簡単に開業する事が目的ではない。自然に続ける事ができるのか?が重要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

簡単だって聞くでしょ?

貴方の大好きなYahoo知恵袋で?

猿でも独立開業は出来るのです

税務署に届するとかしないとか税務上の話なんで、それはよそでやってください。
お前が今日「独立する」と言えば、税務上どやこや除けて話すれば開業なんだよ。
お前が嫌だった会社員を辞めて、独立開業なんてすぐに出来る。
先立つ物があるかないか別の話。
それはお前の問題なんだよ?(笑)軽貨物で独立は別の話。
会社員で生活が賄えないのになぜ独立開業で賄えるのだと思うのだろうか?
それは、脱サラして現物取引ではなくレバレッジある信用取引での株式やFXやる奴と同じ。
実体経済から目を背き、地に足がついていない奴が上手く行く訳じゃないが、「独立開業」だけが目的なら簡単に目的は達する(笑)
どうぞ好きにやってください~~♪
そうしてその失敗を知恵袋で文句を書くんですよ^^

軽運送・軽貨物で独立開業することは簡単なんです

届出書を出せば開業出来ます(笑)
詳しいハウツーなんかはググれば大丈夫。
MOKUBAみたいな頭の悪い奴に教えてもらわなくてもネットに溢れています。
軽貨物運送業なので、「許認可」+「税務」の2点での開業届を忘れずにね。
税務をすっとばす方もいらっしゃいますが、青色申告の兼ね合いがございます。
税務署へ飛び込んで、根掘り葉掘り聞く事も営業の一環のつもりでね(笑)
コンサルに依頼してまでする作業ではない(笑)
一体売上通じてコストの回収する前にいくらコストを積み上げたら気が済むのでしょうか?
売上に対する経費ではなく、まったく売上に関係ないコストを積み上げてスタート時点で負けじゃないですか?(笑)
会社員時代、コストカット・経費削減と社内で声高に言っていた口じゃないですか?(笑)
あれは好きに言える。なぜなら自分の血ではないから簡単にコストカットと言える(笑)

本当に「簡単」に軽貨物で独立開業出来るの?

やっぱり開業するの簡単だよ。
行政書士でもコンサルでも良いから
外注すれば出来る。
何でもそうですよね?やることは安い。維持する事が難しい。
買って終わりではなく、買ったものを持ち続ける事が難しい。
だから開業前にどれだけ悲観的な予測を設定するかが勝負なのですよ。
予測しないのであれば、自分の時間を安売りすることから始めるのです。
3年間って長い?大事な創業からの3年
JCI活動に血眼になるのは勝手ですが、それよりも大事な事があるだろうと言われて気にする奴なら廃業はしないのよ。
貴方がボンボンならご勝手にどうぞ(笑)

独立開業後に上手くいく奴のパターン

ちょっと洗脳されるぐらいが
小賢いぐらいよりも人間関係上手く行くんじゃない?
でも長く続ける為には、
私みたいにアホかバカぐらいでなければ続かない。
だって隣の畑は蒼く見えるからさ。
アバウトにしか書かないこのblog(笑)
浅い浅い奴でもご飯が食べれる商売なんです。
要は頭の小利口だろうがなかろうが仕事が出来る商売って事が理解出来ましたか?

独立開業後に一番考えたらいけない事

この仕事で成長出来るとか?
自己実現とか体裁とか
そんなん言っているうちは。。。。
薄々みんな判っているけれど
言わない。
それは体感しないと
得られないのも分かっているから
やっぱりサラリーマンに比べたら怖い?
そういうMOKUBAも脱サラ組。

どの世界にもいる詐欺師たちに騙される

難しい事は、軽運送詐欺師さんにお任せします。詐欺師と書いたが、詐欺師と思うか?動機づけになったのか?それは以後継続性がある個人事業主かそうでないか?人によってさまざまだ。だから詐欺師と呼ぶ奴は多分上手くいっていない(笑)
誰が詐欺とか彼が詐欺と言っているうちはね(笑)
それが原因じゃない。
もし原因に貴方がしているのなら一生他力本願の自主性のない受動的な個人事業主で終わる。
なら会社員でいいんじゃない??(笑)
私は酒呑んで、女の子と遊んで、博打して
眠るだけ。
自分自身に核となる考えがあれば騙される事はありません。
しかしながら相手の言う事を全て鵜呑みにする真面目な方ほど騙されます。
ネットの書き込みを信用するのは、辞めた方がいい。
だって実商売で軽運送が上手く行っていないからロクな書き込みをしない。
それは内容を見れば一目瞭然なのです。
考え方のつまみ食いをするのです。貴方にとって受け入れやすい情報からスタートして自分の中の核を形成ください。
その上で良い事実も悪い事実も受け入れる度量を持つ事。

清廉潔白さは軽貨物業者には必要ない事はたしか(笑)

ただ言えるのは、blogにA8のアフェリタグをペタペタあちこちに貼り付けている奴が運送で上手くいっているとは思えない。
運送業務についての内容がファジーでかつアバウトであり、採用から配車まで書籍の二番煎じに甘んじている。
また自分自身の視点が無い事も信用できないですね。
年収100万と2000万の戦い方も採用の仕方も受注の仕方も配車の仕方も違います。
個人と法人でもやり方が違います。
だから1つのblogではなく色んな確度で物事を見る目をこの機会に養うと言う事も無駄ではない。
そんな心持ちで物事を見ると軽運送に参入するって事も失敗しても無駄にはならないって視点も持つ事が出来ます。
MOKUBAもぺたぺた貼っているよ?(笑)
でもなぜそこから申込するのだろうか?ちょっと不思議に思う点はある。
せっかく開業するんだから
ただでは転ばないって気持ちを持ってほしい。

日本版CCRCと商業施設や行政インフラを結ぶ手段を考える事が軽運送の生きる道

自由人ランキング



SNSでもご購読できます。

アーカイブ

コメント

コメントを残す