールディングス株式会社(本社/岐阜県大垣市田口町1、代表取締役社長/田口 義隆、以下:セイノーHD)と株式会社セブン‐イレブン・ジャパン(本社/東京都千代田区二番町8‐8、代表取締役社長/古屋 一樹、以下:セブン‐イレブン)は、セブン‐イレブン店舗において、御用聞き・お届けサービスの一層拡大に向けて、相互に協力することを目的に業務提携契約を締結いたしました。
引用元: セブン‐イレブン・ジャパンとのお届けサービスの拡大に向けた業務提携について

セイノーHD100%であると言うこと。SGローソンと違い地方都市で展開していると言うこと。都内は抑えてからの地方展開が一歩GENieがリードしている点も流石ですね。今後宅配便の委託業務で安楽している我々も外資とラストワンマイルの争奪戦が今後のキーとなり、この相乗効果で宅配便の当日配送エリアと配送サイズの大型化が進み益々軽運送のチャーター便のパイが減少していくと見ています。

再配達問題と言う虚像のテーマに惑わされる一般消費者たち

再配達有料化と言うより運賃再徴収化のスキーム構築と配送先選択肢の拡大。運賃アップを前提とした宅配スピードのUPと軽貨物運送業の必要性が益々高まる中で、荷主の使用用途とメリットと感じる部分が業者と荷主での乖離が発生する次の時代へと移り行くのであります。
MOKUBAも何かあれば正直に臨みたい限りです。
目的は違えど、同じ商売を続ける同業者さんと言う方は非常に尊敬します。
私は尊敬のコトバしかありません。
彼らの悪口を言う奴は居る。
でも目的や主義主張は違えど「自分に正直に」商売をしている。
お客さんに正直と言うのではなく自分に正直さに学ぶものがありますね。
そうしてMOKUBAは失業者になるのである(笑)

ラストワンマイルは運送屋だけの話ではない

自由人ランキング



★アスクルが運ぶセブン&アイの新生鮮EC、2017/11/28開始

「HappyOnTime」から見る軽貨物業界のすそ野の広さ

アスクルとセブン・アイ・ホールディングスは12日、新業態の生鮮EC「IYフレッシュ」を11月28日から開始すると発表した。併せて、セブン・アイが運営するオムニチャネル「omni7」(オムニ7)とアスクルの一般消費者向けインターネット通販「LOHACO」(ロハコ)間で11月16日から相互送客を行うことも決めた。
引用元: LogisticsToday2017/10/12

実店舗主導による「ネットスーパー」から物流アプリ(オンデマンド型API)主導によるネットスーパー型委託体系が主流になってくると思います。そして1社専属ではなく、複数社重複した時間給型委託報酬のオンデマンドAPIが必ず登場する。

オムニ7の各通販サイト及びセブンミールやデニーズ出前の配送料は?

店舗受取の場合

宅配便での受取の場合

セブンミールやデニーズ出前の配送料

まだまだゴールが先だ!消費者に質上げるなら費用も必要

色んなAPIが登場するが、配送エリアがシビアに設定される。また購買金額の枠外であるならば、適正に料金が回収されるスキームは出来つつある。置き配・宅配BOXのルールも定着しつつある。「再配達が発生しない環境=送料無料」と言う流れが巧妙に出来つつある。
LOHACO – Happy On Timeご利用ガイド

LOHACOから見る次世代の組織体制

Scatch(スキャッチ)を運営しているマジカルムーブが利用運送。そして下部に軽貨物運送事業者が実運送を担当する。利用運送がAmazonか?LOHACOか?セブンか?SBイノベか?(笑)運送しらないIT企業のアプリか?
下部組織も法人か?Uberのような素人の集団か?営業持込個人か?(笑)それをアプリAPIで集めるかの違いです。

軽貨物運送業者でライバル視するほど不毛な事はない

いつまでも同業者を蹴落とすような動きをする業者が多いのも悲しい限り(笑)
お前の見ている目は節穴か????
私はあまり気にしない。でもあまりにモノ鈍感さに犯罪まで犯す輩もいる。
携帯電話を又貸ししたり、使途不明な譲渡をしたり(笑)
運送団体も集まれば、水屋がダメとか利用運送がどうこうのなどまったく的外れな議論ばかりをする(笑)

皆薄々気づいていないだろうか?コンサルって必要なのか?

