開業者の不安

★お客さんに喜んでもらう為に最安値にしても何も解決しないダメな話

MOKUBA-LIFEシリーズ(笑)
必ずしも最安値にする事が正解ではない(笑)
お客さんに選択してもらえる事が第一ではない。
商売として利益が残るかどうか?その為にある一定層の客層のお客さんに選択してもらえると言う事が抜けている言葉を真に受けないこと。
どうでもいい客層に選択されるだけで時間の浪費と言うか効率化から遠くなる(笑)

既存客と新規客。
携帯電話の販売でもイメージしてください。
一番大事なのは、既にお客さんに成り続けているお客さんが一番大事であると言うこと。
新規客は、既存客より優遇しない。私はそう差別をしています。必ず優位性を持たせています。
客に成る事を迷う間に既になっている客との複利差を計算しています。
もちろんこちらにもメリットが無い契約更新に対して長く契約を続ける事はしない。
だから契約時だけ頭を動かすのではなく、仕事が開始され1年そして3年と都度契約更新を徹底的に行うし頭を開始時以上に使うことをしない同業者が多過ぎです(笑)

クラウドソーシングとオンデマンド物流サービスは表裏一体

普段クレームなどは一切書き込んだり問い合せたりはしないのですが、あまりにもオススメできないので書き込ませていただきます。 価格重視で選ばせていただいたのですが、当日、予定していた時刻より2時間前倒しに出来ないかとの連絡。その時間にすべて間に合うように荷造りをしていた最中インターフォンが……。当初予定していた時刻よりも計3時間も早く到着されたのには驚きました。 運搬の手際は良かったのですが雑に見え、早く終わらせたい!という感じがとても伝わってきました。 引越し先でももちろん養生はなく、ベッドや冷蔵庫などの重いものはずられたりしましたし、常にため息を吐かれたり、疲れた〜などと仰ったり、目の前に一応客という存在がいるなかでする行為とは思えないことばかりされ、こちらもどんどん気分が悪くなりました。 この時期で暑い時間帯におひとりで作業をするのは大変な事だと思いますし、それを1日に何件もこなすのはかなり体力的に厳しいことかとは思いますが、それを考慮しても引越し業者として如何なものかと思ってしまう出来事が多く大変残念です。もう依頼をすることはないと思います。 相手にされては嫌なことはしてはいけないのは当たり前のことではないでしょうか?
引用元: ●●さんの口コミ:12月6日以降、まだまだ空きあります。不用品回収も対応します|エコライフ – くらしのマーケット

格安で引越を受ける業者さんが流行っています。
そして新規参入時には即効性がある手法です。
和製UberEATSを目指しているアプリ各社
でもでも
結局、個人の客からしたら
やれ養生しないとか
時間通りに来ないとか
1人で手伝わなければならないとか
色々書き込みをされます。
そもそもなぜその金額設定なのか?

結局の安上がりは、自分ですること

二人で日当を計算すれば、3時間1万って事はありません(笑)
それは依頼される個人客も少し考えれば理解できること^^
吉野屋の牛丼じゃありません。

でも大手だと数万必要。
お金がないから格安屋に依頼する。
でも安かろうだから文句が出る。

軽貨物個人事業主の次のステップとは?

軽運送の商売は、
個人客を相手にしない段階で一つのステージアップになります。
アホみたいな個人客を如何に無視するか?
残念な話ですが、人を選んで商売をしなければいけない時代になりました。
それは今の相場無き消費者から発端です。

安さで勝負される業者さんは、いかに客を選ぶかで
全体の件数が変わってきます。
変な安さを求めて、質もさらに求める客を無視するか?
徹底された方が勝ちです。割り切るのです。

諸悪の根源は、客次第なのか?

結局は依頼主次第。
それを事業主が本音と建前を駆使して調整するか?がカギなのです。
独立開業に必要な事は、Ability to adjust 調整だけでなく調整する能力が大事になります。
それがなければ次にオンデマンドで翻弄され、クラウドソーシングに置いても現在よりももっと厳しくなります。
そして次の時代は必ずクラウドソーシング型が主流となり、物流においてはオンデマンド型での案件依頼が当たり前になります。

ただ運送屋でもタクシー屋でも同じですが、「白タク」「名義貸し」とか言って、新しい波を軽犯罪のような目で見るだけでは何も解決策にならない。規制に守られたタクシー業界と運送業界は同じ穴のムジナである。uberEATSやuberの陰口や軽口・悪口を言うだけの奴には耳を傾ける必要無だな(笑)

頭を柔らかくする講釈(笑)

↑ 新しく更新の最新作18話 ↑
開業して14年目。派手に商売する奴は叩かれる。
誰にも知られなくて、叩かれるほど稼いでると見られなくて
貧しく見えるのに稼いでいる。

見た目で判断される奴は、商売下手くそ(笑)
外見と中身が違うのが商売だ。
それに気付くか気付かないか? だから人が寄りつく人間に見られてはいけないのだ。
離れなければならない。
それがなぜに理解できないのか?

