暴力団対策法

軽貨物運送に関係する犯罪で逮捕される者を見て思う

軽貨物運送の犯罪とは?

軽貨物運送に関わる商売に成りうる業務を「装い」もしくは「用いて」犯罪を行う。
軽貨物運送業者自身もしくは関係者が装いもしくは模倣して犯罪を行うケースが多発しております。
昨今、再配達問題が問題視されるキッカケとなったケースも少なくありません。

配達業者から携帯へ電話がかかって来た

男女関係なく自己解釈を行わず、まずは身に覚えがあるのか?ないのか?もう一度考える。
1つの事例を基にして両方から考査してみようと思います。

続きを読む

★詐欺容疑で物流社長ら逮捕で思うこと。

軽貨物のようなチンケナ商売で逮捕される事があるのだろうか?
ましてこんな素晴らしい社長が糞銭の為に犯罪を犯す必要があるのだろうか?
もしや嵌められたとでもいいのか?
そんな脇の甘いパッションリーダーであってほしくない
続きを読む

儲かる尊敬する軽貨物運送業の社長たちを追えシリーズ5

尊敬続きの社長を追えシリーズから
やっぱり本家本元の素晴らしさを見る。
頑張れ!頑張っているMagical Land
この会社を貴方は知らないならモグリです(笑)

興味を持ち始めたキッカケとは?

あるネットの掲示板へ問合せをした返信がこちら

ある投資運用のエンジェル募集掲示板か何かの類いのページから問合せしたことから始まった様に思います。
あー自前で運用しない代理店商法なんなのか?と言うのが所見でした(笑)
その前のメールはあえて掲載しません。
紹介料や加入者特典なんちゃらと記載がありましたが、軽運送で10年も商売をすれば「特典」とは感じれない当たり前の事ばかりの羅列だった為にこのメールを送信した代理店自体があまり商売をなさっていない様にも感じれました。
こんな代理店を用いて加入者が集まるのか?とも疑問を持ちましたが、徐々に興味本位で調べて行くと素晴らしい手法であると言う事が理解出来ます。これはヒーリング系の岩石商売やタロット商売に通じる本丸商売ではなく本丸を釣りとまでは行きませんが、部品を売買する商法に近いようにも感じます。実に素晴らしい商売だと感じますね。

KBT-GROUP岩本 敦詞社長のサクセスとは

私は2004年にKBT-GROUP本部株式会社の前身となる関東経済物流運送株式会社を立ち上げ、この事業をはじめましたが、そこに至るまで多くの紆余曲折がありました。生まれは北海道の小樽で、調理師の専門学校を経て料理人の職に就いたあと、トラックの運転手になりました。このとき業界の厳しい状況を見たことが、後に軽貨物運送の事業を選んだ流れにつながっています。トラック業界は、燃料コストの問題や過積載の取締りの厳格化、駐車禁止の問題など規制が年々厳しくなっていました。当時、将来性がなかなか感じられなかったのです。
その後、水商売の経営などを経て、次に輸入品の展示販売の仕事を始めました。催事に合わせて、ホテルの1スペースなどを期間限定で借りながらブランド品を販売するビジネスを、知り合いの社長に紹介されて軽い気持ちで始めたんです。ところがこれが大失敗。ビジネス自体は悪くなかったのですが、典型的な放漫経営で金の使い方がとにかく荒かった。自業自得でしたが、3年ほどの事業で残ったのが、7,000万の負債だったのです。大きな負債を抱えて、これからどうしようかと思いました。そんなときに、たまたまスポーツ新聞を見ていて「オーナードライバー募集」という募集広告が目に入ったのです。個人事業主として、オーナードライバーを募集する。その合同説明会を札幌で開催するという内容でした。
引用元: KBT-GROUP本部株式会社 岩本 敦詞 |ニッポンの社長

「関東経済物流運送株式会社」ってネーミングで創業されたのですね。検索キーワード的にもgoodですね。さすがセンスがあるしゃちょさんです^^何の商売でも言えますが、初動でどれだけ自分自身を崩せるか?と言う問いにぶち当たるものですね(笑)

「自分の物差しに固執しない」
好きな方にはシビレそうな言葉を用いてますね^^
カッコいいでしょ?ってMOKUBAはまったく興味ございません。
ただ自分の尺度や物差しに固執はしない。
自分にはこだわりが無い事が拘りだと言う輩も過去に居ました(笑)
物差しに固執はしない拘りって奴ですね。ういやつじゃ(笑)

手法は一貫している


何も新しい事はない。阿部観元社長が率いる愛商物流と同じ手法。だって尊敬する人物に「愛商物流阿部観元社長」であると明言しています。
大望を抱く経営者はまた大望を抱く経営者を集める。
実に素晴らしい繋がりで有ります。
是非ともMOKUBAもこの素晴らしい社長たちの爪の垢を煎じて飲みたいものです(笑)

 

児童福祉活動にも積極的ですね


現新会社相談役の田上明氏と一緒に撮影されていますね。ステーキ居酒屋チャンプの店主のイメージが強いですが有名な方と撮影。さすがですね(笑)

 

 

 

グループ経営にも着手してコア事業を下支え

株式会社Klaxon Boo Boo(クラクションブーブー)
奥方が経営されている会社のようです。
「日本全国の軽貨物運送フランチャイズKBT-GROUPを中心として、運送事業者へのトータルサポートを行っております。」と記載がありますが、通信業界で言う抱き合わせ販売(笑)MOKUBAは下衆野郎ですから、開業者の為にとか言われると穿った見方をしてしまいます(笑)そんな聖人君子が存在するのでしょうか?(笑)いやいや非常に開業者想いの社長夫婦です。
ワタシもそんな元請けの元で開業したかった(笑)

KBT-GROUPって軽貨物屋さんってどうなんです?


