セイノーフィナンシャル

★物流コンサルタントたちは必ず聖域に足を踏み入れる時が来る

物流コンサルタントが本当の敵なのか?

MOKUBAの勝手な見方、それが「MOKUBA-eye」(笑)
うそか本当か分からない。ビビりの虚言癖。危機管理の紙一重、それは「虚言癖」

まだまだ甘い。
全体を見てるから
運送業界だけに特化すれば、
カットの幅は甘い。

物流コンサルタントとは何者なのか?

IE活動(工程管理)を通じて、物流コストを低減するコンサルタントになります。
独立系と非独立系に分類されますが、知名度が物を言う世界です。
会社員としてコンサルする場合と成果報酬が飯のタネ。出来高的コンサル(専業)タイプがありますが、後者が一般的にコンサルと考えています。要は、しがらみを考えず忖度も関係なくただコストと判断した物は全てゼロベースで考えるんです。

物流コンサルティング会社ってどこがいいの?

船井総研ロジ
丸紅ロジスティクス
Dr.SANTAの物流コンサルティング
日通総研
ロジテム
JLL
イーロジット
湯浅コンサルティング
未来調達研究所
独立系と非独立があります。

気になるコンサルタントの年収は?

それは勝手に調べてください(笑)
そんなことをワタシが理解していれば、コンサルとして大成するハズです(笑)それが出来ないので、乞食の軽貨物運送業者になっているのです(笑)そして年収をネット検索で知った所で、貴方がその年収に成りえる保証もないです。そして軽運送の年収を先に知った所で、貴方がその年収をいつまでにクリアできるのか?それともその年収をクリアせずに人生を送る事ができるのか?(笑)開業前ややる前から質問が多い奴は基本的に失敗するわけであります。やってみなければ分からないし、答えを他者に求めている限り貴方は自分の理想とする到達点へ登る事が限りなく出来なくなる訳ですね。自営業とは、「答えを自分で出す」事なのです。他者にあれこれ質問する奴ほどダメで、まして知恵袋で問題解決を図ろうとするとか自分の不安な気持ちを消化しようとする。一番いけない流れです。どうか苦しい苦しい事ですが、答えは自分に求める訓練をやるべきです。その苦悩を繰り返した1年と何も考えず他者へ答えを求めた1年と同じ1年でも大違いです。出来れば、小さい事も大きな事も全て自己責任の基でジャッジを行い、濃い3年を過ごせばコンサルにビビることなく己の道をただひたすらにやりぬくだろう。

物流コンサルタントが重宝される理由とは?

東京オリンピック後が本当の勝負。
大手路線会社との熾烈な値上によるネゴをやり合った先に
煽りを受けた形の軽貨物業界と新しい形となった大手宅配便との戦いが必ずある。
物流コンサルたちにかき乱された聖域がもろくも崩れる時代が数年後に存在する。
コンサルたちは、まだまだ伸びしろカードを隠した交渉段階にあるんだ。
自分が払う立場で考えてみてください。
何を言っても「チャーター」「チャーター」と一生懸命配送受付する運送会社を惰性のままに使う会社が多いのが現実。ほとんどの会社がそうです。だって新しい事。昨日までの仕事内容が急激に変わると自分が困るからです。だから高いだろうが安いだろうが今日の仕事が無事に終わる事を願って会社員たちは無心で仕事をするのです。経営幹部以外は、ごく普通の人間です。日本人です。平穏無事に仕事が終わって、アフター5で楽しく過ごす。帰宅すれば、晩酌しながらテレビを見ながら会社の悪口でくだを巻く。
そういう日本人がほとんどの会社員たちが配車担当や物流担当という看板を背負って、無心で仕事しているのです。
そんな時代は許されなくなってきました。コンサルたちが手っ取り早く何に手をつけるのか?自分なら何に手をつけますか?

人件費にメスを入れるのは、最後。
現在は何かと労務コストの管理に慎重です。
では、商慣習や取引形態にまずはメスを入れます。
ワタシなら運送会社に管理を任せていた事を全て自分たちで管理するようにします。
BPO事業者を用いて、徹底的に業務の洗い出しを行います。
中堅特積み運送会社とのネゴを1年かけて行えば、必ず2年目以降中堅特積み経由で下請けに仕事が流れなくなるようになります。
これが行われて、初めて軽貨物運送業者が締め上げを実感するのです。
それまでは実感が無いから虚言癖と一言で片づけれる(笑)

コンサルタントたちが最後に着手するその先とは?