人の目なの。

この目で高揚する奴がいる(笑)
人の目で惑わされる。

だから「何の為に商売をするのか?」この問いを掘り下げて掘り下げている日々だからこそよそ見をしない。
無駄な事をしない。
これだよ。

クラウド型のアウトソーシングのクラウドソーシングって奴の使い方なんだよ?

自由人ランキング



★運送の変わり映えのしない日常をどうやり過ごすかが本当は大事なんだ。

便利屋と運送屋との垣根は既にないのです。その理由は?


便利屋で開業&コンビニでフランチャイズ加盟するも軽運送で開業&FC加盟も似たような分野ばっかりだよ。
どれも同じ。
同じだけれど、FC加盟が善悪じゃない。FC加盟金とロイヤリティ払っても上手く行くではなく上手く行こうとすることは出来る奴は出来る。
年収100万の売上かどうか?成功は何なんだ?
成功の尺度は、人それぞれ。
飼い殺しでも満たされれば成功。
儲かる尊敬する軽貨物運送業の社長たちシリーズ
成功の尺度も人それぞれだけれど、こうして書籍を出版する社長さんたちも存在します。それを信じる信じないは人それぞれ。
善悪は別として、必要とするのなら取り入れる。
私は、目的とは違うから眺めるだけで楽しんでいます(笑)
むしろある意味尊敬している存在でもあるね。

オンデマンドAPIにスルッと入り込めますね。
そして業界時代がクラウドソーシングに向いています。
個人がクラウドで外注出来る。それが法人も同じくクラウドで。

最終的には、変わり映えのない日常に我慢できるか?

そんな日常の殺伐とした中で
どうメンタルを保てるのか?
目的を持ち続けた365日を送れるのか?
本当の勝負は、開業後。
その気持ちが無いようなら
独立しても周りと自分を不幸にするだけだよ。

変わり映えのしない生活に自分が我慢できないだけの話

自由人ランキング



★軽貨物を開業してから安定するまでをどう過ごすかで、残りの年数が決まる。

軽貨物個人事業主は、最初のポジションで決まる


まずは才数計算を知ってからの物流総合商社マンだ(笑)
これを知っているからと言って、引越現場で正確な見積もりが出来る訳ではありません(笑)その程度の話。
ポジショニング設定は、厳密に。お金儲けでこの業界を選択する時点でダメ。
長く続ける為には、自分の中で自分の了見で判断する。
間違う事も自分の了見の上でなら後を引かない。

どんな生活を送りたいのか?

「仕事」と「家族」と「社会」の3つの空間を行き来している。
既婚だろうが独身だろうが。
これはバランスではない。時間軸と共に時間配分が微妙に変わる。
その調整する権利が「自分」にあるか?ないのか?この部分だと私は断言する。
ワタシは、この配分調整が独立してから廃業するまでに維持し続けることに重点を置いている。
「貨幣」だけに重きを置くのも勝手であって、善悪ではない。そこは間違えないでほしい。
人それぞれなのだ。だから知恵袋に相談した所で答えがある訳ではない。

60代開業者が30代開業者を参考にしてはならない

当たり前の話。あこがれでご飯は食べれない。
労働時間の絶対数に違いがあり過ぎる。
そして何よりバックグラウンドに基づく物事の価値の見方がまったく違う。
「年金支給までの約10年だけ逃げ切り開業の爺さん」と
「生活費の捻出」とか「借金返済」とか「貧困脱却」みたいなテーマの30代前後の開業者とは住む世界が違いすぎる事を認識する必要がある。60代以上の世代の7割が自己破産と言う報道がされているが、彼らは結局約10年ぐらいだけ逃げ切ろうとしているだけ。30代はまだ40年以上先の人生に責任を持つ必要があるから、タネを撒く事も必要だし収穫も考えなくてはならない。
blogなど見て、目的以外に惑わされるなと言うこと。

軽貨物のリスクとは何なのか?