1人で商売をし続けるメンタルこそ大事である。
誰かに指図受けて行動するも自分の判断である。
コンサルに頭を下げる前に自社でするべき部分があるのではないか?
相談して前に進んでいる実感が得たいだけなのか?
集団と単独なら資金力がないなら単独に勝る戦い方はありませんね(笑)

輸送品質とかサービス品質とか言っている間に黒船にやられる

海外APIや外資物流会社に根こそぎやられますね。
Amazonがプラットフォームであって、そのラインに乗って外資の潤沢な資本力がある物流会社にヒト・モノ・カネで掻っ攫われる(笑)そして街中をノロノロとデモやって、声を張り上げて(笑)年越しには、公園で炊き出しやったり不満をテレビの前でぶちあげたりして本筋からドンドン外れて行く人間が日本国内に沢山溢れるだろうね(笑)一生やってろ。

数百円で送られてきた宅配便を隙を見てタダで配達員を人足に化けさせ、無償作業を強要する個人受取客が居る(笑)こいつらのことを乞食受取人と言う。


運送会社が真面目に運送だけを生業として事業継続することが難しくなった時代に早く気付け!

自由人ランキング



★国交省、ヤマトなど3社と新型航空保冷コンテナ開発

巷では「アマゾンパニック」で賑わっている今日この頃、3点に注目しています!

常温&冷蔵&冷凍の垣根が無くなる時代

国交省、ヤマトなど3社と新型航空保冷コンテナ開発

2019年までに農林水産物・食品の輸出額を1兆円とする政府目標の達成に向け、国土交通省は7日、国内から海外まで一貫したコールドチェーン物流を提供できるようにする新型航空保冷コンテナの開発に着手する、と発表した。
「交通運輸技術開発推進制度」を用い、今年度から東プレ、トプレック、ヤマト運輸と委託契約を締結。
引用元: LogisticsToday2017/08/07

あれから半年。。

新型航空保冷コンテナ(試作品)の冷却の仕組みは、外部電源(3相200V)で稼働する蓄冷版冷却機(コンデンシングユニット)によって蓄冷し、コンテナ内の空気を自然滞留させる仕組み。電源を搭載しておらず、航空機内で稼働しないため、航空機システムと干渉することがない。ドライアイスと乾電池が不要となることで、ランニングコストが削減できる。新型航空保冷コンテナ(試作品)はLD-3型の規格に準拠しており、試験の分析結果により、国際・国内認証を受け、2019年度内に量産化し実用化を目指す。
引用元新型航空保冷コンテナ/内部を公開、実施試験の概要発表 | LNEWS2018/03/06


開発して試運転段階になりました。

冷凍車やチルド車ってアホみたいに高額な軽貨物車両を購入しなくても良い時代がすぐそばに来ております^^
これは逆に国境間の輸送スピード(リードタイム)が大幅に改善され、温度管理がドライ便と運賃が遜色なくなれば国内流通ではなく輸入流通が増えると言う流れが広がることになります。TPP見越した流れと言いますか、国内物流にとっては危機感が募る話でございます。
国内で競う事よりも大規模なインフラが他国よりやってくる。非常に軽運送業者にとってはプラスな流れとなります。
「利用運送」で収益を上げるにはそれなりの規模が必要なんだと。そして「委託価格」の基準が重要になってきます。

実績数が求められると共に冷蔵・冷凍輸送単価が下がる

羽田クロノゲートには、新型航空保冷コンテナ(試作品)と従来のドライアイスを利用したLD-3型と呼ばれる航空保冷コンテナを用意。それぞれのコンテナに疑似商品を4箱ずつ積み込み、1つのパレットに搭載し、羽田空港から航空輸送し那覇空港、那覇空港から航空輸送して香港国際空港へ運ぶ。復路も同様に香港国際空港から航空輸送で那覇空港、那覇空港から航空輸送で羽田空港に輸送する。
引用元新型航空保冷コンテナ/内部を公開、実施試験の概要発表 | LNEWS2018/03/06

国内発のオンデマンド物流APIがなぜ盛り上がらないのか?

