暴力団排除条例

消費税の転嫁そして拒否こそリスクになる運送会社たち

消費税の扱い方ひとつで力量が分かる。
元請けの危機管理含めスタンスがよく分かる物差しになりますね。

消費税の転嫁拒否等に関する調査とは、


「消費者との取引は本調査の対象ではありません」と注釈があるように「B to B」取引になります。
軽貨物運送や一般貨物であれば、下部委託組織に対してそして元請けに対しての調査となります。
簡単な話です。理由如何に関わらず「消費税」含めた取引に外税・内税含め消費税が運賃に食い込んでいないかどうか?って話です。
そしてこの調査で通報したからといって、すぐに下請け・元請けが叩かれるのか?それは余りないです。その突破口もしくは統計すると言う話ですね。ただ消費税を吸収しろと元請けに言われた側からすれば、「どこに通報すればいいのか?」この項目が理解出来る一つになります。相手を責めるのではなく「攻める」場所がハッキリとなりますね(笑)

続きを読む

軽貨物運送に関係する犯罪で逮捕される者を見て思う

軽貨物運送の犯罪とは?

軽貨物運送に関わる商売に成りうる業務を「装い」もしくは「用いて」犯罪を行う。
軽貨物運送業者自身もしくは関係者が装いもしくは模倣して犯罪を行うケースが多発しております。
昨今、再配達問題が問題視されるキッカケとなったケースも少なくありません。

配達業者から携帯へ電話がかかって来た

男女関係なく自己解釈を行わず、まずは身に覚えがあるのか?ないのか?もう一度考える。
1つの事例を基にして両方から考査してみようと思います。

続きを読む