何が思い浮かびますか? 不渡りor焦げ付きor整備不良or交通事故or延着or破損or下請け事故or労務問題??商売をすれば様様な事案が発生します。
どれ一つとしてリスクになります。
優先順位で言えば、血液となる売上回収に関する金融事故。

倒産まで行けばアウトですが、基本的に予兆の未把握による打ち手機会喪失が一番になります。
末端スタッフから吸い上げられる情報を吸い上げず、また軽視する。スタッフ以外でも社長ドライバーが末端で業務従事してても把握できていない場合が大いにあります。社長自身が事業主自身に危機感がないのに従事しているスタッフまた業務委託をお願いしている下請け(協力会社)の作業スタッフがアンテナを張る訳がありません。結論から言えば、事業主と言うか案件起案者がまず危機感を持つことが最初の1丁目1番地であると考えます。どんな素晴らしいスキルを持っても、素晴らしい高性能な車両を所有しても、素晴らしい車両整備と清掃が行き届いても意味を成さないのが金融事故。商売する上で必ず持っている必要がある部分となります。下請けだろうが二次請けだろうが仕事をもらう相手の事業主の性格・癖・考え方を知らずしてなぜ仕事が受託できるのでしょうか?怖くて仕方がありません(笑)

資金繰りが悪くなったらファクタリングとか言っている奴ほど危ない。これは大きい会社の資金捻出手法。これをやっているなら危ないと思うぐらいでなければいけない(笑)

金融事故と同じく労務問題が大事

ドライバーが居なくては商売になりません。社員ドライバーを多く抱えている場合に少しは見聞きする程度ではありますが、危機感は少しばかりあります。しかしながら業務請負や業務委託ドライバーは個人事業主だから労務トラブルとは無縁などと思っている事業主も多い事は確か。この従来的な前時代的な考え方から脱却しなければ、次の時代のトラブルの渦に巻き込まれる事が大いにあります。
労働紛争に成る前に予兆が必ずある
残業代とは何か?採用時点で行く末が決まっている
コンサルタントに付け込まれるまで気付かない事業主たち

終わると思うから、新しい考え方や業界の商慣習に疑問を持つ事が出来る。せっかく独立開業したのだから頭を使って商売をしたい?そう思えないですか?ただ言われて右から左にピンハネだけする商売に面白さなんてある?(笑)ピンハネ上達事業主が多過ぎて面白いのも確かだけれどね(笑)

自分の立ち位置を一刻も早く把握することからリスク管理が始める

自由人ランキング



★軽貨物で開業してからの目標は、やっぱり元請けになることでしょうか?

軽貨物運送業で独立したら、やっぱり利用運送がゴール?


インフラは、流行りでは維持できない。
どんな書籍を読了しても
ほぼ同じ。
元請けになり、下請けを抱えて
委託手数料のみでご飯を食べる。

不動産で言うところの客付け不動産って奴です。
自社所有物件は持たず、
管理業務も行わず
客付けのみ。

そんな事を目指している方が多いですね。
非常にリスキーでしょう~
でもやっぱり楽して貨幣を集めたいみたいです。

どんな先輩軽運送事業者を手本にするかで将来は決まる?

そう手本で決まる(笑)
私は25歳ぐらいで脱サラしてこの業界へ入りました。
「時間をコントロールしたい!」て思ったけれど、どの書籍もお金ばっかり(笑)
時間=貨幣なのにね(笑)貨幣の価値は変動するけれど、時間の価値は青天井に高い。
お金なんて生活出来れば十分。それよりも時間はみんな等しく24時間。
これを自由にコントロールできる方が裕福なのに。

豊かに成る為に進むチェックポイントがある

今目にする裕福な方たちにはプロセスがあります。
プロセスを通った結果なのです。
そのプロセスは必ずしも自分に当てはまらない。
でも思考は参考にする事が出来る。

まずは独立する目的とは何か?

生活費捻出なのか?
借金返済の原資なのか?
投資目的の副業なのか?

目的によって違う。
マイナス要因ならマイナスを0にする事に全力を尽くす。
だって受取利息<支払利息なら尚更です。
利息が逆なら、支払サイクルを伸ばして借り続けるのも手法の一つ。

目的が社会起業家なのか?

商売で世の中の役に立つ?銭儲けに綺麗ごとを求めたいのか?

