業務請負

未だに飲酒して運転をする軽貨物業者が存在する真実

道路交通法のどの部分を重要視しますか

難しい事は士業の大先生方に確認くださいね。

道路交通法(第74条の3~第75条抜粋)-1

道路交通法(第74条の3~第75条抜粋)-2

道路交通法(第74条の3~第75条抜粋)-3

道路交通法(第74条の3~第75条抜粋)-4

 

 

 

 

 

 

続きを読む

消費税の転嫁そして拒否こそリスクになる運送会社たち

消費税の扱い方ひとつで力量が分かる。
元請けの危機管理含めスタンスがよく分かる物差しになりますね。

消費税の転嫁拒否等に関する調査とは、


「消費者との取引は本調査の対象ではありません」と注釈があるように「B to B」取引になります。
軽貨物運送や一般貨物であれば、下部委託組織に対してそして元請けに対しての調査となります。
簡単な話です。理由如何に関わらず「消費税」含めた取引に外税・内税含め消費税が運賃に食い込んでいないかどうか?って話です。
そしてこの調査で通報したからといって、すぐに下請け・元請けが叩かれるのか?それは余りないです。その突破口もしくは統計すると言う話ですね。ただ消費税を吸収しろと元請けに言われた側からすれば、「どこに通報すればいいのか?」この項目が理解出来る一つになります。相手を責めるのではなく「攻める」場所がハッキリとなりますね(笑)

続きを読む