配送コストだけカット出来ない時代。
周りの目標が必ずしも貴方と目標と成りうるわけがない

IE活動も含めて品質管理や効率化を通じて、全体としてコストをコントロールするコンサルティングが行われます。
そして軽運送業界全体がコストと捉えられる時代。オンデマンドAPIが登場しても効率化という俯瞰的な視野が存在する以上、コンサルタントが業界を闊歩することには間違いない。取られるとすればAIぐらい。


情報弱者で構わない。弱者には弱者のお金の使い方と戦い方がある。

自由人ランキング

★高収入軽運送ドライバーになる!独立する為の準備とは

独立開業する心構えとは?


教養や見識なんて関係ない。

要は、当たり前の事を当たり前にすることしか道がないよね。
誰も助けてくれない。まして政治や景況感の責任でもない。
不況でも数字を上げている同業者はたくさんいます。

具体的な独立開業後の売上目標は?

●支払い日の確認
今月働いた委託料金が60日後に振込されます。
まるまる2カ月分の支払額はストックする。

●年収+140万ぐらいは売上目標にする
年収260万の人なら年商400万を目標にする(月25日 年300日 1日1.4万)

●1日の売上目標を設定したら、1つの仕事で達成するのか?隙間の時間にプラス仕事を増やせれるか?
3000円の仕事を4つと2000円の仕事を1つでも14000円
1つの仕事で14000円もあり、5つの仕事で14000円もOK
要は、貨幣に区別はできないということ。
頭の切り替えが必要であること。

白色申告?青色申告はどうすればいい?

最初から考えなくていい。

・1/1~12/31の間の売上が分かる書類
・運送業に使う経費
ガソリン代・高速代・トラックローン・保険代・下請け代・打合せに使った飲食代・携帯代etc

開業初年度から普通は白色です。
翌年の2月・3月ぐらいに開催される地元の青色申告会へ参加してみてください。
税理士さんや見習い税理士さんたちや委託職員さんが丁寧に教えてくださります。
税理士と顧問契約なんて結ばないでください。
個人事業主の会計なんて自分で出来ます。
軽貨物個人事業主の会計なんて勘定科目も少ないし、税理士のカモにされるだけです。
顧問契約なんて月3万ぐらい平気でします。
年間36万の利益を飛ばしますので、それぐらいは自分でやってください。

最も考えなければならない事とは?

何にお金を費やすかを考えて頂きたい。
いくら稼ぐのか?明確な目標が必要。
許認可を自分でする時間があるのなら、行政書士に外注せずに自分ですればいい。
最初で最後の手続きに時間を費やすのなら、経理の仕分け(勘定科目の割振り)を勉強する方が後々お金に返ってくる。
許認可は外注でお勧めします(笑)
運送業に問わず。
車の事が詳しくなくても「商売」は出来ます。
整備を自分でするから良いのではなく、車屋にお願いしている間にさらに働けば良いだけのこと。
あれもこれも自分でする人ほど途中で疲れて行き詰る。

いくら儲けれますか?と言う質問とは

逆に素人の初心者の貴方が、いくら稼ぐ事が出来ますか?1日で?
委託元の報酬に左右されますか?(笑)
軽運送の仕事とは別にアルバイトしてでも目標の売上を稼ぐ工夫をされますか?
と言う問いを返しますが、まともな回答はありません(笑)
でもワタシも開業当時はやっておりました(笑)
人にいちいち言いませんが、目標数字が明確でしたのでクリアします。
他力じゃないです。生活費稼ぐのは。

この部分がちょっとピンとこない人は、
生活費すら労働で確保する事が出来ない人。
そして自分の思い通りに行かなければ、直近の元請けや勤務先の責任に平気でする奴。

そして何よりも法人個人問わず事業主が一番採用してはならない奴である。
この部分をアバウトにすれば、下記の災難が待っております(笑)
労働問題を商売にする奴に近寄るな
勝手に成功を夢見る開業者たちを分かり切って騙す事業者
マンネリ化なんて言葉を使う委託ドライバーは使うな


退場する奴はやっぱり退場するぜよ。


独立開業がゴールじゃない。開業3年後からが本当のスタートライン

自由人ランキング