毎度初心者の御用達「Yahoo知恵袋」って奴です(笑)
このblogをご覧頂いて好きになりましたでしょうか?
いろんな荒波を越えられた岩本敦詞社長も凄いと思いませんか?(笑)
MOKUBAは追っております(笑)

 

カリスマばかりを追っても何も分からない

やっぱりそのグループ会社のそれぞれの求人の仕方とかグループシェアの考え方などは本人よりも下部から知る方が実態が分かり易いともうします(笑)たぶん美辞麗句なんで外側からは見えにくい。それは見ている人がどう感じるかの話であります。はい(笑)

軽貨物運送の成功者20人の中に入っていないシャチョさんですが、まあーあまり違いなさそうなぐらい素晴らしそうですな。

 

 


グループ会社の社名も含め車両にロゴを貼らない考え方。
この回答の内容にこの会社のクロージングの強さがあるように感じます。
中々この答え方がグループ会社の親方から出ると言うことはありません。
この意味理解出来ますか?「グループの方針で」と言われていますが、本当に全てにロゴを入れれば稼働台数が把握されます。ロゴが貼っていなければ、創造そして想像の稼働台数を見せれます(笑)MOKUBAは穿った見方が好きです(笑)専属企業等もあるでしょうからロゴは付けません。と返答する場合もありますが、やはりそこはFC加盟されている企業群の業種の傾向も関係するのではないでしょうか?私は同じその部分から匂いを感じますねぇ(笑)大変素晴らしい会社さんですね(笑)

このKBTグループ会社での独立開業後のイメージになります。どこかで見たような数字のいじり方(笑)いやいや素晴らしい開業後のイメージです。きっと最後に失敗しそうなら「根性ややる気が足りないんちがうか?」と言われそうに感じるのはMOKUBAだけでしょうか?まあー最近の傾向からすれば、廃業は「根性」「やる気」と言われれば仕方が無いぐらいの人種が多くなってきたのも事実(笑)元請けばかり追求しても詮無き事は十分承知(笑)

何をすればいいのか?

何の為にこの仕事を始めているのか?
提供されている情報の中でメリットと言われるモノが掲載されている画像がこちら。

メリットと感じる人もいれば、感じれない方も居る。
これは善悪とは別。
情弱者たぶらかしとは違う。
何度も言いますが、取捨選択はこちら側。選択したのなら、騙されても自己責任(笑)
見失うと一つ歯車が変わる。

 

軽貨物運送業も情報商材と捉えている考え方

1つの事業と言うかパッケージ商品と捉えている感じが感覚として見えます。これはFC加盟している企業群の業種的な傾向も関係しているように何度も申しますが感じますね。

多角事業と言ってしまえばそれまでですが、グループシェアと言うことはそういうことです。
身一つで加盟者をリクルートする。そして商売ですから手数料を収益化する。手数料が無い商売を加盟者が求めますが、商売にならない事を行って何の意味がありますか?そんな事を知恵袋に書く人が居れば、ちょっと元請けご愁傷様って感じもします。
残念ながら商売は「自己責任」です。労働者ではありません(笑)
話は脱線しましたが、どんな企業や組織がパートナー契約を締結してFC加盟しているのでしょうか?非常に興味があります。ただ言える事は、加盟金収益化も前提としているので専門学校入学同様に与信と言う与信はなさそうな所見です(笑)

実際に入退会含めたFC加盟企業とはいかなるものか?

加盟している組織傾向を見れば、自ずと思惑が垣間見れるものです(笑)どんな手法かどうか各自の判断にお任せしますが、ワタシMOKUBA的には非常に興味がある素晴らしい組織集合群と感じます。帯ではなく群と言う点ご理解ください(笑)

合同会社と株式会社と住所及び電話番号が多数類似が存在しますが、ウエスト・コースト・カーズさんは同一。

 

 

 

KBT-GROUP加盟店北海道エリア一覧20180723現在| KBT-GROUP本部 株式会社 Magical Land

加盟店掲載としてはありません。2017年から1年で脱退されたのでしょうか?何やらきな臭いイメージがありますが、車屋さんがサイドビジネスとして軽貨物をされることは珍しくありません。手数料収益化を図られたのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この文言から代理店商売か実運送商売か理解できませんが、2017年は積極的にリクルートをされていた様ですね。

 

 


こちらの加盟店様は通信系の代理店をコアとして代理店業をされているみたいですね。流行りのインセンティブ商売。ストックインセンティブって奴ですね。一時期は有名どころで光通信と言うお手本がありました。今は光通信も事業間ストックインセに重点変えているので、代理店商売と言いきってもいけませんけれどね(笑)この会社さんも商材として捉えているのでしょう。FC加盟店と言っても運送会社だけとは限りません。スソノが広がれば、収益化も可能ですからね(笑)

ブルートラストインターナショナル株式会社|MLM代理店|ダチョウパワー|KBT-GROUP加盟店

ダチョウパワーではありませんが、MLMをコアとして商売されている企業さんですね。MLM分野は商材選定が他業種より長けています。商材として価値を見出されたのですね。非常にこの商売の可能性を感じます。運送会社ぽくないですね(笑)それが今の時代なんですね。
しかしながらFC加盟されている企業にも運送会社がもちろん存在しますよ。お間違えなきよう^^
まだまだ面白い加盟店様もいらっしゃいます。どんどん応援しましょう!

 

 

 

 


次は一般社団法人軽貨物ロジスティクス協会設立だよ?

自由人ランキング