盛り上がらないのではなく、実運送(最終執行業者)が受託可能な金額ではないから受託しないだけの話。待っているんですよ(笑)業者たちは待っているのです。最終実施単価を見ると、「あ~~~あ(笑)」このラインなんやね。このオンデマンドAPIってのは?になるんですよ。UberEATSのような斬新な価格体系ではないのです。特に国内API発表する国内利用運送業者さんたちはね^^
lalamoveなどの黒船勢を迎え撃つ必要があるのか?
倉庫業も和製uberになろうと虎視眈々とスキームを構築しているよ
お前らだけじゃないけれど食べてくれる相手かもよ
Amazonが悪いのか?あいつの責任にした時に終焉を迎えるぞ
ハコベルってのはアホみたい金額で安く運べるさ
次の時代は利用運送の鎧を彼らが身につけるんだ。
責任を彼らに求めてはいけない。
自分の身は自分で守る時代なんだ。

困惑のAmazon Panic「アマゾンパニック」で物流歓迎とはいかない

米企業に「アマゾンパニック」 ウォルマートも2割減益
既存の運送屋と一般の小遣い稼ぎ人との争いと言うか消費者判断が出来てない段階で小売りが倒れて行く様であります。
でも日本人以外の各国では当たり前の時代になるのでしょうね。結局、「運送屋」と言っても一般人より慣れているだけでユニフォーム着ているだけって言われたらそれまでだから。今の運賃ってのは消費者側からした「対価」だから個人情報漏洩とかサービスレベルってのが低下しても良いぜって言う対価。わざわざプロ意識を持った運送屋がAmazon含めEC通販の安い安い運賃の仕事をする必要も無い。って感想には違いない。わざわざヤマト運輸や飛脚便の佐川急便そしてゆうパック「ゆうゆうメルカリ便」で注目を集めている日本郵便がわざわざ安い対価で受託する仕事ではないってことでしょうね。

早くuberが当たり前の時代になってほしい

自由人ランキング



ビットコインの取引停止、前倒し 「分裂危機」23日にも

ビットコインの取引停止、前倒し 「分裂危機」23日にも
ざわついてますね。
決済用通貨出来ますよ!って言っていた同業者さんもおりました。
上がったから報道される。
そしてトーシローさんがカモにされ鷹掴み。
仕込んだ奴が売り抜ける。

上がったら買ったらダメですね。
会社買うのも同じ。
希望的観測はダメですね。
やっぱり生まれながらの乞食精神が大事ですね。
私みたいに貧乏性が丁度良い。
ビットコイン急騰急落、何が起きているのか 注目すべきは「中国」
最近は株とかFXではなく自分自身が上場出来るってVALUって奴も流行ってますね。でも有名人ではない奴がやってもカモられるちゃいますか?(笑)

会社でも何でも上場なんてしたくないし勝手にさせてもらいます。
そしてVALUにもランキングが存在します。
VALUランキング
ちょっとしたトレンドが見えます。
カテゴリーなんて存在しない時代になりました。運送屋が運送屋だけを見ていてもダメってこと。
運送屋が運送新聞に掲載されたからと言って何になるって時代。
ビットコインとのシナジー抜群でしょうね(笑)

でも色々言いましたが、
「モノはいらない」
身一つで商売が出来る時代なんだと実感します。

この時代にトラックを種類ごとに揃える意味はあるのか?
運送屋だから当たり前なのか?

運送屋だけれど形の無いモノを運んではいけないのか?
色んなテーマにぶち当たります。
どんどん所有することからシェアする事に代わるんだろうね。
僕たち軽運送とUBERとが全世界各地で戦うんだ。
日本よりも海外の方が競争が激しいんだろうきっと。
日本みたいに規制に守られている業界ってないからね。
せっかくあぶく銭で遊ぶなら、モナコインやリスクって通貨でいいんじゃないの?
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビックカメラ・メガネスーパーはどう対応するのだろう

Bitcoinを決済サービスに追加する同業者が居る事に閉口
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

