営業所止め

TODOCU|LINE活用の夜間配達代行、月額料金プランを追加

LINE活用の夜間配達代行、月額料金プランを追加

このサービスは、日中荷物を受け取れないユーザー向けの夜間配達代行サービスで、利用者がTODOCUのLINEアカウントに友達登録することで専用倉庫の住所が通知される。これにより、ネット通販で購入した商品はTODOCUの倉庫へ送られ、夜間にスタッフが購入者へ届ける仕組み。ユーザー登録、配達依頼、決済などの一連のやり取りは、すべてLINE上で完結するようになっている。
引用元LogisticsToday2018/07/24

連絡手段は、メールor電話ではなくLINEで完結する。
近いうちの再配達有料化に向けて業界の動きが鈍いだけにIT系が更に動く流れの第一歩。

 

 

 

 

囲い込みが激化するいつの時代も翻弄されるのは何も考えない個人消費者たち(笑)

定額プランなら不在を繰り返し「受け取れない」と言う情況にならない

続きを読む

★次の当たり前の一手「館内配達料」実費請求へ各社動く

館内物流とは、何なのか?

館内物流(かんないぶつりゅう)とは、1つの建物内に入っている複数のテナントに荷物を集荷・配送することで、高層ビルの場合は「縦持ち」とも呼ばれています。
さらに、複数の建物が集積している地域全体での集配も館内物流と呼ぶ場合があります。東京・丸ビルなどがこれに当たります。建物内に搬入貨物車用の駐車スペースがない、あるいは不足しているため周辺の路上に駐車しなければならなかったり、貨物専用エレベーターが設置されておらず効率的な配送ができないなどの問題点が指摘されており、端末物流と同様に館内に共同の集配センターを設置して荷捌きや検品作業などの物流業務を一元化して効率化を図るとともに、ビルのセキュリティ向上などに役立っています。
引用元館内物流 | ロジスティクス用語集 | 日本通運

 

続きを読む