「買い物難民」を救う為に「開業後難民」を増やすような商売は続かない。

運送会社社長が逮捕
無償の高品質サービスの詐欺だよ?
開業3年目で見えること。諦めること。


労務裁判調整事件概要を把握することからリスク管理が始める

自由人ランキング



★軽運送や赤帽さん全てが皆上手くとは限らない。人間皆不平等なんだよ。

独立開業をしたからと言って皆平等ではありません

結局、皆不平等なんだよ。
それを受け入れる所から始まるんだ。
会社員より断然楽しいよ。
会社するのって。
でも辛いって実感なし。
マヒしているのかなぁ~
不公平だからこそ会社員よりもチャンスがあるんだと捉えるんですよ。

宅配委託ドライバーだから時間がない訳ではない

時間が無い
時間が無い
と連呼したところで意味がない。
多忙な人ほど「時間」作りが上手い。
これは今も昔も言われることです。
1巡配達を回って、午後便より追加積込をしてからの2巡目。
夕方前に3巡目を回るか迷いますね(笑)
宅配委託ドライバー従事する場合の悩み事(笑)
時間が作れたら、スマホでメールチェック。
近くに書店があれば読書。
子供が休みなら子供と遊ぶ(→既婚者の場合ね)
時間が出来た時にする行動を予め決めておくのも無駄が無くて良いですね。
裕福でも貧乏でも時間は24時間。
ある意味平等ではくて不平等です。
だって時間の消費の仕方や効率が裕福層が高い(笑)
裕福層の努力に対して時間が報われない。。。。
そういう一面に置いて不平等さも感じますね。

欲望を全て叶えるには時間とお金が足りない

社会貢献をしたい気持ちは理解できます。
その役割をするステージに居るのか?って自問自答してください。
ずっと続けれますか?景況感に左右されやすい商売を続けながら、社会貢献が続けられますか?
今ある従業員の雇用を守る事も広い意味で社会貢献だと思います。
人からどう見られたいか?カッコよく生きたい!気持ち分かりますが、貴方の肩に重い思い責任がかかっている事をわすれないでほしい。

社会貢献よりも労務管理に心配りすることが大事

無駄な事を削ぎ落せば、一番大事なモノが何なのか?
下請け業者が居れば、委託業者さん。
従業員が居れば、従業員さん。
1人親方なら大事な家族。

社会貢献どころか地域の社会崩壊を招く商売でもある

大好きなイケイケで注目が集めている商売だからこそ慎重な判断が必要。テレビで特集されているから安心ではなく、貴方が10年後も体力的にも精神的にもポテンシャルを維持できる仕事なのか?社会貢献と言う美辞麗句で続けられる仕事なのか?社会貢献は片手間でやるのは簡単だから。でもアテに頼りにする相手もいる。その相手に失礼なことだけはしたくない。相手の生活のインフラとなることがどれほど大変か?やってみたらわかる。高齢者は、生活インフラをころころ変える訳ではない。若い人よりもシガラミが多い。当たり前だ。去り行く周りの人々を見ながら、残されたインフラを何とか維持しようと可能な限り、自分の出来る範囲で応援している。パッと出の社会貢献型開業スタイルで開業した買い物難民を救おう的な商売に環境を変えられる。そして開業者の廃業と共にインフラがなくなってしまう。辞めるのは簡単だが残された人々は不幸だ。社会貢献といいながら、場合によっては社会崩壊の一翼を担う存在にもなりうるのだ。
人が一番大事なのです。ピンハネして右から左への業者も昭和の時代です。
情報弱者ばかりではなく、他の業者と比較検討できる時代ということも忘れてはいけないのです。
自分がされて辛い事を人にしない。
金銭の関係から金銭とは別の帰属意識が持って頂ければ、これ以上心強い事はありませんよね。
宗教の自由はありますが、考え方だけでも一緒に仕事をする業者や従業員との共有は大事ですね。

こういう組織に加盟する運送会社自体の情報に対する危機管理の甘さを感じる。

自由人ランキング



★軽運送・軽貨物で独立開業する人が3年続く為に何をするのか

開業するより廃業が難しい

↓ 動画だよ!見てみて ↓

期待している時に何を言ってもアカンだろ?

あ~あって落胆する前に
こんなものだろうって開業する方がいい
誰だって、見通しは楽観的だから
鵜呑みにするなってこと。
軽貨物で開業するって事は簡単だ!
でも事前に脱サラ前の年収+130万って考えて開業はしない。
何も努力しないで脱サラ前の年収に到達するって思っている奴も居る。
残念な話だ。
何もしなければ、脱サラ前の年収以下になることは間違いない。
一時的に上回っても、自営だから1年間通して安定しなければ手に入れれたとは言わない。
ジャンプして一時的に手に入れた実績は、一時の話だと自営だから実感できる。
そんなことが色んな事案によって発生する。

軽運送の独立開業広告には裏がある

派手なリクルートほど裏がある。
派手な事に目が惹かれるものですね。
上記のラジオでも言っているけれど、真に受けないスタンスが独立開業後には不可欠だ。
宅配委託の仕事で、1日80件の配達完了数での売上予測なら嘘。
だって初心者が80件なんて配れません。せいぜい40件いけばいいほうだ。
広告に掲載されている予測売上が

何を
何時間
どんな単価で
月何日計算で
実施したか?