自由人ランキング

★【欧州】EUが出資するオンライン配送サービスが正式に開始、クロスボーダービジネスの拡大を狙う

EUから見る将来のオンデマンドECビジネスがすぐそばに

【欧州】EUが出資するオンライン配送サービスが正式に開始、クロスボーダービジネスの拡大を狙う
ヨーロッパの越境EC配送サービスをサポートするdeliver in europeだから他国の話ではない。EUと米とでは違うし、まして日本とも違う。
実店舗が統廃合がなされ、EUや米のようになればオンデマンドECが地方へも波及される気がする。
でも必ず大手運送会社からのアンダーではなくITや運送屋ではない形でオンデマンド物流(EC)APIが軽運送と小遣い稼ぎの連中との頭にやってくる。
だからその上を行こうって話ではなく、準備と立ち振る舞いが変わるだろうって言える。
uberはむしろ先発であり、lalamoveDidi Chuxing(滴滴出行)が続く。
UberEATS配達パートナーたちがバカ騒ぎする

Didi Chuxingへの出資からソフトバンクの動きが気になる

ソフトバンクも配車APIに出資を続けており、次の物流革命とはソフトとハードの両面で一気に来る予感がしますね。
まあ~軽運送のおっちゃんにはまったくもって無関係でありますが。。。
ラストワンマイルは、やっぱり運送屋と小遣い稼ぎのおっちゃんとの戦いになるでしょう(笑)
黒ナンバーと黄色ナンバーと自転車と原付の争い。
そして固定費が低い奴が儲ける(笑)
今存在する業種カテゴリーなんてなくなります。
ましてタクシー屋と運送屋との違いも無くなります。
日本ほど参入しやすい国はありませんから、中国を制するAPIにアジアは託されます。
素晴らしい時代になりましたね^^感動します。

日本国内も負けていません。善悪は別としてもね

「YBM For Developers」のように大手がパッケージを用いての囲い込みが始まりますが、今も昔も変わりません(笑)そっちへ行くのか?本当にオンデマンドAPIを専業で子会社を構築するぐらいで作るのか?外資は間違いなく参入の初手はAPIで入ってくるでしょうね。必要最低限の投資で済むからね。そして日本人が従順な性格でもあるんだろうね。

ヤマトビジネスメンバーズに各種APIを提供するサイト「YBM For Developers」を開設し、従来は個別の事業者ごとに提供してきたAPIを、ウェブを通じて多くの事業者や開発者向けに公開し、より便利なサービスの開発を促進する。ECサイトでの購入時に全国のヤマト運輸営業所と取扱店商品の受け取り場所として選択できるようにする「EC自宅外受け取りAPI」のほか、ECサイト内で商品を受け取る場所や時間を変更できるといったクロネコメンバーズのサービスが利用できる「クロネコメンバーズサービス連携API」、ウェブやアプリなどに登録した情報を利用し、スマートフォンで送り状を発行できる「配送連携API フリマ・オークション事業者向け」――を公開する。
引用元ヤマト、ビジネス向けAPI提供サイト開設

パッケージが囲い込みの道具になるのか?別の初手なのかによって変わってくる。

自動運転技術ベンチャーのZMP(東京都文京区)は12月14日、公道を使った遠隔型自動運転システムの実証実験を報道陣に公開した。車両の外から人が遠隔監視を行う方式で、2020年の完全無人タクシー商用化に向けた第一歩という。運転席に人がいない状態の自動運転車が都内の公道で実験を行うのは初。
引用元20年に「無人タクシー」実現へ 都内の公道で自動運転の実証実験が本格スタート – ITmedia NEWS

何れそうなる。その余った資本が運送業界へ流入していく。移動スーパーに行く言う人がいるけれど、軽貨物運送業者なら未だしも普通の商売していて、移動販売車事業に参入するほどアホではない。あれは「社会貢献」と言う言葉に惑わされた業務だ。商売ではない。本部だけが悦になれるフランチャイズだと思う。
「買い物難民」救うために「開業後難民」を増やす商売は、美辞麗句で誘うからしっかりと目を見開いて判断してほしい。


美辞麗句で惑わすなと思う。

lalamoveが日本を席巻する日も近い


これだけ人件費が安いクニの日本(笑)
善悪は別として商売は、必ず黒船に席巻される歴史を辿ります(笑)


