道交法

未だに飲酒して運転をする軽貨物業者が存在する真実

道路交通法のどの部分を重要視しますか

難しい事は士業の大先生方に確認くださいね。

道路交通法(第74条の3~第75条抜粋)-1

道路交通法(第74条の3~第75条抜粋)-2

道路交通法(第74条の3~第75条抜粋)-3

道路交通法(第74条の3~第75条抜粋)-4

 

 

 

 

 

 

続きを読む

配達中の駐車違反取締りと無断駐車クレームを考える

ただ配達するだけでもリスクが存在する

1.道路交通法の違反による駐車違反
2.無断駐車による近隣住民からのクレーム

配達付近到着から客先入口までのお届けまでに色んなリスクが存在します。
宅配委託ドライバーなら個人宛・高層マンション・商業施設(物流改革途上ではあるが館内物流実費配達料)場合によっては5分以内の納品が不可能なケースが色々存在します。たった1件180円場合によって130円で1と2のリスクを吸収する事は不可能であります。
色んな方向から色んな考え方が存在すると言うことを認識するだけでも少しは回避行動が取れるのではないでしょうか?
行政が悪い・司法が悪い・クレーマーが悪い・監視員が悪い!
と声高に言うても詮無き事(笑)色んな考え方があると言うだけで充分回避しましょう♪

駐車違反取締りにも新たな動き警察庁

貨物集配中の車両に係る駐車規制の見直しの推進について – 警察庁
警察庁交通局長よりの通知ではあるが、下記の注意点も記載している。

続きを読む