ここが重要で、いくら儲けれますか?って言う前に
具体的に相手に聞かなければいけない。
「いくら儲けれますか?」って聞かれた時点で詐欺師たちはカモにします(笑)
だって「私はよくわかりません」って公表しているようなものだから。
また知恵袋で同様の書き込みを目にする度に騙される奴の多いこと多い事。

会社員or自営業の区別なく自分で思考しない奴は失敗する

フランチャイズ加盟する方もしない方も
自分の頭で考える癖をつけましょう。
現在では、コンビニ経営という独自の分野を作り上げたFCでも
本部と加盟店との訴訟合戦が始まろうとしております。
名が知られている商売であっても情報の共有によって
知らなかったでは済まされない事案が多発しております。
我々の商売も借金の額は少ないでしょうが同じ畑と捉えていた方が良いと思います。
有名な雑誌に掲載されているから大丈夫?
それで一生賭けますか?
勝負出来ますか?
ラジオで流れていたから?
ニュースで取材されていたから?
貴方の残りの人生を費やす事が出来ますか?

もう他人の責任にするのは辞めよう。
自分の頭で調査をし、納得した内容に自信を持ってください。
他力なら一生他力の頭です。
軽運送で続けるかどうか道に迷ったら、こちらの社長さんたちをご覧ください
自分の道に迷ったら見てください。
こんなに「ある意味」素晴らしい社長さん達が軽貨物には存在します(笑)
どんなに素晴らしいかどうかは各自ご判断くださいね。

犯罪以外は何でもします

と言う書き込みを「爆サイ」なんかで目にします(笑)
こちらが聞きたいですが、例えそんな仕事があっても「爆サイ」経由で依頼される事がないことぐらいは分かれよ(笑)
要は、こんなblogから仕事を手に入れるつもりはありません(笑)

どういうふうに見られているのか?

そういう視点が必要であると言うこと。
開業してすぐは、大手並みに「あれもこれも全て対応できます」と考えているし意気込んでいる。
しかし大手のような資本力があるから多角化が出来るのであって零細開業直後の人間に大きな仕事なんて来ない。
来るとすれば、「疑う」ことがまず最初の勉強(笑)
目の前の糞仕事と言われる仕事をやる中で、センスがあれば頭が少しずつ動く。

独立開業時に会社員時代を思い出してほしい

一生懸命仕事をする。
そのことで評価されるのは新卒から2年目の最初までだ。
2年目からは後に続く新卒が入社する。その新卒の相手をするのが2年目。この時点で上司からは適性を見られているものだ(笑)
そこで「腐る奴」「ハマる奴」「悟る奴」いろんなパターンがあり、3年目には中間管理職の適性があるかどうかと言う時間軸で動く企業が多い。大会社の社長さんがベンチャーの時間軸は違うとよく話をする。それはベンチャーのある業種に限る話。
たとえ業務委託であり、元請け下請けの関係であっても軽貨物は個。呼称や契約体系が違うだけと言う話。
しかしながら自営業とは、この会社員で言う上司の「評価」と言う部分がやや違う。
MOKUBAはやや違うからこの「軽貨物」を商売として選択しているだけの話。

迷う前にやれと言う魔物

やるならいつ?今でしょ!というフレーズを真に受けて失敗する奴。
安易な言葉には省いている部分があると言うこと。
考えて迷っているだけの1カ月と
とりあえず糞仕事でもしながら悩む1カ月と

1カ月経過した時に何が残るのか?皆さんお察しの通り「糞仕事の報酬」(笑)
会社員時代と時間の重要性が重さが変わるってことに開業後に気付きます。
面倒だから、「悩む前にすぐやる」って第三者に言う(笑)
MOKUBAは悩みます。よくあれやこれや悩み考えます。
blog見ていたら分かるでしょう?(笑)軽貨物にまったく関係ない事案に悩み考える。
今日の日銭に何にも影響ない世界の事を(笑)


悟る奴の自営業版は無敵だよ。メンタル維持だけが商売の要諦だから

自由人ランキング