日本よりも人々の身近に存在しているんですね。タクシー代わりに。
物価が安いから、低コストでも生活が成り立つ。
宅配、快遞業年底忙送貨 業績漲、年終旺

年底快到了,網購業者也有非常多的活動,除了之前的雙11、雙12還有耶誕、跨年活動,都非常搶手!連帶宅配、快遞業者也非常忙碌,但業績也跟著上漲。
引用元宅配、快遞業年底忙送貨 業績漲、年終旺│TVBS新聞網


別に良いと思う。それを普通だと思う消費者と生産者で成り立つ未来の形。
また日本も逆行と言うなの新しい物流の姿がある。戻るんだよ(笑)


RushBikeってのも面白いgood

利用者の利便性からかけはなれる配車アプリ合戦そして価格競争再燃

大手宅配各社との三つ巴を行っている場合ではない(笑)まして配達パートナー同士で競い合う不毛な戦いからも自己解放せよ。

独立開業者たちもいい加減他力で判断するなよ。失敗するのも自己責任。商売の世界と言う自覚が必要であり、最初の関門みたいなもの。知恵袋で文句を垂れると言うことは、「敗北宣言」しているようなもの(笑)

Didi Chuxingに負けるつもりはないけれど、上手く使われる練習は必要だよ。

自由人ランキング



★何だか軽運送業界の20年前を見る「UberEATS」配達員たちの盛り上がり

オンデマンド型物流サービスの到来~?


Uber(ウーバー)EATS 東京のフード配達サービス
https://www.ubereats.com/ja-JP/tokyo/
新しい仕事のカタチ(uberパートナー)

https://www.uber.com/a/signup/drive/deliver/?70307t=
スマホからパートナー登録を行うとお仕事が出来ます。
新しいカタチだそうです。
これはご存じの通り個人事業主です。
そう免許あるなし関係なく「自家用」解釈です。
八百屋さんやお魚屋さんや家具屋さんが自分たちの品物を客先へお届けする場合の解釈が「自家用」です。
個人事業主が増えれば、労務テロも労働組合も赤旗も(笑)連合も労働者のデモも少なくなるわけ。。。

悪い事をする奴は、いなくならないか?(笑)

利用運送がオンデマンドに変わるだけなのか?

まあ~細かい話をするつもりはありません。
要は、このアプリが日本国内の法人が開発しリリースした場合は無茶苦茶バッシングされるけれど海外の会社ならOKというこの国の訳のわからないスタンスが面白いですね~
こういう切り口で軽運送及び運送業界の水屋(利用運送)っていう金看板をも骨抜きにしてくれる時が近い将来きっと見えると思います~

だから利用運送を叩いてどうなるって話です。
Uberを叩いてどうなる?って話。
UberEATSが大都市限定で地方には来ない?って話ではなく何れ赤字垂れ流してでもアプリが存在すると思います。
だから軽運送屋どうしいがみ合ってもせん無き事。
無用な時間の浪費だと言う事。

委託ドライバーたちの未来はどうなる?

運送屋にピンハネされなくなる代わりにIT屋にピンハネされるだけ。
まったく景色は変わらない(笑)

お前たちは、目の前の腐るような運送業界で身を置き続け、訳のわからない慣習に慣れ茹でカエルのようになってください。
盛り上がるUberEATS配達員たち
軽貨物運送業で成功した10人のその後を追え2
一歩海外へ目を向ければ、こんなに宝物を持った国は無いと思います。

日本国内もuberみたいな集団に免許も資格のような護送船団方式自体を破壊される

自由人ランキング



★「On My Way」から見えない壁がぶち抜かれるオンデマンド運送アプリ

Amazonに続けオンデマンド物流APIラッシュが運送業界を賑わす

UberEATSの真似を和製アプリが後追いピンハネを目指す。

バイク便のセルート(東京都新宿区)は11日、「今すぐ荷物を届けたい人と近くにいる運送者」を直接つなぐ配送クラウドソーシングアプリ「DIAq」(ダイヤク=代役)を8月中旬にリリースすると発表した。DIAqは、自転車で通学する学生、買い物に行く主婦、バイク便のプロライダー、メッセンジャーまで、多種多様な運送者が「空き時間」を使って荷物を運ぶことができるプラットフォームアプリ。
引用元LogisticsToday2017/07/11運送者と荷主つなぐアプリ、8月スタート


