オンデマンド

TODOCU|LINE活用の夜間配達代行、月額料金プランを追加

LINE活用の夜間配達代行、月額料金プランを追加

このサービスは、日中荷物を受け取れないユーザー向けの夜間配達代行サービスで、利用者がTODOCUのLINEアカウントに友達登録することで専用倉庫の住所が通知される。これにより、ネット通販で購入した商品はTODOCUの倉庫へ送られ、夜間にスタッフが購入者へ届ける仕組み。ユーザー登録、配達依頼、決済などの一連のやり取りは、すべてLINE上で完結するようになっている。
引用元LogisticsToday2018/07/24

連絡手段は、メールor電話ではなくLINEで完結する。
近いうちの再配達有料化に向けて業界の動きが鈍いだけにIT系が更に動く流れの第一歩。

 

 

 

 

囲い込みが激化するいつの時代も翻弄されるのは何も考えない個人消費者たち(笑)

定額プランなら不在を繰り返し「受け取れない」と言う情況にならない

続きを読む

★忙しいからScatchを利用してネットで買う。早朝だろうが忙しいから受け取れない。

メルカリとのシナジーが半端ないScatchとは?


でましたデリバリープロバイダの元締め的なピンハネ組織(笑)
まだまだMagical Move乗っかってきますよ^^メルカリとのシナジー抜群ですね(笑)
今流行りのScatch!
都市部に更に他社も同スキームAPIにて「はこBOON」みたいなピンハネ実行型みたいな奴が更に広がります。
そしてガッツリ再配達有料化で回収スキームが整います。
運送屋は、限られた責任の範囲のみで運ぶだけのロボットのような安単価で思考もなく働く仕事になります。

Scatchで再配達依頼をする場合

ご不在連絡メールに記載してあるURLまたはScatch!マイページより、再配達の日時指定をお願いします。
↓送り状番号が分かる方は、下記ページより再配達依頼が可能です↓

全ての時間帯指定が自由に選択出来るのは都内と三大都市ぐらい

もうしわけないですが、津軽平野で出来るなら良いですね?
鹿児島の川内でも鳥取の境港でもね。

地方の人口減少エリアで出来るのなら素晴らしいサービスですね。
ワタシはやりたくないけれどね(笑)

ソフトバンク子会社 早朝・夜間配送サービスを展開する専門子会社を設立 – 通販新聞からのページなんだけれど、きっと求人では「ネットスーパー」ってな感じで募集をするんだろうね。配達件数が多いから1日日当制だろう。出来高にすれば損するかもしれない(笑)そしてなにより利用運送の中間層が自腹を切ってまでする奴いないし(笑)
1件3500円ぐらい貰えるならやりますよ(笑)
1便1カ月150件以上配達数があればね(笑)

大都市から地方への可能性がカギ


配達エリアは、都内と大阪府の一部。
地方は、そもそも採算が合わない。
Scatch!やっているSBはピンハネだから儲ける。
でも受託する物流会社と折り合いがつかない物量で受託単価を求めてくるだろうから御破算。
正規料金で正規の時間帯指定で大手に丸投げ委託。
エコ配全国版的なスタイルで行くのだろうね。
都市部は、荷量があるから出来る。
それを地方のバカ野郎消費者が期待するなって話。
コンビニが発着拠点と成りうる時代の一歩手前
uberやlalamoveと争う前に勝負はついている
海外と国内と差はない時代
運送屋と素人の違いってありますか?軽貨物業界に

地方のネットスーパーが終わっている

一定層の利用者が居る。それは確か。
スーパー側が赤字をしてまで維持する商売かどうか?(笑)
配送業者側は売上が読めるし商売し易い(笑)

言われた仕事に対して、何も考えない。疑問を抱かない。それが「幸せ」なんだよ?
だって独立開業する意味ないじゃん(笑)
でも幸せになると言う尺度は、そういうことなのかもしれないね。


不在居留守使う個人がScatch!使った所で同じ事をするのさ~

自由人ランキング