利用者が選択するサービスですね。ある程度運送する側に金額設定があるように見えてダンピングよろしくアプリとなります。小遣い稼ぎの素人が導入するのに良い感じですね(笑)

原付なら届出不要と言う点が和製uberEATSっぽい(笑)でも大都市エリアは同業者同士ではなく軽貨物運送業者の個々の技量が大きくなっていきますね。

Hacobu(ハコブ、東京都港区)は13日、事業者向け配送サービス「MOVO」(ムーボ)のマイページで、荷主が直接荷物を運んでいるトラックの現在地と到着予測時刻をリアルタイムに確認できる「見える化」の仕組みを1日から提供開始したと発表した。すでに、一部の荷主の案件で導入を開始している。これまでは、荷主が「今、どこまでトラックが来ているのか。荷物はいつ頃届くのか」といった情報を知りたい時には、運送会社の管理者へ電話などで連絡を取り、そこからさらに運行管理者がドライバーに電話をかけて確認を行うなどの手間が発生していたが、今後はマイページにログインするだけで、いつでもリアルタイムに現在地や、到着予測時刻の確認が取れるようになる。
引用元LogisticsToday2017/07/13ハコブ、荷主がトラックの配送状況をリアルタイム確認



シュミレーターで検索できる(笑)

当たり前だけれど、安過ぎて入札がない場合もある(笑)商売だからね。利用者の不要な無用なダンピングに巻き込まれたくない(笑)しかしながら普通に軽運送している奴にとってMOVO料金は相場以下だ(笑)そんなもんで商売する奴は、開業すぐか小遣い稼ぎ素人ぐらいを相手にターゲットにしている(笑)

そんな事聞いていない。
払いたくない。それだったら依頼しなかったのに~??(笑)
と言われそうな乞食客を相手にしている(笑)
しっかり約款を確認して頂きご利用くださいませ(笑)
水屋(みずや)さんがAIに先に代わるのが早いか?
運送事業者と一般人の小遣い稼ぎのシェア争いてか?

Amazonがやはり先のレールを引いている

和製uberEATSが50%成熟した所で刈り取る。

In its ceaseless quest to speed delivery, Amazon.com Inc. wants to turn the U.S. into a nation of couriers.
The Seattle retailer is developing a mobile application that would, in some cases, pay ordinary people, rather than carriers such as United Parcel Service Inc., to drop off packages en route to other destinations, according to people familiar with the matter.
引用元Amazon’s Next Delivery Drone: You – WSJ

「Amazonの次のデリバリードローンはあなただ」
1日350万個の出荷物を運送事業者だけで対応する事は難しい局面を迎えているんだなぁ。
産業革命って目に見える形ではなくお金の流れが変わってゆくんですね。
でも見ていて運送業界に身を置く者としてもワクワクします。
どう変わっていくのだろうか。

国内の物流業界に取って不安なのか?

これからの将来不安よりもむしろチャンスがあると感じております。
Amazon reportedly wants to turn its own customers into couriers by米The Verge
Report: Amazon Is Building An App To Let Normal People Deliver Packages For Pay by TechCrunch
もしかすればAmazon「On My Way」が早いかもしれませんね。
そうなってくると国内における業界規制ってもんが(免許制)ね。
非常に無意味なものであると感じますね。規制だけではどうにもならない。
「あなたが配達人」 Amazonの配達クラウドソース

運送業界の既得権益を一気に打破するモノ?消費者?

大手がやらなければ、中堅が着手するだけです。
中堅がやらなければ、一般人と弱小個人事業がやるだけ。
無意味な値段つり上げがなくなるでしょう。
社名ごとの紐付き物流会社なんて存在しなくなる
囲い込みしている間が華(笑)
オンデマンドアプリの物流系で惑わす


利用運送を叩くのは筋違い(笑)そこが大事じゃないだろう(笑)

自由人ランキング



★忙しいからScatchを利用してネットで買う。早朝だろうが忙しいから受け取れない。

メルカリとのシナジーが半端ないScatchとは?


でましたデリバリープロバイダの元締め的なピンハネ組織(笑)
まだまだMagical Move乗っかってきますよ^^メルカリとのシナジー抜群ですね(笑)
今流行りのScatch!
都市部に更に他社も同スキームAPIにて「はこBOON」みたいなピンハネ実行型みたいな奴が更に広がります。
そしてガッツリ再配達有料化で回収スキームが整います。
運送屋は、限られた責任の範囲のみで運ぶだけのロボットのような安単価で思考もなく働く仕事になります。

Scatchで再配達依頼をする場合

ご不在連絡メールに記載してあるURLまたはScatch!マイページより、再配達の日時指定をお願いします。
↓送り状番号が分かる方は、下記ページより再配達依頼が可能です↓

全ての時間帯指定が自由に選択出来るのは都内と三大都市ぐらい

もうしわけないですが、津軽平野で出来るなら良いですね?
鹿児島の川内でも鳥取の境港でもね。

地方の人口減少エリアで出来るのなら素晴らしいサービスですね。
ワタシはやりたくないけれどね(笑)

ソフトバンク子会社 早朝・夜間配送サービスを展開する専門子会社を設立 – 通販新聞からのページなんだけれど、きっと求人では「ネットスーパー」ってな感じで募集をするんだろうね。配達件数が多いから1日日当制だろう。出来高にすれば損するかもしれない(笑)そしてなにより利用運送の中間層が自腹を切ってまでする奴いないし(笑)
1件3500円ぐらい貰えるならやりますよ(笑)
1便1カ月150件以上配達数があればね(笑)

大都市から地方への可能性がカギ


配達エリアは、都内と大阪府の一部。
地方は、そもそも採算が合わない。
Scatch!やっているSBはピンハネだから儲ける。
でも受託する物流会社と折り合いがつかない物量で受託単価を求めてくるだろうから御破算。
正規料金で正規の時間帯指定で大手に丸投げ委託。
エコ配全国版的なスタイルで行くのだろうね。
都市部は、荷量があるから出来る。
それを地方のバカ野郎消費者が期待するなって話。
コンビニが発着拠点と成りうる時代の一歩手前
uberやlalamoveと争う前に勝負はついている
海外と国内と差はない時代
運送屋と素人の違いってありますか?軽貨物業界に

地方のネットスーパーが終わっている

一定層の利用者が居る。それは確か。
スーパー側が赤字をしてまで維持する商売かどうか?(笑)
配送業者側は売上が読めるし商売し易い(笑)

言われた仕事に対して、何も考えない。疑問を抱かない。それが「幸せ」なんだよ?
だって独立開業する意味ないじゃん(笑)
でも幸せになると言う尺度は、そういうことなのかもしれないね。


不在居留守使う個人がScatch!使った所で同じ事をするのさ~

自由人ランキング



★Amazon宅配便の先に素晴らし消費者の景色が見える

配達側と消費者との間に考え方の違いの理由とは?


消費者たちは、また安心して「送料無料」と言う表記が味わえる事に歓喜が満ち溢れております。
そしてヤマトや佐川が潰れるとまで言う始末。
3年前の値下げ合戦から値上げ合戦へ
Amazonは「運送会社」と言う訳のわからない区分けを壊したいのではなく、「良い物を気軽に届ける売る」と言う部分に最優先して付帯サービスを積み重ねていると言うだけの話。無駄な事はせずに実現する為に積み重ねているだけである。
それを意識して、運送会社は物事を見なければならない。
これだから日本で商売がしやすいとAmazonも思う訳ですね。
無料ならドローンとロッカー引取・コンビニ引取・営業所止めの選択が出来る。
自宅へ届ける場合に限り有料オプションを設ける。
人で不足も不在再配達も全て解決します。

再配達有料化の議論も無くなる

日本人なら3年もすれば全て慣れます。
素晴らしい世界が待っている。
Amazonさすがだ!運送会社が値上出来る。
素晴らしいロジックだ。
どのようにして再配達料を回収するのか?
不在置き配サービスを提供するAmazon
委託ドライバーの憂鬱「再配達連絡待ち」
いろんな角度から眺める事ができる「再配達」

ラストワンマイルは運送屋だけの話ではない

自由人ランキング